目次へ戻る

3月度販売ランキング深読みチェック!

3月度販売ランキング深読みチェック!

自販連と軽自協の発表によると、2018年3月度の販売台数トップはホンダの軽自動車「N-BOX」で、2位は日産の「ノート」。ここまではこのところの定位置ですが、下位では大きく変動しているのです。そこで、ベスト10だけではわからない、ランキングを深読みしてみることにしましょう。気になるあの車がこんな順位に!


3月度乗用車販売台数 スペーシア猛追

スズキスペーシアカスタム

まずはベスト10ですが、 N-BOXの独走状態はともかく、ノート、プリウスアクアといった登録乗用車の前年比減が顕著なのが見て取れます。そんな中、ミニバントップのセレナはなんとか前年比を上回り、ヴォクシーをしり目にベスト10にとどまっています。ベスト10内で前年比をもっとも落としたのがプリウスで、60%台という危機的状況が続いており、同時に発表された2017年度通期の販売台数でも、同じく前年比を大きく割り込んでいるのです。

また、軽自動車ではスズキのスペーシアが前年比を大きく上回り、 N-BOXにはまだ及ばないものの、その差をジワジワと縮めています。主な軽自動車は総合のベスト10内に登場していますが、登録乗用車に限ると、まだまだ多くの車種が下位でしのぎを削っています。そこで、登録乗用車の順位をみてみることにしましょう。

3月度順位と台数(前年同月比%)

1位 ホンダ N-BOX 26,851(102.8)            
2位 日産 ノート 19,356(79.4)
3位 スズキ スペーシア 18,711(124.4)
4位 ダイハツ ムーヴ 17,465(115.8)
5位 日産 デイズ 16,233(85.8)      
6位 ダイハツ タント 15,783(82.2)     
7位 トヨタ プリウス 15,688(69.9)
8位 日産 セレナ 15,080(103.5)
9位 トヨタ アクア 14,778(83.0)
10位 スズキ ワゴンR 14,392(103.2)

登録車ベスト10 ノート首位、トヨタ勢大幅減

日産ノート

ベスト10で、前年比を上回ったのはセレナとヴォクシーのミニバン勢とフィットのみ。他は軒並み前年比を割り込んでいます。特にトヨタ勢の落ち込みは大きく、プリウス以外でもアクア、シエンタ、C-HR、そしてヴィッツと、かなり台数を落としています。中でもプリウス以上に台数を減らしているのがSUVの C-HRです。個性あるデザインで人気が沸騰しただけに、さすがに飽きられるのも早く、SUVトップではあるものの、昨年の勢いはもう感じられません。しかし、プリウスと異なるのは、当初の販売目標は現在の販売台数より低いため、これまでが売れすぎていたにすぎないことです。SUVで月販一万台であれば上々の成果でしょう。

トヨタC-HR

3月度登録乗用車の順位と台数(前年同月比%)

1位 日産 ノート 19,356(79.4)
2位 トヨタ プリウス 15,688(69.9)
3位 日産 セレナ 15,080(103.5)
4位 トヨタ アクア 14,778(83.0)
5位 ホンダ フィット 12,503(107.5)
6位 トヨタ ヴォクシー 12,467(115.1)
7位 トヨタ シエンタ 11,461(85.9)
8位 ホンダ フリード 11,053(74.7)
9位 トヨタ C-HR 10,991(65.4)
10位 トヨタ ヴィッツ 10,130(80.1)

ベスト10以外の注目車種11位から30位 新型SUVが好調

三菱エクリプスクロス

ベスト10以外の注目車種、まずは11位から30位までを見てみると、マツダのCX-5が11位とベスト10入りまでわずか。C-HRを追い落とす可能性さえ見えてきました。そして同じマツダの新型3列シートSUVであるCX-8も下位ながらも4千台を超え、スイフト並みの台数になっており注目されます。また、ミニバンではホンダのステップワゴンも、ベスト10入りを狙える位置につけました。

