目次へ戻る

ジャガー レンジローバー/レンジローバースポーツ新型 PHEVモデル登場!

ジャガー レンジローバー/レンジローバースポーツ新型 PHEVモデル登場!

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、『レンジローバー』および『レンジローバー スポーツ』にプラグインハイブリッド(PHEV)モデルを追加、6月27日より予約受注を開始しました。このPHEVシステム、いったいどれくらいの性能なのでしょうか。


レンジローバー/レンジローバースポーツ、PHEVモデルを初導入

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、『レンジローバー』および『レンジローバー スポーツ』にプラグインハイブリッド(PHEV)モデルを追加、6月27日より予約受注を開始しました。

ランドローバーに初導入!PHEVシステムの概要

今回、ランドローバーに初導入したPHEVシステムは、最高出力300psのガソリンエンジンと同116psの高出力モーターを併用するパラレルハイブリッド。

システム全体の最高出力は404ps、最大トルクは640Nmを発揮し、0-100km/h加速はレンジローバーで6.8秒、レンジローバー スポーツで6.7秒、最高速度はそれぞれ220km/hに達します。

同時に、NEDC(新欧州ドライビング・サイクル)における燃費は両モデルともに2.8リットル/100km、CO2の排出量は64g/kmに低減し、優れたパフォーマンスと高い環境性能を兼ね備えています。

PHEVシステムでは、モーターとガソリンエンジンがシームレスに切り替わり、低速域や滑りやすい路面でもスムーズなハンドリングを提供する。走行モードはパラレルハイブリッドモードとEVモードから選択可能。パラレルハイブリッドモードには、バッテリーの充電レベルが設定値以下にならないように走行する「セーブ機能」、ナビゲーションシステムに設定した目的地までの高低差データを活用し、モーターとガソリンエンジンを最適に切り替えて、エネルギー効率を高める「エネルギー最適化予測(PEO)機能」を備える。一方モーターのみで走行するEVモードでは、フル充電で航続距離は最長51kmとなる。

スマホで充電状況の確認OK

車両充電中は、電力をケーブルから供給することで、車両側バッテリーを消費することなく冷暖房機能を起動でき、車内に乗り込む前に快適な空間を用意できます。

充電ポイントはデザインを損なわないようフロントグリルに配置。200Vの普通充電に対応。

さらに、標準装備のスマートフォン向けアプリ「リモート」を活用することで、充電状況の確認や、充電するタイミングの調整を行うことが可能になります。

新車価格

気になる価格ですが、レンジローバーPHEVが1508万円から2866万円、レンジローバー スポーツPHEVが1185万円から1315万円です。

関連する投稿


200万円以下で購入できる!ランドローバーの中古車 4選

200万円以下で購入できる!ランドローバーの中古車 4選

ランドローバーとは、英国の自動車メーカー・ブランドで、現在はインドのタタ・モーターズの傘下になっています。ランドローバーは高級車で、新車ではなかなか手が出しづらいと思われる方も多いかもしれませんが、中古車であれば200万円以下で購入することが出来るモデルもあります。本記事ではランドローバーの中古車を4選紹介します。


【フランクフルトモーターショー2019】ついに来たランドローバー ディフェンダー新型

【フランクフルトモーターショー2019】ついに来たランドローバー ディフェンダー新型

ランドローバーは9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2019において、新型『ディフェンダー』(Land Rover Defender)を初公開しています。本記事では最新情報とともに最新画像もまとめています。


貴重!少なくなったFR車のメリット、デメリットや注意点などをご紹介

貴重!少なくなったFR車のメリット、デメリットや注意点などをご紹介

自動車の基本であり続けたフロントエンジン・リアドライブ(以降、FR)という形態のFR車ですが、現在では少数派になっています。その理由と、現在新車で購入できるFR車と中古で安く買うことができるFR車について、また、FR車のメリット・デメリットについてもお伝えします。


ジャガー XJ次期型 EV化決定!I-PACEのノウハウを導入!

ジャガー XJ次期型 EV化決定!I-PACEのノウハウを導入!

ジャガーの最上級サルーン、XJですが、次期型がEV化されるとの最新情報が入ってきました。8世代/50年に及ぶXJの内燃機関車の歴史は現行型で終了ということになります。


レンジローバー イヴォークの新型がデビュー!マイルドハイブリッドも特徴!

レンジローバー イヴォークの新型がデビュー!マイルドハイブリッドも特徴!

レンジローバーイヴォークは、イギリス製の高級SUVモデル。ランドローバーを代表するモデルである「レンジローバー」のエントリーモデルとなっています。そのレンジローバーイヴォークが2018年11月にフルモデルチェンジを果たしています。新型のレンジローバーイヴォークの内装はどのように変化しているのか、評価を含めて解剖していきましょう。


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)