目次へ戻る

EV祭りだった!北京モーターショー2018海外勢編

EV祭りだった!北京モーターショー2018海外勢編

5月4日まで開催されていた北京モーターショー2018において、中国政府が力を入れるEVなどの“新エネ車”といわれるモデルの出展が174台に上りました。世界最大の自動車市場のEV政策にいやおうもなく転換を迫られた各メーカーの“新エネ車”にはどんな車種があるのでしょうか。まずは日本以外の海外メーカーからご紹介してみましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


フォルクスワーゲンの新ブランド「SOL」

フォルクスワーゲングループは、北京モーターショー2018において、新ブランドSOLの第一号車、『SOL E20X』を初公開しています。

フォルクスワーゲングループとJACが設立した新合弁会社が、JACフォルクスワーゲン。EVを共同開発・生産し、2018年内に中国市場に投入する予定。JACフォルクスワーゲンの新ブランド、SOLの第一号車として、北京モーターショー2018で初公開されたのが、「SOL E20X」となります。

「SOL E20X」は、電動SUVであり、1回の充電での航続は、300km以上の性能を備え、また、AI(人工知能)やインテリジェントなコネクテッドカー機能を備えるとしています。

中国でも本命はこの車「テスラモデル3」

「テスラモデル3」は、生産に多くの課題を抱えながらも、北京モーターショー2018にその姿を見せ、EV施策を強く推し進める中国市場に、量産EVの先駆者としてその存在感をアピールしています。

「モデル3」は、「モデルS」の下に位置する小型EVセダンで、ベースグレードは、0~96km/h加速5.6秒、最高速210km/hの動力性能を備えています。そして、1回の充電で、最大355kmを走行可能であり、「ロングレンジ」と呼ばれる上級グレードは、0~96km/h加速5.1秒、最高速225km/hのパフォーマンスを持ち一回の充電で、最大約500kmを走行できる性能を備えています。この「モデル3」が、今後登場する各メーカーのベンチマークであることは言うまでもありません。

BMWブランド初の電動SUV「コンセプトiX3」

BMWの「コンセプトiX3」は、BMWが2020年に市販する予定の「iX3」を示唆したコンセプトカーです。「iX3」はBMWブランド初の市販EVとなり、ベースとなる「X3」を元に開発が進められています。

「コンセプトiX3」は、BMWの第5世代電気モーターを搭載し、最大出力は270hp以上、蓄電容量が70kWhのバッテリーを搭載。一回の充電での航続距離は、400km以上に到達するとされています。また、急速充電では約30分で充電できる性能を備えています。

エクステリアはベースのX3と共通だが、キドニーグリルがEV専用デザインとなっている他、冷却の必要がないため、グリルが閉じられたデザインとなっています。 このように、ブランドイメージと既存の人気車種をベースにEVを作り上げることが出来ることが、新興勢力との大きな違いとなります。

ボルボは2025年までに世界販売の50%を電動車に

ボルボカーズは北京モーターショー2018において、2025年までに世界新車販売の50%を電動車にするという目標を発表しました。

この目標達成に向けて、ボルボカーズはすでに2019年以降に発売される全てのボルボ車に電動モーターを搭載し、電動化を将来の事業の中心に据えると発表し、全モデルに、EV、プラグインハイブリッド車(PHV)、マイルドハイブリッド車をラインアップする計画を公表していましたが、今回のボルボカーズの発表は、この計画を加速させるもので、ボルボカーズのホーカン・サムエルソン社長兼CEOは、「電動車の世界有数の市場におけるコミットメントを強化し、拡大していく。中国の電動車の未来は、ボルボカーズの未来でもある」と述べています。

アストンマーティンは、初のEV「ラピードE」を2019年に中国へ投入

英国のスポーツカーメーカー、アストンマーティンは、ブランド初のEVを2019年、中国市場に投入することを発表しました。

アストンマーティンブランド初のEVとなる予定の「ラピードE」は、アストンマーティンの4ドアスポーツカー、「ラピード」をベースに、EVパワートレーンを搭載したモデルになります。

現時点では、詳細は公表されていませんが、EVパワートレーンは、英国のウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング社と共同開発し、アストンマーティンの名前にふさわしい高性能が追求されると見られています。なお、「ラピードE」の生産開始は2019年を予定しており、台数限定で生産する計画となっています。

