目次へ戻る

メルセデス 初市販EVとなるEQC発表!航続450kmの電動SUV

メルセデス 初市販EVとなるEQC発表!航続450kmの電動SUV

メルセデスベンツは9月4日に、メルセデスベンツブランド初の市販EV、『EQC』(Mercedes-Benz EQC)を、ストックホルムでワールドプレミアしました。「EQ」とは、メルセデスベンツが立ち上げた電動車特化型のサブブランドになります。このEQ初の市販車として登場するのがEQC。期待も高まっています。


メルセデス 初のEVとなるEQC発表!航続450kmの電動SUV

メルセデス 初のEVとなるEQC

メルセデスベンツは、電動車に特化したサブブランド・EQ初の市販車となるEQCを9月4日にワールドプレミアしました。

「EQ」は、メルセデスベンツが立ち上げた電動車に特化したサブブランド。EQブランドの最初の市販車として登場するEVが、SUVのEQCになる。

EQCは電動SUV!

EQCは電動SUV。ボディサイズは、全長4761mm、全幅1884mm、全高1624mm。ホイールベースは2873mm。

マルチビームLEDヘッドライトが組み込まれたフロントマスクには、メルセデスベンツの新世代電動ブランドのアイデンティティを表現しています。

メルセデスベンツ EQC パワートレイン

EQCには、メルセデスベンツ新開発となる電動パワートレインを搭載しています。

モーターは前後に2個搭載し、4輪を駆動する4WDに。

2個のモーターは、合計で最大出力408hp、最大トルク76.5kgmを引き出します。

前後アクスル間で走行状況に応じて、トルク配分を行います。

また、動力性能は、0~100km/h加速を5.1秒で駆け抜けるとのこと。

最高速はリミッターによって、180km/hに制限されています。

メルセデスベンツ EQC バッテリーはリチウムイオン 航続距離は

バッテリーはリチウムイオンを採用。

蓄電容量は80kWhと大容量です。

重量は650kgで、車体中央の低い場所にレイアウトされました。

1回の充電での航続は、欧州の計測モードで450km以上。

急速充電は、欧州や米国ではコンボ方式、日本や中国ではチャデモ方式に対応。バッテリーの80%の容量なら、充電はおよそ40分で完了するとのこと。

メルセデスベンツ EQC 浮かんでいる!?コックピットがスゴイ

このディスプレイは、空中に浮かんでいるように見え、インテリアデザインの水平方向の流れを強調する中心要素になるもの。

インストゥルメントクラスターとなるこのコックピットディスプレイは、ドライバーの視野に直接入るさまざまな情報を表示する大型ディスプレイと、センターコンソール上方のセンターディスプレイで構成されています。

EQCには、最新の先進運転支援システム(ADAS)を装備。

「ドライビングアシスタンスパッケージ」に含まれる「アクティブディスタンスアシストDISTRONIC」は、そのひとつです。

高速道路で逆走車の情報を検知した場合、予防措置として速度を自動的に100km/hに抑えて、ドライバーに警戒するよう促す、としています。

【気になる】日本導入はあるの?

そして、一番気になるのが、日本への導入はあるの?ということではないでしょうか。

結論から言うと、日本導入はあるようです!!!

メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長によれば、「日本も導入する方向で進めている」とした上で、「あとは充電方式やインフラとの兼ね合いを見ながら導入時期を考えていきたい」とのこと。「遅くとも2020年くらいにはという考え方で、前倒しができればと思っている」という発言もありました。

2020年オリンピックまでには、日本の道路をEQCが走っている光景を見ることができそうですね。

その上で「遅くとも2020年くらいにはという考え方で、前倒しができればと思っている。日本では一番安定しているチャデモ方式があるので、一部車種で長時間充電を余儀なくされてしまうものもあるかもしれないが、主要で販売していくものに関してはチャデモ方式を導入する予定。チャデモ方式でないと逆にお客様に迷惑がかかるし、私どもとしてはそれは本意ではない。車種を限定するという考えも持ちながら、チャデモ方式の導入を考えている」と強調した。

最後に

メルセデスベンツのEQブランド第一弾となる、EQCについてご紹介しました。

今までのEV車には食指が動かなかったそこの貴方!EQCはどうでしょうか。

関連する投稿


アストン初のSUV!DBXの市販型デザインを激写!

アストン初のSUV!DBXの市販型デザインを激写!

アストンマーティン初のSUV、DBX。気になっているという方も多いのではないでしょうか。そんな中、ついに市販型デザインを確認しました。本記事ではDBXの最新情報をお届けいたします。


ジープ チェロキー┃中古価格から評価・口コミ、スペック等 一覧

ジープ チェロキー┃中古価格から評価・口コミ、スペック等 一覧

ジープの中核をなすSUVのチェロキーのスペックや基本性能に関してご紹介していきます。 これから車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


トヨタのSUV FJクルーザー|中古価格から評価、スペック等 一覧

トヨタのSUV FJクルーザー|中古価格から評価、スペック等 一覧

オフロードをガンガン走りたい方にオススメの「トヨタ・FJクルーザー」の概要や歴史、それに燃費や中古価格などをまとめてみました。興味のある方は是非ご覧ください。


【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

熱い視線が注がれているトヨタの新型RAV4。買うかどうか迷っている…。家族になんと説明しようか…。いや、でもなあ…。なんて頭を抱えてお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな悩めるあなたに、本記事ではRAV4新型の試乗記をまとめました。生のRAV4新型の試乗記を読んで、検討の材料にしてみてくださいね!


三菱 エクリプスクロスの試乗評価・口コミは?燃費、中古価格も合わせて紹介

三菱 エクリプスクロスの試乗評価・口コミは?燃費、中古価格も合わせて紹介

2018年に発売された新型SUV、三菱「エクリプスクロス」の価格や性能、評判や中古価格などをまとめていきます。これから「エクリプスクロス」の購入を検討されている方は是非参考にしてください。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。