目次へ戻る

世界中で大人気!トヨタのランドクルーザー 価格 燃費 試乗評価 中古価格は

世界中で大人気!トヨタのランドクルーザー 価格 燃費 試乗評価 中古価格は

日本の本格派クロカンと言えば?と聞かれたら、この車を思い浮かべるという人も多いのでは?そう、国内外問わず人気の高いトヨタのランドクルーザーです。現行モデルのランドクルーザーは2007年に発売され、数々の細かい改良を重ねて今に至ります。本記事では、ランドクルーザーのスペック・価格・中古価格・評価についてまとめています。


世界中で大人気!トヨタのランドクルーザー 価格 燃費 試乗評価 中古価格は

国内外問わず人気の高いトヨタのランドクルーザー。

現行モデルのランドクルーザーは2007年に発売され、数々の細かい改良を重ねて今に至ります。

本記事では、ランドクルーザーについて今から改めて知りたい!という方向けにランクルの情報をまとめています。

トヨタのランドクルーザーってどんな車?

ランドクルーザーは、トヨタが製造している大型のクロスカントリー車です。日本では「ランクル」と呼ばれることが多いです。

日本での人気はもちろんですが、世界的にも有名な車です。特に、その耐久性能には定評があります。

現行モデルは4代目で、走破性はもちろんですが、今までの旧モデルよりも内外装に力を入れていることが特徴の一つと言えます。

ランドクルーザーという車名は、英国のローバー社から発売された「ランドローバー(ROVER:海賊・海賊船)」に対抗して「ランドクルーザー(CRUISER:巡洋艦)」命名されたそうです。

道なき道を行くには持ってこいの車ですが、全長×全幅×全高が4,950mm×1,980mm×1,920mm前後
という大きさもあり、日本では、ランクルから派生したSUV、ランドクルーザープラドの方がよく見かけるかもしれません。

ランドクルーザープラド

トヨタ ランドクルーザー エクステリア画像

2015年の一部改良の際に、掲げたテーマは「ファンクショナル・ビューティ」。

機能第一でトレンドを加味し、デザインを考えていきました。

その結果「ランクルらしさ」を失うことなく4WDの王者であることを示すスタイリングとなっています。

トヨタ ランドクルーザー インテリア画像

ランドクルーザーの内装は「厳しい自然環境の中でシェルターに、洗練された街の中ではスイートルームになるように」という考えの下で設計されています。

また、室内は定員8名で、大人数でもゆったりと座れるのが魅力です。

トヨタ ランドクルーザー 基本スペック 燃費 ボディサイズ ほか

 
【トヨタ ランドクルーザーZX】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,950×1,980×1,870mm(ホイールベース:2,550mm)
最大乗車定員5名
車両重量2,690kg
燃費JC08モード:6.7km/L
エンジン種類V型8気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)234kW(318PS) /5,600rpm
最大トルク(N・m/rpm)460N·m (46.9kgf·m) /3,400rpm
タンク容量 93L
駆動方式4WD
トランスミッションフレックスロックアップ付スーパーインテリジェント6速オートマチック

トヨタ ランドクルーザー オフロード性能

オフロード走行において、トラクションやブレーキを最適に制御して4WD性能をより高める最新のシステムがこのマルチテレインセレクトです。

モードセレクタースイッチで、5つのモード(ROCK/ROCK&DIRT/MOGUL/LOOSE ROCK/MUD&SAND)の中から路面状況に適したものを選択すると、各モードに応じたブレーキ油圧制御に自動的に切り替わり、駆動力を4輪に最適に分配します。

凹凸の激しいオフロードや滑りやすい路面での走破性を、特に向上させます。

また、クロールコントロールシステムにより、凹凸の大きいオフロードや滑りやすい路面を走行する際、ドライバーはアクセルやブレーキ操作をすることなく、ステアリング操作のみで極低速走行が可能。

ホイールスピンや車輪のロックを抑制するためスタックからの脱出能力が高く、駆動系への負荷も軽減してくれます。

状況に応じて5段階の速度設定ができます。

トヨタ ランドクルーザー 試乗評価

外観デザインはフロントグリルが一段と堂々としたものになり、同時にLEDヘッドランプを採用するなどして新しい顔にした。大きなボディサイズと合わせ、威風堂々といった感じである。内装は金属調の加飾や手触りの良い表皮を採用している。全体に高級感、質感が高められている。

