目次へ戻る

アウディA8が最も革新的な自動車に認定。ブランドもダブルで受賞

アウディA8が最も革新的な自動車に認定。ブランドもダブルで受賞

アウディは6月12日、「自動車イノベーションアワード2018」において、アウディ新型「A8」とアウディブランドが最優秀賞に認定されたことを発表しました。本記事では、その受賞内容についてご紹介します。


アウディが新型「A8」とブランドでダブル受賞

自動車イノベーションアワード(Automotive Innovation Award)はベルギーにあるの「Center of Automotive Management」が主催し、自動車業界において革新的な車種やブランドを称える賞です。2018年で7回目を迎え、過去にはテスラ社などが受賞をしています。

今年の「自動車イノベーションアワード2018」では、アウディ新型「A8」が「最も革新的なモデル賞」に、Audiブランド自体が「最も革新的なブランド賞」に選ばれ2部門での受賞を果たしました。

アウディ「A8」が最も革新的なモデル賞を受賞

2017年7月に世界で初公開されたアウディ新型「A8」が「最も革新的なモデル賞」を受賞しました。

今回、アウディ「A8」が最も革新的なモデル賞に選ばれた理由は「フルアクティブサスペンション」機能にあります。
「フルアクティブサスペンション」機能は、ホイールを独立制御することで、路面状況に的確に対応する機能です。フロントカメラで前方の路面状況を的確に察知し、凹凸からの衝撃を最小限に抑えます。
さらに、多数のセンサーで安全性も向上させています。側面からの衝突をセンサーが察知し、25km/h以上のが避けられないと判断したときは、システムがで車体を最大8cm持ち上げることで乗員を守る仕組みをそなえています。

世界初の自動運転レベル3搭載車

また、受賞に際して言及はされなかったものの「A8」が市販車として世界で初めて自動運転レベル3の技術が搭載されていることも無関係ではないでしょう。
「A8」に搭載されている「アウディAIトラフィックジャムパイロット」は、中央分離帯のある高速道路を60km/h以下で走行している時、ドライバーに代わって運転操作を行うことが可能です。
自動運転レベル3では、法律が許せばドライバーは緊急時以外はハンドルを握る必要がありません。

アウディが最も革新的なブランド賞を受賞

次にアウディ自体が「最も革新的なブランド賞」に選ばれた理由はフランクフルトモーターショー2017で発表した自動運転レベル5を掲げた「AICON(アイコン)」を発表した点にあります。

主催団体は「AICON(アイコン)」は「A8」のドライバーアシスタント機能や「AICON」の乗員のアシスタントとしての自動車の形を一貫して示した点を評価しました。未来的なデザインと、運転席のステアリングやペダルを廃し、従来の車のあり方に固執しない潔さが注目されたといえます。

まとめ

いかがでしたか?アウディが新型「A8」とブランド自体で「最も革新的」という評価を受けたその理由についてご紹介しました。アウディの新型「A8」の販売時期は未定ですが、これからもアウディに期待したいですね。

関連する投稿


アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

Audi(アウディ)が6月に発表した「Q8」の高性能モデル、「RS Q8」がスクープされました。パワートレインにランボルギーニ「ウルス」のと共通のエンジンを備えると見られている、「RS Q8」。本記事では「RS Q8」の最新情報をご紹介します。


アウディ史上最強へ!「R8 GT」のプロトタイプをスクープ!

アウディ史上最強へ!「R8 GT」のプロトタイプをスクープ!

アウディの最上級ラインであるR8シリーズのGT版である「R8 GT」プロトタイプ車両の画像がスクープされました。本記事ではスクープされた「R8 GT」の最新情報をご紹介します。


BMW元副社長創業の「BYTON」よりレベル4自動運転コンセプトが発表!

BMW元副社長創業の「BYTON」よりレベル4自動運転コンセプトが発表!

BMWグループ元副社長が創業した、中国の新興EVメーカー「BYTON」から自動運転レベル4のコンセプトカー「K-byteConcept」が発表されました。本記事では、BYTON社と、今回発表された「K-byteConcept」についてご紹介します。


アウディの最上級SUVクーペ Q8がついに登場!発売時期はいつ?最新情報

アウディの最上級SUVクーペ Q8がついに登場!発売時期はいつ?最新情報

ついにあのアウディの最上級SUVクーペ、Q8が登場します!アウディは6月5日、中国深セン市で開催した「アウディ・ブランド・サミット」において、新型SUVの『Q8』を初公開しました。気になる発売予定ですが、2018年第3四半期(7~9月)、まずは欧州市場で発売される予定です。


ベンツAクラスにBMW1シリーズセダンなど気になる日本未発売の中国専売車’L’特集!

ベンツAクラスにBMW1シリーズセダンなど気になる日本未発売の中国専売車’L’特集!

中国では、ロングホイールベースのクルマが好まれる傾向があり各自動車メーカーメルセデス・ベンツやBMW、アウディや日本でも日産のインフィニティやホンダのアキュラなどの高級ブランドからも中国専用車が販売されています。北京モーターショー2018で公開された”L”モデルを中心に気になるモデルを中心に紹介します。


最新の投稿


ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの米国部門、アメリカンホンダは6月19日、新型『インサイト』の燃費と価格を発表しました。米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地モードで23.4km/リットル。ベース価格は2万2830ドル(約252万円)です。


アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

Audi(アウディ)が6月に発表した「Q8」の高性能モデル、「RS Q8」がスクープされました。パワートレインにランボルギーニ「ウルス」のと共通のエンジンを備えると見られている、「RS Q8」。本記事では「RS Q8」の最新情報をご紹介します。


出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

トヨタ自動車は、最高級乗用車(ショーファーカー)『センチュリー』を21年ぶりにフルモデルチェンジし、6月22日より販売を開始しました。貴方は、センチュリーのこと、どれだけ知っていますか?


8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

ボルボカーズは6月20日、新型ボルボ『S60』を発表しました。S60のフルモデルチェンジは実に8年ぶりのこととなります。PHVも設定され、刷新されたS60新型についてまとめています。


W杯に五輪、芸人…。熊本県警が繰り出す電光掲示板のクセがすごい!

W杯に五輪、芸人…。熊本県警が繰り出す電光掲示板のクセがすごい!

FIFAワールドカップロシア初戦、大迫勇也選手がコロンビア戦で1得点をあげたことにかけた電光掲示板(道路情報板 )の交通標語が話題を呼んでいます。当記事では熊本県警が発信するワールドカップにちなんだ電光掲示板の標語と、過去の流行に絡めた電光掲示板の表示も合わせてご紹介します。