目次へ戻る

【ツーリングプラン 2018】4月27日から開始!料金と通常時の差額は?

【ツーリングプラン 2018】4月27日から開始!料金と通常時の差額は?

高速各社は、ETC搭載のバイクを対象に最大2日間対象エリアの高速道路乗り降り自由の「ツーリングプラン」を発表しました。本記事では13コースある「ツーリングプラン」の内容や申込み方法をご紹介します。


ツーリングプランで、関東・関西・東北・中部・九州が乗り降り自由!

東日本、中日本、西日本高速道路株式会社と京都府道路公社、兵庫県道路公社は、ETC搭載のバイクを限定に2000円〜4000円の料金でで対象エリア内乗り降り自由の「ツーリングプラン」を発表しました。本記事では利用条件や対象のコースの詳細をご紹介します。

ツーリングプランの利用条件

まずはバイクツーリングがお得になる条件をご紹介します。
今回のツーリングプランの適用条件は以下の通りです。

【対象期間】
2018年4月27日(金曜)~2018年11月30日(金曜) 

【対象車両】
ETCにより高速道路を走行可能な二輪

【有効期間】
2日間(コースによっては3日間)

【内容】
対象エリア内の高速道路が乗り降り自由

【申し込み方法】
4月25日(水)15時から各公式Webサイトにて受付を開始
直前までキャンセルが可能で、キャンセル料は無料。

ツーリングプランはどこのコースがある?

次にバイクツーリングがお得に楽しめる「ツーリングプラン」のコースをご紹介します。ツーリングプランが適用されるコースは以下の通りです。北は東北から南は九州まで、全国が13のコースに分かれており、コース内は乗り降り自由の適用範囲内です。

 
ツーリングプラン
コース名利用期間料金(税込)申し込み先
①関越道・上信越道・中央道コース2日間4,000円NEXCO東日本公式Webサイト「ドラ割」
②東北道・常磐道・磐越道道コース3日間5,000円NEXCO東日本公式Webサイト「ドラ割」
③東関東道・館山道・常磐道コース2日間3,000円NEXCO東日本公式Webサイト「ドラ割」
④首都圏 東名・中央道コース2日間3,000円NEXCO中日本公式Webサイト 「速旅」
⑤中京圏 東名・中央道コース2日間3,500円NEXCO中日本公式Webサイト 「速旅」
⑥伊勢道コース2日間3,000円NEXCO中日本公式Webサイト 「速旅」
⑦東海北陸道・北陸道コース2日間3,000円NEXCO中日本公式Webサイト 「速旅」
⑧名神・北陸道・京都縦貫道コース2日間3,000円NEXCO西日本公式Webサイト 「みち旅」
⑨舞鶴若狭道・中国道・山陽道コース2日間3,000円NEXCO西日本公式Webサイト 「みち旅」
⑩阪和道コース2日間2,500円NEXCO西日本公式Webサイト 「みち旅」
⑪熊本・佐賀・長崎コース2日間3,000円NEXCO西日本公式Webサイト 「みち旅」
⑫熊本・大分・福岡コース2日間3,000円NEXCO西日本公式Webサイト 「みち旅」
⑬熊本・宮崎・鹿児島コース2日間3,400円NEXCO西日本公式Webサイト 「みち旅」

「ツーリングプラン」コースの詳細

次にバイクツーリングがお得に楽しめる「ツーリングプラン」のコース詳細をご紹介します。

①「関越道・上信越道・中央道コース」

「関越道・上信越道・中央道コース」 は図の左上グリーンで囲われた範囲内が2日間の間4000円で乗り降り自由になります。

《サンプルコース》
高井戸 IC ⇒ 諏訪 IC【ビーナスライン】 ⇒ 東部湯の丸 IC ⇒碓氷軽井沢 IC【軽井沢】⇒ 練馬 IC

《価格の差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:7,400円が4,000円のため3,400円安くなります。

②東北道・常磐道・磐越道コース

「東北道・常磐道・磐越道コース」は図の右上ミントグリーンで囲われた範囲内が3日間5,000円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
川口JCT⇒福島飯坂IC【磐梯吾妻スカイライン】⇒(一般道)⇒【会津東山温泉】⇒会津若松IC⇒川口JCT

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:9,690円が5,000円のため4,960円安くなります。

③東関東道・館山道・常磐道コース

「東関東道・館山道・常磐道コース」は図の右下ピンクで囲われた範囲内が2日間3,000円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
柏IC⇒ひたちなかIC【阿字ヶ浦】⇒(一般道)⇒【外房黒潮ライン】⇒富浦IC⇒柏IC

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:6,170円が3,000円のため3,170円安くなります。

