目次へ戻る

2018年上半期 軽自動車販売台数ランキングを分析!N-BOXに死角はあるのか?

2018年上半期 軽自動車販売台数ランキングを分析!N-BOXに死角はあるのか?

全国軽自動車協会連合会が7月5日、2018年上半期(1月~6月)の軽四輪車通称名別新車販売速報を発表しました。N-BOXが圧倒的に売れている印象の2018年の軽自動車市場ですが、上半期を振り返って分析してみました。下半期に期待の新型車もピックアップしてみました。


はじめに

全国軽自動車協会連合会が7月5日、2018年上半期(1月~6月)の軽四輪車通称名別新車販売速報を発表しました。

N-BOXが圧倒的に売れている印象の2018年の軽自動車市場ですが、上半期を振り返って分析してみました。

下半期に期待の新型車もピックアップして掲載しています。

2018年上半期の軽自動車販売台数ランキング1~5位

2018年上半期の軽自動車販売台数ランキング1~5位は以下の通りです。

【】内は前年順位、()内は前年比。
1位【1位】:ホンダ N-BOX 12万7548台(20.1%増・2年連続増)
2位【5位】:スズキ スペーシア 7万9718台(38.0%増・2年連続増)
3位【4位】:ダイハツ ムーヴ 7万4109台(2.7%増・2年連続増)
4位【2位】:ダイハツ タント 7万1809台(10.9%減・2年連続減)
5位【3位】:日産 デイズ 7万1778台(6.4%減・2年ぶり減)

1位はおなじみの新型N-BOXです。
2018年1月~6月までの6ヶ月で12万台と、月次平均2万台も売れています。

2位以下は7万台で並んでいますので独走状態といっていいですね。
前年比20%増と勢いも凄いです。
HONDA SENSINGに広大な後部座席やスペース、走り、静寂性とどれをとっても普通小型車に引けを取らない性能が評価されている結果と言えるでしょう。

筆者自身も新型N-BOXを所有しておりますが、軽自動車の制限された環境の中でホンダスピリッツが随所に見受けられる良車だと感じております。

ちなみにホンダの軽乗用車「N」シリーズの累計販売台数が、2018年6月末時点で200万台を突破したそうで2011年12月に「初代N-BOX」を発売して以来、79ヵ月目での記録達成は凄いの一言です。

新しい「N」シリーズモデルとして、軽バン「N-VAN(エヌ バン)」の発売も今夏に控えており、ますますNシリーズの勢いは続きそうです。

相変わらず納期は長めでモデルによって1ヶ月~3ヶ月納車まで掛かる模様です。

2位はスズキ・スペーシアです。

前年5位から3ランクアップ、前年比38%と新型にフルモデルチェンジされ、かなり好調な販売台数です。
N-BOXの背中は見えませんが、他モデルとは勢いの差もありしばらくは2位が定位置になりそうです。

街中でも新型スペーシアや新型スペーシアカスタムを見かけることが増えました。
スペーシアカスタムのフロントデザインは、少々押し出し感が強すぎる感は否めませんが、やはり迫力ありますね。

ノーマルモデルのターボ車予定が無いのか気になるところです。

3位はダイハツ・ムーヴ、4位はダイハツ・タントとダイハツコンビがランクイン!

どちらもモデル末期なので売上は伸び悩んでいますが、ダイハツの看板モデル安定して売れています。

ムーヴは、モデル末期ですが、ムーヴキャンパスが売れているので3位をキープできているようです。
是非ともムーヴキャンパスのターボモデルは出して欲しいと感じます。

タントは10%減と来年のフルモデルチェンジ前するまでは引き続き少しずつ台数を減らしていく感じになりそうです。

5位はニッサンのデイズが昨年3位から2ランクダウンでランクイン。

こちもモデル末期ということもとあり台数を減らしています。
先日デイズルークスを運転する機会がありましたが、走りや静寂性など新型N-BOXと比べると厳しいなという印象です。
しかし、アラウンドビューモニターのできは素晴らしく非常に見やすかったです。

