目次へ戻る

ポルシェ「718 ボクスター スパイダー」が設定か!最新情報まとめ

ポルシェ「718 ボクスター スパイダー」が設定か!最新情報まとめ

現行モデルで4代目となり、すでに発売中のポルシェ982型「718 ボクスター」ですが、高出力&軽量モデルである「スパイダー」を設定することが明らかになりました。本記事ではポルシェ「718 ボクスター スパイダー」の最新情報をご紹介します。


ポルシェ「ボクスター」とは?

「718 ボクスター スパイダー」についてご紹介する前に、まずは「ボクスター」と「スパイダー」についてご紹介させていただきます。

画像は982型「718 ボクスター」

ボクスターの名前の由良は水平対向エンジンを表す、「Boxer(ボクサー)」と、ポルシェがオープンカーを表す際の「Speedstar(スピードスター)」をかけ合わせた造語です。
1996年から販売された2016年に発売された982型「718 ボクスター」で4代目を迎えます。

スパイダーとは?

スパイダーという名前は、ポルシェが1954年に製作した初の市販レーシングカー「550スパイダー」にちなんでいます。1955年、俳優のジェームズ・ディーンが「550スパイダー」を運転中に事故に遭い、24歳の若さで亡くなったことでも有名です。

ポルシェ「ボクスター スパイダー」はいつから?

画像は4代目のポルシェ982型「718ボクスター スパイダー」

さて、先程ご紹介したボクスターにスパイダーモデルが初めて追加されたのは、2003年12月に発売された「ボクスター S 550スパイダーエディション」です。「550スパイダー」の50周年を祝い、世界で1953台限定で発売されました。

「ボクスター スパイダー」は初代モデルの後も、2代目、3代目と設定されていました。

ポルシェ「718 ボクスター スパイダー」最新情報

次に「718 ボクスター スパイダー」の最新情報をご紹介します。

ポルシェ「718 ボクスター スパイダー」最新情報 エクステリア

画像は「718 ボクスターGTS」

「718 ボクスター スパイダー」のエクステリアは、全体的に「718 ボクスター GTS」と共通する点が多く確認できます。

8月にスクープされた最新のプロトタイプ画像から、「718 ボクスター スパイダー」のエクステリアをご紹介します。

フロント部分には後ほど写真をご紹介する「911 GT3」と同じくスラットが入っています。

サイドには、「718 ボクスター GTS」と共通する厚みのあるサイドシル、大型化されたサイドエアスクープ、ディフューザーを確認することができます。

ポルシェ「718ボクスター スパイダー」最新情報 パワートレイン

画像はポルシェ「911 GT3」

パワートレインはポルシェ「911 GT3」から流用される4リットル水平対向6気筒NAエンジンが装備され、最高出力は400ps〜430psを発揮するとみられています。

これにより流用元となる「911 GT3」の365psや、先代の「718 ボクスター スパイダー」の375psから大幅なパワーアップが見込まれています。

ポルシェ「718ボクスター スパイダー」これまでの経緯

こちらでは「718ボクスター スパイダー」のプロトタイプがスクープされてから8月現在までの経緯を時系列順に並べています。

2017年11月 プロトタイプがスクープされる

「718 ボクスター スパイダー」は2017年11月にプロトタイプが捉えられたことで、スパイダーが追加されるのではないかという噂になりました。
通常、プロトタイプ車両はステッカーでカモフラージュをされている場合がほとんどですが、スパイダーは当初からほぼフルヌードの状態でテスト走行を行っていました。

2018年2月 寒冷地テストが開始

2018年2月には寒冷地テストが開始され、この時もカモフラージュがないほぼフルヌードの状態で撮影がされました。

2018年4月 ニュルブルクリンクでテスト走行を開始

2018年4月にはドイツ・ニュルブルクリンクで高速テストを開始し、高速テストをする模様も動画に収められました。

リアのデュアルエキゾーストパイプの周辺にはテープが貼られカモフラージュされています。

2018年6月 アルプスで走行中の様子が捉えられる

2018年8月 再びニュルブルクリンクへ

2018年8月には再びニュルブルクリンクに戻り走行をする様子が捉えられました。リアとフロントの一部がカバーされているもののほぼフルヌードと言っていい状態です。また、手動式の幌がブラックからレッドに変更されています。

