目次へ戻る

ケーニグセグ、生産終了した「アゲーラRS」後継機種を2019年発表か

ケーニグセグ、生産終了した「アゲーラRS」後継機種を2019年発表か

ケーニグセグが2018年4月に生産終了した「アゲーラRS」の後継機種を発表する予定であることが分かりました。現時点で公式に発表されている情報についてご紹介します。


ケーニグセグ「アゲーラRS」の後継機種が発表か?

スウェーデンのスーパーカーメーカー、ケーニグセグ(Koenigsegg)が今年4月に生産を終了した「アゲーラRS」の後継機種を予定していると発表しました。本記事では、ケーニグセグが予定する「アゲーラRS」の後継機種についてご紹介します。

画像は生産終了した「アゲーラRS」

アゲーラRSは、ケーニグセグが2011年から販売していたアゲーラシリーズの1車種です。アゲーラRの高性能版として2015年から販売を開始し、約3年間販売されていました。

アゲーラRSの加速性能は0~100km/h加速2.9秒、最大出力は1160hpを誇る世界最高峰のスーパーカーの1つでした。

0~400km/h加速では、2017年9月当時ブガッティ「シロン」が保持していた41秒96という記録を、2017年10月5日に36秒44で更新し世界新記録を樹立しました。

ジュネーブモーターショー2019で「アゲーラRS」の後継機を発表

ケーニグセグは、「アゲーラRS」の後継機種を2019年春に開催予定のジュネーブモーターショー2019で公開することを発表しました。

ケーニグセグは発表に合わせて上記のスケッチ画像を公開しました。大型のリアウィングを備え、今回のモデルもエアロダイナミクスを追求したハイパーカーになる見込みです。

まとめ

0-400km/h加速世界一の性能を持つ「アゲーラRS」の後継機種ということで、さらなる世界記録更新が期待されます。今後もケーニグセグやヴェイロンなどのメーカーの飽くなき戦いに注目です。

さらに詳しいアゲーラRSの情報はこちら

ケーニグセグ以外のスーパーカーメーカーを知りたい方はこちら

関連するキーワード


ケーニグセグ スーパーカー

関連する投稿


究極のスーパーカー マクラーレンセナ発表!しかしすでに完売!?

究極のスーパーカー マクラーレンセナ発表!しかしすでに完売!?

5月22日、マクラーレンの最高峰モデル・マクラーレンセナが日本初披露されました。「セナは公道も走れるレーシングカー。しかも究極の存在である」と同車のエンジニアリングデザインディレクターを務めたダン・パリー・ウィリアムズ氏はそう語っています。ちなみに、限定500台のセナはすでに完売とのことです。


ランボルギーニ・ウルスが2018年発売予定!新型SUVの実力は?価格は?

ランボルギーニ・ウルスが2018年発売予定!新型SUVの実力は?価格は?

ランボルギーニ・ウルスが発売決定し、日本時間のAM2:00頃(イタリア現地時間で4日18時)に初公開となります!気になるランボルギーニの新型SUV、ウルスの実力はどんなものなのでしょうか。また、価格は一体?まとめてみました。【2018年5月18日更新】


【残念】ケーニグセグの超高性能スーパーカー アゲーラRSが生産終了!

【残念】ケーニグセグの超高性能スーパーカー アゲーラRSが生産終了!

スウェーデンのケーニグセグ(Koenigsegg)社は4月4日、『アゲーラRS』の生産を終了した、と発表しました。アゲーラRSとはどんなスーパーカーだったのでしょうか。


スーパーカーも完全自動運転の時代!?リマックのEVハイパーカーとは

スーパーカーも完全自動運転の時代!?リマックのEVハイパーカーとは

エヌビディア(NVIDIA)は、クロアチアのリマック・アウトモビリ社がジュネーブモーターショー2018で初公開した新型EVハイパーカー、リマック『C_Two』に、エヌビディアのレベル4の自動運転システムが採用されたと発表しました。スーパーカーも完全自動運転の時代!?なのでしょうか。


【20代女性編集部員が行く】スーパーカーフェスティバル行ってきた【体験記】

【20代女性編集部員が行く】スーパーカーフェスティバル行ってきた【体験記】

スーパーカーは東京モーターショーなどで見ていたものの、どうしても身近で見てみたい!とか思っていた20代女性編集部員。そんな中来たる3月の日曜日。都内某所にてスーパーカーの展示があると知り、貴重な休日を返上して遊びに行ってきました。スーパーカーに興味がある人もない人も!だまされたと思って読んでみてください。


最新の投稿


日産 スポーティEV リーフNISMO発売!NISMOは7車種目

日産 スポーティEV リーフNISMO発売!NISMOは7車種目

日産自動車は、高性能スポーツブランド「NISMOロードカー」の第7弾となる日産『リーフNISMO』(Nissan Leaf NISMO)を7月31日より発売すると発表しました。今回のリーフでNISMOロードカーは7車種目になります。リーフNISMOはいったいどんな仕上がりになっているのでしょうか。


画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

DMMが6月5日に車査定アプリ、「DMM AUTO」をiOS版にて、7月20日にAndoroid版をダウンロードしました。本記事ではたった3枚の写真と質問項目に答えるだけで、すぐにマイカーの査定が完了する「DMM AUTO」についてご紹介します。


BMW M235iクーペ スペック  車種情報 試乗評価 中古価格は?

BMW M235iクーペ スペック 車種情報 試乗評価 中古価格は?

あなたはBMW M235iを知っていますか。1シリーズクーペの後継車種として、2013年にドイツで販売が開始され、2016年にM240iがデビューするまで生産された(日本では2014年より発売)、BMWの2ドアスポーツクーペです。M235iはその高性能モデルになります。本記事では改めてM235iについて見ていきます。


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!