トップへ戻る

40%が整備不良!?意外と知らないタイヤ点検(動画有り)

40%が整備不良!?意外と知らないタイヤ点検(動画有り)

月に一度の点検が望ましいとされるタイヤ点検。ところが、6割のドライバーが毎月の点検を行っていないという調査結果も出ています。 正しいタイヤ点検のやり方を学んで、安全なドライブを楽しみましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


タイヤ点検の重要性

自動車と路面の唯一の接点であるタイヤは、車体を支えると同時に、走る、曲がる、止まるという走行要素の核となる重要なパーツです。

空気圧や溝のすり減り、キズやひび割れなど、安全運転のために定期的なタイヤのチェックが重要になります。

40%が整備不良という結果も・・・

ダンロップ タイヤ点検活動の様子(首都高 大黒PA)

ダンロップでは、2008年10月から年2回、全国47都道府県でタイヤ点検と安全啓発活動を「道の駅」やショッピングセンターで開催しています。

2016年の活動では、45会場で4159台のタイヤ点検を実施。その結果、タイヤの整備不良率は全点検台数の40.5%で、その内容は(重複含む)空気圧の過不足が25.2%と最も多く、続いて残溝不足が12.7%、タイヤ表面の損傷が6.6%、偏摩耗が6.1%という驚くべき結果でした。

月に1度のタイヤ空気圧点検、6割が実施せず

ゴールデンウィークのドライブについての意識調査

日本自動車タイヤ協会は、2013年4月に20代から50代のドライバー男女400名を対象に「ゴールデンウィークのドライブについての意識調査」を実施しました。

ゴールデンウィーク前にどのようなメンテナンスをするつもりか尋ねたところ、「タイヤの空気圧点検」(57.3%)がトップで、以下、「洗車」(52.0%)、「車内清掃」(43.9%)と続き、タイヤの空気圧点検の意識が高いことがわかりました。

しかし、6割の回答者はタイヤの空気圧点検を月に1回以上実施しておらず、適正なタイヤ空気圧点検の頻度に達していなかった。

また、タイヤの空気圧が低下すると、燃費悪化につながると知っているのは全体の約3割程度にとどまり、節約を意識しつつも、適切なタイヤ空気圧による節約効果が十分に把握されていない現状が浮き彫りになっています。

タイヤ点検のやり方を動画で学ぼう

安全・安心なドライブのためにも、タイヤは定期的に点検が必要です。タイヤ点検の方法についてはダンロップが動画を公開しているので紹介いたします。

タイヤの点検 | ダンロップタイヤ 公式タイヤサイト【DUNLOP】

http://tyre.dunlop.co.jp/tyre/products/tyrecheck/

ダンロップ公式「タイヤの点検」ページです。ここではタイヤの安全チェックポイントをご紹介します。定期的なタイヤ点検で、さらに安全で安心なカーライフを。

空気圧の点検

タイヤの空気圧は適正値を保つことが肝心

適正な空気圧を維持することで、タイヤ本来の性能を最大限に活かすことができます。
月に1度は空気圧を点検するように心がけてください。タイヤの空気圧は車種やタイヤの種類によって適正値が異なります。適正値はドア付近やオーナーズマニュアルなどに表示されていますので、ご確認ください。

タイヤの空気圧が低い場合の影響
タイヤのたわみが増えて転がり抵抗が増し、燃費が悪化します。
偏摩耗などの要因となるため、走行性能が低下します。
タイヤの発熱量が過度になり、損傷につながります。
段差の乗り上げ時にコード切れを起こし易くなります。

タイヤの空気圧が高い場合の影響
トレッド面などが傷つきやすくなります。
センター摩耗(中央部だけすり減る現象)が起こり、タイヤ寿命が短くなります。
路面段差に過敏に反応するようになり、乗り心地が悪化します

残溝

タイヤがすり減ると溝がなくなり、スリップサインが出ます。
なお、溝の深さ1.6mm未満のタイヤは使用してはいけないと法律で定められています。
スリップサインとは溝の深さが1.6mmを示す目安です。

