トップへ戻る

スズキのカタナにブラック登場!カタナの最新情報まとめ

スズキのカタナにブラック登場!カタナの最新情報まとめ

スズキの海外向け大型二輪、カタナ。このカタナに精悍なブラックが仲間入りしました。本記事ではカタナについて改めてまとめています。そもそもカタナって?スペックは?また試乗した感想は?気になる方はぜひ本記事を。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スズキのカタナにブラック登場!カタナの最新情報まとめ

スズキの海外向け大型二輪、カタナ。このカタナに精悍なブラックが仲間入りしました。本記事ではカタナについて改めてまとめています。

スズキのカタナ ブラックが登場

スズキ(Suzuki)は11月6日、イタリアで開幕した「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、『ブラックカタナ』(SUZUKI BLACK KATANA)をワールドプレミアしました。

ブラックカタナは、スズキの海外向け大型二輪車、新型『カタナ』のニューバージョン。

新型カタナは、1980年のケルンモーターショーに出品され、日本刀をイメージした前衛的なデザインで注目された『GSX1100S KATANA』を原点とする新型モデルになります。

鍛錬を重ねた日本刀のように、他にはない個性的かつ前衛的なデザインと最新技術の融合が、新型カタナの特徴になっています。

EICMA 2018でワールドプレミアされたブラック カタナは、従来シルバーのみだった新型カタナに、精悍なブラックカラーを採用したモデル。

2019年の新型カタナは2つのカラーオプションを設定することで、顧客の選択肢を増やしました。

スズキのカタナ ブラックのスペックは

ブラックカタナには、排気量999cmの水冷4サイクル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載します。

最大出力は150hp/10000rpm、最大トルクは11kgm/9500rpmを獲得しています。

スズキのカタナって?

スズキは1970年代、GSシリーズで4ストローク化を達成し、海外市場でも力を示していた。そして、1台の大ヒットバイクを世に送り出す。ドイツ人デザイナー、ハンス・ムートによる『GSX1100S KATANA』であった。これがスズキ「カタナ伝説」の始まりだ。

1980年のことだった。ドイツ・ケルンショーに1台の試作車が出展される。ノーズからタンクを一体にデザインし、シートも既存の概念を打ち破ったボディとの一体感のあるもの。これまで見たことがない、新感覚に満ちあふれていた。その名が示すとおり、日本刀をイメージした斬新なデザインで、瞬く間に世界中のバイクファンが魅了される。

市販化されたのは翌81年。1100ccの4気筒エンジンを積む輸出仕様車として『GSX1100S KATANA』がデビュー。日本国内にも要望に応え、82年に排気量750ccの『GSX750S』を発売した。

スズキのカタナ 試乗記!跨ってみた感想は?

初試乗、といっても跨ってみた印象だが、S1000に比べてややハンドル位置が高く広めで、着座位置もやや前寄りな感じ。上体は割と起きたリラックスしたライポジになると思う。初期型の1100カタナがシート低めで車体は前後に長くロングタンクでハンドルが遠かったのに比べるとかなりコンパクト。

S1000譲りのパワーと運動性能をそっくりそのまま受け継いでいるとなると、街乗りからスポーツライディングまで幅広く使えそう。昔あこがれたカタナの雰囲気を楽しみつつ思い切り走って満足できる。きっとそんなバイクだと思う。国内投入は来春以降とのことなので期待しよう。

関連するキーワード


バイク

関連する投稿


話題の原付二種、ホンダ グロムの魅力!進化した装備を見逃すな

話題の原付二種、ホンダ グロムの魅力!進化した装備を見逃すな

50ccのような多すぎる制限に縛られずに街中をキビキビ走れる機動性の高さと、維持費の安さが特徴の125ccバイク「原付二種」は、近年人気急上昇中で車種ラインナップも増加中。そんな原付二種の中でもアグレッシブなスタイリングが目を惹くのが「ホンダ グロム」です。サイズはミニなのにカッコいい、元気よく走れるのに低燃費、ミラクル満載のグロムを余すところなくご紹介していきます。


