目次へ戻る

【F1】第7戦 カナダGP ベッテル(フェラーリ)が優勝!

【F1】第7戦 カナダGP ベッテル(フェラーリ)が優勝!

F1第7戦カナダGPの決勝レースが10日、モントリオールのジル・ビルヌーブサーキットで行われ、ポールポジションからスタートしたセバスチャン・ベッテルが一度もトップを譲ることなく優勝に輝きました。


【F1 カナダGP】ベッテルがポールトゥウィン!

(c) Getty ImagesF1カナダGP

F1第7戦カナダGPの決勝レースが10日、モントリオールのジル・ビルヌーブサーキットで行われ、ポールポジションからスタートしたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が一度もトップを譲ることなく優勝に輝きました。

【F1 カナダGP】ハイライト

(c) Getty ImagesF1カナダGP

第6戦終了時点でセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、ダニエル・リカルド(レッドブル)が2勝ずつと、3者3チームが互角の状態で進んできた2018年シーズン。

ドライバーズランキングは上位入賞回数の多いハミルトンが首位でカナダGPを迎えました。

決勝レースはランキング逆転をねらうフェラーリのベッテルがポールポジションからスタート。

そのまま後続を寄せ付けることなくポールトゥウィンを飾り、ドライバーズランキングもハミルトンを1ポイント上回りトップに浮上しました。

2位はバルテリ・ボッタス(メルセデス)

(c) Getty ImagesF1カナダGP

2位はバルテリ・ボッタス(メルセデス)。レース終盤に2位をねらったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)はわずかに及ばず3位。

4位にはダニエル・リカルド(レッドブル)が続き、ハミルトンは5位でフィニッシュという結果に。

トロロッソ・ホンダはパワーユニット交換のペナルティで19番グリッドスタートとなったピエール・ガスリーが11位。

ブレンドン・ハートレーはスタート直後にクラッシュ。幸い体に異常はなかったものの、残念ながら1周目でリタイヤとなりました。

(c) Getty ImagesF1カナダGP

※決勝レースは予定通り70周走りきったものの、チェッカーフラッグが早く振られるアクシデントがあり、68周終了時点の結果が採用されました。

F1カナダGP 決勝結果(完走)

カナダGP 決勝結果
1. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2. バルテリ・ボッタス(メルセデス)
3. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
4. ダニエル・リカルド(レッドブル)
5. ルイス・ハミルトン(メルセデス)
6. キミ・ライコネン(フェラーリ)
7. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
8. カルロス・サインツ(ルノー)
9. エステバン・オコン(フォースインディア)
10. シャルル・ルクレール(ザウバー)
11. ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)
12. ロマン・グロージャン(ハース)
13. ケビン・マグヌッセン(ハース)
14. セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
15. マーカス・エリクソン(ザウバー)
16. ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
17. セルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ)
以上完走

最後に

F1世界選手権、第8戦は6月24日 フランスGP(ル・キャステレ)です。お見逃しなく!!

関連するキーワード


F1

関連する投稿


【稀代の英雄】ミハエル・シューマッハの偉業を過去から現在に渡り紹介

【稀代の英雄】ミハエル・シューマッハの偉業を過去から現在に渡り紹介

F1GPでのデビュー以来、数々の前人未到の記録を打ち立て、F1人気を牽引するも、2013年に不慮の事故で重傷を負い、現在は静養中のミハエル・シューマッハ。元気な姿が見られることを待望されている同氏のこれまでの偉業を振り返り掲載しています。


今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

生涯をレースに捧げ「音速の貴公子」と呼ばれた天才レーサー「アイルトン・セナ」。1994年 レース中の事故によって亡くなり、今でもファンからの悲しむ声が絶えません。そんなアイルトン・セナの幼少期からレーサー時代の経歴、そして、悲劇の事故について。また、彼の残した逸話や名言の数々を紹介いたします。


【F1】第21戦 アブダビGP 今季ラスト!王者ハミルトンが今季11勝目

【F1】第21戦 アブダビGP 今季ラスト!王者ハミルトンが今季11勝目

2018年シーズン最終戦アブダビGPの決勝レースが25日、ヤス・マリーナ・サーキットで行われ、ドライバーズチャンピオン、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が今季11勝目を記録し、シーズンの幕を下ろしました。


【F1】第20戦 ブラジルGP 今季10勝目!ハミルトンがポールトゥウィン

【F1】第20戦 ブラジルGP 今季10勝目!ハミルトンがポールトゥウィン

ブラジル、サンパウロのインテルラゴスサーキットで11日、F1ブラジルGPの決勝レースが行われました。結果は、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールトゥウィンで今季10勝目を飾りました。


【F1】第19戦 メキシコGP フェルスタッペン今季2勝目!ハミルトンは5度目のチャンピオン

【F1】第19戦 メキシコGP フェルスタッペン今季2勝目!ハミルトンは5度目のチャンピオン

メキシコシティのアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスで28日、F1メキシコGPの決勝レースが行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がスタートでトップに立ちそのまま優勝。ルイス・ハミルトン(メルセデス)が4位で5度目のワールドチャンピオンを決めました。


最新の投稿


レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

トヨタのレジアスエースは、トヨタで生産、販売されているキャブオーバー型のバンです。ハイエースの姉妹車で、1999年に発売されました。2004年には現行モデルの2代目レジアスエースが発売されています。本記事ではレジアスエースについてご紹介します。


車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

テレビCMでもよく見かけるダイハツの軽トールワゴン「ウェイク」は高い性能で注目を集めている車です。ウェイクの数ある長所の中でも特に注目されている部分は「車中泊もできる」と言われている室内容積の広さでしょう。今回はウェイクの気になる特徴や燃費をご紹介します。ぜひ購入にあたっての参考にしてください。


アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

マツダとの技術協力によって、生み出されたアバルトの「124スパイダー」の性能から燃費、中古価格などをまとめてみました。


レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

高級車レクサス。そのレクサスの中でもかなりラグジュアリーなSUV、それがLXです。本記事ではそんなLXの内装画像をまとめました。LXを購入検討している方、レクサス最高峰のSUVの内装がどうなっているのか気になるという方はぜひ本記事を読んでみてください。


アルファロメオの4C/スパイダー 性能・価格・中古価格・試乗評価ほか

アルファロメオの4C/スパイダー 性能・価格・中古価格・試乗評価ほか

アルファロメオの4C(フォーシー)とは、イタリアの自動車メーカーであるアルファロメオが製造をしているミッドシップのスポーツカーです。アルファロメオ初のミッドシップの量産市販車でもあります。クーペタイプと、スパイダーのタイプがあります。本記事ではそんなアルファロメオの4C・スパイダーの性能・価格・中古価格・試乗評価についてまとめています。