目次へ戻る

マツダのロードスター・RF一部改良!発売は7月26日!改良でどこが変わった?

マツダのロードスター・RF一部改良!発売は7月26日!改良でどこが変わった?

マツダは、ロードスターとロードスター RFに、さらなる進化を遂げたガソリンエンジンを搭載するとともに、特別仕様車「Caramel Top(キャラメル・トップ)」を新たに「マツダ ロードスター」に設定しました。全国のマツダ販売店を通じて本日から予約受注を開始し、7月26日に発売します。改良点をまとめてみました。


マツダの小型オープンスポーツ ロードスター・ロードスターRFが改良!

マツダは、ロードスターとロードスター RFに、さらなる進化を遂げたガソリンエンジンを搭載するとともに、特別仕様車「Caramel Top(キャラメル・トップ)」を新たに「マツダ ロードスター」に設定しました。

全国のマツダ販売店を通じて6月7日から予約受注を開始し、7月26日に発売します。

現行モデルが4代目となる「ロードスター」は、「人生を楽しもうー”Joy of the Moment, Joy of Life”」をコンセプトに掲げ、ソフトトップモデル「マツダ ロードスター」を2015年に、電動格納式ルーフを搭載したリトラクタブルハードトップモデル「マツダ ロードスター RF」を2016年に国内導入。2つのロードスターでオープンスポーツカーの楽しさ、そしてマツダの「人馬一体」の走りの楽しさを提供しています。

特別仕様車「Caramel Top」登場!

そして今回、特別仕様車「Caramel Top」が登場。

この、キャラメルトップは、ロードスターの特別仕様車の第2弾です。

キャラメルトップは、ロードスターをベース車に、新色のブラウン色の幌に、新色スポーツタンのレザーシートを備えたインテリアを採用し、これまでのロードスターとは一味違う個性的で上品なカラーコーディネーションに仕上がっています。

マツダ ロードスター キャラメルトップ エクステリア・インテリア画像

ロードスター・ロードスターRF共通の改良点

マツダ ロードスター 16インチホイール(ブラックメタリック塗装)

ロードスター・ロードスターRFの改良点ですが、まず、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の装備の多くをスポーツカーにも標準化、全機種「サポカーS・ワイド」に対応しました。

また、 歴代ロードスターで初めてテレスコピックステアリングを採用。最小限の重量で、理想のドライビングポジションを提供します。

さらに、ホイール色を、「ガンメタリック塗装」から「ブラックメタリック塗装」に変更。

これにより、ピアノブラックのドアミラーとの統一感がさらに深まりました。

マツダ ロードスター 改良点

ロードスターは

1. SKYACTIV-G 1.5の進化

2. 車両情報の充実と質感の向上

上記の2点が改良されました。

「SKYACTIV-G 1.5」は、気持ちの良い加速感と伸び感はそのままに、今回SKYACTIV-G 2.0で開発した燃焼改善技術を織り込み、全回転域のトルクを現行同等以上に高めながら、環境・燃費性能を向上させています。

また、マルチインフォメーションディスプレイ(MID)にグラフィカルな表示が可能なTFTカラー液晶を採用しました。

マツダ ロードスター マルチインフォメーションディスプレイ TFTカラー液晶

マツダ ロードスターRF 改良点

ロードスターRFは、

1. SKYACTIV-G 2.0の進化

2. 新内装の設定

上記の2点が改良されています。

ロードスター RFに搭載する「SKYACTIV-G 2.0」は、高回転域での吸入空気量アップ、回転系部品の軽量化、吸排気損失の低減、燃焼期間の短縮などを達成。

全回転域でトルクを向上させ、高回転域では出力性能を15%以上高めながら、最高回転数も6800rpmから7500rpmに引き上げています。

さらに燃費・環境性能も向上させるなど、エンジンそのものの性能を飛躍的に向上させました。

またエンジンサウンドは、駆動系からのノイズを排除した上で、サイレンサー内部構造をすべて見直し、低回転から高回転までリニアで伸び感のある力強い音色を造り込んでいます。

更に、VSグレードの内装色に新色スポーツタンとブラックを追加しています。

新鮮な魅力と個性を際立たせることで、オーナーの感情に即して、気分を明るくしたり、気持ちを引き締めたりするような内装に。

マツダ ロードスター RF 改良型「SKYACTIV-G 2.0」

マツダ ロードスター・ロードスターRF改良新型 新車価格

マツダのロードスターは、約255万円~320万円。
マツダのロードスターRFは、337万円~381万です。

特別仕様車となる、Caramel Topは、309万円~320万円です。

マツダ ロードスター・ロードスターRF改良新型 発売日は7月26日

ロードスター・ロードスターRF共に、全国のマツダ販売店を通じ予約受注を開始しました。

発売日は7月26日です。

【8月28日更新】マツダ ロードスター一部改良 試乗評価

RSのMT車に乗り込み、ドライビングポジションを調整する。ステアリングを手前に引ける分、シートスライドを後退させることができるから、足元に余裕が生まれるのが嬉しい。そのおかげで発進が容易になったのかなと思ったら、実はこのエンジン、アイドリング付近の1000rpmでは実に7Nmもトルクが増強され、発進を容易にしていたのである。

扱いやすさを高めつつも、程よいパワー感、伸びのある吹け上がりはこれまでと変わらず。あらゆる面で何も失うことなく進化を果たしていると言っていい。

最後に

マツダのロードスター・ロードスターRFが一部改良されて発売されます。

発売日は7月26日で、予約受注も受け付け中ですので、ロードスターが気になっていた方はお見逃しなく!

関連する投稿


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


マツダ AZワゴン┃中古価格から評価、スペック等 一覧

マツダ AZワゴン┃中古価格から評価、スペック等 一覧

思わず遠出したくなる「マツダ・AZワゴン」の概要や歴代モデルの特徴、そして燃費や中古車価格などをまとめてみました。もう一台増やそうとお考えの方は是非ご覧ください。


マツダの新テクノロジー、スカイアクティブの全てを徹底解説

マツダの新テクノロジー、スカイアクティブの全てを徹底解説

マツダの代名詞とも言えるスカイアクティブは次世代技術の結晶です。 そのスカイアクティブの歴史から各部品の魅力、他者の次世代技術についてご紹介していきます。


マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダの「ベリーサ」をご存知でしょうか?ベリーサは1500ccのコンパクトカーで、高級感のある「プレミアム・コンパクトカー」として売り出されました。しかし、その完成度にもかかわらず、現在この車について語られることはそれほどありません。そこで今回は、マツダ・ベリーサの特徴や燃費、中古価格を解説していきます。


マツダのフラッグシップモデル!アテンザワゴンの魅力とは

マツダのフラッグシップモデル!アテンザワゴンの魅力とは

発売から6年が経ち、そして2018年には大幅なマイナーチェンジによってさらに熟成へと進歩を遂げたマツダのフラッグシップモデルアテンザ。あえてフルモデルチェンジをせず作り上げた内外装のデザインの完成度、そしてガソリンエンジンとディーゼルエンジンの特性や違いに至るまでマツダのこだわり抜いたアテンザの魅力をお伝えします。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。