目次へ戻る

BMW元副社長創業の「BYTON」よりレベル4自動運転コンセプトが発表!

BMW元副社長創業の「BYTON」よりレベル4自動運転コンセプトが発表!

BMWグループ元副社長が創業した、中国の新興EVメーカー「BYTON」から自動運転レベル4のコンセプトカー「K-byteConcept」が発表されました。本記事では、BYTON社と、今回発表された「K-byteConcept」についてご紹介します。


BYTON社、自動運転レベル4を掲げた「K-byte concept」を発表

中国の新興EVメーカーであるBYTON社(バイトン 中国名:拝騰)が、中国・上海で行われたCESアジア2018において自動運転レベル4を掲げたコンセプトカー「K-byte concept」を披露しました。
本記事では「K-byte concept」についてご紹介します。

BYTON社は、自動車業界で非常に長い経験を持つ2人によって共同創業された中国の新興EVメーカーです。
BYTONは、BMWグループの副社長を務め長くBMW「i8」の開発を主導していたCarsten Brietfield氏が日産の中国ブランドである東風インフィニティ社長を努めていたDaniel Kirchert氏と共に創業しました。

画像は社長のDaniel Kerchart氏

さらにデザインにはBMWグループの副デザイン長を務め、「i3」「i8」のデザインを手がけたBenoît Jacob氏を迎えています。

BYTONは2018年1月にラスベガスで行われたCES2018において初のコンセプトを発表し、今回のCES ASIA2018で発表した「K-byte concept」が2台目のコンセプトカーの発表です。

「K-byte concept」最新情報

「K-byte concept」は2020年までに自動運転レベル4を掲げたサルーンタイプのコンセプトカーです。段階的に2019年には自動運転レベル3を達成し、2020年までに自動運転レベル4の達成を掲げています。

「K-byte concept」エクステリア

「K-byte concept」はサルーンタイプで、ボディサイズは全長4.95m×全高1.5m×全幅1.95m、ホイールベースは3mあります。

3つのLiDARで周囲の情報を感知

車外の状況を感知するセンシング技術であるLiDARはフロントとリアに設置されています。特に、フロント部分のLiDARはボディ側面から飛び出るようにレイアウトされています。

ボディ上部に取り付けられているのは「BYTON LiBowシステム」

また、ボディ上部には「BYTON LiBowシステム」と呼ばれるLiDARが取り付けられています。
「K-byte concept」はフロント、リア、ボディ上部にある3つのLiDARで車外状況を立体的に捉え、安全や自動運転に役立てます。

フロントグリルには状況に応じて変化する「3Dスマート・サーフェス」

フロントグリルには、「3Dスマート・サーフェス」と呼ばれる機能があり、歩行者や他の自動車とのコミュニケーションに役立てる狙いがあります。

「K-byte concept」インテリア

インテリアはBYTONが2018年1月に発表したSUVタイプのコンセプトカー、BYTON「M-byte concept」に準じたデザインになる模様です。

巨大タッチスクリーンですべての情報を管理

運転席は、インパネ部分から助手席まで巨大なタッチスクリーンで覆われ、すべての情報が表示されます。タッチスクリーンでは自動運転モード時は音楽や動画を楽しむことができ、通常ドライブモードではカーナビが表示されます。

画像はBYTON「M-byte concept」

ハンドル部分に配置されたタブレットには、運転する際に必要な機能が集約されます。

また、顔認証によるIDシステムを備え、中国検索大手のbai-du(百度)と共同開発したジェスチャーコントロールや音声アシスタントなどの先端技術を活用することが発表されています。

「K-byte concept」パワートレイン

パワートレインには「最新の電動パワートレーン技術開発の成果を反映させた」と言われるように、2つのバッテリーが搭載。

モデルのラインナップは容量によって2つに分かれており、小容量バッテリータイプは後輪駆動の2WD量バッテリータイプは全輪駆動の4WDが用意されています。

最長航続距離は400kmと520km

最長航続距離は小容量バッテリータイプが400km、大容量バッテリータイプは520kmの走行が可能です。

ちなみに、他車種の航続距離は現在発売されている日産「リーフ」がJC08モードで400km、発売が予定されているポルシェ初のEVが500km以上と言われています。

まとめ

いかがでしたか?本記事では新興EVメーカーながら、BMWグループの副社長が創業したBYTON社とそのコンセプトカー「K-byte concept」についてご紹介しました。テスラやBMWが先行していた自動運転やEVの業界に新しい風が吹きそうです。

関連する投稿


次世代のBMW「M」は600馬力の電動スポーツカーに!?最高速は300km/h

次世代のBMW「M」は600馬力の電動スポーツカーに!?最高速は300km/h

BMWグループは6月25日、ドイツ・ミュンヘンで開幕した「#NEXT GEN」で、コンセプトカーのBMW『ヴィジョンMネクスト』(BMW Vision M NEXT)を初公開しました。ヴィジョンMネクストとはいったいどのような車になるのでしょうか。


ホンダの新型EV ホンダe最新情報 価格・スペック・航続距離・日本発売日は?

ホンダの新型EV ホンダe最新情報 価格・スペック・航続距離・日本発売日は?

2020年に日本でも発売される?といわれているホンダの新型EV、ホンダe。ホンダの渾身のEVであり、注目の一台ですね。そんなわけで本記事では、ホンダの新型EV、ホンダeについて気になる最新情報をまとめました。価格・スペック・航続距離・発売日…ほか。随時更新予定です。


ヘンリック・フィスカー氏の新型EV 2019年12月デビュー

ヘンリック・フィスカー氏の新型EV 2019年12月デビュー

ヘンリック・フィスカー氏が率いるフィスカー(Fisker)は6月14日、新型EVを2019年12月に初公開すると発表しています。いったいどのようなEVカーに仕上がっているのでしょうか。気になる価格は。


テスラ 新型EVのモデルYを発表!電動コンパクトSUVで航続距離は約483km

テスラ 新型EVのモデルYを発表!電動コンパクトSUVで航続距離は約483km

テスラは3月14日(日本時間3月15日)、新型EVの『モデルY』(Tesla Model Y)を米国カリフォルニア州ロサンゼルスのデザインスタジオで初公開しました。モデルYは、『ロードスター』、『モデルS』、『モデルX』、『モデル3』に続くテスラのEVになります。


【ジュネーブモーターショー2019】日産の次世代クロスオーバーIMQ発表へ

【ジュネーブモーターショー2019】日産の次世代クロスオーバーIMQ発表へ

ジュネーブモーターショー2019にて、日産の欧州部門は、次世代クロスオーバーのコンセプトカーIMQを出展すると発表しています。IMQは東京モーターショー2017に出展されたコンセプトカー「IMx」の市販モデルにあたるとみられる車です。IMQの今明らかになっている情報をまとめています。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。