目次へ戻る

復活!ホンダのCR-V新型 初のハイブリッド採用 7人乗り仕様も登場

復活!ホンダのCR-V新型 初のハイブリッド採用 7人乗り仕様も登場

ホンダのCR-V新型が2018年8月31日より発売されました。CR-Vの復活は実に2年ぶりのこととなります。初のハイブリッドモデルを登場したほか、7人乗り設定など、詳細が気になるCR-V新型。本記事ではそんなCR-V新型の最新情報をお届けいたします。


8月31日より、ホンダのCR-V新型が発売中!

ホンダは5代目となる新型『CR-V』を8月31日に発売しました。

2年ぶりの復活となる日本市場では、1.5リットルのダウンサイジングターボエンジンと、ハイブリッドの2つのパワートレインが設定されます。

ホンダのCR-Vとは

CR-V(シーアールブイ)は、ホンダが生産販売を行っているミッドサイズSUVです。

1995年に登場以来、人気を博していましたが、海外指向が強まり、フルモデルチェンジを行うたびにボディサイズが大きくなるなどとしたことにより、日本での人気が落ち込みました。

2013年に、CR-VよりもコンパクトなコンパクトSUVヴェゼルが発売されたこともCR-Vの存在感を薄れさせる結果となりました。

2016年には国内販売を終了したものの、2018年8月31日より、2年ぶりの復活となるCR-Vが登場します。

開発責任者が語る CR-V新型は「究極の普通車」

開発責任者を務める本田技術研究所の永留高明主任研究員は「究極に普通なクルマを造りたいという思いで開発した」と明かす。

というのも「CR-Vというのは面白いクルマで、例えばアメリカでは女性の人が50%以上乗っている。東南アジアや中国では男性が9割くらい。なのでいろんな人に対して同じような価値を提供しなくてはいけない」と永留氏は語る。

7人乗り設定をガソリン車に採用

ガソリンモデルには、5人乗り仕様の他に、7人乗りの3列シート仕様が設定されます。

5人乗り、7人乗りと選べることにより、幅広いニーズに対応します。

初設定!CR-V新型ハイブリッドについて知りたい

5代目のCR-V新型ですが、初めてハイブリッドモデルが登場しました。

ハイブリッドモデルは2.0リットルアトキンソンサイクルDOHC i-VTECに2モーターシステムの組み合わせで、エンジンの最高出力は145馬力、最大トルク175Nm、走行用モーターはそれぞれ184馬力、315Nmになります。

2モーターシステムのスポーツハイブリッドi-MMDを採用

ハイブリッドモデルに関して永留氏は「先進かつ燃費と走りを高次元に両立させるために2モーターシステムのスポーツハイブリッドi-MMDを採用した。i-MMDを採用するにあたってはリニアなフィーリングにこだわってヨーロッパで走り込みを行った。パワートレインのチューニングやアクティブサウンドコントロールの採用により、車速に対するエンジンの回転数やリニアなエンジンサウンドを造ることでドライバーの感性に忠実なセッティングを実現した」と述べた。

ホンダ CR-V新型 新車価格

価格はガソリンモデルが323万280-403万560円、ハイブリッドモデルは378万4320~436万1040円となっています。

最後に

本記事ではホンダのCR-V新型について気になる点をまとめてご紹介しました。

SUVが気になっている方、CR-Vはどうでしょうか。

また、もっとCR-Vについて知りたいという方は下記記事も合わせてご覧ください。

関連するキーワード


ホンダ 車種情報 CR-V SUV

関連する投稿


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【12月12日更新】


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【オートカラーアウォード2018】今年の受賞はホンダのN-VAN

【オートカラーアウォード2018】今年の受賞はホンダのN-VAN

日本流行色協会(JAFCA)が毎年、最も魅力的な車両のカラーデザインを選ぶ「オートカラーアウォード」。 2018年はホンダ『N-VAN』のカラーリングがグランプリに輝きました。またトヨタ『JPN TAXI』には特別賞が授与されています。


スズキのスペーシアに SUV風のスペーシアギア登場!発売は12月

スズキのスペーシアに SUV風のスペーシアギア登場!発売は12月

人気の軽ハイトワゴン、スズキのスペーシアに、SUV風が登場する!?という情報が飛び込んできました。クロスオーバーSUVな装いの、その名も「スペーシア ギア」。本記事ではスペーシアギアの今明らかになっている最新情報をまとめています。


軽トラもここまでくると欲しくなる!特別仕様車「アクティトラック・スピリットカラースタイル」登場!

軽トラもここまでくると欲しくなる!特別仕様車「アクティトラック・スピリットカラースタイル」登場!

ホンダの軽トラック「アクティ・トラック」に、タイプ「TOWN」をベースにホンダの四輪車の原点となるT360誕生55周年を記念した特別仕様車「スピリットカラースタイル」を11月9日から発売しました。ダイハツがハイゼットトラックに農業女子向けに設定した仕様など、最近の軽トラはオシャレ度が高いのでまとめて紹介していきます。


最新の投稿


今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

生涯をレースに捧げ「音速の貴公子」と呼ばれた天才レーサー「アイルトン・セナ」。1994年 レース中の事故によって亡くなり、今でもファンからの悲しむ声が絶えません。そんなアイルトン・セナの幼少期からレーサー時代の経歴、そして、悲劇の事故について。また、彼の残した逸話や名言の数々を紹介いたします。


タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

ダイハツは、軽乗用車『タント』に特別仕様車「VSシリーズ」を設定し、 12月3日から発売しています。今回のタント特別仕様車「VSシリーズ」は、「X “VS SAIII”」、「カスタムX “トップエディション VS SAIII”」、「カスタムRS “トップエディションVS SAIII”」の3種類から選べます。


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【12月12日更新】


【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

復活が噂されていた、ランドローバーディフェンダー。ついにその次期型プロトタイプを激写しました。復活すれば約3年ぶりのこととなります。次世代プラットフォーム「MLA」を採用した他、EVの設定も噂されています。


BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型のプロトタイプを激写しました。今回の次期型で、最大の特長と言えば「UKL」プラットフォームに別れを告げ、同ブランド初となるフロントホイール・ドライブ用「FAAR」を採用することです。ワールドプレミアは2019年初頭なのではと言われている1シリーズ新型について追いました。