目次へ戻る

2019年欧州発売予定 ホンダ アーバンEVコンセプト 最新情報まとめ

2019年欧州発売予定 ホンダ アーバンEVコンセプト 最新情報まとめ

2019年後半に欧州登場予定のホンダのアーバンEVコンセプト。ホンダの新型EVの方向性を示したコンセプトカーです。今もこれからも大注目のアーバンEVコンセプトについて、今現在わかっている情報を改めて本記事ではまとめています。未来的…なのに少しどこかレトロで懐かしい…そんなアーバンEVコンセプトの魅力に迫ります!


ホンダ アーバンEVコンセプトとは?

2017年9月にホンダより発表され、以降フランクフルトモーターショー2017や東京モーターショー2017にて披露されたホンダのアーバンEVコンセプト。

このアーバンEVコンセプトとは、2019年に市販するホンダの新型EVの方向性を示したコンセプトカーです。

新開発のプラットフォームをベースにし、将来のホンダの市販EVの技術と設計を盛り込んだ一台になっています。

ホンダは、2025年をめどに欧州四輪商品ラインアップにおける販売数の3分の2を電動化車両に置き換えるという目標達成に向け、電動化を推進しています。

そして、アーバンEVコンセプトは、将来の量産EVモデルの方向性を示すものとして位置づけられています。

アーバンEVコンセプトは、新開発のEV専用プラットフォームを採用し、将来の量産EVモデルの技術とデザインの方向性を示すコンセプトカー。EVモデルの量産化に向けて、技術とデザインはどうあるべきか。その問いに対するホンダの回答が、アーバンEVコンセプト。新開発のEV専用プラットフォームによって、都市の移動に適したコンパクトなボディをデザインしている。

ホンダ アーバンEVコンセプト ベストコンセプトカー賞受賞

イタリアで開幕したトリノモーターショー2018において、2019年後半に欧州で市販予定の『アーバンEVコンセプト』が、「ベストコンセプトカー賞」を受賞した、とホンダが発表しました。

同賞は、『オート&デザイン』誌が主催。世界の自動車ジャーナリスト12名で構成された審査員によって選ばれます。審査員団は、「アーバンEVコンセプトは、レトロと未来を巧みに融合させることで、比類ないデザイン価値を生み出した」と評価されました。

ホンダ アーバンEVコンセプト エクステリア

外観は、ホンダのスモールカーのDNAのキビキビした走りの楽しさと愛着を感じる親しみやすさを、シンプルかつアイコニックに表現しています。

近未来的なのに、どこかレトロ…。というバランス感が素敵です。

ホンダ アーバンEVコンセプト 他のドライバーにメッセージ表示!

少し未来的だと思わせてくれる技術の1つ。

それが、この車のフロントに、あいさつや他のドライバーへのアドバイス、充電状況など、多言語でメッセージを表示する機能。

オーナーになった暁には、最初の数日はむやみやたらにメッセージを表示してしまいそうですよね。

ホンダ アーバンEVコンセプト インテリア

インテリアはリビングルームのようなモダンで心地よい空間に。

大型ディスプレイに加え、AI(人工知能)技術を用いた「ホンダ・オートメーテッド・ネットワーク・アシスタント」を搭載しました。

ドライバーのライフスタイルや好みを学習して状況に応じた提案をするなど、人と車の自然なコミュニケーションを追求。

ホンダ アーバンEVコンセプト 市販モデル大予想!

《APOLLO NEWS SERVICE》ホンダ アーバンEVコンセプトの市販モデルを予想(画像はCG)

予想CGではこうした情報をもとに、より市販車らしさを加えていった。フロントマスクはコンセプトモデルの雰囲気を残しつつも、バンパー形状、ボンネット、グリルにあたる部分を変更。特徴的な左右ヘッドライトをつなぐ透明なカバーはそのままに、ディスプレイは廃し横スリットのバーを追加。EVらしさを主張するLEDライトを配置した。

新開発のEVプラットフォームを採用するというボディ全体のシルエットは大きく変えず、フェンダーに切り込みを入れワイド感を強調。カラーは流行りのツートンカラーとした。3ドアとしているが、5ドアの採用が現実的かもしれない。

