目次へ戻る

アウディA8が最も革新的な自動車に認定。ブランドもダブルで受賞

アウディA8が最も革新的な自動車に認定。ブランドもダブルで受賞

アウディは6月12日、「自動車イノベーションアワード2018」において、アウディ新型「A8」とアウディブランドが最優秀賞に認定されたことを発表しました。本記事では、その受賞内容についてご紹介します。


アウディが新型「A8」とブランドでダブル受賞

自動車イノベーションアワード(Automotive Innovation Award)はベルギーにあるの「Center of Automotive Management」が主催し、自動車業界において革新的な車種やブランドを称える賞です。2018年で7回目を迎え、過去にはテスラ社などが受賞をしています。

今年の「自動車イノベーションアワード2018」では、アウディ新型「A8」が「最も革新的なモデル賞」に、Audiブランド自体が「最も革新的なブランド賞」に選ばれ2部門での受賞を果たしました。

アウディ「A8」が最も革新的なモデル賞を受賞

2017年7月に世界で初公開されたアウディ新型「A8」が「最も革新的なモデル賞」を受賞しました。

今回、アウディ「A8」が最も革新的なモデル賞に選ばれた理由は「フルアクティブサスペンション」機能にあります。
「フルアクティブサスペンション」機能は、ホイールを独立制御することで、路面状況に的確に対応する機能です。フロントカメラで前方の路面状況を的確に察知し、凹凸からの衝撃を最小限に抑えます。
さらに、多数のセンサーで安全性も向上させています。側面からの衝突をセンサーが察知し、25km/h以上のが避けられないと判断したときは、システムがで車体を最大8cm持ち上げることで乗員を守る仕組みをそなえています。

世界初の自動運転レベル3搭載車

また、受賞に際して言及はされなかったものの「A8」が市販車として世界で初めて自動運転レベル3の技術が搭載されていることも無関係ではないでしょう。
「A8」に搭載されている「アウディAIトラフィックジャムパイロット」は、中央分離帯のある高速道路を60km/h以下で走行している時、ドライバーに代わって運転操作を行うことが可能です。
自動運転レベル3では、法律が許せばドライバーは緊急時以外はハンドルを握る必要がありません。

アウディが最も革新的なブランド賞を受賞

次にアウディ自体が「最も革新的なブランド賞」に選ばれた理由はフランクフルトモーターショー2017で発表した自動運転レベル5を掲げた「AICON(アイコン)」を発表した点にあります。

主催団体は「AICON(アイコン)」は「A8」のドライバーアシスタント機能や「AICON」の乗員のアシスタントとしての自動車の形を一貫して示した点を評価しました。未来的なデザインと、運転席のステアリングやペダルを廃し、従来の車のあり方に固執しない潔さが注目されたといえます。

まとめ

いかがでしたか?アウディが新型「A8」とブランド自体で「最も革新的」という評価を受けたその理由についてご紹介しました。アウディの新型「A8」の販売時期は未定ですが、これからもアウディに期待したいですね。

関連する投稿


アウディのスポーツクーペ R8の歴史や中古価格など

アウディのスポーツクーペ R8の歴史や中古価格など

カッコイイ「アウディのR8」はレーシング用のスポーツカーでもありました。その素晴らしい「R8」の歴史や概要、そして気になる中古価格をご紹介いたします。乗り換えをお考えの方は参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のものです)


クーペでハッチバックなスタイルが美しい アウディのA7スポーツバック

クーペでハッチバックなスタイルが美しい アウディのA7スポーツバック

デトロイト・オートショーで2009年に発表されたアウディのA7。5ドアハッチバックのスポーツタイプです。アウディはA7スポーツバックを4ドアスポーツクーペと呼び、エクステリアはクーペ、使い方はハッチバックという「見事な融合」に成功しました。本気記事ではアウディA7について見ていきたいと思います。


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


アウディ A3の高性能バージョン!S3┃新車中古車価格や試乗評価など

アウディ A3の高性能バージョン!S3┃新車中古車価格や試乗評価など

アウディS3とは、まさに正しくぶれない車の進化の過程をたどりつつ成長している車です。ベースとなるアウディA3という一つの完成された車をもう一歩先の車に成長させることに成功した、素敵な車であると言えるでしょう。本記事ではアウディ S3についてご紹介します。


アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

「せっかく車を買うならアウディ S1に乗ってみたい」 「アウディって高いイメージがあるけど実際にその費用に見合うだけの満足感を得られるの?」このようにアウディ S1を購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか?この記事では、アウディ S1がそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきアウディ S1を購入する前に参考にしてください!


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)