④首都圏 東名・中央道コース

「首都圏 東名・中央道コース」は図の左下イエローで囲われた範囲内が2日間3,000円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
東京IC⇒清水IC⇒(一般道)⇒【三保の松原・薩埵峠】⇒(一般道)⇒清水IC⇒沼津IC⇒(一般道)⇒【伊豆・箱根】⇒(一般道)⇒箱根口IC⇒東京IC

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:5,970円が3,000円のため2,970円安くなります。

⑤中京圏 東名・中央道コース

中京圏 東名・中央道コースは図の青色で囲われた範囲内が2日間3,500円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
名古屋IC⇒浜松いなさ北IC⇒(一般道)⇒【茶臼山高原】⇒(一般道)⇒飯田山本IC⇒諏訪IC【ビーナスライン】⇒(一般道)⇒諏訪IC⇒名古屋IC

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:7,530円が3,500円のため4,530円安くなります。

⑥伊勢道コース

伊勢道コースは図のグリーンで囲われた範囲内が2日間3,000円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
名古屋西IC⇒伊勢IC⇒(一般道)⇒【伊勢志摩・鳥羽】⇒(一般道)⇒伊勢IC⇒名古屋西IC

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:5,260円が3,000円のため2,260円安くなります。

⑦東海北陸道・北陸道コース

東海北陸道・北陸道コースは図ので囲われた範囲内が2日間3,000円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
一宮IC⇒白鳥IC⇒(【油坂峠】一般道)⇒福井北IC⇒彦根IC⇒(一般道)⇒【彦根城】⇒(一般道)⇒彦根IC⇒一宮IC

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:5,740円が3,000円のため2,740円安くなります。

⑧名神・北陸道・京都縦貫道コース

名神・北陸道・京都縦貫道コースは図の紫で囲われた範囲内が2日間3,000円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
吹田IC⇒舞鶴東IC⇒(【由良海岸】一般道)⇒【天橋立】⇒宮津天橋立IC⇒吹田IC

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:5,760円が3,000円のため2,760円安くなります。

⑨舞鶴若狭道・中国道・山陽道コース

舞鶴若狭道・中国道・山陽道コース図の水色で囲われた範囲内が2日間3,000円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
中国吹田IC⇒春日IC⇒(一般道)⇒遠阪トンネル⇒(一般道)⇒【竹田城址】⇒(一般道)⇒和田山IC⇒姫路JCT⇒(【はりまシーサイドロード】一般道)⇒赤穂IC⇒中国吹田IC

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:5,990円が3,000円のため2,990円安くなります。

⑩阪和道コース

阪和道コースは図の黄色で囲われた範囲内が2日間2,500円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
吹田IC⇒有田IC⇒(【高野龍神スカイライン】一般道)⇒南紀田辺IC⇒吹田IC

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:5,630円が2,500円のため3,130円安くなります。

⑪熊本・佐賀・長崎コース

熊本・佐賀・長崎コースは図の黄色で囲われた範囲内が2日間3,000円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
太宰府IC⇒佐世保中央IC⇒(一般道)⇒【九十九島】⇒(一般道)⇒東そのぎIC⇒諫早IC⇒(一般道)⇒【雲仙岳】⇒(一般道・フェリー)⇒【天草五橋】⇒(一般道)⇒松橋IC⇒太宰府IC

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:6,030円が3,000円のため3,030円安くなります。※フェリー運賃は除く

⑫熊本・大分・福岡コース

熊本・大分・福岡コースは図の緑で囲われた範囲内が2日間3,000円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
太宰府IC⇒日田IC⇒(一般道)⇒【耶馬渓】⇒(一般道)⇒上毛SIC⇒別府IC⇒(一般道)⇒【別府八湯】⇒(一般道)⇒別府IC⇒湯布院IC⇒(【やまなみハイウェイ】一般道)⇒熊本IC⇒太宰府IC

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:5,440円が3,000円のため2,440円安くなります。

⑬熊本・宮崎・鹿児島コース

熊本・宮崎・鹿児島コースは図ので囲われた範囲内が2日間3,500円で乗り降り自由になります。

《サンプルルート》
熊本IC⇒えびのIC⇒(一般道)⇒【えびの高原】⇒(一般道)⇒隼人東IC⇒鹿児島IC⇒(一般道)⇒【鹿児島】⇒(フェリー・一般道)⇒【桜島】⇒国分IC⇒熊本IC

《価格差》
(平日昼間利用の場合)
二輪車1台:6,580円が3,500円のため3,080円安くなります。

申し込み方法

各ルートはスマホやPCなどから該当の公式HPにて申し込みを行うことができます。また、走行直前までキャンセル料はかけずにキャンセルが可能です。

①〜③のルートの申込みはこちら

④〜⑦の申し込みはこちら

⑦〜⑬の申し込みはこちら

まとめ

ツーリングプランは直前までキャンセルが可能な非常にお得なプランです。申し込み開始は4月25日(水)15時からとなっています。

意外と知られていない制度ですが、夏〜秋にかけてのおでかけを考えている方は是非予約をしてみては如何でしょうか。

関連するキーワード


バイク ツーリング

関連する投稿


【道交法改正予定】原付二種(AT小型二輪)が最短2日で取得可能に!

