目次へ戻る

【待ってました】テスラモデル3 エントリーEVセダンを日本発表 2019年発売か

【待ってました】テスラモデル3 エントリーEVセダンを日本発表 2019年発売か

テスラの日本法人であるテスラジャパンは11月8日に、EVセダン『モデル3』(Tesla Model 3)を日本で初公開しました。モデル3は、フラッグシップEVセダン『モデルS』の下に位置する小型セダン。テスラのエントリーモデルになります。気になる発売は、2019年以降になるとのこと。


【待ってました】テスラモデル3 エントリーEVセダンを日本発表 2019年発売か

テスラの日本法人であるテスラジャパンは11月8日に、EVセダン『モデル3』(Tesla Model 3)を日本で初公開しました。モデル3は、フラッグシップEVセダン『モデルS』の下に位置する小型セダン。テスラのエントリーモデルになります。気になる発売は、2019年以降になるとのこと。

テスラ モデル3 エクステリア画像

《撮影 平川 亮》テスラ モデル3 米国仕様(Model 3 US model)

《撮影 平川 亮》テスラ モデル3 米国仕様(Model 3 US model)

《撮影 平川 亮》テスラ モデル3 米国仕様(Model 3 US model)

《撮影 平川 亮》テスラ モデル3 米国仕様(Model 3 US model)

《撮影 平川 亮》テスラ モデル3 米国仕様(Model 3 US model)

テスラ モデル3 インテリア画像

《撮影 平川 亮》テスラ モデル3 米国仕様(Model 3 US model)

《撮影 平川 亮》テスラ モデル3 米国仕様(Model 3 US model)

《撮影 平川 亮》テスラ モデル3 米国仕様(Model 3 US model)

《撮影 平川 亮》テスラ モデル3 米国仕様(Model 3 US model)

テスラ モデル3 最新情報

今回、 日本で公開されたモデル3は米国仕様のもの。

最大乗員は5名、ボディサイズは全長4694mm、全幅1849mm、全高1443mmで、ホイールベースは2870mmとなっています。

米国仕様のモデル3は、3グレードをラインナップしており、ベースグレードは駆動方式をRWD(後輪駆動)、動力性能は0~96km/h加速5.6秒、最高速210km/hの性能を有する。航続距離は1回の充電で最大418kmの走行が可能で、価格は米国にて4万6000ドル。日本円では約519万円となっている。

さらに、ロングレンジバッテリーを搭載した上級モデルは、駆動方式がAWDとなり、動力性能を0~96km/h加速4.5秒、最高速233km/hに強化。航続距離は1回の充電で最大498kmと拡大されている。価格は米国にて5万3000ドル。日本円では約598万円となっている。

また、最上級モデルであるパフォーマンスバッテリー搭載モデルでは、航続距離はロングレンジバッテリーモデルと変わらず最大498kmだが、動力性能を0~96km/h加速3.3秒、最高速249km/hに強化している。価格は米国にて6万4000ドル。日本円では約723万円となっている。

テスラ モデル3 発売は2019年後半以降

日本国内へのデリバリーは2019年後半以降を予定しているとのことです。

最後に

首を長くして待っていた!という方も多いであろう、テスラのモデル3についてご紹介しました。

日本でのデリバリーは2019年後半以降とのことなので、もう少しの辛抱ですね!楽しみに待ちたいものです。

関連するキーワード


テスラ 車種情報

関連する投稿


テスラ 新型EVのモデルYを発表!電動コンパクトSUVで航続距離は約483km

テスラ 新型EVのモデルYを発表!電動コンパクトSUVで航続距離は約483km

テスラは3月14日(日本時間3月15日)、新型EVの『モデルY』(Tesla Model Y)を米国カリフォルニア州ロサンゼルスのデザインスタジオで初公開しました。モデルYは、『ロードスター』、『モデルS』、『モデルX』、『モデル3』に続くテスラのEVになります。


テスラ公式Twitterが自動車ブランドで世界一に!各メーカーのフォロワー数をランキング形式で分析!

テスラ公式Twitterが自動車ブランドで世界一に!各メーカーのフォロワー数をランキング形式で分析!

米国のEV自動車メーカーのテスラ(Tesla)の公式Twitterの数が、10月22日時点で、テスラが303万4717人、メルセデスベンツが303万2060人とメルセデスベンツを抜いて、自動車ブランドで世界最多になったそうです。各自動車メーカーのフォロワー数をランキング形式で分析してみます。


これがBMWの最新EV!BMW「i4」市販モデル 航続距離はなんと700km!?

これがBMWの最新EV!BMW「i4」市販モデル 航続距離はなんと700km!?

BMWが2017年のフランクフルトモーターショーで公開した4ドアEVサルーン『i Vision Dynamics Concept』。この市販モデルを予想するレンダリングCGをスクープ班が入手しました。それによれば、BMWブランドのiデザインとは大きく変わっていることが判明しました。


小型ロケットを装備!?テスラロードスター新型 スペースXがスゴイ

小型ロケットを装備!?テスラロードスター新型 スペースXがスゴイ

2008年に発売され、以来初のフルモデルチェンジとなるテスラロードスター。2世代目が間もなく登場予定です。そんな中、テスラのCEOであるイーロン・マスク氏は、新型ロードスターに「スペースX」パッケージを設定すると発表。さらに、驚くべきはこのパッケージ、小型ロケット装備だとか!?


【最新情報】テスラのSUV!モデルYのティザー公開!

【最新情報】テスラのSUV!モデルYのティザー公開!

米国のEVメーカー、テスラは6月5日、米国カリフォルニア州において、年次株主総会を開催し、新型EV『モデルY』のティザーイメージを公開しました。まだまだベールに包まれているモデルY。最新情報をお届けいたします。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。