目次へ戻る

【パリモーターショー2018】BMW X5新型と M5コンペティション発表!

【パリモーターショー2018】BMW X5新型と M5コンペティション発表!

BMWグループは、フランスで10月に開催されるパリモーターショー2018(Paris Motor Show)の出展内容を発表しています。それによれば新型『X5』(BMW X5)と『M5コンペティション』(BMW M5 Competition)がワールドプレミアされるとのことです。


【パリモーターショー2018】BMW、X5 新型と M5コンペティション発表

BMWグループは、フランスで10月に開催されるパリモーターショー2018(Paris Motor Show)の出展内容を発表しています。

それによれば新型『X5』(BMW X5)と『M5コンペティション』(BMW M5 Competition)がワールドプレミアされるとのことです。

BMW X5とは

BMW X5 新型

BMWの初代X5は2000年に誕生しました。

BMWはSUVのことを、「SUV」と呼ぶのではなく、「SAV」(スポーツ・アクティビティ・ビークル)と呼んでおり、SAV第一弾として登場しました。

2代目X5は2007年に発表されました。

初代よりもボディを大型化し、快適性を引き上げたのが特徴。先代の3代目X5は2013年秋、フランクフルトモーターショー2013で発表されました。

5年ぶりにモデルチェンジ

このX5、およそ5年ぶりにモデルチェンジを実施。新型は4世代目モデルになります。

新型X5のフロントマスクには、新世代のデザイン言語を採用したほか、大型のキドニーグリルやツインヘッドライトを装備しました。

すべてのライトには、LED技術が標準で組み込まれています。

BMW X5新型 最新エクステリア画像

BMW X5 新型

BMW X5 新型

BMW X5 新型

BMW X5 新型

BMW X5新型 ボディサイズ・スペックほか

新型のボディサイズは、全長4922mm×全幅2004mm×全高1745mm(ホイールベース2975mm)。

現行型に対して、36mm長く、66mmワイド、19mm背が高い仕様となりました。

また、ホイールベースは42mm延びています。

後席は40対20対40の3分割式。荷室容量は通常は645リットル。後席を倒せば、最大で1860リットルに拡大する。オプションでサードシートを用意しました。

欧州仕様車は導入当初から、ガソリンとディーゼルの両エンジンを設定。

ガソリンエンジン搭載グレードが、「xDrive40i」。3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力340hp/5500~6500rpm、最大トルク45.9kgm/1500~5200rpmを発生。

トランスミッションは8速ステップトロニック。0~100km/h加速5.5秒、最高速243km/hの性能を発揮します。

現行X5

BMW X5新型 BMWオペレーティングシステム7.0初採用

新型X5には、「BMWオペレーティングシステム7.0」が初採用されていることにも注目です。

BMWオペレーティングシステム7.0は、次世代のBMWのディスプレイおよび操作システム。

完全にデジタル化されたシステムで、従来以上にユーザーひとりひとりの要求に緻密に合わせることができるよう設計されています。

また、新デザインのフルデジタル式メーターパネルには、ナビゲーションの地図を表示するセクションだけでなく、個別に選択した内容の表示スペースが設けられています。

また、センターコンソールに組み込まれたコントロールディスプレイの表示は、シームレスかつ均一にデザインされており、直感的なタッチ操作ができるように。

また、リアルタイムで内容が表示される最大10種類の自由に構成可能なパッドを2~4個、メインメニューに表示。BMWによると、フラットなメニュー構造によって、すべての設定や機能に素早くアクセスできるという。さらに、BMWオペレーティングシステム7.0では、ドライバーと車両の間のマルチモーダルインタラクションも改善。ユーザーはiDriveコントローラー、タッチ操作、音声入力、ジェスチャーコントロールのいずれかを選択できる。

新型M5のさらなる高性能モデル!M5コンペティションも登場!