デイズの新型は日産主導で開発中とのことで待ち遠しいですね。

2018年上半期の軽自動車販売台数ランキング6~10位

6~10位の車は以下の通りとなりました。

6位【6位】:スズキ ワゴンR 6万1987台(8.4%増・2年連続増)
7位【8位】:ダイハツ ミラ 5万0138台(9.9%増・2年連続増)
8位【7位】:スズキ アルト 4万3365台(15.8%減・3年連続減)
9位【9位】:ホンダ N-WGN 3万5783台(19.5%減・4年連続減)
10位【10位】:スズキ ハスラー 3万2226台(22.5%減・3年連続減)

6位はスズキのワゴンRがランクイン!
2017年2月にフルモデルチェンジしたワゴンRですが、安定して売れていますね。
パワートレインにマイルドハイブリッド搭載で低燃費と静粛性を実現しています。

主にスライドドアが不要な層に価格も比較的安く売れている印象です。

7位はダイハツのミラ。
昨年から1ランクアップ、10%増と安定感ある売上を見せています。

イタリア語で「羨望」を意味するミラですが、小型で扱いやすくお買い物車として売れている印象です。

ミラといえばミラ トコットが2018年6月25日に発売されました。
若年女性エントリーユーザーなどをターゲットとした新型車で、ダイハツ女性社員で構成されたプロジェクトチームが企画に参画し、顧客視点でのコンセプトや採用アイテムに関する意見を反映させた意欲作ということで市場的にどのような反応があるのか楽しみです。

ダイハツ ミラ トコット 発売!エントリーユーザー向けの新型軽!

https://matome.response.jp/articles/1776

ダイハツは、「誰でもやさしく乗れる、エフォートレスなクルマ」をコンセプトとし、幅広い層に日々のモビリティライフをより安心して過ごしてもらいたいとの想いを込めて開発した新型軽乗用車、ミラ トコットを6月25日より発売しました。トコット、という可愛らしい響きのこの車。最新情報をまとめました。

8位にはスズキのアルトです。

実燃費も素晴らしく価格も安く買いやすい一台です。

アルトワークスなど個性的なモデルもありますが、前年から1ランクダウン、販売台数も15%減と苦戦しています。

9位はホンダのN-WGN。

こちらもモデル末期で、パッケージング的には厳しいですが、全高が低い分走りも安定してますし、N-BOXと比較して価格も安くスライドドアも不要という方に売れているのかもしれないですね。

最近、特別仕様車も発売され、そろそろフルモデルチェンジの足音が聞こえてきたかもしれませんね。

10位はスズキ・ハスラーが昨年と同様10位にランクイン。

SUV風軽自動車として発売当初は大人気の車でしたが、売上は22%減と3年連続売上を減らしています。

個性あふれる車で大好きな一台ですが、クロスビーやN-BOXなどの軽ハイトールワゴンに顧客を奪われているのかもしれません。
フルモデルチェンジまでは少なくとも2年くらいは間がありそうなので何かテコ入れしたいところかもしれません。

2018年上半期の軽自動車販売台数ランキング11~15位

折角なので11位~15位も掲載させて頂きます。

11位 三菱 eK    24,083台(前年比109.4%)
12位 ダイハツ キャスト 23,922台(前年比88.2%)
13位 ダイハツ ウェイク 15,236台(前年比96.1%)
14位 トヨタ ピクシス 13,489台(前年比130.9%)
15位 ホンダ N-ONE 9,592台(前年比146.3%)

気になるところでは、トヨタのピクシスが前年比130%、ホンダN-ONEが146%と販売台数を伸ばしています。

ピクシスはトヨタの販売網が大きいでしょうね。
ダイハツ車種のOEMで以下のモデルを一括りでピクシスとして販売しているのでそれなりの台数を販売したという結果でしょう。

