目次へ戻る

【F1】第17戦 待ちに待った日本GP 今季9勝目!ハミルトン1位

【F1】第17戦 待ちに待った日本GP 今季9勝目!ハミルトン1位

三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで7日、F1第17戦日本GPの決勝レースが行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールトゥウィンという結果に。セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とのポイント差を67に広げ、5度目のチャンピオンに王手をかけています。


【F1 日本GP】日本GP開幕 今季9勝目!ハミルトン1位

(c) Getty ImagesF1日本GP

三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで7日、F1第17戦日本GPの決勝レースが行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールトゥウィンという結果に。セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とのポイント差を67に広げ、5度目のチャンピオンに王手をかけています。

【F1 日本GP】 ハイライト

(c) Getty ImagesF1日本GP

激しいバトル勃発!レースは大混戦!ハミルトンは安定の走り

まるで夏を思わせるような強い日差しが照りつける中、F1日本GPの決勝レースがスタートしました。

3位以下は接触やコースアウト、激しいバトルなど大混乱、大接戦のレース展開となったが、フロントローからスタートしたメルセデスの2人は終始レースをリード。

ルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタスのメルセデス勢が1-2フィニッシュを決めました。

これでハミルトンは今季9勝目。

チャンピオンシップポイントを331に伸ばし、ランキング2位のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)との差を67ポイントまで広げています。

残るシーズンもあと4戦。

次のアメリカGPでベッテルとの差を76ポイント以上に広げれば、今シーズンのチャンピオンが決まります。

ベッテルは接触で一時ほぼ最後尾にまでダウン!

対するベッテルは予選を失敗して8番グリッドからのスタートとなりました。

けれども一気にジャンプアップして2周目には4位へ浮上。しかし接触でほぼ最後尾まで順位を下げ、最終的に6位でチェッカーを受けることに。

ハミルトンとのポイント差を広げてしまうレース結果となりました。

3位争いはレッドブルの2人。マックス・フェルスタッペンはキミ・ライコネン(フェラーリ)やベッテルとの接触でマシンにダメージがあったものの3位を走行。

そこに15番グリッドスタートから追い上げてきたチームメイトのダニエル・リカルドが迫ったがフェルスタッペンが逃げ切って3位表彰台を獲得。

6-7番グリッドからスタートしたトロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーとピエール・ガスリーは、速さを見せたがピットインのタイミングが悪く、ガスリーは11位、ハートレーは13位でチェッカーを受けています。

F1日本GP 決勝結果

(c) Getty ImagesF1日本GP

F1日本GP 決勝結果
1. ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2. バルテリ・ボッタス(メルセデス)
3. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
4. ダニエル・リカルド(レッドブル)
5. キミ・ライコネン(フェラーリ)
6. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
7. セルジオ・ペレス(フォースインディア)
8. ロマン・グロージャン(ハース)
9. エステバン・オコン(フォースインディア)
10. カルロス・サインツ(ルノー)
11. ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)
12. マーカス・エリクソン(ザウバー)
13. ブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)
14. フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
15. ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
16. セルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ)
17. ランス・ストロール(ウィリアムズ)
以上完走 

最後に

(c) Getty ImagesF1日本GP

F1世界選手権、第18戦は 10月21日 アメリカGP(オースティン)です。お楽しみに!

関連するキーワード


F1

関連する投稿


今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

生涯をレースに捧げ「音速の貴公子」と呼ばれた天才レーサー「アイルトン・セナ」。1994年 レース中の事故によって亡くなり、今でもファンからの悲しむ声が絶えません。そんなアイルトン・セナの幼少期からレーサー時代の経歴、そして、悲劇の事故について。また、彼の残した逸話や名言の数々を紹介いたします。


【F1】第21戦 アブダビGP 今季ラスト!王者ハミルトンが今季11勝目

【F1】第21戦 アブダビGP 今季ラスト!王者ハミルトンが今季11勝目

2018年シーズン最終戦アブダビGPの決勝レースが25日、ヤス・マリーナ・サーキットで行われ、ドライバーズチャンピオン、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が今季11勝目を記録し、シーズンの幕を下ろしました。


【F1】第20戦 ブラジルGP 今季10勝目!ハミルトンがポールトゥウィン

【F1】第20戦 ブラジルGP 今季10勝目!ハミルトンがポールトゥウィン

ブラジル、サンパウロのインテルラゴスサーキットで11日、F1ブラジルGPの決勝レースが行われました。結果は、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールトゥウィンで今季10勝目を飾りました。


【F1】第19戦 メキシコGP フェルスタッペン今季2勝目!ハミルトンは5度目のチャンピオン

【F1】第19戦 メキシコGP フェルスタッペン今季2勝目!ハミルトンは5度目のチャンピオン

メキシコシティのアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスで28日、F1メキシコGPの決勝レースが行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がスタートでトップに立ちそのまま優勝。ルイス・ハミルトン(メルセデス)が4位で5度目のワールドチャンピオンを決めました。


【F1】第18戦 アメリカGP フェラーリのライコネンが5年ぶりの優勝!

【F1】第18戦 アメリカGP フェラーリのライコネンが5年ぶりの優勝!

F1アメリカGPの決勝レースが21日、テキサス州のサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われました。結果は、キミ・ライコネン(フェラーリ)が2013年の開幕戦以来5年ぶりの優勝を飾ることになりました。


最新の投稿


今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

生涯をレースに捧げ「音速の貴公子」と呼ばれた天才レーサー「アイルトン・セナ」。1994年 レース中の事故によって亡くなり、今でもファンからの悲しむ声が絶えません。そんなアイルトン・セナの幼少期からレーサー時代の経歴、そして、悲劇の事故について。また、彼の残した逸話や名言の数々を紹介いたします。


タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

ダイハツは、軽乗用車『タント』に特別仕様車「VSシリーズ」を設定し、 12月3日から発売しています。今回のタント特別仕様車「VSシリーズ」は、「X “VS SAIII”」、「カスタムX “トップエディション VS SAIII”」、「カスタムRS “トップエディションVS SAIII”」の3種類から選べます。


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【12月12日更新】


【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

復活が噂されていた、ランドローバーディフェンダー。ついにその次期型プロトタイプを激写しました。復活すれば約3年ぶりのこととなります。次世代プラットフォーム「MLA」を採用した他、EVの設定も噂されています。


BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型のプロトタイプを激写しました。今回の次期型で、最大の特長と言えば「UKL」プラットフォームに別れを告げ、同ブランド初となるフロントホイール・ドライブ用「FAAR」を採用することです。ワールドプレミアは2019年初頭なのではと言われている1シリーズ新型について追いました。