目次へ戻る

米ホンダがシビックやプレリュード、S2000に試乗できるMT車体験プログラムを開催!

米ホンダがシビックやプレリュード、S2000に試乗できるMT車体験プログラムを開催!

米国ホンダが、MT車の楽しさを体験してもらいたいと1980年代から2000年代初頭までに生まれたミレニアル世代向けに「シフトギア」プログラムというMT車を試乗できる講習会を開始しました。実際にどんな目的や内容なのか、用意された車種など、現在のマニュアルトランスミッション(MT)車の状況を含めて紹介します。


はじめに

米国ホンダが、MT(マニュアルトランスミッション)車の楽しさを体験してもらいたいと1980年代から2000年代初頭までに生まれたミレニアル世代向けに「シフトギア」プログラムというMT車の講習会を開始したと発表しました。

実際に「シフトギア」プログラムとはどんな内容なのか目的や車種などについて、また現在のマニュアルトランスミッション(MT)車の状況についても紹介します。

「シフトギア」プログラム

シフトギアプログラムは、ホンダが若い世代がMT車を運転することに自信を持ち、車を自在にコントロールするという興奮を体験してもらう目的で企画されたプログラムです。

ロサンゼルスで行われたシフトギアプログラムでは、16台のホンダのMT車が特設コースに揃えられ、主にMTを初めて操作するドライバーが参加したそうです。

参加者は、コンパクトカーのHonda Fit Sport、

CVCCエンジンを積む初代シビック
CVCCエンジンは、当時世界一厳しく、パスすることは不可能とまで言われた米国のマスキー法という排気ガス規制法(1970年12月)の規制値を、最初にクリアしたエンジンです。

「S2000」のサーキット仕様「S2000 CR」
ちなみに、「CR」とは休日などにモータースポーツを楽しむ人達を指す「クラブレーサー(Club Racer)」の略です。

懐かしい最終モデルとなる5代目「プレリュード SH」などの旧車からハイスペックなCivic Type RまでのMTモデルの試乗を楽しんだようです。

筆者は4代目のプレリュードを所有しておりましたが、プレリュード復活の噂もあり少し楽しみにしております。

バブル世代直撃!国産デートカーの代名詞「プレリュード」復活か | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/04/26/294031.html

1978年、ホンダのフラッグシップスポーツとしてデビューした2ドアスペシャリティカー、「プレリュード」が復活する可能性があることが分かった。

ということで、このシフトギアプログラムは時代の流れでマニュアル・トランスミッション(MT)車がどんどん減ってきていて若い人を中心にMT車を運転出来ない人が増えてMT車が売れなくなり、MTの設定を廃止せざるを得なくなるといった状況を打破したいというホンダの危機感から企画されたプログラムとなります。

ホンダのマニュアル車

米国ホンダでは、アメリカ自動車業界で唯一すべてのガソリン乗用車にマニュアルトランスミッション車を用意しています。
ラインナップは、以下のとおりです。

ATとMT車を用意
■Honda Fit LX、Sport and EX
■Civic Sedan LX EX-T
■Civic Coupe LX EX-T
■Civic Hatch LX 
■Accord Sport 1.5T、2.0Tセダン
■HR-Vクロスオーバー(日本名:『ヴェゼル』)LX EX

マニュアルトランスミッション車のみ
■Civic Type RとCivic Si CoupeとSedan

米国でも日本ほどではないですが、欧州などと比べてマニュアル車の比率は低い中、マニュアル車をすべて用意しているのは凄いですね。

日本のマニュアル車ラインナップ

自販連調べでは、2016年に国内で販売された乗用車の、98.4%がAT車でここ数年同程度の割合で推移しているそうです。
売れないものは作らないということで、日本では現在MT車の設定は少なくなってきました。

日本のホンダは現在のマニュアル車のラインナップは軽自動車の「S660」とフィットのスポーツモデルの「フィットRS」と新型「シビック」のみとなっています。

筆者としてはレースなども開催されているN-ONEのマニュアル車は用意して欲しいなと感じます。
それ以外では、あまり売れていないアコード辺りにも設定したら面白いのではと感じます。

日本でマニュアル車を積極的に採用しているメーカーはどこだと思いますか?

答えは、マツダです。

マツダは小型車からセダン、ワゴン、オープンモデルまで以下の5モデルに車種に幅広く6速マニュアルトランスミッション(MT)車を用意しています。
■ロードスター/ロードスターRF
■デミオ
■CX-3
■アクセラ スポーツ/セダン
■アテンザ セダン/ワゴン
ドライバーの走る楽しさを追求しているマツダならではですね。

その他のメーカーの新車で買えるマニュアル車(MT車)の一覧のまとめはこちらをご覧ください。

ホンダ新型シビックではマニュアル車が人気

昨年9月に発売したホンダの新型「シビック」ですが、ハッチバック車に設定されるMT車の初期受注比率が約35%の約2,100台にものぼる人気となっているそうです。

またフラッグシップスポーツモデルの「シビック タイプR」はMTモデルのみの設定ですが、それを含めるとシビックシリーズ全体の半数近くがマニュアルモデルというのは驚きです。

