目次へ戻る

トヨタ新型SUV「C-HR」完全情報!燃費、性能、エアロパーツ情報も!

トヨタ新型SUV「C-HR」完全情報!燃費、性能、エアロパーツ情報も!

2016年12月14日に発売となったトヨタの新型SUV「C-HR」。基本性能、特徴、燃費はもちろんのこと、エアロパーツ、オプションパーツの情報、開発者の声やインタビューまで、より詳しい情報をまとめています。


トヨタ 「C-HR」2016年12月14日発売開始!

トヨタから、新型コンパクトクロスオーバー「C-HR」が発売開始となりました。

C-HRは2014年秋のパリモーターショー14にコンセプトカーを出品以来、フランクフルト、東京の各モーターショーにて発表されていた車種になり、2016年3月のジュネーブモーターショーにて市販モデルが初公開。

そこから約9ヶ月程の期間を経て、2016年12月14日発売となりました。

C-HRは、トヨタの新世代プラットフォーム「TNGA」の第2号車として投入されました。

プラットフォームをTNGA第1号車である「プリウス」と共通にしながらも、開発コンセプトを「我が意の走り」とし、欧州を中心に世界各所で走行テストを重ね、燃費などよりも運動性能にこだわりC-HRならではの味付けを実施したとのこと。

「TNGA」って何??トヨタの次世代車両技術をわかりやすく解説!

https://matome.response.jp/articles/77

「もっといいクルマづくり」を目的にしたトヨタの次世代車両技術「TNGA」。ここではTNGAとはそもそも何か?また、TNGAに関連する新技術などをわかりやすく、詳しくまとめていきます。

売れ行きも好調のようで、事前受注が2万9000台で、これから(2016年12月14日時点)注文をしても納期が3月初旬から中旬の予定となってしまっているそう。

トヨタの販売計画としては、月6000台の販売を計画しているようですが、発売開始時点で月の販売計画の4.8倍もの受注を既に抱え、非常に人気のある車種と言えます。

トヨタ 「C-HR」人気の秘訣は、ズバリ「カッコ良さ」!?

「我が意の走り」を開発コンセプトに置き、燃費性能などより、運動性能を高めた1台ですが、開発責任者のインタビューからも、とにかく「カッコ良さ」にこだわったとのこと。

C-HRの開発担当主査を務めるミッドサイズビークルカンパニーの古場博之MS製品企画ZE主査は「これまでに見たことのないディスティンクティブ(独特な)プロポーションを目指して開発したので、競合車はない」と言い切る。

というのも「C-HRの開発にあたり、いろんな国のお客様を訪れて話を聞いたところ、格好が良いからクロスオーバーを買うというのが第一にあって、やはり他と違うものを造らないと意味がないということで、それを目指した」からだ。

開発責任者であるミッドサイズ・ビークル・カンパニーの古場博之主査は「このクラスのお客様は39%の方がスタイル・外観を重視され、他のジャンルより2倍に達する」とし、「多少使い勝手が悪くても、とんがったカッコいいクルマを目指した」と話す。

また、「トヨタに眼を向けていただき、新しいお客様を獲得するのがこのクルマの役割」とも指摘、同社の保守的なクルマづくりのイメージを打破したいとの想いを込めている。国内ではトヨタ車の顧客は他社からの乗り換えが2割程度となっている。古場氏は、C-HRでは「それを上回るレベルにしたい」と語った。

独特のフォルムで「カッコ良さ」を追求した1台というのが良くわかります。

トヨタ 「C-HR」 基本情報を網羅

エンジン種類

トヨタ「C-HR」の基本的な情報をまとめていきます。

まず、パワートレインに関してですが、日本国内での販売は「1.2リットルのターボエンジン搭載の4WDガソリン車」と「1.8リットルエンジンのハイブリッド(HV)FF車」の2種類となります。

それとは別途、2017年に発売する米国向けの車両は2.0リットルの自然吸気式ガソリンエンジンとなるようです。

各グレード毎の仕様や燃費に関しては下記にてまとめています。

国内販売2種のうち、1.8リットルハイブリッドはプリウスのユニットを流用、1.2リットルターボはオーリスに搭載しているエンジンをレギュラー仕様にして4輪駆動と組み合わせた仕様としているようです。

