目次へ戻る

マツダ 新型アクセラ ワールドプレミアは2018年11月か?

マツダ 新型アクセラ ワールドプレミアは2018年11月か?

マツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」搭載が期待されるCセグメントコンパクト『アクセラ』(海外名:マツダ3)次期型に関する最新情報を入手しました。また、ワールドプレミアに関する情報も!


次世代エンジン「SKYACTIV-X」搭載!?マツダのアクセラ新型

《APOLLO NEWS SERVICE》マツダ アクセラ 次期型 予想CG

マツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」搭載が期待されるCセグメントコンパクト『アクセラ』(海外名:マツダ3)次期型に関する最新情報をお届けします。

マツダ 新型アクセラ パワートレインはあのエンジン?

マツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」

今回入手した最新情報は、肝心のパワートレインに関するものになります。

アクセラ新型に搭載される「SKYACTIV-X」エンジンは、1.5リットルと2リットルの直列4気筒エンジンになるとのこと。

気になるそのスペックですが、最高出力187ps、最大トルク230Nmを発揮する模様。

さらにマイルドハイブリッドの採用も囁かれているそうです。

マツダ 新型アクセラ 予想CG

《APOLLO NEWS SERVICE》マツダ アクセラ 次期型 予想CG

《APOLLO NEWS SERVICE》マツダ アクセラ 次期型 予想CG

エクステリアは、2017年東京モーターショーで初公開された『魁コンセプト』をベースに「SKYACTIV-Vehicle Architecture」(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)を採用し、魂動デザインが息を吹き込む。

今回制作したCGでは、魁コンセプトをベースとしながら、サイドのアンダー部分に張り出しを持たせ安定性をアップ。フロントはアンダー、サイドの吸気口を大型化してライト周りを囲むように大型LEDを配置。また、グリルと一体化したヘッドライトとの構成で立体的なデザインを表現、シンプルかつ上品な顔つきとしたがいかがだろうか。

マツダ 魁コンセプト

貴方は知ってる?スカイアクティブXとは

2017年に発表されたSKYACTIV-Xは、マツダ独自の燃焼方式「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」により、現行ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」と比べ、最大で20~30%出力アップする他、トルクも最大30%向上します。

さらにガソリンエンジンでありながら、ディーゼルエンジン並みの燃費性能も実現。

この“究極”のエンジンを搭載する第一号が、次期型アクセラと予想されています。

SKYACTIV-Xは、ガソリンおよびディーゼルエンジンの特長を融合した、新しいマツダ独自の内燃機関で、優れた環境性能と出力・動力性能を両立。圧縮着火によるエンジンレスポンスの良さとエア供給機能を活用し、現行「SKYACTIV-G」に比べて全域で10%以上、最大30%におよぶ大幅なトルク向上を実現する。

また圧縮着火で可能となるスーパーリーン燃焼によって、エンジン単体の燃費率は現行SKYACTIV-Gと比べて最大で20~30%程度改善。2008年時点の同一排気量の同社ガソリンエンジンから35~45%の改善、最新「SKYACTIV-D」と同等以上の燃費率を実現する。

SKYACTIV-Xの導入は、マツダが8月8日に公表した長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」実現に向け、発表したもの。同宣言ではこのほか、CO2排出量の本格的削減や先進安全技術「i-ACTIVSENSE」標準装備化のグローバル展開など、クルマの持つ魅力である「走る歓び」によって、「地球」「社会」「人」それぞれの課題解決を目指す新しいチャレンジが盛り込まれている。

ワールドプレミアは11月のロサンゼルスモーターショー!?

SKYACTIV-Xの量産は2019年と公式に発表されています。

おそらくは次期型アクセラの登場も、これに合わせた形になるはず。

気になるそのワールドプレミアは、逆算して考えると、今年11月のロサンゼルスモーターショーになる可能性が高いと言えそうです。

最後に

発売が待ち遠しい次期型アクセラ。本記事では最新情報をお届けいたしました。

あと半年待てば9月。新型アクセラを見られるのは意外とすぐかもしれません。

関連するキーワード


マツダ 車種情報 アクセラ

関連する投稿


【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

日本を代表するライトウェイトスポーツカー、マツダ『ロードスター』次期型に関する情報が入ってきました。ロードスター次期型は2022年発売のようです!気になる最新情報をお届けいたします!


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【2月20日更新】


【最新情報】マツダ3(アクセラ)新型欧州仕様にマイルドハイブリッドを採用!

【最新情報】マツダ3(アクセラ)新型欧州仕様にマイルドハイブリッドを採用!

発売が待ち遠しい、マツダ3(アクセラ)新型。この欧州仕様にマイルドハイブリッドが採用されるというニュースが入ってきました。本記事ではマツダ3新型の、マイルドハイブリッドの性能についてまとめています。


【米国発売は2019年3月】マツダ 新型マツダ3(アクセラ) 最新情報まとめ

【米国発売は2019年3月】マツダ 新型マツダ3(アクセラ) 最新情報まとめ

マツダから発売されているマツダ3。マツダ3は、2003年にデビューして以来、世界累計販売台数が600万台を超えるマツダのグローバル戦略車です。日本ではアクセラとして知られていますね。本記事では今現時点でわかっているマツダ3(アクセラ)の最新情報をまとめています。


マツダ ユーノスコスモは加速も燃費も超ド級!現在の中古価格は?

マツダ ユーノスコスモは加速も燃費も超ド級!現在の中古価格は?

ユーノスコスモは1990年から発売されていたスポーツクーペで、高性能ロータリーエンジン「3ローター20B-REW」を搭載した点で世の中の話題をさらいました。その性能は今でも伝説となっています。今回はこの語れる車、ユーノスコスモのスペックや性能、内装、外装、現在の中古車価格などを紹介していきます。


最新の投稿


【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

カーオーディオの音質改善のために行うデッドニング。具体的にどのような効果があるのか、デッドニングに掛かる費用、方法や、おすすめのデッドニングキットの紹介などを合わせて紹介しています。


【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

日本を代表するライトウェイトスポーツカー、マツダ『ロードスター』次期型に関する情報が入ってきました。ロードスター次期型は2022年発売のようです!気になる最新情報をお届けいたします!


ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

動いている車を止めるためになくてはならない部品がブレーキです。ブレーキにもいろいろ種類があり、ディスクブレーキタイプに必要な部品の1つがブレーキキャリパーになります。今回はブレーキキャリパーについて、その役割と構造を紹介します。


ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ターボ車には必要不可欠な部品の1つであるのがブローオフバルブです。今回はブローオフバルブの役割と効果について、仕組みも合わせて紹介します。現在ついている純正品から社外品ブローオフバルブへの取り付けを検討する際の注意点も合わせて紹介します。


【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

ジュネーブ・モーターショーとは、スイスのジュネーヴで毎年春に開催される大規模なモーターショーです。世界5大モーターショーの1つでもあり、多くのヨーロッパメーカーの新型車がワールドプレミアされる傾向にあります。2019年もジュネーブモーターショーで多くの新型車が発表される予感!本記事ではジュネーブモーターショー2019についてまとめています。