目次へ戻る

【貴方はわかる?】レクサスやBMWも導入!話題のサブスクリプションとは

【貴方はわかる?】レクサスやBMWも導入!話題のサブスクリプションとは

自動車界隈でも最近何かと話題の「サブスクリプション」方式。貴方は説明できますか?今後さらにトレンドになると予測される車のサブスクリプション方式について、わかりやすくご紹介いたします!さらに、改めてレンタカー、カーシェア、ライドシェアの違い・それぞれのサービスはどんな人向き・メリットがあるのか?についても迫ります!


【貴方はわかる?】サブスクリプション方式とは

レンタカーにライドシェア、カーシェア…最近は個人間カーシェアなども。今や自宅に車がなくても、好きな時に車が乗れちゃう時代ですね。

そんな中、新たなサービスが注目されていることをご存知でしょうか。

その名も「サブスクリプション」。

この、サブスクリプション方式、貴方は説明できますか?

今後トレンドになると予測される車のサブスクリプション方式についてご紹介いたします!

【おさらい】レンタカー・カーシェア・ライドシェアの違い

レンタカーとは

レンタカー(rent-a-car)あるいは貸し自動車とは、自動車を有料で貸し出す事業、または貸し出された自動車のことです。

ちなみに、日本では、レンタカー登録車のナンバープレートのひらがな部分は必ず「わ」になりますね。(普通自動車以上のクラスだと「れ」、レンタルバイクだと「ろ」も存在します)。

一定時間の期間の貸出(数時間~何か月まで)が基本。営業拠点の多くは、主要な国道沿い、空港や主要な駅に置いてあります。

利用方法はいたってシンプルで、レンタカー会社で車を借り、使い終わったらガソリンを満タンにしてレンタカー会社に返却します。

また、同じ事業者内であれば、追加料金を払うことで乗り捨て返却が可能な場合もあります。長距離、長時間(旅行など)車を使用したいという場合にはまずレンタカーがオススメですね。

カーシェア(カーシェアリング)とは

カーシェアリング(英: carsharing)とは、一般的に「登録を行った会員間で特定の自動車を共同使用するサービス・システムのことを言います。登録をすると、月額で基本料金の支払い義務が発生します。

レンタカーとの違いはというと、一般的にレンタカーよりも短時間、分単位での利用を想定していること。

利用者にとってはレンタカーよりも便利で安価になるように設定されていることが多いこと、また乗り捨ては基本的に不可能で、借りた場所と同じ所に返さなければならないことも特徴です。

マイカーを持つほどは車に乗らないけれど、一瞬使いたい、何かの時に車を出したい、車自体にあまりこだわりがない、できる限り安く抑えたい。

といった方であれば、車を購入する金額+駐車場代を払うことを考えると、月額約1000円~の料金+借りるときのレンタル代のみで済ませられるカーシェアリングは魅力的かもしれませんね。

ライドシェアとは

そして、カーシェアと何となく名前が似ていて、ややこしい気持ちにさせるライドシェアについてもご紹介いたします。

ライドシェアとは、乗用車の相乗りの需要をマッチングさせるソーシャルサービスの総称のこと。

ライドシェアのサービスは、2010年に米国で開始された「Uber」中心に広がりつつあります。また、ライドシェアにはタクシー事業者を手配するサービスやアプリは含まれません。※モバイルアプリやGPSなどを駆使してタクシーを手配するサービスを含む呼称としては「オンライン配車サービス」などと呼ばれます。

ライドシェアの使い方は、自動車の所有者・運転者と、移動手段として自動車の乗りたいユーザーを結びつけるソーシャルプラットフォームが提供され、モバイルアプリを通じて配車を依頼すると、端末のGPS機能を通じて現在位置が発信、付近の迎車可能なドライバーが手配されます。

手配した側は簡単かつ迅速に自動車を利用することができますし、自動車を運転する側は空いた時間を使って送迎を行い小銭を稼ぐことができるというもの。

双方にとってメリットを感じられるサービスではありますが、日本ではまだそこまで浸透していません。理由の1つとして、タクシー会社の猛反発が背景に挙げられます。

「国家戦略特区改正法」により、政府は地方ビジネスに注力しようとしていることから、今後ライドシェアを活用した、過疎地などでの交通網を補完するようなサービスが期待されています。

ber(ウーバー)を知っているだろうか? 世界67か国(2015年11月末現在)で多くの人に使用されている配車サービスで、スマートフォンからアプリを起動し、出発地を指定するだけでドライバーが迎えに来る。一番の特徴は、そのドライバーに誰でもなることができるという点だ。

すでに東京の一部でも、かなり限定的ではあるがサービスが行われているUber。しかし一般の人が自家用車を使って人を運び金銭を得ることは、日本ではいわゆる「白タク行為」になってしまい、道路運送法で禁止されている。10月には安倍首相が規制緩和に向けて検討する意向を表明したが、現時点でのUberの本当の姿は、残念ながら現在の日本では体験することができない。(2015年)

カーシェア系サービス他記事

【今こそ知りたい】サブスクリプションとは

サブスクリプションとは、「利用期間に応じて」料金を支払う方式のことを言います。

英語の「サブスクリプション」(英語: subscription)には雑誌の「予約購読」「年間購読」の意味があり、そこから転じて「有限期間の使用許可」の意味になりました。

