トップへ戻る

ジャガー レンジローバー/レンジローバースポーツ新型 PHEVモデル登場!

ジャガー レンジローバー/レンジローバースポーツ新型 PHEVモデル登場!

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、『レンジローバー』および『レンジローバー スポーツ』にプラグインハイブリッド(PHEV)モデルを追加、6月27日より予約受注を開始しました。このPHEVシステム、いったいどれくらいの性能なのでしょうか。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


レンジローバー/レンジローバースポーツ、PHEVモデルを初導入

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、『レンジローバー』および『レンジローバー スポーツ』にプラグインハイブリッド(PHEV)モデルを追加、6月27日より予約受注を開始しました。

ランドローバーに初導入!PHEVシステムの概要

今回、ランドローバーに初導入したPHEVシステムは、最高出力300psのガソリンエンジンと同116psの高出力モーターを併用するパラレルハイブリッド。

システム全体の最高出力は404ps、最大トルクは640Nmを発揮し、0-100km/h加速はレンジローバーで6.8秒、レンジローバー スポーツで6.7秒、最高速度はそれぞれ220km/hに達します。

同時に、NEDC(新欧州ドライビング・サイクル)における燃費は両モデルともに2.8リットル/100km、CO2の排出量は64g/kmに低減し、優れたパフォーマンスと高い環境性能を兼ね備えています。

PHEVシステムでは、モーターとガソリンエンジンがシームレスに切り替わり、低速域や滑りやすい路面でもスムーズなハンドリングを提供する。走行モードはパラレルハイブリッドモードとEVモードから選択可能。パラレルハイブリッドモードには、バッテリーの充電レベルが設定値以下にならないように走行する「セーブ機能」、ナビゲーションシステムに設定した目的地までの高低差データを活用し、モーターとガソリンエンジンを最適に切り替えて、エネルギー効率を高める「エネルギー最適化予測(PEO)機能」を備える。一方モーターのみで走行するEVモードでは、フル充電で航続距離は最長51kmとなる。

スマホで充電状況の確認OK

車両充電中は、電力をケーブルから供給することで、車両側バッテリーを消費することなく冷暖房機能を起動でき、車内に乗り込む前に快適な空間を用意できます。

充電ポイントはデザインを損なわないようフロントグリルに配置。200Vの普通充電に対応。

さらに、標準装備のスマートフォン向けアプリ「リモート」を活用することで、充電状況の確認や、充電するタイミングの調整を行うことが可能になります。

新車価格

気になる価格ですが、レンジローバーPHEVが1508万円から2866万円、レンジローバー スポーツPHEVが1185万円から1315万円です。

関連する投稿


【この感動を伝えたい!】とにかくカッコいいクルマ12選!

【この感動を伝えたい!】とにかくカッコいいクルマ12選!

クルマの魅力はいろいろありますが、なんと言っても、カッコいいクルマに勝るものはありません。ひと目見たら忘れられない、思わず誰かに教えたくなってしまうようなカッコいいクルマを見ていきましょう!


外車のSUV10選!SUVを販売している外車メーカーと代表車種

外車のSUV10選!SUVを販売している外車メーカーと代表車種

アウトドアに使いやすいSUVを探している方にとって、国産車とは違った個性的なエクステリアでラグジュアリーな外車のSUVは魅力的です。しかし価格が高いと感じるモデルもありますし、どんなメーカーがどんな車種を販売しているのか分かりにくいこともあるでしょう。そこで今回の記事では、外車のSUVにはどんな種類があるのか、主なメーカーと代表的なモデルをご紹介します。


レンジローバーとは?ランドローバーとの違いや現行車種一覧!

レンジローバーとは?ランドローバーとの違いや現行車種一覧!

高級SUVを調べていると必ずと言っていいほど目にするのがレンジローバー。レンジローバーはランドローバーと混同しそうになりますが、高級SUVのフラッグシップモデルの名前です。しかしなぜランドローバーと勘違いしてしまうのでしょうか?この記事では、レンジローバーが生まれた背景や現行車種の一覧をご紹介します。


ランドローバーの現行車種を徹底解説!その歴史やレンジローバーとの違いも

ランドローバーの現行車種を徹底解説!その歴史やレンジローバーとの違いも

高級SUVブランドであるランドローバー。耳にしたことはあってもどんなブランドなのかは知らない方もおられるかもしれません。また混同されがちなものとしてレンジローバーがあります。今回は、ランドローバーの歴史や日本で発売されているモデル、またレンジローバーとの違いまで詳しくご紹介します。


【現行イギリス高級SUV】最新5選! 価格、燃費

【現行イギリス高級SUV】最新5選! 価格、燃費

近年ではドイツ製高級車が市場を席巻していますが、イギリスの高級車もその独特の雰囲気や仕立て、長い歴史で高級車として定評を持っていますよね。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、イギリス車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。