目次へ戻る

世界中で大人気!トヨタのランドクルーザー 価格 燃費 試乗評価 中古価格は

世界中で大人気!トヨタのランドクルーザー 価格 燃費 試乗評価 中古価格は

日本の本格派クロカンと言えば?と聞かれたら、この車を思い浮かべるという人も多いのでは?そう、国内外問わず人気の高いトヨタのランドクルーザーです。現行モデルのランドクルーザーは2007年に発売され、数々の細かい改良を重ねて今に至ります。本記事では、ランドクルーザーのスペック・価格・中古価格・評価についてまとめています。


世界中で大人気!トヨタのランドクルーザー 価格 燃費 試乗評価 中古価格は

国内外問わず人気の高いトヨタのランドクルーザー。

現行モデルのランドクルーザーは2007年に発売され、数々の細かい改良を重ねて今に至ります。

本記事では、ランドクルーザーについて今から改めて知りたい!という方向けにランクルの情報をまとめています。

トヨタのランドクルーザーってどんな車?

ランドクルーザーは、トヨタが製造している大型のクロスカントリー車です。日本では「ランクル」と呼ばれることが多いです。

日本での人気はもちろんですが、世界的にも有名な車です。特に、その耐久性能には定評があります。

現行モデルは4代目で、走破性はもちろんですが、今までの旧モデルよりも内外装に力を入れていることが特徴の一つと言えます。

ランドクルーザーという車名は、英国のローバー社から発売された「ランドローバー(ROVER:海賊・海賊船)」に対抗して「ランドクルーザー(CRUISER:巡洋艦)」命名されたそうです。

道なき道を行くには持ってこいの車ですが、全長×全幅×全高が4,950mm×1,980mm×1,920mm前後
という大きさもあり、日本では、ランクルから派生したSUV、ランドクルーザープラドの方がよく見かけるかもしれません。

ランドクルーザープラド

トヨタ ランドクルーザー エクステリア画像

2015年の一部改良の際に、掲げたテーマは「ファンクショナル・ビューティ」。

機能第一でトレンドを加味し、デザインを考えていきました。

その結果「ランクルらしさ」を失うことなく4WDの王者であることを示すスタイリングとなっています。

トヨタ ランドクルーザー インテリア画像

ランドクルーザーの内装は「厳しい自然環境の中でシェルターに、洗練された街の中ではスイートルームになるように」という考えの下で設計されています。

また、室内は定員8名で、大人数でもゆったりと座れるのが魅力です。

トヨタ ランドクルーザー 基本スペック 燃費 ボディサイズ ほか

 
【トヨタ ランドクルーザーZX】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,950×1,980×1,870mm(ホイールベース:2,550mm)
最大乗車定員5名
車両重量2,690kg
燃費JC08モード:6.7km/L
エンジン種類V型8気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)234kW(318PS) /5,600rpm
最大トルク(N・m/rpm)460N·m (46.9kgf·m) /3,400rpm
タンク容量 93L
駆動方式4WD
トランスミッションフレックスロックアップ付スーパーインテリジェント6速オートマチック

トヨタ ランドクルーザー オフロード性能

オフロード走行において、トラクションやブレーキを最適に制御して4WD性能をより高める最新のシステムがこのマルチテレインセレクトです。

モードセレクタースイッチで、5つのモード(ROCK/ROCK&DIRT/MOGUL/LOOSE ROCK/MUD&SAND)の中から路面状況に適したものを選択すると、各モードに応じたブレーキ油圧制御に自動的に切り替わり、駆動力を4輪に最適に分配します。

凹凸の激しいオフロードや滑りやすい路面での走破性を、特に向上させます。

また、クロールコントロールシステムにより、凹凸の大きいオフロードや滑りやすい路面を走行する際、ドライバーはアクセルやブレーキ操作をすることなく、ステアリング操作のみで極低速走行が可能。

ホイールスピンや車輪のロックを抑制するためスタックからの脱出能力が高く、駆動系への負荷も軽減してくれます。

状況に応じて5段階の速度設定ができます。

トヨタ ランドクルーザー 試乗評価

外観デザインはフロントグリルが一段と堂々としたものになり、同時にLEDヘッドランプを採用するなどして新しい顔にした。大きなボディサイズと合わせ、威風堂々といった感じである。内装は金属調の加飾や手触りの良い表皮を採用している。全体に高級感、質感が高められている。

車両重量は2720kgに達し、定員が乗車すれば3tを超えるようなスーパーヘビー級のクルマだから、動力性能はもっと高くても良いくらいだし、トルク性能に優れたディーゼルが欲しいとも感じさせるが、このエンジンでも必要にして十分な走りは確保されている。