【道交法改正予定】原付二種(AT小型二輪)が最短2日で取得可能に!

警察庁は原付二種免許(AT小型二輪)に関する道路交通法施行規則を改正予定です。普通免許保持者が原付二種免許(AT小型二輪)を取得する際、1日に受けられる時限数の上限が引き上げられることで、原付二種免許(AT小型二輪)の取得が最短2日になる今回の改正。本記事では、施行規則改正で何が変化するのかをご紹介します。


日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

自動車で行くほどではないけど、歩くのはちょっと遠い…という距離の移動など気軽なチョイ乗りで活用できる折りたたみ電動原付スクーター『Airwheel Z5』。日本初の折り畳み可能なコンパクト原付スクーターを詳しく紹介していきたいと思います!!


【伝説の Z1 再来】カワサキ Z900RSが世界初公開!12月1日に発売!

【伝説の Z1 再来】カワサキ Z900RSが世界初公開!12月1日に発売!

東京モーターショー2017にてカワサキの伝説的なバイク「Z1」の再来と言われる「Z900RS」が10月25日のプレスデーにて、世界初公開となりました。こちらの記事では、Z900RSの画像と発売日、価格、スペックについての情報とZ1についての情報、東京モーターショー2017のカワサキブースの情報を掲載しています。


ホンダ モンキー125ccで復活!ついに世界初公開!発売日・スペックは?

ホンダ モンキー125ccで復活!ついに世界初公開!発売日・スペックは?

【10/26更新】2017年8月をもって生産終了となったホンダの50ccバイク、モンキー。惜しまれつつも生産終了となったモンキーですが、東京モーターショー2017にて125ccの「モンキー125」として世界初公開となりました。モンキー復活についての詳細情報と、市販化の可能性や発売時期の予測などについてまとめています。


ヤマハSR400が復活・・・!!どうなる消えゆく名車たち・・・!

ヤマハSR400が復活・・・!!どうなる消えゆく名車たち・・・!

9月1日にYAMAHAから発表されたSR400やドラッグスター等、一時代を築いてきた名車とも言えるバイクたちの生産終了の報せ。SRに関しては発売から約40年も続く大人気のバイクです。そんな悲しい報せでしたが、そんな最中SR400が「復活」するとの情報。詳しくまとめます。


最新の投稿


三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)が軽自動車から登録車へ変更された理由は?

三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)が軽自動車から登録車へ変更された理由は?

三菱の電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』が一部改良されて発売されました。 驚いたのが軽自動車から小型車(登録車)へ変更されて発売されたことです。何故、税金面でも不利になる登録車へわざわざ変更されたのでしょうか?不思議に感じたので調べてみました。


これはカワイイ!ホンダN-BOX純正アクセサリーにバーバパパ登場!

これはカワイイ!ホンダN-BOX純正アクセサリーにバーバパパ登場!

ホンダアクセスは、主に女性ドライバーに向けてトータルコーディネートを提案するコレクションの第5弾「バーバパパ コレクション」を5月31日より全国のホンダカーズから発売すると発表しました。画像を見てしまったら、バーバパパコレクションを思わず大人買いしてしまうかも!?


【知っておきたい】ガソリンの種類。レギュラーとハイオク、軽油の違いは?

【知っておきたい】ガソリンの種類。レギュラーとハイオク、軽油の違いは?

本記事では車の燃料であるガソリン種類、レギュラー・ハイオク、ディーゼル車の燃料である軽油の違いについてを説明しています。合わせてガソリン車に軽油を入れてしまう、ディーゼル車にガソリンを入れてしまうなど、指定されている燃料以外の燃料を入れてしまった場合、どうなるのかについても紹介しています。


日産 セレナe-POWERを買うべき5つの理由

日産 セレナe-POWERを買うべき5つの理由

セレナe-POWERの人気が沸騰中です。販売台数において、ミニバントップの座を死守し続けるセレナは、e-POWERを投入してからは、さらに独走状態に入っています。そこで、今なぜセレナe-POWERを買うのか?その理由を5つにまとめてみました。これを読めば貴方もセレナe-POWERを買いたくなるでしょう!


【速報】あのNシリーズに新モデル!ホンダの軽バン N-VAN新型2018年夏登場!

【速報】あのNシリーズに新モデル!ホンダの軽バン N-VAN新型2018年夏登場!

ホンダが、今夏に発表を予定している軽バン「N-VAN(エヌ バン)」に関する情報を4月20日本日、Hondaホームページで先行公開されました。今わかっている最新情報をお届けいたします!!