トップへ戻る

【MWC2017】IT・モバイルのイベントで、プジョーがコンセプトカーを世界初公開!

【MWC2017】IT・モバイルのイベントで、プジョーがコンセプトカーを世界初公開!

2017年2月27日~3月2日、IT・モバイル業界の未来を占うヨーロッパ最大のイベント、「Mobile World Congress(モバイル・ワールド・コングレス 通称MWC)」にて、プジョーがコネクテッドカーの出展をしました。こちらの記事では出展されたコンセプトカーを画像と共に振り返ります。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


IT・通信・モバイルの見本市でクルマの展示

IT・モバイル業界の未来を占うヨーロッパ最大のイベント、「Mobile World Congress(モバイル・ワールド・コングレス、通称MWC)」がスペイン現地時間の2月27日から3月2日まで開催されました。

MWCはIT・通信・モバイルの見本市で、近年のコネクテッドカーの盛り上がりを受けてブースに車両を展示する企業が増えてきたそうです。とはいえ、まだまだ通信・モバイル関連事業者のためのイベントという性格が強いようです。

しかし今回、プジョーがIT・通信・モバイルの関係者も自動車に高い関心を持っていることを証明してくれました。プジョーがコンセプトカーのワールドプレミアにMWCという舞台を選んだことは、最早、英断だといえるでしょう。

コンセプトカーの名前は『INSTINCT』(インスティンクト、"本能"という意)。レベル4の自動運転に対応した、10年先の未来に市場投入されることを想定したコンセプトカーとなっています。パワートレインはPHVで、ボディタイプはシューティングブレイク。高速走行時にはリアのウィングが自動で出てくる仕様。

助手席には大型ワイドモニターがインストールされています。シートは、座席自体は固定されて動きませんが、ファブリック素材の座面が上下前後左右に動き、快適なシートポジションを実現。シートの頭部には3Dプリンターを使用して作られたパーツが試験的に使用されています。

運転モードは自動運転時の2モードと、通常運転時の2モードの合計4モード搭載されています。自動運転時はくつろぎながらクルマでの移動を楽しむことができる「Soft」モードと、目的地まで短い時間できびきびと運転してくれる「Sharp」モードの2モードが、そして通常運転時も同様に快適運転モードとスポーツ運転モードの2つが用意。

なお自動運転モードの際は、リアのプジョーエンブレムの周囲が淡く光り、周囲の車両に自動運転モードで走行していることを知らせることができるようになっています。

運転席のドアを開けるとドアポケットに、最新のコンセプトカーとは対象的な、かなり年季の入ったのフランスのSF小説が入っていました。これは「自動運転時にくつろぎながら小説を読むことができるということの示唆だ」とのこと。粋な演出です。

サムスンのARTIC Cloud(アーティック・クラウド)を採用し、各種モバイル端末やウェアラブルデバイスと連携する。これにより乗員のバイタルデータを分析し、快適な車内空間や走行モードを自動で選択してくれる。なお、オーディオはフォーカルを採用しています。

コネクテッドカー・自動運転の未来はフランスが牽引?

このコンセポトカーのデザイナーはMtthias Hossan(マティアス・ホッサン)氏、そしてプロジェクトマネージャーはPhilipie-Emanuel(フィリップ・エマニュエル)氏。両名ともフランスの出身。

フォーカルもまたフランスのオーディオメーカー。

フランスのパリでは毎年5月に5000以上のスタートアップ企業と、ベンチャー企業と組みたい100以上の大手企業、そして100以上ものベンチャーキャピタルが集まる「Viva Technology(ビバ・テクノロジー)」という、世界最大級のベンチャー企業のビジネスマッチングイベントがあります。

MWC会場でも、MWCと同時開催されるベンチャー企業軍の展示会である「4 Years From Now(フォー・イヤーズ・フロム・ナウ、通称4YFN)」でも「French Tech」というフランス企業群のプレゼンスは際立っていました。

もしかすると、コネクテッドカーと自動運転によってもたらされる新しいモータリーゼーションはフランス企業が牽引していくのかもしれませんね。

関連する投稿


 プロパイロットの運転はどこまで自動?自動運転機能や最新情報を紹介

プロパイロットの運転はどこまで自動?自動運転機能や最新情報を紹介

日産の自動運転技術である「プロパイロット」は、ドライバーの運転の負担を軽減してくれる利便性の高いシステムです。とはいえ、自動運転にはレベルがあるため、プロパイロットがどのくらい自動で運転してくれるのか知りたいと思っている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、プロパイロットの自動運転機能や搭載されている車種、今後の展開などを含めた最新情報を紹介します。プロパイロットの搭載車を購入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。


日本カー・オブ・ザ・イヤーから選ぶ、2020年「買い」の車 5選!

日本カー・オブ・ザ・イヤーから選ぶ、2020年「買い」の車 5選!

今年も様々な車が発売されましたが、一体、どの車を買えばいいのでしょう? 先ごろ発表された、2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤーの結果を振り返りながら考えてみましょう。


自動運転のレベルとは?レベル別にできることを徹底解説

自動運転のレベルとは?レベル別にできることを徹底解説

自動運転にはレベル0~5の6段階が設定されており、各レベルでできることは大きく異なります。自動運転技術が日に日に進歩を続ける中、各レベルでどのような運転が可能になるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、自動運転のレベルについて詳しく解説します。レベル別にできることや海外における自動運転の現状、今後の展望などについてまとめましたので、自動運転について知りたい方はぜひ参考にしてみてください。


2020年にレベル3解禁!各社の自動運転の最新情報を紹介

2020年にレベル3解禁!各社の自動運転の最新情報を紹介

2020年現在、日本国内ではレベル3までの自動運転を搭載した車を公道を走らせることが可能になりました。自動運転の技術は年々進化しており、各自動車メーカーが自動運転にどの程度対応しているのかなど、詳しい情報が気になっている方も多いでしょう。そこで今回は、自動運転の基礎知識や各社の自動運転に関する最新情報を紹介します。国内外のメーカーの取り組みや今後の自動運転技術の展望なども紹介しますので、自動運転の現状を知りたい方はぜひ参考にしてみてください。


【現行フランス高級SUV】最新3選! 価格、燃費

【現行フランス高級SUV】最新3選! 価格、燃費

自動車の黎明期から数々の名車を生み出してきたフランス車は、シックな車作りで世界中にファンを持っており、高級車の世界でも定評があります。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、フランス車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


最新の投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

流麗なデザインで他のSUVとは一線を画す高級感のあるSUVといえば、「トヨタ ハリアー」ですよね。高級セダンのような押し出しと乗り心地の良さがありつつ、SUVのような使い勝手の良さも兼ね備えたハリアーは、人気のSUVの中でも定番モデルのひとつです。そんなハリアーの内装は、こちらも上質かつ妖艶な世界が広がっています。ハリアーの内装の注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

世界で最も売れている2シーターオープンスポーツカーが「マツダ ロードスター」です。歴代併せて生産累計台数が100万台を超えるなど、世界中で愛されるロードスターは、ドライブの楽しみやオープン時の開放感もさることながら、乗り込んだ瞬間から非日常を感じさせるような上質なインテリアも見どころです。この記事では、ロードスターの内装デザインや使い勝手などを詳しくご紹介していきます。