目次へ戻る

マツダ 新型アクセラ ワールドプレミアは2018年11月か?

マツダ 新型アクセラ ワールドプレミアは2018年11月か?

マツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」搭載が期待されるCセグメントコンパクト『アクセラ』(海外名:マツダ3)次期型に関する最新情報を入手しました。また、ワールドプレミアに関する情報も!


次世代エンジン「SKYACTIV-X」搭載!?マツダのアクセラ新型

《APOLLO NEWS SERVICE》マツダ アクセラ 次期型 予想CG

マツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」搭載が期待されるCセグメントコンパクト『アクセラ』(海外名:マツダ3)次期型に関する最新情報をお届けします。

マツダ 新型アクセラ パワートレインはあのエンジン?

マツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」

今回入手した最新情報は、肝心のパワートレインに関するものになります。

アクセラ新型に搭載される「SKYACTIV-X」エンジンは、1.5リットルと2リットルの直列4気筒エンジンになるとのこと。

気になるそのスペックですが、最高出力187ps、最大トルク230Nmを発揮する模様。

さらにマイルドハイブリッドの採用も囁かれているそうです。

マツダ 新型アクセラ 予想CG

《APOLLO NEWS SERVICE》マツダ アクセラ 次期型 予想CG

《APOLLO NEWS SERVICE》マツダ アクセラ 次期型 予想CG

エクステリアは、2017年東京モーターショーで初公開された『魁コンセプト』をベースに「SKYACTIV-Vehicle Architecture」(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)を採用し、魂動デザインが息を吹き込む。

今回制作したCGでは、魁コンセプトをベースとしながら、サイドのアンダー部分に張り出しを持たせ安定性をアップ。フロントはアンダー、サイドの吸気口を大型化してライト周りを囲むように大型LEDを配置。また、グリルと一体化したヘッドライトとの構成で立体的なデザインを表現、シンプルかつ上品な顔つきとしたがいかがだろうか。

マツダ 魁コンセプト

貴方は知ってる?スカイアクティブXとは

2017年に発表されたSKYACTIV-Xは、マツダ独自の燃焼方式「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」により、現行ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」と比べ、最大で20~30%出力アップする他、トルクも最大30%向上します。

さらにガソリンエンジンでありながら、ディーゼルエンジン並みの燃費性能も実現。

この“究極”のエンジンを搭載する第一号が、次期型アクセラと予想されています。

SKYACTIV-Xは、ガソリンおよびディーゼルエンジンの特長を融合した、新しいマツダ独自の内燃機関で、優れた環境性能と出力・動力性能を両立。圧縮着火によるエンジンレスポンスの良さとエア供給機能を活用し、現行「SKYACTIV-G」に比べて全域で10%以上、最大30%におよぶ大幅なトルク向上を実現する。

また圧縮着火で可能となるスーパーリーン燃焼によって、エンジン単体の燃費率は現行SKYACTIV-Gと比べて最大で20~30%程度改善。2008年時点の同一排気量の同社ガソリンエンジンから35~45%の改善、最新「SKYACTIV-D」と同等以上の燃費率を実現する。

SKYACTIV-Xの導入は、マツダが8月8日に公表した長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」実現に向け、発表したもの。同宣言ではこのほか、CO2排出量の本格的削減や先進安全技術「i-ACTIVSENSE」標準装備化のグローバル展開など、クルマの持つ魅力である「走る歓び」によって、「地球」「社会」「人」それぞれの課題解決を目指す新しいチャレンジが盛り込まれている。

ワールドプレミアは11月のロサンゼルスモーターショー!?

SKYACTIV-Xの量産は2019年と公式に発表されています。

おそらくは次期型アクセラの登場も、これに合わせた形になるはず。

気になるそのワールドプレミアは、逆算して考えると、今年11月のロサンゼルスモーターショーになる可能性が高いと言えそうです。

最後に

発売が待ち遠しい次期型アクセラ。本記事では最新情報をお届けいたしました。

あと半年待てば9月。新型アクセラを見られるのは意外とすぐかもしれません。

関連するキーワード


マツダ 車種情報 アクセラ

関連する投稿


マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダの「ベリーサ」をご存知でしょうか?ベリーサは1500ccのコンパクトカーで、高級感のある「プレミアム・コンパクトカー」として売り出されました。しかし、その完成度にもかかわらず、現在この車について語られることはそれほどありません。そこで今回は、マツダ・ベリーサの特徴や燃費、中古価格を解説していきます。


マツダのフラッグシップモデル!アテンザワゴンの魅力とは

マツダのフラッグシップモデル!アテンザワゴンの魅力とは

発売から6年が経ち、そして2018年には大幅なマイナーチェンジによってさらに熟成へと進歩を遂げたマツダのフラッグシップモデルアテンザ。あえてフルモデルチェンジをせず作り上げた内外装のデザインの完成度、そしてガソリンエンジンとディーゼルエンジンの特性や違いに至るまでマツダのこだわり抜いたアテンザの魅力をお伝えします。


マツダ プレマシーの新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価ほか

マツダ プレマシーの新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価ほか

マツダ・プレマシーは2018年までマツダが製造販売していたミニバンです。 乗り心地とスポーティなハンドリングの質感等のバランスが良く、その走りは高く評価されていました。本記事ではそんなプレマシーについて改めてご紹介していきます。


スカイアクティブ Xは革新的なエンジン!その驚くべき技術とは?

スカイアクティブ Xは革新的なエンジン!その驚くべき技術とは?

スカイアクティブ Xはマツダが開発した新しい技術を搭載したエンジン。マツダは、新型エンジンによってより環境に優しいエンジンを搭載したモデルを発表していますが、新型アクセラに搭載されるスカイアクティブ Xもその一つです。この記事では、スカイアクティブ Xの技術や特徴を解説します。


マツダ デミオの新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価一覧

マツダ デミオの新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価一覧

デミオは、マツダが手掛けるコンパクトカーです。1996年から発売され、現行モデルは4代目になります。2020年ごろには新型デミオが発売されるのではともささやかれている注目のデミオ。本記事ではそんなデミオについて改めて新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧についてまとめています。


最新の投稿


新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県は甲信越地区における日本海側の自治体で、佐渡島を有しています。天然記念物の朱鷺(とき)や瓢湖の白鳥、冬になると越後湯沢などを中心にスキーのメッカとして有名です。新潟県内の道の駅は39か所と北陸エリアでは比較的多いほうですので、今回は新潟県北部エリアの道の駅を中心に紹介します。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。