目次へ戻る

日産 スポーティEV リーフNISMO発売!NISMOは7車種目

日産 スポーティEV リーフNISMO発売!NISMOは7車種目

日産自動車は、高性能スポーツブランド「NISMOロードカー」の第7弾となる日産『リーフNISMO』(Nissan Leaf NISMO)を7月31日より発売すると発表しました。今回のリーフでNISMOロードカーは7車種目になります。リーフNISMOはいったいどんな仕上がりになっているのでしょうか。


日産 スポーティEV リーフNISMO発売!NISMOは7車種目

日産自動車は、高性能スポーツブランド「NISMOロードカー」の第7弾となる日産『リーフNISMO』(Nissan Leaf NISMO)を7月31日より発売すると発表しました。

今回のリーフでNISMOロードカーは7車種目になります。

リーフNISMOは7車種目!NISMOロードカーをおさらい

NISMOロードカーは、モータースポーツ活動から得たノウハウを運動性能やスタイリングにフィードバックし、信頼性や耐久性を日産純正品質で保証したファクトリーカスタムカーです。

現在、日本では『ジューク』『GT-R』『フェアレディZ』『セレナ』『ノート』『マーチ』の計6車種を展開しています。

日産 リーフNISMO 最新情報

そもそもNISMOとは

NISMO(ニスモ)とは、日産の連結子会社であるニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社の通称。

日産におけるモータースポーツ部門を担っており、モータースポーツに参戦する一方で、そのレースで培った経験を活かし、市販車用のパーツ類の製造・販売、オーダーでのカスタムに対応しています。

また、カスタムパーツを使って、日産車をトータルでチューンアップしたコンプリートカーを「NISMO仕様」として販売しているものがNISMOなんです。

上記でも挙げた通り、NISMOロードカーは、ノート、ジュークなど計6車種のラインアップがありました。

今回、新たにリーフが加わります。

日産 リーフNISMO 特徴

日産リーフNISMOは、NISMOロードカーシリーズの特長である「レイヤードダブルウイング」を採用し、Cd値を悪化させることなくダウンフォースを向上。

低重心と精悍でスタイリッシュなエクステリアデザインを実現しました。

また足元には、スポーティなデザインのNISMO専用18インチアルミホイールを採用。

大径化と軽量化、さらにホイール表面を流れる空気抵抗の低減を実現してます。

ボディカラーは、シルバー/ブラック2トーンと、グレー/ブラック2トーンのNISMO専用カラー2種類を含む、全9種類をラインアップ。

日産 リーフNISMO インテリア

インテリアでは、NISMO専用の3本スポークステアリングのレッドセンターマークなど、NISMOのアイコニックカラーであるレッドアクセントを随所にあしらい、スポーティさを演出。

また、インストルメントパネルには専用カーボン調フィニッシャーを採用し、専用電制シフトにガンメタクローム加飾を施すなど、スタイリッシュなデザインに仕上がっています。

日産 リーフNISMO 走行性能

足回りでは、専用18インチハイグリップタイヤや乗り心地と操縦安定性能を両立した専用サスペンションを採用し、ドライバーの意のままの走りを実現。

さらに専用チューニングを施した電動パワーステアリングやインテリジェントトレースコントロール(コーナリング安定性向上システム)を採用し、レーンチェンジやS字コーナーなど、ステアリングの切り返しが発生するシーンでの高い安定性とライントレース性を発揮します。

また、専用チューニングしたコンピューター(VCM)を搭載し、力強く俊敏なアクセルレスポンスを実現。

市街地やワインディング路などで、気持ちの良いドライビングフィールを感じることができます。

日産 リーフNISMO 新車価格

価格は403万2720円。

最後に

ついに、リーフのNISMOモデルが登場です。

リーフNISMOモデルを待っていた方、リーフを購入検討していた方。ぜひこの機会に試乗してみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


日産 車種情報 リーフ

関連する投稿


日産ジューク次期型の予想CG!気になるデザインはあの車に似てる?

日産ジューク次期型の予想CG!気になるデザインはあの車に似てる?

発売に期待の日産のコンパクト・クロスオーバーSUV、『ジューク』次期型。このジュークの最新予想CGをデザイナーのAksyonov Nikita氏から入手しました。そもそもジュークとは。


【ジュネーブモーターショー2019】日産の次世代クロスオーバーIMQ発表へ

【ジュネーブモーターショー2019】日産の次世代クロスオーバーIMQ発表へ

ジュネーブモーターショー2019にて、日産の欧州部門は、次世代クロスオーバーのコンセプトカーIMQを出展すると発表しています。IMQは東京モーターショー2017に出展されたコンセプトカー「IMx」の市販モデルにあたるとみられる車です。IMQの今明らかになっている情報をまとめています。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【2月20日更新】


日産の高級車ブランド インフィニティ|現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

日産の高級車ブランド インフィニティ|現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

日産が海外に展開している高級車ブランドがインフィニティです。今回は、現行で発売されているインフィニティの車両モデルを一覧で紹介します。合わせて、日本国内で購入する場合や、購入にあたって発生する費用の種類も見ていきましょう。


【デトロイトモーターショー2019】インフィニティ初!EVクロスオーバー登場

【デトロイトモーターショー2019】インフィニティ初!EVクロスオーバー登場

日産自動車の海外向け高級車ブランドであるインフィニティは、デトロイトモーターショー2019において、EVコンセプトカーの『QXインスピレーションコンセプト』(Infiniti QX Inspiration Concept)をワールドプレミアしました。


最新の投稿


レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

トヨタのレジアスエースは、トヨタで生産、販売されているキャブオーバー型のバンです。ハイエースの姉妹車で、1999年に発売されました。2004年には現行モデルの2代目レジアスエースが発売されています。本記事ではレジアスエースについてご紹介します。


車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

テレビCMでもよく見かけるダイハツの軽トールワゴン「ウェイク」は高い性能で注目を集めている車です。ウェイクの数ある長所の中でも特に注目されている部分は「車中泊もできる」と言われている室内容積の広さでしょう。今回はウェイクの気になる特徴や燃費をご紹介します。ぜひ購入にあたっての参考にしてください。


アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

マツダとの技術協力によって、生み出されたアバルトの「124スパイダー」の性能から燃費、中古価格などをまとめてみました。


レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

高級車レクサス。そのレクサスの中でもかなりラグジュアリーなSUV、それがLXです。本記事ではそんなLXの内装画像をまとめました。LXを購入検討している方、レクサス最高峰のSUVの内装がどうなっているのか気になるという方はぜひ本記事を読んでみてください。


アルファロメオの4C/スパイダー 性能・価格・中古価格・試乗評価ほか

アルファロメオの4C/スパイダー 性能・価格・中古価格・試乗評価ほか

アルファロメオの4C(フォーシー)とは、イタリアの自動車メーカーであるアルファロメオが製造をしているミッドシップのスポーツカーです。アルファロメオ初のミッドシップの量産市販車でもあります。クーペタイプと、スパイダーのタイプがあります。本記事ではそんなアルファロメオの4C・スパイダーの性能・価格・中古価格・試乗評価についてまとめています。