ルックスだけで選んでOKなバイク?!ホンダ モンキー125の溢れる魅力

ルックスだけで選んでOKなバイク?!ホンダ モンキー125の溢れる魅力

バイクっぽい形をしているのに、どこかミニカーのようにデフォルメされた印象を与えるキュートなデザインを持つバイク、ホンダ モンキー。初代モデルは1967年発売と、その愛らしいデザインと侮れない走行性能は長年世界中で愛され続けてきた名車であるモンキーが、それまでの50ccエンジンを捨て、2018年にはついに125cc化してより使いやすくなりました。最新のモンキーの魅力を徹底解説していきます。


【2021年最新】初心者にもおすすめ 250ccバイク厳選5選!安さと性能の最適解かも?

【2021年最新】初心者にもおすすめ 250ccバイク厳選5選!安さと性能の最適解かも?

颯爽と走るライダーに憧れちゃうけど、なかなかバイクデビューはハードルが高くて…とお考えのあなた。もしくは、ライダーだけど大型バイクの扱いが億劫で…とお考えのあなた。最新250ccバイクなら、扱いやすさと十分以上の高性能で、楽しいバイクライフがより身近に実現できるかもしれませんよ。この記事では、初心者にもベテランにもおすすめしたい250ccバイクを5台ご紹介いたします。


【原付】おすすめ原付バイク最新15選!維持費激安、初心者も乗りやすい原付とは

【原付】おすすめ原付バイク最新15選!維持費激安、初心者も乗りやすい原付とは

学生さんの通学、会社員の方の通勤、普段のお買い物…、ちょっとした移動なら、自転車よりも楽々で、自動車よりも激安な、『原付バイク』を検討してみてはいかがですか? この記事では、主要メーカー毎におすすめの原付バイクをしっかりご紹介しつつ、そもそも原付って何?免許は何がいるの?といった基本情報も余さず解説していきます。あなたにぴったりの原付バイクが見つかるはずです。


ホンダ レブル|女性にも人気のベストセラーモデルを徹底解剖!

ホンダ レブル|女性にも人気のベストセラーモデルを徹底解剖!

2017年に発売されてから、近代的なボバースタイルが人気となっているのがホンダのレブル。2020年にはレブル250が軽二輪クラストップとなるの年間販売台数で1万台を超えるなど、圧倒的な人気を誇っています。女性でも乗りやすいバイクとして多くの人気を集めているホンダレブルの特徴やスペック、さらに口コミ情報をご紹介します。


最新の投稿


【タイヤの空気圧】適切な空気圧でないともったいなさすぎ?!点検方法や基準などまとめ

【タイヤの空気圧】適切な空気圧でないともったいなさすぎ?!点検方法や基準などまとめ

車という重量物をたった4本で支えているのがタイヤ。車のあらゆる動きはタイヤを介して行われることもあり、快適な走行のためにも安全運転のためにも非常に重要なタイヤですが、意外とタイヤの空気圧は放置しがちな方も多いのではないでしょうか。メーカー指定の空気圧に調整していないと、効率が下がってもったいないだけでなく、最悪は事故の危険性も?!詳しく見ていきましょう。


【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

近年人気上昇中のカーリースですが、メリットばかり宣伝で見るけど何か裏があるんじゃないの?と気になっている方も多いのでは。新車は手が届かないけど、カーリースならなんとかなるかも!とお思いの方でも、中古車もきっと一度は検討してみたはず。カーリースと中古車、どちらがどんなカーライフにぴったりなのか、メリットとデメリットを分析することでしっかり見極めていきましょう。


【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

近年急速に広がりを見せている車の持ち方が「カーリース」です。あらゆる分野で所有しない使用というスタイルが人気を得る中、車に対する出費を月々定額の支払いでまとめることのできるカーリースもお手軽感が人気の様子。そこで、人気のカーリース会社の特徴をまとめて比較してみました。ご自分に合ったカーリース会社はどれなのか、きっとぴったりのサービスが見つかるはずです。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。