溝がすり減ると

1. 濡れた路面でスリップしやすくなります
2. ハイドロプレーニング現象が起こりやすくなります
※ハイドロプレーニング現象とは雨の日などの高速走行中にタイヤが水の上に乗り上げてハンドルやブレーキが効かなくなる現象です。

偏摩耗

タイヤの一部が偏って摩耗している状態を偏摩耗といいます。

偏摩耗が発生すると

1. 走行性能が低下します
2. ブレーキ性能が低下します
3. 他の溝が充分に残っていても使用できなくなることがあります

キズ

タイヤの表面や側面にキズはありませんか?
路上の障害物や縁石などとの接触などにより、
タイヤに亀裂や釘などの異物が刺さっている場合があります。
キズが発生していると

1.パンクなどの原因になります。キズなどがタイヤ内部に達している場合は使用できません

関連するキーワード


タイヤ メンテナンス

関連する投稿


エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

車のエンジンはガソリン・軽油などと空気を混合して動力となります。この時、取り入れる空気をクリーンな物にするためには、エアクリーナーと呼ばれる装置を使用します。本記事ではエアクリーナーやその選び方やおすすめ商品を紹介します。


【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

タイヤの交換やローテーションは自分でおこなう、という方は少なくないでしょう。そんなとき、必ず扱うのがホイールナットです。実は、ホイールナットにはさまざまな種類や形状があり、適切なものを使用しないと、緩んでしまうことさえあります。今回は、ホイールナットについてまとめました。


高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

車やバイク好きの方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?オーリンズと言えば最高峰のサスペンションメーカーであり、レースなどでも活躍が著しいメーカーです。今回はこの「オーリンズ」について見ていきましょう。


愛車に長く乗り続けたい方必見!おすすめカーケア用品をご紹介!

愛車に長く乗り続けたい方必見!おすすめカーケア用品をご紹介!

車を快適に過ごすためのグッズは数多く存在します。また車のお手入れのための用品も多いです。カーシャンプーやワックス・水垢取りなどは身近なカーケア用品と言えるでしょう。今回はこれらのカーケア用品についてご紹介していきます。ご自身で出来るカーケアの知識を増やし快適なカーライフをお過ごし下さい。


【タイヤ交換】所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧

【タイヤ交換】所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧

タイヤの溝がすり減ってきて、タイヤ交換の時期...。これからタイヤ交換を考えている方に必要な情報を一覧で分かりやすくご紹介します。具体的には、タイヤ交換の所要時間と工賃比較、自分で選んだタイヤを持ち込みできるお店をご紹介します。


最新の投稿


エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

車のエンジンはガソリン・軽油などと空気を混合して動力となります。この時、取り入れる空気をクリーンな物にするためには、エアクリーナーと呼ばれる装置を使用します。本記事ではエアクリーナーやその選び方やおすすめ商品を紹介します。


ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

家族が増えて、車の買い替えをお考えの方に、おすすめの一台としてホンダのN-BOXがあります。軽自動車でも安心して乗れる車で、ホンダの提案するN-BOXの安全設計であるタフネスボディは、軽自動車に普通乗用車並みの全方位衝突安全性能を搭載しました。このN-BOXで安心してご家族と自動車ライフを楽しむという提案をします。


DS 3クロスバックってどんな車?気になるコンパクトSUVを徹底解説

DS 3クロスバックってどんな車?気になるコンパクトSUVを徹底解説

シトロエンのプレミアムブランド、DSが販売している、コンパクトなSUV・DS 3クロスバック。今回は、その魅力と実力を探ってみたいと思います。日本での評判はどうなのでしょうか?


MINI クラブマンに乗りたい!性能は?価格は?中古車情報も紹介!

MINI クラブマンに乗りたい!性能は?価格は?中古車情報も紹介!

新型MINIの中でも抜群の実用性を兼ね備えたMINIがクラブマンです。家族での少し遠出の際やレジャーの際にその大きなラゲッジ・ルームが威力を発揮します。今回はこのMINIのクラブマンを見てみましょう。


【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

タイヤの交換やローテーションは自分でおこなう、という方は少なくないでしょう。そんなとき、必ず扱うのがホイールナットです。実は、ホイールナットにはさまざまな種類や形状があり、適切なものを使用しないと、緩んでしまうことさえあります。今回は、ホイールナットについてまとめました。