トップへ戻る

BMWがTVショッピングに参戦!「BMW i3」を限定特典付きでショップチャンネル生放送にて販売!

BMWがTVショッピングに参戦!「BMW i3」を限定特典付きでショップチャンネル生放送にて販売!

BMWの電気自動車「BMW i3」11月24日10~11時にショップチャンネルの生放送に登場するそうです。特典付きの「BMW i3 Atelier レンジ・エクステンダー装備車」が10台限定で販売されるとのことで非常に興味深いです。車両購入の流れなど詳しく紹介いたします。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約3~4分で読めます。


はじめに

BMWの電気自動車「BMW i3」11月24日10~11時にショップチャンネルの生放送に登場するそうです。
特典付きの「BMW i3 Atelier レンジ・エクステンダー(発電用エンジン)装備車」が10台限定で販売されるとのことで非常に興味深いです。

日本市場でBMW車両がテレビ通販に登場するのは今回が初めてで、ショップチャンネルが電気自動車を紹介することも初めての試みだそうです。

車両購入の流れは背景など詳しく紹介いたします。

ショップチャンネルとは

ショップチャンネルとはジュピターショップチャンネル株式会社が提供するショッピング専門チャンネルです。

1996年11月に日本で初めて生放送を取り入れた「ショップチャンネル」を開局して
現在は24時間365日生放送、テレビ通販企業国内で有名です。

現在ケーブルテレビや衛星放送などを通じ、全国2,950万世帯が視聴可能だそうです。(2018年4月現在)

ちなみにインターネットのショップチャンネルサイトでも生放送を視聴できます。

BMW i3のテレビ通販が実現した背景

ビー・エム・ダブリューの営業ディビジョン担当マネージャーの京谷麻矢氏によるとショップチャンネルで販売することになったのには3つの理由があるそうです。

■1つ目はショップチャンネルが国内最大手のテレビ通販会社であること。
■2つ目がショップチャンネルのお客さまがBMW『i3』の購入層に限りなくマッチしているということ。
■そして3つ目がショップチャンネルが掲げる企業理念『心躍る瞬間』とBMWのスローガンである『駆け抜ける喜び』に共通点があり、『i3』がその心躍る瞬間をお客さまに提供できる商品であることを確信しているから

だそうです。

今回の取り組みは、ドライブの愉しさと環境へのやさしさを兼ね備えたBMW i3の魅力を、ショップチャンネルのお客様である、大人ならではの選択眼と人生を豊かに自分らしく楽しむ「目利きの力」を持った女性に伝えたいという両社の想いが合致したことで実現したそうです。

ターゲットユーザーは50~60歳代の高収入夫婦の奥さまで、2台目需要を狙っているとのことです。

ショップチャンネルによると、利用者の中には年間1000万円以上も商品を買う女性がいるそうで、約8割が50歳以上の女性が占めているそうです。

確かにECOでCoolなイメージのBMW i3とショップチャンネルの客層はあってるような気がします。

番組の放送日は?

2018年11月24日(土) 10時~11時にショップチャンネルにて生放送されます。

番組ではビー・エム・ダブリューのiシリーズのトップセールスマン、田中克昌氏が行うそうでゲストとして出演し、「BMW i3」の魅力や、そもそも電気自動車とは何なのか、どのくらいの距離を走れるのか、充電にかかる時間、燃費についてなども分かりやすく説明するそうです。

BMW i3 Atelierレンジ・エクステンダー装備車について

今回販売されるのは「BMW i3 Atelierレンジ・エクステンダー装備車」で、販売カラーは紺、赤、白の3色で、10台限定だそうです。

BMW i3は、CFRP(カーボン・ファイバー強化樹脂)を基本骨格に採用し、徹底的な軽量化に挑戦すると同時に、大容量バッテリーを搭載することで航続距離390kmを実現し、都市型のモビリティとして、必要十分な性能を備えたモデルになっています。

