目次へ戻る

トラクターも自動の時代!?ヤンマー、自動運転トラクターを発売!

トラクターも自動の時代!?ヤンマー、自動運転トラクターを発売!

ヤンマーは、ICT技術を活用して農作業の省力・省人化、効率化を実現する自動運転トラクターを10月1日より順次発売すると発表しました。ついに農作業も自動運転の時代へ…?気になるヤンマーの新しいトラクターについて見ていきましょう。


トラクターも自動の時代!?ヤンマー、自動運転トラクターを発売!

気になる情報が飛び込んできました。

ヤンマーは、ICT技術を活用して農作業の省力・省人化、効率化を実現する自動運転トラクターを10月1日より順次発売するそうです。

農業分野の大きな課題・人手不足に対応!

近年、農地集約による経営の大規模化や就農者減少・高齢化による人手不足といった課題を抱える農業分野にて、ICTを活用した作業効率化が求められています。

ヤンマーはこうしたニーズに対応するために、作業の省人化を実現する無人運転のロボットトラクターに加え、最小限の操作を有人で行い、経験や勘に頼っていた高精度な作業を自動化して省力化を実現するオートトラクターをラインアップします。

オートトラクターとは

オートトラクターは、作業内容やオペレーターに応じて設定可能な2つの自動運転モードを装備します。

「直進モード」では、直進のみを自動で、旋回などの運転操作は手動で対応。

「オートモード」では、自動直進に加え、旋回にともなうハンドル操作と作業機の昇降などの操作を自動で行います。

これらのモードは切り替え可能で、オペレーターの人数や作業者のスキル、作業内容に応じて設定可能です。

動作はタブレットで簡単にできちゃうってホント?

操作・設定は防塵・防水性に優れた10.1インチのタブレットで行うことができます。

タブレット内の情報はアイコンやイラストで表示し、作業領域や経路作成、運転中の軌跡確認など、簡単な操作が可能に。

また、2台のトラクターでの協調作業時には、随伴(または併走)する有人トラクター内にて近距離監視を行いながらタブレットにより無人トラクターを操作します。

また、RTK-GNSSを活用し、衛星(GNSS)と基地局からの電波で位置情報を取得してトラクターに補正情報を送信。

オプションでヤンマー独自の基地局を設置することで高い精度での補正情報取得が可能になりますよ。

便利機能が目白押し!

無人での運転・作業を行うロボットトラクターでは、レーザーや超音波で物体との距離を計測するセンサーや、全方向から自動走行の状態を確認できる3色のセーフティランプを設置し、周囲の安全を確保。

自動運転中にエンジンが停止すると自動でブレーキがかかるセーフティブレーキも備えられています。

また、すでにYTトラクター(YT488A/498A/4104A/5113A/490/5101/5113)を所有している人も、工場オプションにてオート仕様、ロボット仕様にアップグレード可能。新たにトラクターを購入しなくても自動運転仕様にすることが可能です。

最後に

ヤンマー発、気になる自動運転トラクターについて本記事ではご紹介いたしました。

既に現代日本の課題となっている高齢化、そして農作業の人不足…。そんなピンチから救ってくれるのは自動運転技術なのかもしれませんね。

関連するキーワード


自動運転 技術

関連する投稿


【コスモスポーツからRX-8まで】ロータリーエンジンを搭載していた車10選

【コスモスポーツからRX-8まで】ロータリーエンジンを搭載していた車10選

みなさんはロータリーエンジンを知っていますか?ロータリーエンジンが搭載されていた車とは?本記事ではロータリーエンジンの仕組みとそのメリットデメリット、またロータリーエンジンを搭載していた車をご紹介します。車選びの参考にしてみてくださいね。


大ヒット!ペダル踏み間違い防止・対策に「ペダルの見張り番」

大ヒット!ペダル踏み間違い防止・対策に「ペダルの見張り番」

オートバックスセブンから発売されている、ペダル踏み間違え防止装置『ペダルの見張り番』は自動車のアフターパーツとしては異例の大ヒットとなっています。 高齢者の重大事故が社会問題となっている背景もあり、注目されるこの商品ですが、一体どんなものなのか動画も含めてご紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


マツダのロータリーエンジン|復活はいつ?仕組みや歴史、メリット等を解説

マツダのロータリーエンジン|復活はいつ?仕組みや歴史、メリット等を解説

ロータリーエンジンの仕組みから役割、メリットや燃費といったロータリーエンジンの全てを徹底解説していきます。


クルーズコントロールとは?使い方から後付け方法 各社の機能比較も

クルーズコントロールとは?使い方から後付け方法 各社の機能比較も

クルーズコントロールの基本的な機能や役割に使い方、後付け製品の比較までといったクルーズコントロールについてご紹介していきます。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。