また、安全性能としては、歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、全車速追従機能付のレーダークルーズコントロールをはじめとした、4つの先進安全機能をセットにした衝突回避支援パッケージ「トヨタ・セーフティ・センス P」を採用している。

グレード・価格・燃費・エンジン性能

グレードに関しては、全4グレードが用意されており、ガソリン車2種類、ハイブリッド車2種類のグレードです。グレード毎で燃費、出力をまとめました。

■ハイブリッド車

グレード:G、S
価格:G:2,905,200円〜 S:2,646,000円~
燃費(JC08モード):30.2km/L
最高出力
エンジン:72kW(98PS)/5,200rpm
モーター:53kW(72PS)
最大トルク
エンジン:142N・m(14.5kgf・m)/3,600rpm
モーター:163N・m(16.6kgf・m)

■ガソリン車

グレード:G-T、S-T
価格:G-T:2,775,600円〜 S-T:2,516,400円〜
燃費(JC08モード):15.4km/L
最高出力:85kW(116PS)/5,200〜5,600r.p.m.
最大トルク:185N・m(18.9kgf・m)/1,500〜4,000rpm

エクステリア

エクステリアは、キーンルック、アンダープライオリティ等、トヨタ独自のエモーショナルなデザイン表現で、軽快さと力強さが大胆に融合した個性際立つスタイリングを実現している。

C-HRは、トヨタ独自のエモーショナルなデザイン表現により、軽快さと力強さが大胆に融合した個性際立つスタイリングを追求。意のままの走りを実現する走行性能のほか、アイポイントの高さを生かした見通しの良さや最適なドライビングポジション、優れた安全性など、クロスオーバー車に求められる基本要素に加え、高い環境性能も追求。グローバル市場において、独特な存在感を持つコンパクトクロスオーバーの確立を目指す。

デザインは、「センシュアル スピード-クロス」がコンセプト。SUVのたくましい足回りやスピード感あふれるボディ、大人の色気を表現し、新ジャンル・スペシャルティを追求した。ダイヤモンドをモチーフとし、コンパクトなキャビンとリフトアップ感のある薄いボディを一体化した多面体のような精彩なボディから、前後のホイールフレアが大きく張り出した構成により、圧倒的なスタンスの良さを表現。「キーンルック」や、その構成要素でもある「アンダープライオリティ」などのトヨタ独自のデザイン表現を進化させ、ワイド感と踏ん張り感ある鋭く力強いフロントマスクを創出した。

また、からバリエーションも豊富にラインナップされており、全8色のカラー。

左から順に、
ホワイトパールクリスタルシャイン
メタルストリームメタリック
ブラックマイカ
センシュアルレッドマイカ
ダークブランマイカメタリック
イエロー
ラディアントグリーンメタリック
ブルーメタリック

となっており、ホワイトパールクリスタルシャイン、センシュアルレッドマイカの2色に関しては、メーカーオプションとして、30,000円(税抜)のオプション費用が必要となっている。

インテリア

インテリアに関しては、質感、形状、色と細部にこだわった作りになっており、大人の感性に響く意匠を追求。

その他、メーターを中心とした操作パネルをドライバーに向けて配置するなど、運転に集中できるドライバーズ空間を実現している。

多彩なオプション/カスタムパーツ

トヨタ C-HRは、オプションパーツ、カスタムパーツも豊富にラインナップされており、TRD(トヨタ・レーシング・ディベロップメント)ブランドを手がけるトヨタテクノクラフトからは、「TRDパーツ」も発表されました。

エアロパーツは、「Your Only Fun SUV」をコンセプトとし、2種類の設定。

オンロードイメージの「Aggressive Style」(画像左)と、オフロードイメージの「Extreme Style」(画像右)の異なる2種類のエアロパーツがラインナップ。