ホンダ アーバンEVコンセプト 欧州での受注開始は2019年初頭から

ホンダは2019年後半、アーバンEVコンセプトの市販モデルを欧州市場で発売する予定。

アーバンEVコンセプトが顧客に好評だったため、欧州での受注を2019年初頭から開始することに決めた、としています。

最後に

発売が気になる新型車の1つ。ホンダのアーバンEVコンセプトについてご紹介いたしました。

アーバンEVコンセプトは、ホンダの今後の電動化計画にとっても重要な車です。

ホンダの『シティ』や初代『シビック』、『N360』などを彷彿とさせる、レトロな丸眼ヘッドライトや、全体のデザインも親しみやすいデザインですので、EVカー入門の一台としても、もってこいな一台なのではないかと期待しています。

アーバンEVコンセプトの市販車、続報が楽しみですね。

そして日本発売についても…!期待です。

関連するキーワード


ホンダ 車種情報 アーバンEV

関連する投稿


ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの米国部門、アメリカンホンダは6月19日、新型『インサイト』の燃費と価格を発表しました。米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地モードで23.4km/リットル。ベース価格は2万2830ドル(約252万円)です。


なにその車名カッコイイ!響きがカッコイイ車名厳選20選!~国産車編~

なにその車名カッコイイ!響きがカッコイイ車名厳選20選!~国産車編~

貴方は、「その名前カッコイイな」と思ってしまった車の名前はありますか?本記事では、その響きが!由来が!なんだかわからんが!カッコイイ!というカッコイイ車の名前をまとめました。カッコイイ車名・車種名に興味があるという人も、興味がないという人ぜひこの記事を読んでみてください!思わず調べてしまうこと間違いなし!由来も解説!


【最新版】2018年上半期に発売された新型車(国産車)&新車 振り返り

【最新版】2018年上半期に発売された新型車(国産車)&新車 振り返り

2018年も気づけばもう6月。早いもので、もう折り返し地点にきていますね。本記事では2018年上半期(1月~6月)にかけて発売された主な国産の新型車・新車を車メーカー・ブランド別にまとめています。いったいどんな車が2018年上半期に発売されたのでしょうか。貴方の好きな車の名前はありますか?


ホンダのSUV!新型CR-V ホームページで先行公開!発売は2018夏

ホンダのSUV!新型CR-V ホームページで先行公開!発売は2018夏

ホンダが、6月8日より公式ホームページにて、新型CR-Vを先行公開しました。情報が八お用され次第、随時更新していきます。


新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年日本復活!ハイブリッド導入

新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年日本復活!ハイブリッド導入

2018年に、ホンダのミッドサイズSUV・CR-Vが復活すると噂されています。2016年に日本では販売終了となったCR-Vですが、昨今のSUV人気・市場拡大を受けてホンダのCR-Vも再始動スタートです!!また、今回のCR-Vには、日産のe-powerに似た性能を持つハイブリッドモデルも搭載されるとか!?【6月1日更新】


最新の投稿


ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの米国部門、アメリカンホンダは6月19日、新型『インサイト』の燃費と価格を発表しました。米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地モードで23.4km/リットル。ベース価格は2万2830ドル(約252万円)です。


アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

Audi(アウディ)が6月に発表した「Q8」の高性能モデル、「RS Q8」がスクープされました。パワートレインにランボルギーニ「ウルス」のと共通のエンジンを備えると見られている、「RS Q8」。本記事では「RS Q8」の最新情報をご紹介します。


出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

トヨタ自動車は、最高級乗用車(ショーファーカー)『センチュリー』を21年ぶりにフルモデルチェンジし、6月22日より販売を開始しました。貴方は、センチュリーのこと、どれだけ知っていますか?


8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

ボルボカーズは6月20日、新型ボルボ『S60』を発表しました。S60のフルモデルチェンジは実に8年ぶりのこととなります。PHVも設定され、刷新されたS60新型についてまとめています。


W杯に五輪、芸人…。熊本県警が繰り出す電光掲示板のクセがすごい!

W杯に五輪、芸人…。熊本県警が繰り出す電光掲示板のクセがすごい!

FIFAワールドカップロシア初戦、大迫勇也選手がコロンビア戦で1得点をあげたことにかけた電光掲示板(道路情報板 )の交通標語が話題を呼んでいます。当記事では熊本県警が発信するワールドカップにちなんだ電光掲示板の標語と、過去の流行に絡めた電光掲示板の表示も合わせてご紹介します。