目次へ戻る

2019年欧州発売予定 ホンダ アーバンEVコンセプト 最新情報まとめ

2019年欧州発売予定 ホンダ アーバンEVコンセプト 最新情報まとめ

2019年後半に欧州登場予定のホンダのアーバンEVコンセプト。ホンダの新型EVの方向性を示したコンセプトカーです。今もこれからも大注目のアーバンEVコンセプトについて、今現在わかっている情報を改めて本記事ではまとめています。未来的…なのに少しどこかレトロで懐かしい…そんなアーバンEVコンセプトの魅力に迫ります!


ホンダ アーバンEVコンセプトとは?

2017年9月にホンダより発表され、以降フランクフルトモーターショー2017や東京モーターショー2017にて披露されたホンダのアーバンEVコンセプト。

このアーバンEVコンセプトとは、2019年に市販するホンダの新型EVの方向性を示したコンセプトカーです。

新開発のプラットフォームをベースにし、将来のホンダの市販EVの技術と設計を盛り込んだ一台になっています。

ホンダは、2025年をめどに欧州四輪商品ラインアップにおける販売数の3分の2を電動化車両に置き換えるという目標達成に向け、電動化を推進しています。

そして、アーバンEVコンセプトは、将来の量産EVモデルの方向性を示すものとして位置づけられています。

アーバンEVコンセプトは、新開発のEV専用プラットフォームを採用し、将来の量産EVモデルの技術とデザインの方向性を示すコンセプトカー。EVモデルの量産化に向けて、技術とデザインはどうあるべきか。その問いに対するホンダの回答が、アーバンEVコンセプト。新開発のEV専用プラットフォームによって、都市の移動に適したコンパクトなボディをデザインしている。

ホンダ アーバンEVコンセプト ベストコンセプトカー賞受賞

イタリアで開幕したトリノモーターショー2018において、2019年後半に欧州で市販予定の『アーバンEVコンセプト』が、「ベストコンセプトカー賞」を受賞した、とホンダが発表しました。

同賞は、『オート&デザイン』誌が主催。世界の自動車ジャーナリスト12名で構成された審査員によって選ばれます。審査員団は、「アーバンEVコンセプトは、レトロと未来を巧みに融合させることで、比類ないデザイン価値を生み出した」と評価されました。

ホンダ アーバンEVコンセプト エクステリア

外観は、ホンダのスモールカーのDNAのキビキビした走りの楽しさと愛着を感じる親しみやすさを、シンプルかつアイコニックに表現しています。

近未来的なのに、どこかレトロ…。というバランス感が素敵です。

ホンダ アーバンEVコンセプト 他のドライバーにメッセージ表示!

少し未来的だと思わせてくれる技術の1つ。

それが、この車のフロントに、あいさつや他のドライバーへのアドバイス、充電状況など、多言語でメッセージを表示する機能。

オーナーになった暁には、最初の数日はむやみやたらにメッセージを表示してしまいそうですよね。

ホンダ アーバンEVコンセプト インテリア

インテリアはリビングルームのようなモダンで心地よい空間に。

大型ディスプレイに加え、AI(人工知能)技術を用いた「ホンダ・オートメーテッド・ネットワーク・アシスタント」を搭載しました。

ドライバーのライフスタイルや好みを学習して状況に応じた提案をするなど、人と車の自然なコミュニケーションを追求。

ホンダ アーバンEVコンセプト 市販モデル大予想!

《APOLLO NEWS SERVICE》ホンダ アーバンEVコンセプトの市販モデルを予想(画像はCG)

予想CGではこうした情報をもとに、より市販車らしさを加えていった。フロントマスクはコンセプトモデルの雰囲気を残しつつも、バンパー形状、ボンネット、グリルにあたる部分を変更。特徴的な左右ヘッドライトをつなぐ透明なカバーはそのままに、ディスプレイは廃し横スリットのバーを追加。EVらしさを主張するLEDライトを配置した。

新開発のEVプラットフォームを採用するというボディ全体のシルエットは大きく変えず、フェンダーに切り込みを入れワイド感を強調。カラーは流行りのツートンカラーとした。3ドアとしているが、5ドアの採用が現実的かもしれない。