話題の新型車では、三菱のエクリプスクロスが約5千台を記録し新登場で27位につけ、SUVクラスに参戦しています。50位までのランキングで唯一の三菱車であることからも、今後の販売に期待が持たれます。
ちなみに、三菱の主力車種であった軽自動車のeKの3月度は、約7千台ですから、エクリプスクロスの登場で、三菱ディーラーにとっていかに重要な車種であるのかがわかります。

マツダCX-5

順位と台数(前年同月比%)

11位 マツダ CX-5 9,289台(96.1)
13位 ホンダ ステップワゴン 8,769台(149.0)
27位 三菱 エクリプスクロス 4,996台(30-2)
29位 マツダ CX-8 4,342台(29年12月〜)

ベスト10以外の注目車種31位から50位 好不調がクッキリ

スズキクロスビー

最後に50位までを一気に見てみましょう。31位にスズキのクロスビーが入っていますが、同く新型SUVのエクリプスクロスと比較するとやや伸び悩み。しかし、スイフト、ソリオと並ぶスズキの普通車の3本柱になっているようです。カムリは依然として前年比10倍の勢いをキープ。リーフは2,997台で前月の3,720台、26位から後退しており、このあたりがEVの限界なのでしょうか。

そして、シビックが 2,246台と、意外と売れている印象。レクサスではNX300のハイブリッド車NX300Hが大躍進。 LS500Hはエスティマとほぼ同数を販売しています。そのエスティマは前年比で半減し、いよいよカタログ落ちの秒読みに入った感があります。

ホンダシビックハッチバック

順位と台数(前年同月比%)

31位 スズキ クロスビー 3,751(29年12月〜)
35位 日産 リーフ 2,997(190.8)
41位 ホンダ シビック 2,246(-)
45位 レクサス NX300H 1,392(226.3)
49位 トヨタ エスティマ 1,131(58.2)
50位 レクサス LS500H 1,089(29年10月〜)

まとめ

軽自動車の好調さが続いた3月度のランキング。例えば姉妹車のデイズに比べて目立ったセールスとならない三菱のeKでも7,128台であり、登録乗用車13位のステップワゴンに次ぐ台数であり、軽貨物のハイゼットカーゴはそのステップワゴンでさえ上回っているのです。2018年はこの状況が続くのか、あるいは登録車が勢いを取り戻すのか、4月の販売ランキングの発表を待つことにしましょう。

関連するキーワード


N-BOX ノート ランキング

関連する投稿


【最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

【最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。


【2019年】自動車保険顧客満足度ランキング1位は? J.D. パワー調べ

【2019年】自動車保険顧客満足度ランキング1位は? J.D. パワー調べ

顧客満足度に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー ジャパン(略称:J.D. パワー)は、2019年自動車保険契約者満足度調査SMの結果を発表しました。栄えある1位はどこの自動車保険だったのでしょうか。気になる結果を見ていきましょう。


2019年夏!軽ハイトワゴン買うなら?おすすめはどれ?

2019年夏!軽ハイトワゴン買うなら?おすすめはどれ?

今年もホンダのN-BOXの快進撃が止まらない軽自動車市場ですが、N-BOXが属する軽ハイトワゴンはミニバンを押さえてファミリーカーの定番として定着しています。その扱いやすさと広さはもちろんのこと、安全装備でも登録乗用車を含めた全車種でも最新の機能を搭載しています。そこで、2019年夏に買うならどのハイトワゴンにしたらいいのかを、冷静に考えてみました。やっぱりホンダのN-BOXが一番!という考えは、もはや古い…?かもしれません。


先行技術を保有している自動車メーカーランキングTOP10

先行技術を保有している自動車メーカーランキングTOP10

パテント・リザルトは6月に、自動車メーカーを対象に、2018年の特許審査過程で他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「自動車メーカー他社牽制力ランキング2018」を発表しました。気になる結果は?トップ10を見ていきましょう。


【最新版】人気・おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【最新版】人気・おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

国内の自動車販売台数の内、3割以上の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報を随時更新し掲載しています。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。