トヨタ ランドクルーザー グレード別価格

ランドクルーザーの価格ですが、エントリーモデルであるGXが473万9040円からです。

ZX 6,847,200円
AX Gセレクション 5,870,880円
AX 5,151,600円
GX 4,739,040円

トヨタ ランドクルーザー 中古価格

もう少し安くランドクルーザーを手に入れたいという方は、中古車の購入を検討してみても良いでしょう。

現行モデルのランドクルーザーは、約260万円~1000万円程度の価格帯で中古販売されています。

物によってはかなりの掘り出しものがあることもありますのでオススメです。

最後に

本記事では、本格オフローダー・トヨタのランドクルーザーについてまとめました。

もっとトヨタのSUVが気になるという方は、下記記事もどうぞ。

関連する投稿


根強い人気があるトヨタの高級セダン クラウン┃中古価格やスペック等 一覧

根強い人気があるトヨタの高級セダン クラウン┃中古価格やスペック等 一覧

クラウンの歴史は古く、60年以上の歴史を持つトヨタの人気車種です。トヨタのクラウンは時を超えて常に、時代とともに挑戦し続けています。初めて発売が開始された1955年から現行のモデル全ての特徴や車のスペックに中古車価格などを分かりやすくまとめました。これからトヨタの「クラウン」を検討している方は、是非参考にしてみてください。


ジープ チェロキー┃中古価格から評価・口コミ、スペック等 一覧

ジープ チェロキー┃中古価格から評価・口コミ、スペック等 一覧

ジープの中核をなすSUVのチェロキーのスペックや基本性能に関してご紹介していきます。 これから車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


トヨタ ヴィッツ┃中古価格やスペック等 一覧

トヨタ ヴィッツ┃中古価格やスペック等 一覧

トヨタの人気コンパクトカー「ヴィッツ」の歴史や歴代モデルの紹介。性能から、燃費や中古価格などをまとめていきます。もう1台増やしたいとお考えの方は是非参考にしてください。


トヨタの高級セダン クラウンマジェスタ┃中古価格やスペック等

トヨタの高級セダン クラウンマジェスタ┃中古価格やスペック等

一度は乗ってみたいと思う、トヨタブランドの高級セダンの「クラウン・マジェスタ」を歴史から、特徴や燃費、実際の評価などをご紹介します。これから購入を考えている方は是非参考人してみてください。


トヨタのラクティスはコンパクトトールワゴン!中古価格から評価、スペックほか

トヨタのラクティスはコンパクトトールワゴン!中古価格から評価、スペックほか

コンパクトトールワゴンの原点となった「ラクティス」は、2006年から発売された車です。運転がしやすく、扱いやすく更に室内は十分な広さが確保されておりアウトドアなど様々な場面で活躍することができます。今回の記事では、トヨタ「ラクティス」の歴史や燃費に走行性能から、当時の新車価格と中古車価格などを詳しくまとめて解説していきます。


最新の投稿


海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

地球上のあらゆる大地を舞台に戦いをみせてきた三菱パジェロのサイズ感をミドルクラスに制作されたパジェロイオ。ダカールラリーでも優勝経験を果たし、その雄姿も相まって1990年代、RVブームに乗り販売台数を大きく伸ばしました。今回は、パジェロイオが愛された理由をまとめご紹介します。


幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

スズキが2009年に発売したセダン『キザシ』。この『キザシ』という言葉には、物事の始まりの予兆という意味と、芽が出るという二つの意味合いがあります。今回の記事では、志高く誕生したものの短命に終わった『スズキ キザシ』についてまとめています。


【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

高圧洗浄機は洗車に使ったり外壁を洗浄したり、あらゆる場所の洗浄に便利なので、購入を考えている人もいるでしょう。そこで今回は、ケルヒャーなどの有名なメーカーを含め、家庭用と業務用のおすすめの高圧洗浄機を紹介します。気になる動作音を抑える静音タイプも紹介しています。


今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

ハイブリッドと一言で言っても実はいくつか種類があります。今回わかりやすく解説しながら、最も取り扱いが簡単なマイルドハイブリッドの仕組みについて迫りたいと思います。来る電気自動車の時代に向けて勉強してみましょう。


【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

行政処分である免許取り消しの制度の仕組みは、交通違反として最も重い処分です。点数による処分がどのように行われているのかしりたいところでしょう。免許取り消しの理由は、また、違反による点数によって講習を受ける必要性があります。取り消しの期間から最終的に再取得までの流れを改めて見ていきましょう。