トヨタモデリスタインターナショナルからは、2つのエクステリアスタイルが登場してます。


■BOOST IMPULSE STYLE
「近未来を感じさせ、先進的な個性を際立たせるNEXTカスタムスタイル」をコンセプトにしたブースト インパルス スタイル。

■ELEGANT ICE STYLE
「硬質な輝きと、洗練された上質さを纏う大人のカスタムスタイル」がコンセプトのエレガント アイス スタイル。

金属調の加飾を施したフロントスポイラー、キレのある造形のサイドスカート、シンプルで洗練されたデザインのリヤスカート、サイドビューに輝きを加えるサイドドアガーニッシュ等が設定された。

また、新たなLEDイルミネーションアイテムとして「LEDミラーカバー」や「イルミパネル」など、新型車C-HRのカスタマイズを堪能できる商品がラインアップ。

購入に際して

C-HRについての情報をまとめてきましたが、最後に購入に関しての情報をまとめます。

販売チャネル

販売チャネルはプリウス、アクア、シエンタなどと同様で、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の4チャネル全てで販売となっています。

購入の際はいずれかの店舗に是非、足を運んで下さい。

エコカー減税適用

C-HRも購入の際は、エコカー減税が適用されています。

各グレード別で減税額をまとめると、

■ハイブリッド
G/自動車重量税:約22,500円 自動車取得税:約72,600円
自動車グリーン税制(登録翌年度):約29,500円
合計:約124,600円

S/自動車重量税:約22,500円 自動車取得税:約66,100円
自動車グリーン税制(登録翌年度):約29,500円
合計:約118,100円

■ガソリン車
G-T/自動車重量税:約5,700円 自動車取得税:約13,800円
合計:約19,500円
S-T/自動車重量税:約5,700円 自動車取得税:約12,600円
合計:約18,300円

※価格に関しては、メーカー希望小売価格(消費税込み)で参考価格となります。
各販売店独自で価格を定めていますので、詳しくは各販売店にてご確認下さい。

試乗情報

実際に気にはなるけど、販売店での試乗は気が引ける。

そんな方に、耳寄りな情報です。

トヨタのテーマパークである「MEGA WEB」にて新型コンパクトSUV「C-HR」の特別展示と、試乗を12月15日から2017年3月末(予定)まで実施するようです。

全4グレード8台の展示のほか、1.2リットルG-T(4WD)および1.8リットルハイブリッドS(2WD)が試乗車として用意され、1回300円で1.3kmのコースを2周試乗できるようです。

関連するキーワード


C-HR トヨタ 車種情報 SUV

関連する投稿


【6月3日発売か】日産新型キックス改良で日本市場へ投入!最新情報

【6月3日発売か】日産新型キックス改良で日本市場へ投入!最新情報

日産から「新型キックス」が6月3日に発売されるという情報が飛び込んできました。 日産の代表的なコンパクトSUVと言えば「ジューク」を連想する人も多いのではないでしょうか。しかしながら、新型ジュークは2019年9月に欧州にて登場するも日本に導入されることはありませんでした。そこでジュークに替わるコンパクトSUVとして日本に導入されるのが「キックス」という訳です。本記事では「新型キックス」日本導入の詳しい内容をまとめていきます。


トヨタのランドクルーザープラド フルモデルチェンジはいつ?最新情報

トヨタのランドクルーザープラド フルモデルチェンジはいつ?最新情報

トヨタのランドクルーザープラド。フルモデルチェンジが2020年に行われると噂があります。現行型のモデルは発売されて11年もの歳月が経ちます。2017年9月にビッグマイナーチェンジが行われてからも既に3年近くなります。次の新型のプラドはどのような車になるか気になるところですよね。本記事では最新のフルモデルチェンジの情報を含め、改めてランドクルーザープラドの燃費、口コミ、価格、試乗記などをまとめてご紹介します。(※2020年4月3日更新しました)


【2020年版】SUVの元祖!ジープのSUV一覧

【2020年版】SUVの元祖!ジープのSUV一覧

ジープと言えば、SUVという言葉が使われるようになる以前からオフロード走行可能4輪駆動車を作ってきた、4輪駆動車の車の王道といっても過言ではありません。しかし、ジープのラインナップには、意外にも2輪駆動車が存在しているのも事実です。今回はジープの2輪駆動、そして4輪駆動のSUV車について紹介しましょう。


