目次へ戻る

危ない!大根もバッサリ切れちゃう?!車を安全に楽しむために知りたいコト

危ない!大根もバッサリ切れちゃう?!車を安全に楽しむために知りたいコト

昨今、パワーウインドーに関連する乳幼児の事故が多発しており、昨年11月には2歳の男児が首を挟まれ、心肺停止に陥る事案も発生しているんだそうです。安全に車に乗るために気を付けることは何なのでしょうか。安全をテーマにまとめてみました。


事件発生!パワーウィンドに注意しよう

JAF(日本自動車連盟)は3月15日、パワーウインドーによる挟み込みの危険性を検証した結果をホームページに公開しました。

昨今、パワーウインドーに関連する乳幼児の事故が多発しており、昨年11月には2歳の男児が首を挟まれ、心肺停止に陥る事案も発生しているんだそうです。JAFではパワーウインドー使用時における注意を促すため、加わる力の大きさや「挟み込み防止機能」の作動状況について検証を行いました。

パワーウインドーの機能と閉まる力

今回、パワーウインドーの機能と閉まる力を軽自動車、セダン、ミニバンの3台で検証。挟み込み防止機能が働いた場合、窓が閉まる力は7.0~9.1kgfにとどまりますが、同機能がない場合、その力は24.9~34.6kgfまで上昇。大根を簡単に切断できるほどの力まで跳ね上がりました。

また、閉まりかけた窓を手で押さえ止められるかをミニバン後席右側で3人のモニターで検証。8歳児は両手でも窓を止められず、30代女性は両手で止めることができたが、片手では不可能でした。50代男性は片手で止めることはできたものの、下げることは両手でもできなかったということです。

気を付けてあげないとですね

挟み込み防止機能は車種によってはすべての窓に装備されておらず、また挟み込み防止機能もスイッチを引き続けると働かないこともあり、子どもを乗せる際には十分注意が必要です。

JAFでは、子どもをチャイルドシートに正しく乗せること、子ども自身が座席で窓の開閉ができないように、運転席にあるパワーウインドーのロックスイッチをONの状態にするなど、安全対策の必要性を啓発していくそうです。

自動車メーカーが考える高齢者の事故防止に有効な技術、8社のうち7社が「先進ライト」

超高齢化社会の日本。
長生きできる世の中はとてもありがたいものの、やはり昔と違ってどう鍛えていても体力は衰えてしまいます。それは運転でも同じです。

そんな中、「安全運転サポート車」の普及啓発に関する関係省庁副大臣等会議で、国内自動車メーカー8社が高齢運転者の安全運転に貢献する先進安全技術として自動ブレーキとペダル踏み間違い時加速抑制装置を挙げました。

会議では、高齢運転者の安全運転に資する先進安全技術について聞き取り調査しました。聞き取り調査した全社が自動ブレーキとペダル踏み間違い時加速抑制装置を挙げました。

また、8社中7社が自動切替型前照灯や自動防眩型前照灯などの先進ライトについても高齢運転者の安全運転に貢献する技術に挙げていました。

事故ゼロ社会を目指して、今後も安全技術が進化することを望んでやみません。

MS&AD基礎研究所は、全国のドライバー1000人を対象に「自動車運転と事故」をテーマとするアンケート調査を実施。高齢者の自動車運転と事故に関する実態と意識、事故防止対策などをまとめた。

調査結果によると、運転に対して「自信がある」と回答した人は、20~29歳が49.3%、30~59歳が40.0%、60~64歳が38.0%と、20代から60代前半にかけては徐々に減少。しかし、その後65歳から運転に自信を持つドライバーの割合は急カーブを描いて上昇し、80歳以上では72.0%が「運転に自信あり」と回答している。

80歳以上の高齢者ドライバー、72%が「運転に自信あり」 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2017/03/07/291702.html

MS&AD基礎研究所は、全国のドライバー1000人を対象に「自動車運転と事故」をテーマとするアンケート調査を実施。高齢者の自動車運転と事故に関する実態と意識、事故防止対策などをまとめた。

ドローン搭載!?最先端の技術を駆使するランドローバー

安全面で気になるニュースをご紹介します。

英国の高級SUVメーカー、ランドローバーは3月7日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2017において、新型『ディスカバリー』の「プロジェクトヒーロー」を初公開しました。

斜めから見るとこんな感じ

同車は、新型ディスカバリーをベースにしたコンセプトカー。オーストリアの赤十字社のために、ランドローバーの高性能モデルや車両カスタマイズ製品、少数生産の限定モデルの製作を担当するスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)部門が、開発したモデルとなります。

何と言っても、ドローン搭載しているのがスゴイ

その特徴は、革新的なドローンテクノロジーを採用していること。新型ディスカバリーのルーフから、ドローンが離着陸できるよう、設計されている。

プロジェクトヒーローは今後1年間、緊急対応チームが試験運用を行う予定。ランドローバーは、「人道支援向けのビスポークモデル」とコメントしている。

確かにドローンが

その特徴は、革新的なドローンテクノロジーを採用していることです。新型ディスカバリーのルーフから、ドローンが離着陸できるよう、設計されています。

プロジェクトヒーローは今後1年間、緊急対応チームが試験運用を行う予定。ランドローバーは、「人道支援向けのビスポークモデル」とコメントしています。

今後の展開に期待ですね。

関連するキーワード


事故・交通事故

関連する投稿


人身事故を起こしてしまったら?罰金や点数、免停などの情報まとめ

人身事故を起こしてしまったら?罰金や点数、免停などの情報まとめ

もし人身事故を起こしてしまったらどうなってしまうのでしょうか?人身事故の罰金や点数、免停や免許取り消しになってしまうのかなど、人身事故に関する情報を解説していきます。


ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

もしもひき逃げ事故を起こしてしまった際に、どのように対処すべきでしょうか。さらには、被害に遭ってしまった方、事故を目撃した方もその場で適切な処置をする事が求められます。今回は、ひき逃げを起こしてしまった方、巻き込まれてしまった側、それぞれがどのように対処し、処置をしていくべきかを解説しています。


「危険性帯有者」罰則強化|あおり運転も対象に。被害経験は約9割…。

「危険性帯有者」罰則強化|あおり運転も対象に。被害経験は約9割…。

警察庁から全国の警察に「あおり運転」に対し罰則を強化する新対応が発表されました。こちらの記事では新対応に伴う罰則強化に関連する情報と、あおり運転への対処として高まるドライブレコーダー需要に関する調査結果、そしておすすめのドライブレコーダーや対策方法を合わせて掲載しています。


【必ず必要】交通事故証明書の発行・申請方法を解説!

【必ず必要】交通事故証明書の発行・申請方法を解説!

万が一交通事故を起してしまった場合、どのような手続きが必要か分かっている方も多くは無いと思います。本記事では、そもそもの交通事故証明書とは何なのか。んまた、その後の証明書の発行方法、申請方法等をまとめて掲載しています。


2020年に高速道の逆走事故ゼロへ、メーカー・国土交通省の様々な取り組み

2020年に高速道の逆走事故ゼロへ、メーカー・国土交通省の様々な取り組み

国土交通省は2020年までに高速道路での逆走事故ゼロを目指し、高速道路各社と自動車メーカーが連携した各種の取り組みを行っています。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。