トップへ戻る

世界中で大人気!トヨタのランドクルーザー 価格 燃費 試乗評価 中古価格は

世界中で大人気!トヨタのランドクルーザー 価格 燃費 試乗評価 中古価格は

日本の本格派クロカンと言えば?と聞かれたら、この車を思い浮かべるという人も多いのでは?そう、国内外問わず人気の高いトヨタのランドクルーザーです。現行モデルのランドクルーザーは2007年に発売され、数々の細かい改良を重ねて今に至ります。本記事では、ランドクルーザーのスペック・価格・中古価格・評価についてまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


世界中で大人気!トヨタのランドクルーザー 価格 燃費 試乗評価 中古価格は

国内外問わず人気の高いトヨタのランドクルーザー。

現行モデルのランドクルーザーは2007年に発売され、数々の細かい改良を重ねて今に至ります。

本記事では、ランドクルーザーについて今から改めて知りたい!という方向けにランクルの情報をまとめています。

トヨタのランドクルーザーってどんな車?

ランドクルーザーは、トヨタが製造している大型のクロスカントリー車です。日本では「ランクル」と呼ばれることが多いです。

日本での人気はもちろんですが、世界的にも有名な車です。特に、その耐久性能には定評があります。

現行モデルは4代目で、走破性はもちろんですが、今までの旧モデルよりも内外装に力を入れていることが特徴の一つと言えます。

ランドクルーザーという車名は、英国のローバー社から発売された「ランドローバー(ROVER:海賊・海賊船)」に対抗して「ランドクルーザー(CRUISER:巡洋艦)」命名されたそうです。

道なき道を行くには持ってこいの車ですが、全長×全幅×全高が4,950mm×1,980mm×1,920mm前後
という大きさもあり、日本では、ランクルから派生したSUV、ランドクルーザープラドの方がよく見かけるかもしれません。

ランドクルーザープラド

トヨタ ランドクルーザー エクステリア画像

2015年の一部改良の際に、掲げたテーマは「ファンクショナル・ビューティ」。

機能第一でトレンドを加味し、デザインを考えていきました。

その結果「ランクルらしさ」を失うことなく4WDの王者であることを示すスタイリングとなっています。

トヨタ ランドクルーザー インテリア画像

ランドクルーザーの内装は「厳しい自然環境の中でシェルターに、洗練された街の中ではスイートルームになるように」という考えの下で設計されています。

また、室内は定員8名で、大人数でもゆったりと座れるのが魅力です。

トヨタ ランドクルーザー 基本スペック 燃費 ボディサイズ ほか

 
【トヨタ ランドクルーザーZX】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,950×1,980×1,870mm(ホイールベース:2,550mm)
最大乗車定員5名
車両重量2,690kg
燃費JC08モード:6.7km/L
エンジン種類V型8気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)234kW(318PS) /5,600rpm
最大トルク(N・m/rpm)460N·m (46.9kgf·m) /3,400rpm
タンク容量 93L
駆動方式4WD
トランスミッションフレックスロックアップ付スーパーインテリジェント6速オートマチック

トヨタ ランドクルーザー オフロード性能

オフロード走行において、トラクションやブレーキを最適に制御して4WD性能をより高める最新のシステムがこのマルチテレインセレクトです。

モードセレクタースイッチで、5つのモード(ROCK/ROCK&DIRT/MOGUL/LOOSE ROCK/MUD&SAND)の中から路面状況に適したものを選択すると、各モードに応じたブレーキ油圧制御に自動的に切り替わり、駆動力を4輪に最適に分配します。

凹凸の激しいオフロードや滑りやすい路面での走破性を、特に向上させます。

また、クロールコントロールシステムにより、凹凸の大きいオフロードや滑りやすい路面を走行する際、ドライバーはアクセルやブレーキ操作をすることなく、ステアリング操作のみで極低速走行が可能。

ホイールスピンや車輪のロックを抑制するためスタックからの脱出能力が高く、駆動系への負荷も軽減してくれます。

状況に応じて5段階の速度設定ができます。

トヨタ ランドクルーザー 試乗評価

外観デザインはフロントグリルが一段と堂々としたものになり、同時にLEDヘッドランプを採用するなどして新しい顔にした。大きなボディサイズと合わせ、威風堂々といった感じである。内装は金属調の加飾や手触りの良い表皮を採用している。全体に高級感、質感が高められている。

車両重量は2720kgに達し、定員が乗車すれば3tを超えるようなスーパーヘビー級のクルマだから、動力性能はもっと高くても良いくらいだし、トルク性能に優れたディーゼルが欲しいとも感じさせるが、このエンジンでも必要にして十分な走りは確保されている。

トヨタ ランドクルーザー グレード別価格

ランドクルーザーの価格ですが、エントリーモデルであるGXが473万9040円からです。

ZX 6,847,200円
AX Gセレクション 5,870,880円
AX 5,151,600円
GX 4,739,040円

トヨタ ランドクルーザー 中古価格

もう少し安くランドクルーザーを手に入れたいという方は、中古車の購入を検討してみても良いでしょう。

現行モデルのランドクルーザーは、約260万円~1000万円程度の価格帯で中古販売されています。

物によってはかなりの掘り出しものがあることもありますのでオススメです。

最後に

本記事では、本格オフローダー・トヨタのランドクルーザーについてまとめました。

もっとトヨタのSUVが気になるという方は、下記記事もどうぞ。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。