■トヨタ ピクシスシリーズ OEM車種一覧
トヨタ・ピクシスエポック - OEM車種:ダイハツ・ミライース
トヨタ・ピクシススペース - OEM車種:ダイハツ・ムーヴコンテ
トヨタ・ピクシスメガ - OEM車種:ダイハツ・ウェイク
トヨタ・ピクシスジョイ - OEM車種:ダイハツ・キャスト

N-ONEはマイナーチェンジされ個性的なラインアップになり、HONDA SENSINGはフルモデルチェンジまで搭載がありませんが、しばらくはこのままで来年あたりフルモデルチェンジ的な流れでしょうか。
筆者的に感じるのは、N-ONEはレースも行わわている車種なので是非マニュアルモデルの追加をお願いしたいところです。

フルモデルチェンジサイクルを考えると、N-ONE、N-WGNと続くはずですが今のところそういった情報は入手できていません。

2018年上半期の乗用車販売台数ランキング1~10位

普通車のランキングはどうなっているでしょうか?
日本自動車販売協会連合会も2018年上半期の販売台数速報値を発表しており以下のようになっています。

1位【2位】:日産ノート 7万3380台(12.9%減・2年ぶり減)
2位【4位】:トヨタ・アクア 6万6144台(3.1%増・5年ぶり増)
3位【1位】:トヨタ・プリウス 6万4019台(29.8%減・2年連続減)
4位【6位】:日産セレナ 5万6095台(3.2%増・3年連続増)
5位【9位】:ホンダ・フィット 4万7962台(3.9%増・4年ぶり増)
6位【10位】:トヨタ・ヴォクシー 4万7702台(7.8%増・4年ぶり増)
7位【7位】:トヨタ・シエンタ 4万5417台(15.9%減・2年連続減)
8位【12位】:トヨタ・ルーミー 4万4923台(14.9%増)
9位【5位】:ホンダ・フリード 4万3984台(28.0%減・2年ぶり減)
10位【8位】:トヨタ・ヴィッツ 4万2529台(17.6%減・2年ぶり減)

日産ノートが昨年の2位から1位にステップアップしました。
e-Powerのメカニズムが受け入れらた結果と言えるでしょう。

ノートは、昨年はコンパクトセグメントでトップを獲得していましたが、今回のノートのトップは、日産車として1970年上半期の「サニー」以来48年ぶりの国内登録車トップの座となったようです。

筆者が子供のころ自家のクルマが日産サニーでした。真っ赤なサニーがすごく懐かしいです。

さてノートですが、売上的には12%ほど下げていますが、プリウスが自滅し押し出されて1位になった感じですね。
軽自動車も含めるとノートはダイハツムーヴとタントに挟まれた4位にあたります。

2位はアクア、3位はプリウスです。
プリウスは前年比3割減と、かなり深刻度が高い感が否めません。

旧プリウスユーザーの受け皿にとしては、C-HRや新型カローラスポーツもでてきており、マイナーチェンジでのデザイン変更などを含めたテコ入れが待たれます。

日産セレナはヴォクシーを抑えてミニバントップの4位にランクインしました。
e-Powerの出来も良さそうですし、今後も売れていきそうです。

あとはホンダではフィットが躍進して5位、フリードが9位へランクダウンしています。
マイナーチェンジされてからのフィットはデザインや走りの面でも評価されておりホンダの売れ筋乗用車となっています。

スバルやマツダがトップ10にランクインしていないのは少し寂しく感じます。

さいごに

2018年上半期(1月~6月)のランキングを見てみましたが、数値の通りN-BOX1強と言える結果となりました。

上半期で12万台、下半期はボーナス商戦や年末決算時期もあり台数も増えるのと予測できるので、年間25万台の販売も可能な数値だと思います。

N-BOXシリーズの年度別販売台数推移は全軽自協データによると以下のとおりとなっています。
年   販売台数
2011年(12月~) 2,860台
2012年 211,155台
2013年 234,994台
2014年 179,930台
2015年 184,920台
2016年 186,367台
2017年 218,478台
2018年1-6月 127,548台

