目次へ戻る

【ツーリングプラン 2018】4月27日から開始!料金と通常時の差額は?

【ツーリングプラン 2018】4月27日から開始!料金と通常時の差額は?

高速各社は、ETC搭載のバイクを対象に最大2日間対象エリアの高速道路乗り降り自由の「ツーリングプラン」を発表しました。本記事では13コースある「ツーリングプラン」の内容や申込み方法をご紹介します。


ツーリングプランで、関東・関西・東北・中部・九州が乗り降り自由!

東日本、中日本、西日本高速道路株式会社と京都府道路公社、兵庫県道路公社は、ETC搭載のバイクを限定に2000円〜4000円の料金でで対象エリア内乗り降り自由の「ツーリングプラン」を発表しました。本記事では利用条件や対象のコースの詳細をご紹介します。

ツーリングプランの利用条件

まずはバイクツーリングがお得になる条件をご紹介します。
今回のツーリングプランの適用条件は以下の通りです。

【対象期間】
2018年4月27日(金曜)~2018年11月30日(金曜) 

【対象車両】
ETCにより高速道路を走行可能な二輪

【有効期間】
2日間(コースによっては3日間)

【内容】
対象エリア内の高速道路が乗り降り自由

【申し込み方法】
4月25日(水)15時から各公式Webサイトにて受付を開始
直前までキャンセルが可能で、キャンセル料は無料。

ツーリングプランはどこのコースがある?

次にバイクツーリングがお得に楽しめる「ツーリングプラン」のコースをご紹介します。ツーリングプランが適用されるコースは以下の通りです。北は東北から南は九州まで、全国が13のコースに分かれており、コース内は乗り降り自由の適用範囲内です。

 
ツーリングプラン
コース名利用期間料金(税込)申し込み先
①関越道・上信越道・中央道コース2日間4,000円NEXCO東日本公式Webサイト「ドラ割」
②東北道・常磐道・磐越道道コース3日間5,000円NEXCO東日本公式Webサイト「ドラ割」
③東関東道・館山道・常磐道コース2日間3,000円NEXCO東日本公式Webサイト「ドラ割」
④首都圏 東名・中央道コース2日間3,000円NEXCO中日本公式Webサイト 「速旅」
⑤中京圏 東名・中央道コース2日間3,500円NEXCO中日本公式Webサイト 「速旅」
⑥伊勢道コース2日間3,000円NEXCO中日本公式Webサイト 「速旅」
⑦東海北陸道・北陸道コース2日間3,000円NEXCO中日本公式Webサイト 「速旅」
⑧名神・北陸道・京都縦貫道コース2日間3,000円NEXCO西日本公式Webサイト 「みち旅」
⑨舞鶴若狭道・中国道・山陽道コース2日間3,000円NEXCO西日本公式Webサイト 「みち旅」
⑩阪和道コース2日間2,500円NEXCO西日本公式Webサイト 「みち旅」
⑪熊本・佐賀・長崎コース2日間3,000円NEXCO西日本公式Webサイト 「みち旅」
⑫熊本・大分・福岡コース2日間3,000円NEXCO西日本公式Webサイト 「みち旅」
⑬熊本・宮崎・鹿児島コース2日間3,400円NEXCO西日本公式Webサイト 「みち旅」

「ツーリングプラン」コースの詳細

次にバイクツーリングがお得に楽しめる「ツーリングプラン」のコース詳細をご紹介します。

①「関越道・上信越道・中央道コース」

「関越道・上信越道・中央道コース」 は図の左上グリーンで囲われた範囲内が2日間の間4000円で乗り降り自由になります。

《サンプルコース》
高井戸 IC ⇒ 諏訪 IC【ビーナスライン】 ⇒ 東部湯の丸 IC ⇒碓氷軽井沢 IC【軽井沢】⇒ 練馬 IC

《価格の差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:7,400円が4,000円のため3,400円安くなります。