まとめ

中国政府は2025年までに、年間新車販売台数の20%以上にあたる700万台を、NEV(新エネルギー車。EVやプラグインハイブリッド車を指す)にする計画を掲げています。

世界最大の自動車市場でありながら、このスピード感ある方針は、自国の自動車産業を後押しするため、あるいはまた、貿易収支を圧迫しているとされる原油輸入を抑制するなどの経済的な側面も考えられているともいわれていますが、既存のメーカーも黙ってそのシェアを奪われるわけにはいきません。その蓄積された技術力とブランド力が、中国という巨大な市場において生き残りをかけた戦いを繰り広げるでしょう。

関連するキーワード


北京モーターショー

関連する投稿


ヴェヌーシア?イゾア?日本人の知らない北京の日本車たち

ヴェヌーシア?イゾア?日本人の知らない北京の日本車たち

海外で販売される日本車には、日本国内では販売されない車種も多くあります。北京モーターショーでは、特に中国専用車種が多く見られ、日本の自動車メーカーからも多くの中国専用車種が多く見られました。そこで、我々が知らないそれらの日本の自動車メーカーが出展した中国専用車種をご紹介してみましょう。


EV祭りだ!北京モーターショー国産車編

EV祭りだ!北京モーターショー国産車編

5月4日まで開催される北京モーターショー2018において、世界最大の自動車市場である中国のEV政策に対応するために、世界中のメーカーが多くのEVやPHVを出展しています。そして日本のメーカーも同様に数々のモデルを投入しています。ではどんなモデルがあったのか見てみましょう。


【北京モーターショー2018】6年ぶり復活!ホンダのインスパイア

【北京モーターショー2018】6年ぶり復活!ホンダのインスパイア

ホンダと東風汽車の中国合弁、東風ホンダは中国で開催中の北京モーターショー2018において、『インスパイア・コンセプト』を初公開しました。復活は実に6年ぶりのことになります。最新情報をお届けいたします。


【北京モーターショー2018】日産の新型SUVテラ 初公開!

【北京モーターショー2018】日産の新型SUVテラ 初公開!

日産自動車の中国法人は、中国で開催中の北京モーターショー2018において、新型SUVの『テラ』を初公開しました。テラとはいったいどんなSUVになるのでしょうか。


【北京モーターショー2018】日産ヴェヌーシアのSUVコンセプト爆誕

【北京モーターショー2018】日産ヴェヌーシアのSUVコンセプト爆誕

日産自動車の中国合弁、東風汽車有限公司の「ヴェヌーシア」ブランドは4月25日、中国で開幕した北京モーターショー2018において、ヴェヌーシアブランドのコンセプトカー、『The X』を初公開しました。


最新の投稿


AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

ARとは「拡張現実」VRとは「仮想現実」と呼ばれているもので、いずれもパソコンやスマホなどを使い仮想の世界をあたかも現実の世界にいるような体験ができる技術です。最近では車にもこの技術が使われ始めています。


ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

万が一のことを考えてドライブレコーダーを装着する車が増えてきましたが、前方だけのタイプの方もまだまだ多いようです。しかし、ドライブレコーダーを装着するなら是非前後に装着する事をおすすめします、今回はドライブレコーダーについて詳しくご説明していきます。


スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

日本国内での携帯電話の普及率はなんと100%を超えていると報告されています(総務省調べ)。もはや携帯なしでは生活に支障をきたすレベルです。そんな今、車の運転時に必要となってくるのがスマホホルダーです。今回は、スマホホルダーの使い方や注意点についてご紹介していきます。


カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

「カーエアコンが効かない!」とお悩みの方必見。夏が本格化する前に、カーエアコンの効きが悪い原因を確認から対処する方法をまとめました。ここ数年、地球温暖化による異常気象によって、日本各地で記録的な猛暑が記録されています。暑い中ではカークーラーが効かないのは、命取りになってしまいます。


知らないと危険?!オーバーヒートとは

知らないと危険?!オーバーヒートとは

気持ち良くドライブをしていたらボンネットから煙が。異臭もするし、見たことのない警告灯も点灯。こんな時どうしたらいいのか?今回は、オーバーヒートの原因と対処法、修理についてを解説します。