2013年に記録したN-BOXの年間販売台数の最高数値、年間23万台を超える勢いです。

ちなみにN-BOXシリーズは現在まで、累計1,346,252台の販売台数を記録しており、今年中に累計150万台突破もいけそうな勢いです。

2018年6月単月の販売数でも、N-BOXが20,682台と2万の大台をキープしており、スズキの新型スペーシアが13,450台と健闘してはいますが、N-BOXとの月間7000台の差は一向に縮まりません。

スペーシアも決して売れてないわけではなく、N-BOXが売れすぎているというのが正直なところだと思います。

N-BOXは大ヒットモデルの2代目ということで開発チームにはそうとうなプレッシャーもあった方と思いますが、結果、蓋を開けてみれば大ヒットとなりホンダ関係者もほっと胸をなでおろしているのではないでしょうか。

下半期も上位陣に大きな変動は見られないのではと予想しますが、スズキの新型ジムニーがどこまで上位に食い込んでいくか期待したいところです。

6月のジムニーの販売台数は401台でしたが、2018年7月5日、新型ジムニーが発売されかなりの話題を集めており、下半期はジムニーが販売台数ランキングの上位に食い込んでくる可能性もあるかもしれませんね。

MTモデルも用意されてクルマ好きにはたまらない一台だと思います。
暇を見て試乗してこようと思います。

一方、乗用車は日産ノートが7万3380台で1位獲得しましたが、軽自動車を含めると4位という結果です。

前年比12.9%減と勢いも少し落ち気味でしたが、先日待望の4WDの「e-POWER」がラインナップに追加されたので、雪道や凍結路など雪国の方へも訴求できるようになったというのは大きいですね。

e-Powerといえば日産セレナも4位の5万6095台と売上を伸ばしました。

SUV人気に押され気味のミニバン市場と考えると、かなり健闘していると感じます。
日産としては虎の子「e-Power」を今後、他の車種にも追加して販売台数を稼ぎたいところですね。

高級車の新型クラウンもすでに4万台の受注という噂もあり、下半期は販売台数ランキング上位に顔をだすかもしれません。

N-BOXの独走状態の自動車市場ですが、他のモデルにも頑張ってもらって自動車業界を盛り上げていってほしいですね。

以上、2018年上半期の販売ランキングを分析してみました。

2018年春 車を買うならおすすめはこの5台!【ボディタイプ別・国産車編】

https://matome.response.jp/articles/1503

4月に入り2018年度が始まりました。この春、新しく車を購入・買い替えを検討されている方向けにまずは国産車から筆者おすすめの5台をご紹介します。ボディタイプ別に、軽自動車、コンパクトカー、ミニバン、セダン、SUVについてそれぞれおすすめの1台をピックアップして紹介します。

気になる新車を無料見積もり!複数メーカーを無料で比較!(外部サイトへ移動します。)

オートックワン株式会社が運営する新車見積もりサイトです。気になる新車をネットで見積もりし、複数のメーカーで比較することも可能です。車両価格以外の諸経費や支払い総額もわかり、WEB上でディーラーとの価格交渉も可能です。

関連する投稿


ステーションワゴンの人気・おすすめ車種10選!価格・広さ等一覧で比較

ステーションワゴンの人気・おすすめ車種10選!価格・広さ等一覧で比較

アウトドアや車中泊にも適している「ステーションワゴン」。こちらの記事では、現在生産・販売されている国産車、外車のステーションワゴンの人気・おすすめ車種を10台選び紹介しています。それぞれの車種の特徴から燃費、新車・中古車の価格と国産車の売上人気ランキングも合わせて掲載しています。


【2018年版】セダンの売上人気ランキングTOP10&おすすめ車種を一挙掲載

【2018年版】セダンの売上人気ランキングTOP10&おすすめ車種を一挙掲載

車のボディタイプ「セダン」。セダンと単に言っても、スポーツセダンからコンパクトセダンまで、様々なタイプのモデルが存在しています。今回は、2018年上半期、最も売れたセダンは何なのか、人気ランキング形式で車種の燃費やスペック、価格等を比較できるよう紹介していきます。クルマ選びの参考にしてください。


N-BOXに初の特別仕様車「カッパーブラウンスタイル」登場!特別装備や価格差は?