②東北道・常磐道・磐越道コース

「東北道・常磐道・磐越道コース」は図の右上ミントグリーンで囲われた範囲内が3日間5,000円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
川口JCT⇒福島飯坂IC【磐梯吾妻スカイライン】⇒(一般道)⇒【会津東山温泉】⇒会津若松IC⇒川口JCT

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:9,690円が5,000円のため4,960円安くなります。

③東関東道・館山道・常磐道コース

「東関東道・館山道・常磐道コース」は図の右下ピンクで囲われた範囲内が2日間3,000円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
柏IC⇒ひたちなかIC【阿字ヶ浦】⇒(一般道)⇒【外房黒潮ライン】⇒富浦IC⇒柏IC

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:6,170円が3,000円のため3,170円安くなります。

④首都圏 東名・中央道コース

「首都圏 東名・中央道コース」は図の左下イエローで囲われた範囲内が2日間3,000円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
東京IC⇒清水IC⇒(一般道)⇒【三保の松原・薩埵峠】⇒(一般道)⇒清水IC⇒沼津IC⇒(一般道)⇒【伊豆・箱根】⇒(一般道)⇒箱根口IC⇒東京IC

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:5,970円が3,000円のため2,970円安くなります。

⑤中京圏 東名・中央道コース

中京圏 東名・中央道コースは図の青色で囲われた範囲内が2日間3,500円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
名古屋IC⇒浜松いなさ北IC⇒(一般道)⇒【茶臼山高原】⇒(一般道)⇒飯田山本IC⇒諏訪IC【ビーナスライン】⇒(一般道)⇒諏訪IC⇒名古屋IC

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:7,530円が3,500円のため4,530円安くなります。

⑥伊勢道コース

伊勢道コースは図のグリーンで囲われた範囲内が2日間3,000円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
名古屋西IC⇒伊勢IC⇒(一般道)⇒【伊勢志摩・鳥羽】⇒(一般道)⇒伊勢IC⇒名古屋西IC

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:5,260円が3,000円のため2,260円安くなります。

⑦東海北陸道・北陸道コース

東海北陸道・北陸道コースは図ので囲われた範囲内が2日間3,000円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
一宮IC⇒白鳥IC⇒(【油坂峠】一般道)⇒福井北IC⇒彦根IC⇒(一般道)⇒【彦根城】⇒(一般道)⇒彦根IC⇒一宮IC

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:5,740円が3,000円のため2,740円安くなります。

⑧名神・北陸道・京都縦貫道コース

名神・北陸道・京都縦貫道コースは図の紫で囲われた範囲内が2日間3,000円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
吹田IC⇒舞鶴東IC⇒(【由良海岸】一般道)⇒【天橋立】⇒宮津天橋立IC⇒吹田IC

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:5,760円が3,000円のため2,760円安くなります。

⑨舞鶴若狭道・中国道・山陽道コース

舞鶴若狭道・中国道・山陽道コース図の水色で囲われた範囲内が2日間3,000円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
中国吹田IC⇒春日IC⇒(一般道)⇒遠阪トンネル⇒(一般道)⇒【竹田城址】⇒(一般道)⇒和田山IC⇒姫路JCT⇒(【はりまシーサイドロード】一般道)⇒赤穂IC⇒中国吹田IC

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:5,990円が3,000円のため2,990円安くなります。

⑩阪和道コース

阪和道コースは図の黄色で囲われた範囲内が2日間2,500円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
吹田IC⇒有田IC⇒(【高野龍神スカイライン】一般道)⇒南紀田辺IC⇒吹田IC

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:5,630円が2,500円のため3,130円安くなります。

⑪熊本・佐賀・長崎コース

熊本・佐賀・長崎コースは図の黄色で囲われた範囲内が2日間3,000円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
太宰府IC⇒佐世保中央IC⇒(一般道)⇒【九十九島】⇒(一般道)⇒東そのぎIC⇒諫早IC⇒(一般道)⇒【雲仙岳】⇒(一般道・フェリー)⇒【天草五橋】⇒(一般道)⇒松橋IC⇒太宰府IC