BMW M5 コンペティション

一方で、同じく出展予定とされるM5コンペティションは、新型M5のさらなる高性能モデルです。

M5コンペティションには、最新世代の4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボの強化版を搭載しています。

最大出力は625hp/6000~6700rpm、最大トルクは76.5kgm/1800~5800rpm。ベース車両の新型M5に対して、最大トルクは変わらないものの、最大出力は25hp引き上げられ、歴代M5で最強のスペックを誇ります。

BMW M5 コンペティション 新型M5からさらに進化した動力性能

M5コンペティションの動力性能は、0~100km/h加速が3.3秒と、新型M5の3.4秒に対して、0.1秒短縮されました。

最高速は250km/h(リミッター作動)で、オプションのMドライバーパッケージでは、最高速を305km/hに引き上げることも可能です。

M5コンペティションでは、キドニーグリルやドアミラーをブラック仕上げとし、サスペンションを専用チューン。

Mスポーツエキゾーストシステム、専用エンジンマウント、専用20インチのMアルミホイールも装備。

トランクリッド上には、「Competition」のロゴが追加されています。

BMW M5 コンペティション エクステリア画像

BMW M5 コンペティション

BMW M5 コンペティション

BMW M5 コンペティション

BMW M5 コンペティション

最後に

本記事では、BMWのパリモーターショー2018、出展情報についてご紹介しました。

もっとパリモーターショー2018について知りたい方は、下記記事も合わせてご覧ください。

関連する投稿


BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型のプロトタイプを激写しました。今回の次期型で、最大の特長と言えば「UKL」プラットフォームに別れを告げ、同ブランド初となるフロントホイール・ドライブ用「FAAR」を採用することです。ワールドプレミアは2019年初頭なのではと言われている1シリーズ新型について追いました。


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。


【東京オートサロン2019】開催概要 コンパニオン 出展社情報ほか随時更新!

【東京オートサロン2019】開催概要 コンパニオン 出展社情報ほか随時更新!

カスタムトレンドをけん引している東京オートサロン。東京オートサロン2019が1月11日~13日、幕張メッセにて開催されます。2019年のオートサロンはどんな内容になるのでしょうか。東京オートサロン2019の最新情報をまとめています。随時更新いたします!【12月10日更新】


【ロサンゼルスモーターショー2018】アウディ e-tronGT コンセプト初公開

【ロサンゼルスモーターショー2018】アウディ e-tronGT コンセプト初公開

ロサンゼルスモーターショー2018でワールドプレミアされたアウディ e-tronGT コンセプト。アウディは2018年9月にブランド初の市販EV『e-tron』を公開しましたが、e-tron GTコンセプトは、4ドアのEVスポーツカーになっています。そして2019年夏公開の映画『アベンジャーズ4』にも起用されています。


【ロサンゼルスモーターショー2018】BMWの最上級SUV X7初公開

【ロサンゼルスモーターショー2018】BMWの最上級SUV X7初公開

ロサンゼルスモーターショー2018にて、BMWはSUVの最上級クラスとなる、X7を初公開しました。BMW7シリーズ並みの広さとラグジュアリー性を誇るX7についてご紹介します。


最新の投稿


今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

生涯をレースに捧げ「音速の貴公子」と呼ばれた天才レーサー「アイルトン・セナ」。1994年 レース中の事故によって亡くなり、今でもファンからの悲しむ声が絶えません。そんなアイルトン・セナの幼少期からレーサー時代の経歴、そして、悲劇の事故について。また、彼の残した逸話や名言の数々を紹介いたします。


タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

ダイハツは、軽乗用車『タント』に特別仕様車「VSシリーズ」を設定し、 12月3日から発売しています。今回のタント特別仕様車「VSシリーズ」は、「X “VS SAIII”」、「カスタムX “トップエディション VS SAIII”」、「カスタムRS “トップエディションVS SAIII”」の3種類から選べます。


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【12月12日更新】


【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

復活が噂されていた、ランドローバーディフェンダー。ついにその次期型プロトタイプを激写しました。復活すれば約3年ぶりのこととなります。次世代プラットフォーム「MLA」を採用した他、EVの設定も噂されています。


BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型のプロトタイプを激写しました。今回の次期型で、最大の特長と言えば「UKL」プラットフォームに別れを告げ、同ブランド初となるフロントホイール・ドライブ用「FAAR」を採用することです。ワールドプレミアは2019年初頭なのではと言われている1シリーズ新型について追いました。