目次へ戻る

ポルシェ「718 ボクスター スパイダー」が設定か!最新情報まとめ

ポルシェ「718 ボクスター スパイダー」が設定か!最新情報まとめ

現行モデルで4代目となり、すでに発売中のポルシェ982型「718 ボクスター」ですが、高出力&軽量モデルである「スパイダー」を設定することが明らかになりました。本記事ではポルシェ「718 ボクスター スパイダー」の最新情報をご紹介します。


ポルシェ「ボクスター」とは?

「718 ボクスター スパイダー」についてご紹介する前に、まずは「ボクスター」と「スパイダー」についてご紹介させていただきます。

画像は982型「718 ボクスター」

ボクスターの名前の由良は水平対向エンジンを表す、「Boxer(ボクサー)」と、ポルシェがオープンカーを表す際の「Speedstar(スピードスター)」をかけ合わせた造語です。
1996年から販売された2016年に発売された982型「718 ボクスター」で4代目を迎えます。

スパイダーとは?

スパイダーという名前は、ポルシェが1954年に製作した初の市販レーシングカー「550スパイダー」にちなんでいます。1955年、俳優のジェームズ・ディーンが「550スパイダー」を運転中に事故に遭い、24歳の若さで亡くなったことでも有名です。

ポルシェ「ボクスター スパイダー」はいつから?

画像は4代目のポルシェ982型「718ボクスター スパイダー」

さて、先程ご紹介したボクスターにスパイダーモデルが初めて追加されたのは、2003年12月に発売された「ボクスター S 550スパイダーエディション」です。「550スパイダー」の50周年を祝い、世界で1953台限定で発売されました。

「ボクスター スパイダー」は初代モデルの後も、2代目、3代目と設定されていました。

ポルシェ「718 ボクスター スパイダー」最新情報

次に「718 ボクスター スパイダー」の最新情報をご紹介します。

ポルシェ「718 ボクスター スパイダー」最新情報 エクステリア

画像は「718 ボクスターGTS」

「718 ボクスター スパイダー」のエクステリアは、全体的に「718 ボクスター GTS」と共通する点が多く確認できます。

8月にスクープされた最新のプロトタイプ画像から、「718 ボクスター スパイダー」のエクステリアをご紹介します。

フロント部分には後ほど写真をご紹介する「911 GT3」と同じくスラットが入っています。

サイドには、「718 ボクスター GTS」と共通する厚みのあるサイドシル、大型化されたサイドエアスクープ、ディフューザーを確認することができます。

ポルシェ「718ボクスター スパイダー」最新情報 パワートレイン

画像はポルシェ「911 GT3」

パワートレインはポルシェ「911 GT3」から流用される4リットル水平対向6気筒NAエンジンが装備され、最高出力は400ps〜430psを発揮するとみられています。

これにより流用元となる「911 GT3」の365psや、先代の「718 ボクスター スパイダー」の375psから大幅なパワーアップが見込まれています。

ポルシェ「718ボクスター スパイダー」これまでの経緯

こちらでは「718ボクスター スパイダー」のプロトタイプがスクープされてから8月現在までの経緯を時系列順に並べています。

2017年11月 プロトタイプがスクープされる

「718 ボクスター スパイダー」は2017年11月にプロトタイプが捉えられたことで、スパイダーが追加されるのではないかという噂になりました。
通常、プロトタイプ車両はステッカーでカモフラージュをされている場合がほとんどですが、スパイダーは当初からほぼフルヌードの状態でテスト走行を行っていました。

2018年2月 寒冷地テストが開始

2018年2月には寒冷地テストが開始され、この時もカモフラージュがないほぼフルヌードの状態で撮影がされました。

2018年4月 ニュルブルクリンクでテスト走行を開始

2018年4月にはドイツ・ニュルブルクリンクで高速テストを開始し、高速テストをする模様も動画に収められました。

リアのデュアルエキゾーストパイプの周辺にはテープが貼られカモフラージュされています。

2018年6月 アルプスで走行中の様子が捉えられる

2018年8月 再びニュルブルクリンクへ

2018年8月には再びニュルブルクリンクに戻り走行をする様子が捉えられました。リアとフロントの一部がカバーされているもののほぼフルヌードと言っていい状態です。また、手動式の幌がブラックからレッドに変更されています。

まとめ

いかがでしたか?本記事では「718 ボクスター スパイダー」についてご紹介しました。今後も新しい情報が入り次第最新情報をご紹介します。

関連するキーワード


ポルシェ 車種情報

関連する投稿


ポルシェのオープンカー ボクスター┃歴代モデルやスペック、燃費等

ポルシェのオープンカー ボクスター┃歴代モデルやスペック、燃費等

高級スポーツカーの代名詞とも言えるポルシェの造る2シーターオープンカー、それが『ボクスター』です。ポルシェのラインナップの中ではエントリーモデルとも言われていますが、ミッドシップレイアウトのエンジンと軽量の車体で本格的なスポーツ走行が出来ます。今回はそんなポルシェ ボクスターの魅力をご紹介していきます。


【年内日本発表】ポルシェの初フル電動スポーツ タイカン!

【年内日本発表】ポルシェの初フル電動スポーツ タイカン!

ポルシェが同ブランド初のフル電動スポーツカーとして開発を進めている『タイカン』は、ワールドプレミアが2019年9月初旬、日本発表が同年内、発売は2020年となりました。最新情報をお届けいたします。


【7月5日発売】ポルシェ 911 新型!価格は1666万円から

【7月5日発売】ポルシェ 911 新型!価格は1666万円から

ポルシェジャパンは、2018年11月のロサンゼルスモーターショーで初公開した新型『911カレラ』(タイプ992)を7月5日より発売すると発表しました。


【あの991型の最終モデル降臨】ポルシェ 911 スピードスター 新型!価格は約3000万円

【あの991型の最終モデル降臨】ポルシェ 911 スピードスター 新型!価格は約3000万円

ポルシェは、新型『911スピードスター』のドイツ本国ベース価格を、26万9274ユーロ(約3320万円)と発表しました。「991」型ポルシェ『911』の最終モデルになる、としているこの911スピードスター。最新情報をお届けです!


ポルシェ パナメーラの新車・中古車価格 スペック 燃費 評価一覧

ポルシェ パナメーラの新車・中古車価格 スペック 燃費 評価一覧

パナメーラはドイツの高級スポーツカーメーカーであるポルシェが、2009年から製造販売している4ドアのスポーツカーです。Fセグメントに属していて、大型サイズです。ポルシェにとっては初のフル4シーターの4ドアサルーンであり、一流のスポーツカーでありながらも、高級サルーンの快適さを兼ねるモデルとして生まれました。本記事ではそんなパラメーラに関する情報をまとめています。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。