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:6,030円が3,000円のため3,030円安くなります。※フェリー運賃は除く

⑫熊本・大分・福岡コース

熊本・大分・福岡コースは図の緑で囲われた範囲内が2日間3,000円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
太宰府IC⇒日田IC⇒(一般道)⇒【耶馬渓】⇒(一般道)⇒上毛SIC⇒別府IC⇒(一般道)⇒【別府八湯】⇒(一般道)⇒別府IC⇒湯布院IC⇒(【やまなみハイウェイ】一般道)⇒熊本IC⇒太宰府IC

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:5,440円が3,000円のため2,440円安くなります。

⑬熊本・宮崎・鹿児島コース

熊本・宮崎・鹿児島コースは図ので囲われた範囲内が2日間3,500円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
熊本IC⇒えびのIC⇒(一般道)⇒【えびの高原】⇒(一般道)⇒隼人東IC⇒鹿児島IC⇒(一般道)⇒【鹿児島】⇒(フェリー・一般道)⇒【桜島】⇒国分IC⇒熊本IC

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:6,580円が3,500円のため3,080円安くなります。

申し込み方法

各ルートはスマホやPCなどから該当の公式HPにて申し込みを行うことができます。また、走行直前までキャンセル料はかけずにキャンセルが可能です。

①〜③のルートの申込みはこちら

④〜⑦の申し込みはこちら

⑦〜⑬の申し込みはこちら

まとめ

ツーリングプランは直前までキャンセルが可能な非常にお得なプランです。申し込み開始は4月25日(水)15時からとなっています。

意外と知られていない制度ですが、夏〜秋にかけてのおでかけを考えている方は是非予約をしてみては如何でしょうか。

関連するキーワード


バイク ツーリング

関連する投稿


スズキのカタナにブラック登場!カタナの最新情報まとめ

スズキのカタナにブラック登場!カタナの最新情報まとめ

スズキの海外向け大型二輪、カタナ。このカタナに精悍なブラックが仲間入りしました。本記事ではカタナについて改めてまとめています。そもそもカタナって?スペックは?また試乗した感想は?気になる方はぜひ本記事を。


買うならこれ!人気の原付バイク おすすめ車種15選!

買うならこれ!人気の原付バイク おすすめ車種15選!

これから原付バイクを購入しようと考えている方へ、メーカー毎にオススメのバイクと新車価格、中古価格の相場をご紹介。男性にオススメのカッコ良い原付バイク、女性にオススメの可愛い原付バイクもそれぞれご紹介しています。


【復活】あのレジェンドバイク、スズキのカタナが復活!!

【復活】あのレジェンドバイク、スズキのカタナが復活!!

スズキのカタナが復活します!ドイツ・ケルンで開催中の「インターモト」(二輪車国際見本市)にて、スズキが新型『KATANA(カタナ)』を発表しました。本記事ではカタナ新型の最新情報をお届けいたします。


ヤマハ「SR400」が11月22日復活!限定モデルの販売も

ヤマハ「SR400」が11月22日復活!限定モデルの販売も

ヤマハは2017年8月に生産終了した「SR400」を2018年11月22に再度販売を開始することを発表しました。昨年は排ガス規制によって生産終了になり、復活を遂げたSR400の最新情報をご紹介します。


【MV公開】カブと過ごした青春 種子島の高校生へクリープハイプが贈る歌

【MV公開】カブと過ごした青春 種子島の高校生へクリープハイプが贈る歌

誕生60周年を迎えたホンダのスーパーカブ。世界での販売台数も累計で1億台を突破したカブですが、鹿児島県種子島には、多くの高校生がカブで登下校をする高校があるのをご存知でしょうか。ホンダのドキュメントコンテンツ「MeandHonda」の一環としてクリープハイプ書下ろしのMVが公開されたので当記事にてご紹介いたします。


最新の投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。