車両重量は2720kgに達し、定員が乗車すれば3tを超えるようなスーパーヘビー級のクルマだから、動力性能はもっと高くても良いくらいだし、トルク性能に優れたディーゼルが欲しいとも感じさせるが、このエンジンでも必要にして十分な走りは確保されている。

トヨタ ランドクルーザー グレード別価格

ランドクルーザーの価格ですが、エントリーモデルであるGXが473万9040円からです。

ZX 6,847,200円
AX Gセレクション 5,870,880円
AX 5,151,600円
GX 4,739,040円

トヨタ ランドクルーザー 中古価格

もう少し安くランドクルーザーを手に入れたいという方は、中古車の購入を検討してみても良いでしょう。

現行モデルのランドクルーザーは、約260万円~1000万円程度の価格帯で中古販売されています。

物によってはかなりの掘り出しものがあることもありますのでオススメです。

最後に

本記事では、本格オフローダー・トヨタのランドクルーザーについてまとめました。

もっとトヨタのSUVが気になるという方は、下記記事もどうぞ。

関連する投稿


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

10月24日より開催される東京モーターショー2019。10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事ではどこよりも早く、どこよりもわかりやすいをモットーに東京モーターショー2019の最新情報をまとめています。新型車・出展車・ワールドプレミア情報・アクセス情報・駐車場情報・開催日程情報・チケット情報、前回の東京モーターショー2017の振り返りも。毎日更新中です。【8月21日更新】


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は2019年8月現在購入できる国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。※ほとんどの車種を網羅していますが、一部商用車などは省いています。


トヨタのミニバン 新型ヴォクシー┃スペックや特徴、走行性能や燃費など

トヨタのミニバン 新型ヴォクシー┃スペックや特徴、走行性能や燃費など

トヨタのミニバン「ヴォクシー」は、ネッツ店の専売車種です。販売されて19年経過する中で、根強い人気を獲得することができたヴォクシーは、男女問わず評判のいい車です。「ファミリカー」や「カスタムカー」としてユーザーによって全く違う雰囲気を出すことができ、今後も注目され続けそうです。今回の記事では、新型ヴォクシーの歴史や特徴、中古車価格などについて紹介します。


トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタのプリウスPHVをモデル別にご紹介します。中古車の価格と合わせて見ていきます。


30万円以下で購入できる!トヨタ軽自動車の中古車 5選

30万円以下で購入できる!トヨタ軽自動車の中古車 5選

トヨタは80年以上もの長い歴史を持つ自動車メーカーです。今回はそのトヨタの歴史について中古車情報と一緒に見ていきましょう。


最新の投稿


兵庫県内の道の駅一覧~南東部・阪神編~

兵庫県内の道の駅一覧~南東部・阪神編~

今回は兵庫県内の道の駅をご紹介します。阪神地区のほか淡路島へと渡りながら、南東部と阪神編としてまとめています。


滋賀県内の道の駅一覧~滋賀県南部編~

滋賀県内の道の駅一覧~滋賀県南部編~

今回紹介するのは、京都寄りに相当する琵琶湖南部にある道の駅についてご紹介します。琵琶湖観光を兼ねて、道の駅を散策してみましょう。


山口県東部の道の駅

山口県東部の道の駅

海沿いのドライブデートもできるのが、瀬戸内海を持つ県の特権でもあります。今回は瀬戸内海側の山口県東部にある道の駅について紹介していきましょう。


香川県南部(琴平地区)の道の駅一覧

香川県南部(琴平地区)の道の駅一覧

こんぴらさんとして親しまれている金刀比羅宮は観光名所としても有名です。今回は、そんな香川県南部の金刀比羅宮を擁する琴平地区を中心にご紹介いたします。


30万円以下で購入できる!中古のホンダ軽自動車5選

30万円以下で購入できる!中古のホンダ軽自動車5選

ホンダ車の軽自動車は、小回りが利き使い勝手が良く、燃費性能が高い軽自動車でありながら、デザイン性が良いのが人気の理由といえますね。今回は、ホンダの軽自動車の中でも30万円以下で購入できる車を5選紹介します。