N-BOXに初の特別仕様車「カッパーブラウンスタイル」登場!特別装備や価格差は?

ホンダは、軽乗用車『N-BOX』に特別仕様車「カッパーブラウンスタイル」を設定し、11月2日より販売を開始しました。特別仕様車は、上質で品格のある輝きを放つトレンドカラー「カッパー」を内外装に取り入れ、エレガントなスタイルに仕上がっています。特別仕様車の特別装備やベースモデルとの価格差などを紹介します。


【ノート対決】e-POWER VS ガソリン車 どっちがお得!?実燃費から考える

【ノート対決】e-POWER VS ガソリン車 どっちがお得!?実燃費から考える

2017年11月に発売されるや否や、すぐに大人気となった日産「日産 ノート e-POWER」。本記事では日産「ノート e-POWER」と「ノート(ガソリン車)」の1ヶ月のガソリン代の差や、本体価格の差を踏まえて何km走ったら元が取れるのかをご紹介します。


ノートe-POWER NISMOにハイスペ仕様のNISMO Sが登場!

ノートe-POWER NISMOにハイスペ仕様のNISMO Sが登場!

日産自動車は、『ノート e-POWER NISMO』に、ハイスペック仕様の『ノート e-POWER NISMO S』を追加設定し、9月25日より発売しています。一体どんな点が向上したのでしょうか。調べてみました。


最新の投稿


【最新版】2019年以降発売が予測されるポルシェの新型車&モデルチェンジ情報

【最新版】2019年以降発売が予測されるポルシェの新型車&モデルチェンジ情報

2019年以降に発売が予測・期待されているポルシェの新型車&新車&モデルチェンジ情報をまとめています。あなたの気になる車はあるでしょうか。ポルシェが好きな方、必見です!


フェラーリ初のSUV プロサングエ最新情報!デザイン大予想

フェラーリ初のSUV プロサングエ最新情報!デザイン大予想

フェラーリが現在開発を進めていると噂される、同ブランド初のクロスオーバーSUV、『Purosangue』(プロサングエ)のテスト車両が目撃されています。それに伴って、兄弟サイトのSpyder7では予想CGを入手しました。本記事では発売が待たれるプロサングエの最新情報をお届けいたします。


日産のカルロス・ゴーン会長 複数の重大な不正により、解任へ

日産のカルロス・ゴーン会長 複数の重大な不正により、解任へ

日産自動車は19日、同社のカルロス・ゴーン代表取締役会長らによる重大な不正行為があったと発表しています。本記事ではカルロス・ゴーン会長に関する記事ほじか、日産の記事をまとめています。


メルセデスベンツ Sクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデスベンツ Sクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデス・ベンツの最高級Sクラス。貴方はそのSクラスにどんなボディタイプがあるのかご存知でしょうか。本記事ではメルセデスベンツの現行Sクラスをボディタイプ別にまとめています。クルマ選びの参考にしてみてくださいね。


【今こそ乗ってほしい】日本の現行オープンカーをメーカー別にまとめてみた

【今こそ乗ってほしい】日本の現行オープンカーをメーカー別にまとめてみた

なぜか、ルーフが開閉するだけで心躍る。そんなオープンカー。別にオープンカーじゃなくてもいいけれど、オープンカーにはオープンカーの魅力がありますよね。今こそいろんな人に日本のオープンカーを知っていただきたい!本記事はそんな気持ちを込めて国産オープンカーをご紹介!