筆者も代車で試乗したことがありますが、非常に電気自動車ですが、運転して非常に楽しく、BMWの駆け抜ける喜びをもったとても魅力的な車両だと思います。

ブレーキ回生システムも魅力的で、後発の日産ノートe-powerのようにアクセルによるワンペダル走行が可能です。

ピュアEVではなくレンジ・エクステンダー装備車なので647ccの発電用エンジンを搭載していますので、走行中にエンジンが電力を発電し、航続距離が更に121km延長されるのも嬉しいですね。

更に新車登録から8年/走行距離100,000km以内で必要に応じたバッテリー修理を無償で提供するほか、3年間は主要項目のメインテナンスなどを無償提供する「BMW iサービス・インクルーシブ」を標準装備となっていますので、メンテンスの面でも安心ですね。

BMW i3の車両購入の流れ

今回のi3車両購入の流れは以下のようになります。

1 ショップチャンネルに申し込み「車両購入クーポン」を購入

2 証書のお受け取り ショップチャンネルから郵送される証書を受け取り

3 BMWからご連絡 BMW担当者から電話にて連絡がくる

4 BMWによる説明 BMW担当者がお客を訪問し、詳細説明や試乗を実施します

5 購入契約 納得いただいた上で、BMWと車両購入の契約手続きを実施

6 アフターフォロー 車両購入後も、BMWがアフターフォロー

いきなり購入というのではなく番組では頭金として充当できる「購入クーポン」が販売されるようですね。

ショップチャンネル限定のスペシャルオファーを用意ということで、
車両本体の購入契約の前に、ショップチャンネルの特典を、車両購入クーポン購入によって申し込みする流れとなります。

先述の京谷氏によると価格と特典については番組で明らかにするそうですが、現在、店舗で販売しているオプション込みの車両価格は638万9000円ですが、「非常に魅力的な価格になる」そうです

ジュピターショップチャンネルの井原正登氏は「この10台を売り切って次の話につなげていければと考えている」と語りBMWとの今後の展開をつなげていければと考えているようです

双方かなり力を入れた企画なようなので限定のスペシャルオファー特典に期待ができそうですね!

さいごに

BMWがテレビ通販で車両を販売するのは初めてになります。

BMWはi3をECサイトのAmazonで販売してことはありますが、テレビショッピングまで販売チャネルを広げてきたのには驚きました。
今回i3は10台限定にて販売されますが、完売となったり反響が大きければ今後テレビ通販がクルマ販売の新しいチャネルとして他の車両も販売したり、他メーカーなども追従してくるかもしれませんね。
筆者は買う予定はありませんが、ショップチャンネル限定のスペシャルオファーがどうなるか興味深いですね。
筆者はケーブルテレビは映りませんのでインターネットのショップチャンネルサイトで11月24日(土)の放送を楽しみに待ちたいと思います。

関連する投稿


EV市場トッププレイヤーのテスラ。関心層の人物像とカスタマージャーニーとは?

EV市場トッププレイヤーのテスラ。関心層の人物像とカスタマージャーニーとは?

自動車業界の中でも、消費者の関心が年々高まるEV。2022年の「EV」検索者数は2020年の2倍となっています。では、EVの代表例ともいえる「テスラ」の関心層はどのような人で、どのような検討行動を行っているのでしょうか。検討者をクラスタリングし、実際のカスタマージャーニーも追いながら、テスラのターゲット理解を目指します。


EV販売台数で世界2位の中国メーカーBYD、日本上陸。国内消費者の反応は?

EV販売台数で世界2位の中国メーカーBYD、日本上陸。国内消費者の反応は?

テスラを筆頭に電気自動車(EV)市場が急速に拡大する中、中国のEV大手、BYDが日本市場への進出を果たしました。日本の自動車メーカー各社がEVを開発していく中で、BYDの参入はどのような影響を与えるのでしょうか。今回はBYDについて、どのようなユーザーが関心を持っているのか、比較されているのはどんなメーカーなのかを分析していきます。


電気自動車(EV)の普及が進まない日本。充電環境の認知がキーポイントとなるか?