MTに乗りたいというニーズとシビックの購入層が合致した良い例ですね。

最近はAT限定免免許の割合も50%以上とそもそもMT免許自体持たない人も増えています。

シビックは比較的価格帯も高いので、購入する年齢層としては高めです。
若者向けに広げていくには米シビックが行ったようなMT体験プログラムなどでMT自体に興味をもってもらうところからはじめないと厳しいのでは無いかと感じます。

MT車が予想以上のバカ売れ…ホンダ シビック 新型、受注の半数近くがMT車に | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/11/18/302670.html

9月に発売したホンダの新型『シビック』が好調だ。シリーズ全体の10月までの累計受注が、1万2000台を超えたという。さらに、ハッチバック車に設定されるMT(マニュアル・トランスミッション)車の受注比率が約35%、およそ2100台にものぼる人気となっている

最後に

日本ではMT車は絶滅寸前と言われるくらいほとんどがオートマチック車になりました。
筆者自身もプレリュード以降の所有車はすべてオートマチック車です。

しかし、運転をする中でクルマを操っているフィーリングを感じられるのはマニュアル車ならではの醍醐味ですし、複数所有できるなら1台はマニュアル車が欲しいと感じることもあります。

若い世代向けにこういったマニュアルトランスミッション(MT)車の楽しさを体験してもらうプログラムを行うというのは非常に素敵な試みだと思います。

ホンダスピリッツが海外でも息づいているのは流石ホンダだなと感じました。

是非日本のホンダでもMT車を体験できる「シフトギア」プログラムを開催してほしいですね!

MT車に乗ろう! 米ホンダが若い世代に体験プログラム…初代 シビック や S2000 に試乗 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2018/04/23/308866.html

ホンダの米国法人、アメリカンホンダは1980年代から2000年代初頭までに生まれたミレニアル世代を対象に、マニュアルトランスミッション(MT)車の楽しさを体験してもらうプログラムを開始した、と発表した。

関連するキーワード


ニュース・イベント情報

関連する投稿


西日本豪雨による被災・水没車両の買取4000台超えのタウ|今後も強化

西日本豪雨による被災・水没車両の買取4000台超えのタウ|今後も強化

損害車買取シェアNo.1の「株式会社タウ」より、西日本豪雨による被災車両の買取台数が4000台を超えたとの発表がありました。今後も事態収束に向け、全国の提携レッカー業者と協力し、被災車両の引き取りを強化していくようです。詳細についてお届けします。


過去5年で不正改造車が激減?東京オートサロン会場周辺の街頭検査

過去5年で不正改造車が激減?東京オートサロン会場周辺の街頭検査

毎年恒例の東京オートサロン会場周辺での特別街頭検査。2013年〜2018年までの過去5年間のデータを並べて掲載しています。


【不正改造の取締り】取締り基準、ポイント9つ&罰則内容や通報先は?

【不正改造の取締り】取締り基準、ポイント9つ&罰則内容や通報先は?

本記事では不正改造の取締り対象になるポイント9つと、罰則と取締の流れ、不正改造車を見かけた際の通報先までまとめてご紹介いたします。


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。


みんな大好き!便利で身近な 東急 池上線!ニュースまとめ2017

みんな大好き!便利で身近な 東急 池上線!ニュースまとめ2017

都会ながらも未だに車両三両のみで運行し続けている「東急池上線」。その池上線にある池上駅が新しく生まれ変わります!リニューアルを記念して近年の池上線ニュースをまとめてみました。【11月21日更新しました】


最新の投稿


関東在住者向け!山梨のオススメドライブスポット〜日帰り旅行地まとめ〜

関東在住者向け!山梨のオススメドライブスポット〜日帰り旅行地まとめ〜

今回は関東から日帰りで行ける山梨県の温泉をまとめていきます。 山梨県の自然と美味しいものを堪能しながら温泉でゆっくりしてリフレッシュできる一日を過ごしてみてください。


随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

東京モーターショー2019が10月24日より東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。ほぼ毎日更新していきます!


都道府県別道の駅まとめ┃山梨県

都道府県別道の駅まとめ┃山梨県

山梨県は富士山の麓で、自然に溢れており、毎年数多くの観光客が訪れます。車移動であれば必ず通るであろう中央道周辺は、四季折々の顔を見せるので、運転者も同乗者も楽しめるとあって人気です。今回はそんな山梨県を訪れる際に是非立ち寄って欲しい道の駅をご紹介します。


【全41地域デザイン掲載】地方版図柄入りナンバーの全デザインと申込み方法!

【全41地域デザイン掲載】地方版図柄入りナンバーの全デザインと申込み方法!

地方版図柄入りナンバープレートの全41地域の最終デザイン案が決定し、2018年10月1日から交付が開始されます。本記事では全41地域の最終デザインと、その申込み方法をご紹介します。【2019年10月更新】


トヨタの小型ピックアップ!ハイラックス 中古車価格まとめ

トヨタの小型ピックアップ!ハイラックス 中古車価格まとめ

トヨタのハイラックスは、トヨタの小型ピックアップトラックです。その歴史は長く、1968年から発売されています。日本、世界で人気の高いハイラックス。本記事ではハイラックスが気になっている方のために中古車情報をお届けいたします。(※情報は2019年8月現在のものです)