サブスクリプションでは通常、メンテナンスなどの諸費用が、すべて込みの料金体系になる場合が多いですが、各メーカーや各社サービスなどにより形態の詳細が異なります。

自動車におけるサブスクリプション方式を一言で表すなら、「マイカー賃貸」…といったところですかね。

他サービスに比べ、「マイカー感」や「一時的な所有感」を持てるのが魅力かと思います。

①BMWのケース

BMWグループは、サブスクリプションサービスを、英国で導入すると発表しています。

BMWが手掛ける新たなサブスクリプションサービスは、毎月定額で好みのBMW車とMINI車に自由に乗り換えられるというもの。

利用料金は、車両レンタル、自動車保険、メンテナンス、各種サービス、税金などを含めて、月額562ポンド(約8万5000円)から、としています。

ユーザーは、スマートフォンにダウンロードした専用アプリを利用して、車両の利用申し込みが可能。さらに、スマホアプリを通じて、車両のアップグレードやダウングレード、キャンセルなど、すべての手続きが完結する。

利用できる車両は、BMWブランドが『1シリーズ』『2シリーズクーペ』『X1』『4シリーズクーペ』『5シリーズ』『2シリーズアクティブツアラー』『2シリーズカブリオレ』『3シリーズ』『4シリーズカブリオレ』、『X3』『i3』。MINIブランドは3ドアハッチバックの「クーパー」などが利用できる。

②レクサスのケース


レクサスは『UX』の北米仕様車に、レクサス初の「サブスクリプション」を導入すると発表しました。

レクサスUXは、レクサスのSUVラインナップの中で、『NX』の下に位置するコンパクトクロスオーバー車。上から『LX』、『RX』、NX、UXと、レクサスのSUVラインナップが強化されています。

③メルセデスベンツのケース

メルセデスベンツは4月12日に、毎月定額で自由に車両を乗り換えられるサブスクリプションサービス、「メルセデスベンツ・コレクション」を6月から米国で開始すると発表しました。

メルセデスベンツ・コレクションは、メルセデスベンツとメルセデスベンツ・ファイナンシャルサービス、メルセデスベンツのディーラーが協力し、新たなモビリティサービスを導入。まずは6月から、テネシー州ナッシュビルとペンシルベニア州フィラデルフィアでサービスを開始予定です。

ユーザーは、スマートフォンにダウンロードした専用アプリを通じて、好みのメルセデスベンツ車を選択し、制限なしで、自由に車両を乗り換えられます。料金には、保険、メンテナンス、ロードサイドアシスタンスなどの費用が含まれるとのこと。

メルセデスベンツ・コレクションでは、セダン、クーペ、カブリオレ、SUV、ロードスター、ワゴンとさまざまなメルセデスベンツ車が選択可能。

なんと、あのメルセデスAMG車も選べるそうですよ。

車を乗り替えホーダイ!?NOREL(ノレル)リンク

【最後に】これでもう迷わない!貴方にあったカーライフを

いかがでしたか。

今や、車も一家に一台所持するのではなく、共有・レンタル・リース・そしてサブスクリプションな時代に差し掛かっているのだなあと本記事を読み返していて改めて思いました。

しかしながら、シェアやレンタル、そしてサブスクリプションを上手く取り入れることで、今までは乗れなかった多くの車に乗れたり、低価格で車を楽しめるなどといった沢山のメリットがあります。

マイカーをお持ちの方も、そうでない方も、気になるサービスがあれば、ぜひともチェックしてみてくださいね。

関連するキーワード


カーシェア

関連する投稿


実際のところどうなの?カーシェアを利用したことがある人は…〇%!

実際のところどうなの?カーシェアを利用したことがある人は…〇%!

何かと話題のカーシェアですが、そもそもどれくらいの人がカーシェアを使用したことがあるのかな。なんて思ったことはありませんか?そんな中、MMD研究所は「シェアリングエコノミーサービスに関する調査」の結果をまとめました。これによるとカーシェア利用者はズバリ…。


【相乗り&ライドシェアアプリ特徴まとめ】貴方にぴったりの相乗りアプリは?

【相乗り&ライドシェアアプリ特徴まとめ】貴方にぴったりの相乗りアプリは?

マイカーを持たなくても、車を使えるサービスが増えてきた昨今。本記事ではその中の「相乗り」アプリについてご紹介いたします。相乗りアプリに相乗りタクシー?そもそも相乗りとライドシェアの違いってあるの?どのサービスが私にオススメ?そんなわけで各社の相乗り&ライドシェアアプリの特徴をまとめてみました。気になる方はぜひ。


トヨタが提唱「モビリティサービス・プラットフォーム」(MSPF)とは?

トヨタが提唱「モビリティサービス・プラットフォーム」(MSPF)とは?

「TOYOTA」(トヨタ)が2016年より提唱している新たなビジネスモデル「モビリティサービス・プラットフォーム」(MSPF)とは何かを紹介し、その取り組みをまとめています。カーシェアリングやライドシェアなどの「MaaS」が自動車業界を変える中、DCMやSKBが今後のモビリティサービスにどう活用されるのかを紹介します。


レンタカーとカーシェア/個人間カーシェアの違い!上手な使い分けは?

レンタカーとカーシェア/個人間カーシェアの違い!上手な使い分けは?

レンタカーとカーシェア、個人間カーシェアのサービスを紹介しながら、車を借りる時間・期間、どの用途で車を借りるのかなどの目的に合わせ、それぞれのニーズに合ったレンタルサービスを記事で提案していきます。


【 個人間カーシェアランキングトップ10】外車&ミニバン強し?エニカ調べ

【 個人間カーシェアランキングトップ10】外車&ミニバン強し?エニカ調べ

DeNAが提供する個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」は2月6日、2017年のエニカ内でのカーシェア人気車種ランキングを公開しました。これによれば人気の車種はあの車…だったとか。


最新の投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。