ホンダ アーバンEVコンセプト 欧州での受注開始は2019年初頭から

ホンダは2019年後半、アーバンEVコンセプトの市販モデルを欧州市場で発売する予定。

アーバンEVコンセプトが顧客に好評だったため、欧州での受注を2019年初頭から開始することに決めた、としています。

最後に

発売が気になる新型車の1つ。ホンダのアーバンEVコンセプトについてご紹介いたしました。

アーバンEVコンセプトは、ホンダの今後の電動化計画にとっても重要な車です。

ホンダの『シティ』や初代『シビック』、『N360』などを彷彿とさせる、レトロな丸眼ヘッドライトや、全体のデザインも親しみやすいデザインですので、EVカー入門の一台としても、もってこいな一台なのではないかと期待しています。

アーバンEVコンセプトの市販車、続報が楽しみですね。

そして日本発売についても…!期待です。

関連するキーワード


ホンダ 車種情報 アーバンEV

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【10月19日更新】


【2018年版】120万円出せば購入できる!!!オススメの新車まとめ

【2018年版】120万円出せば購入できる!!!オススメの新車まとめ

できるだけ安くで、でも良い新車を買いたい!絶対妥協はイヤ!という人に読んでいただきたい第2弾。本記事では120万円出せば購入できるオススメの新車をまとめています。


【最新版】2019年以降発売が予測されるホンダの新型車&モデルチェンジ情報

【最新版】2019年以降発売が予測されるホンダの新型車&モデルチェンジ情報

2019年以降に発売が予測・期待されているホンダの新型車&新車&モデルチェンジ情報をまとめています。アーバンEVやS2000の後継車他、あなたの気になるホンダ車はあるでしょうか。ホンダ車が好きな方、必見です!


ホンダが新型「CR-V」の受注状況を発表!販売台数、人気グレードやボディカラーの内訳は?

ホンダが新型「CR-V」の受注状況を発表!販売台数、人気グレードやボディカラーの内訳は?

ホンダが新型「CR-V」の受注状況を発表しました。販売台数、人気グレードやボディカラーの内訳などをじっくり見ていきましょう。


ホンダの新型インサイト最新情報!気になる燃費と価格、日本発売は?

ホンダの新型インサイト最新情報!気になる燃費と価格、日本発売は?

ホンダの米国部門、アメリカンホンダは6月19日、新型『インサイト』の燃費と価格を発表しました。米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地モードで23.4km/リットル。ベース価格は2万2830ドル(約252万円)です。


最新の投稿


助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

法律でも決まっているチャイルドシートの着用ですが、自分の目の届く場所にいて欲しいという思いから助手席にチャイルドシートの設置を検討している親御さんも少なくないと思います。本記事では、助手席にチャイルドシートを乗せる危険性と助手席にチャイルドシートを載せる場合の取り付け方や注意点をまとめてご紹介していきます。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【10月19日更新】


【最新版】2019年以降発売が予測される三菱の新型車&モデルチェンジ情報

【最新版】2019年以降発売が予測される三菱の新型車&モデルチェンジ情報

2019年以降に発売が予測・期待されている三菱の新型車&新車&モデルチェンジ情報をまとめています。あなたの気になる車はあるでしょうか。三菱が好きな方、必見です!


【11月発売!?】レクサスの新型コンパクトSUV UX 価格・スペック・発売日

【11月発売!?】レクサスの新型コンパクトSUV UX 価格・スペック・発売日

レクサスの最新コンパクトSUV、UXの発売が近づいてきました。UXは2018年11月ごろに発売と言われています。新型UXのスペック・価格・気になる日本発売日・デザイン・最新のエクステリア画像など、あらゆる観点からUXをまとめています。


お台場キャンピングカーフェア2018開催!10月20日・21日はお台場へ

お台場キャンピングカーフェア2018開催!10月20日・21日はお台場へ

お台場キャンピングカーフェア2018が開催されます。10月20日(土)、21日(日)にかけてお台場の野外特設会場(青海第二臨時駐車場)にて行われますよ!キャンピングカーが気になっていたという方はぜひ、訪れてみてはいかがでしょうか。