【今さら聞けない】SUVとは?人気車種もご紹介

【今さら聞けない】SUVとは?人気車種もご紹介

自動車情報誌や情報サイトで使われているSUV(エスユーブイ)と言う言葉。「Sport Utility Vehicle」の略で、意味は「スポーツ用多目的車」です。スポーツという言葉が付いていますが、2シーターのスポーツカーとはどの様に違うのか、今回の記事では、改めて問い直してみたいと思います。


トヨタのC-HR(CHR)!スペック 内装 価格 ユーザー評価 完全網羅!

トヨタのC-HR(CHR)!スペック 内装 価格 ユーザー評価 完全網羅!

トヨタの人気SUV、C-HR(シーエイチアール)が気になっている方向けに、改めてC-HRの情報(ユーザーの口コミ・試乗記・内装・外装・中古車価格・燃費・グレード別価格・魅力・発売日ほか)をまとめてみました。購入の後押しをできれば幸いです!(※2020年4月更新しました)


最新の投稿


買うならこれ!人気の原付バイク おすすめ車種15選!

買うならこれ!人気の原付バイク おすすめ車種15選!

原付バイクをこれから購入しようと考えている方へ。メーカー毎にオススメのバイクと新車価格、中古価格の相場をご紹介。男性にオススメのカッコイイ原付バイク、女性にオススメの可愛い原付バイク、値段も合わせてそれぞれご紹介しています。また、原付・中型・大型の違いや、そもそも原付とは何か?についてもご紹介!(※2020年4月3日更新しました)


【6月3日発売か】日産新型キックス改良で日本市場へ投入!最新情報

【6月3日発売か】日産新型キックス改良で日本市場へ投入!最新情報

日産から「新型キックス」が6月3日に発売されるという情報が飛び込んできました。 日産の代表的なコンパクトSUVと言えば「ジューク」を連想する人も多いのではないでしょうか。しかしながら、新型ジュークは2019年9月に欧州にて登場するも日本に導入されることはありませんでした。そこでジュークに替わるコンパクトSUVとして日本に導入されるのが「キックス」という訳です。本記事では「新型キックス」日本導入の詳しい内容をまとめていきます。


トヨタのランドクルーザープラド フルモデルチェンジはいつ?最新情報

トヨタのランドクルーザープラド フルモデルチェンジはいつ?最新情報

トヨタのランドクルーザープラド。フルモデルチェンジが2020年に行われると噂があります。現行型のモデルは発売されて11年もの歳月が経ちます。2017年9月にビッグマイナーチェンジが行われてからも既に3年近くなります。次の新型のプラドはどのような車になるか気になるところですよね。本記事では最新のフルモデルチェンジの情報を含め、改めてランドクルーザープラドの燃費、口コミ、価格、試乗記などをまとめてご紹介します。(※2020年4月3日更新しました)


【2020年版】SUVの元祖!ジープのSUV一覧

【2020年版】SUVの元祖!ジープのSUV一覧

ジープと言えば、SUVという言葉が使われるようになる以前からオフロード走行可能4輪駆動車を作ってきた、4輪駆動車の車の王道といっても過言ではありません。しかし、ジープのラインナップには、意外にも2輪駆動車が存在しているのも事実です。今回はジープの2輪駆動、そして4輪駆動のSUV車について紹介しましょう。


クルマを高く売るには?お得に車を売る方法と中古車査定の注意点

クルマを高く売るには?お得に車を売る方法と中古車査定の注意点

自分の車を売却して別の車が欲しいと思った時、まずは今乗っている車を高く売ることが大切になってきますよね。そのためには中古車査定をしてもらう必要があります。けれど、何からすればいいのか?どこに行くの?と悩む方も多いはず。そんな悩みをお持ちの方!本記事では初心者向けに中古車査定のキホンから、車の買取や下取りでより高く、お得に買い取ってもらえる方法をご紹介いたします。