まとめ

いかがでしたか?本記事では「718 ボクスター スパイダー」についてご紹介しました。今後も新しい情報が入り次第最新情報をご紹介します。

関連するキーワード


ポルシェ 車種情報

関連する投稿


200万円以下で購入できる!?ポルシェのおすすめの中古車

200万円以下で購入できる!?ポルシェのおすすめの中古車

車好きな人からさほど興味を持たない人まで知っている車といえば「ポルシェ」。しかしそのあまりのブランド力によって「高いから買えない」とあきらめている方も多いのではないでしょうか。もし、200万円以下で購入できるとしたら…?今回はそのおすすめ車種や選ぶ際のポイントについて説明していきたいと思います。


憧れの高級SUVポルシェ カイエンを中古で買う!スペックや中古価格等

憧れの高級SUVポルシェ カイエンを中古で買う!スペックや中古価格等

新車価格が976万円からと少々お高い、ポルシェの人気SUV『カイエン』。だからこそ中古で買いたい方のために書きました。今回は中古で買うポルシェカイエンの魅力をお伝えします。


ポルシェのオープンカー ボクスター┃歴代モデルやスペック、燃費等

ポルシェのオープンカー ボクスター┃歴代モデルやスペック、燃費等

高級スポーツカーの代名詞とも言えるポルシェの造る2シーターオープンカー、それが『ボクスター』です。ポルシェのラインナップの中ではエントリーモデルとも言われていますが、ミッドシップレイアウトのエンジンと軽量の車体で本格的なスポーツ走行が出来ます。今回はそんなポルシェ ボクスターの魅力をご紹介していきます。


【年内日本発表】ポルシェの初フル電動スポーツ タイカン!

【年内日本発表】ポルシェの初フル電動スポーツ タイカン!

ポルシェが同ブランド初のフル電動スポーツカーとして開発を進めている『タイカン』は、ワールドプレミアが2019年9月初旬、日本発表が同年内、発売は2020年となりました。最新情報をお届けいたします。


【7月5日発売】ポルシェ 911 新型!価格は1666万円から

【7月5日発売】ポルシェ 911 新型!価格は1666万円から

ポルシェジャパンは、2018年11月のロサンゼルスモーターショーで初公開した新型『911カレラ』(タイプ992)を7月5日より発売すると発表しました。


最新の投稿


道の駅日光ってどんな場所?その魅力を徹底追及

道の駅日光ってどんな場所?その魅力を徹底追及

この記事を読んでいるということは近々栃木県に旅行するときの休憩所を探しているのではないでしょうか?それなら道の駅日光がおすすめです。この記事では道の駅日光のアクセス方法だけでなく、魅力やスポットをお伝えします。これを読めば栃木に行く際に必ず行きたくなること間違いなしです。


【おすすめ10選】居眠り運転対策!眠気覚ましグッズ

【おすすめ10選】居眠り運転対策!眠気覚ましグッズ

電車事故でも話題になった居眠り運転。電車だけでなく、自動車走行中の事故の原因でも居眠りは問題となっています。事故を起こさないためにも、何か起こすことがないように、突然の睡魔に襲われないよう眠気を覚ますグッズをご紹介します。


【おすすめ10選】超便利!車の収納グッズ

【おすすめ10選】超便利!車の収納グッズ

車を綺麗に使いたいと思う方は多いと思います。しかし、寛げばくつろぐほどに、ゴミが出たり車内便利グッズが増えてしまったりしていませんか?今回は、トランク、シートの隙間、シートの背中部分などに設置できる様々な用途の収納グッズをご紹介します。


【道の駅 みつ】食べてよし!遊んでよし!瀬戸内を一望できる道の駅

【道の駅 みつ】食べてよし!遊んでよし!瀬戸内を一望できる道の駅

兵庫県たつの市にある道の駅 みつ。京都や大阪からは少し遠い場所にありますが、瀬戸内を一望できる場所にある道の駅です。今回は、道の駅 みつの見どころをたっぷり紹介していきます。


淡路島で渦潮もお土産も「道の駅うずしお」の見どころ紹介

淡路島で渦潮もお土産も「道の駅うずしお」の見どころ紹介

淡路島と四国を結ぶ大鳴門橋に一番近く、渦潮を一望できる絶景スポットが有るのはご存知ですか?道の駅うずしおので渦潮に出会うためのタイミングやお土産、グルメ情報をご紹介します。