電気自動車(EV)の普及が進まない日本。充電環境の認知がキーポイントとなるか?

ニワトリが先かタマゴが先か? 電気自動車(EV)の普及には充電環境の充実が不可欠で、充電環境の充実には電気自動車(EV)の普及が不可欠。電気自動車(EV)についてはある程度の知識は広まっていますが、その充電環境についてはどうでしょうか。 電気自動車(EV)と充電について、ネット上の検索状況を調査し、消費者ニーズの実態を検証します。


3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 25車種を一覧で比較!

3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 25車種を一覧で比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。


日産 サクラ(SAKURA)の価格、内装、発売日、納期まで徹底解説!

日産 サクラ(SAKURA)の価格、内装、発売日、納期まで徹底解説!

新型軽自動車EV 日産 サクラは2022年5月20日に初披露され、注目されている電気自動車です。日本の電気自動車の時代を彩り、代表する車になってほしいという思いもあるので期待も高まっています。この記事では、日産 サクラのグレードや人気のカラーなどの情報をまとめていますので、購入を検討中の方は参考にしてください。


最新の投稿


【2024年】ミドルサイズSUV 人気おすすめ5選!扱いやすいサイズ感とラグジュアリーさを両立

【2024年】ミドルサイズSUV 人気おすすめ5選!扱いやすいサイズ感とラグジュアリーさを両立

扱いやすいサイズ感とラグジュアリーさを高いレベルで両立した「ミドルサイズSUV」。近年のSUV人気もあって販売台数を伸ばしているジャンルですが、その分多くの車が存在します。今回はそんな人気のミドルサイズSUVの中から、おすすめの車種を5台紹介します。


メルセデス・ベンツ新型「AMG GLC 63 S E PERFORMANC」誕生!最高出力680馬力&直4+モーター

メルセデス・ベンツ新型「AMG GLC 63 S E PERFORMANC」誕生!最高出力680馬力&直4+モーター

メルセデス・ベンツは、2024年2月15日、新型「AMG GLC 63 S E PERFORMANC」を発表。全国のメルセデス・ベンツ正規販売店にて、同日販売を開始しました。


リースナブルは業界最安!特徴から口コミの評判やメリットなど解説

リースナブルは業界最安!特徴から口コミの評判やメリットなど解説

リースナブルは、新車を毎月定額で乗ることができるカーリースサービスです。業界最安を謳っている通り、月額6,600円(税込)~とリーズナブルな価格設定が最大の特徴ですが、その安さから「後で追加料金が発生したりサービスの質が悪かったりするのでは?」と考える人もいるでしょう。 そこで本記事では、リースナブルの特徴をはじめ、利用者の口コミから評判、メリットなどを解説します。 この記事を読めば、リースナブルのサービス内容が自分に合っているかがわかりますので、最後まで読み進めてくださいね。


スズキ新型「ジムニー/ジムニー シエラ」発表! 仕様変更と原材料価格高騰で値上げへ

スズキ新型「ジムニー/ジムニー シエラ」発表! 仕様変更と原材料価格高騰で値上げへ

スズキは、2024年2月19日、軽四輪駆動車「ジムニー」および、小型四輪駆動車「ジムニー シエラ」について、法規対応に伴う一部仕様変更を実施。4月11日より発売すると発表しました。


電動キックボードについてどう思う?便利だと思う反面、約6割が利用に消極的 【ウェブギフト調査】

電動キックボードについてどう思う?便利だと思う反面、約6割が利用に消極的 【ウェブギフト調査】

株式会社ウェブギフトは同社が運営する「オフィスギフト」にて、電動キックボードに関するアンケート調査を実施し、結果を公開しました。


セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
ブログ 始め方 新車情報 新型iphone 予約 iphone15 予約 楽天モバイル 評判 wimax au回線 年賀状 安い