目次へ戻る

【F1】第20戦 ブラジルGP 今季10勝目!ハミルトンがポールトゥウィン

【F1】第20戦 ブラジルGP 今季10勝目!ハミルトンがポールトゥウィン

ブラジル、サンパウロのインテルラゴスサーキットで11日、F1ブラジルGPの決勝レースが行われました。結果は、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールトゥウィンで今季10勝目を飾りました。


【F1】第20戦 ブラジルGP 今季10勝目!ハミルトンがポールトゥウィン

(c) Getty ImagesF1ブラジルGP

ブラジル、サンパウロのインテルラゴスサーキットで11日、F1ブラジルGPの決勝レースが行われました。結果は、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールトゥウィンで今季10勝目を飾りました。

【F1 ブラジルGP】ハイライト

(c) Getty ImagesF1ブラジルGP

予選の流れをそのままに、ブラジルGPの決勝レースは大混戦の展開に。

優勝争いをくり広げたのはポールポジションのルイス・ハミルトン(メルセデス)と5番手スタートのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)でした。

10周目には2位に上がり、タイヤ交換を遅らせてトップに浮上したフェルスタッペンは35周目にタイヤ交換。

ハミルトンの先行を許したものの、驚異的なペースで追い上げ、39周目に難なくパス。これで2連勝は確実かと思われました。

しかし44周目、周回遅れのマシンがフェルスタッペンと競り合い接触、スピン。

再び2位に転落したフェルスタッペンは、手負いのマシンで必死に追い上げたが抜くには至らず。

終盤、タイヤのトラブルを抱えながらもペースを維持して走りきったハミルトンがブラジルGPを制しました。

3位以下も激しい攻防が

(c) Getty ImagesF1ブラジルGP

3位以下も常にバトルがくり広げられ、終盤、フェルスタッペンに追いつかんばかりの速さを見せたキミ・ライコネン(フェラーリ)に、11番グリッドから追い上げてきたダニエル・リカルド(レッドブル)が襲いかかり、激しい表彰台争いを展開しました。

最終的にライコネンが3位でチェッカーを受けましたが、4位のリカルドとの差は約0.4秒しかないかなりの大接戦でした。

ボッタス、ベッテルはふるわず……

(c) Getty ImagesF1ブラジルGP

バルテリ・ボッタス(メルセデス)はスタート直後に2位に浮上しましたが、2度目のタイヤ交換を行い、トップと22秒差の5位。

2番グリッドからスタートしたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は終始ペースが上がらず、こちらも2度目のタイヤ交換を行い6位でチェッカーを受けました。

トロロッソ・ホンダは16番手スタートだったブレンドン・ハートレーが着実に順位を上げて11位。

予選でQ3まで進み、決勝レースでポイント獲得が期待されたピエール・ガスリーは終始ペースが上がらず、13位でレースを終えています。

F1ブラジルGP 決勝結果

1. ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
3. キミ・ライコネン(フェラーリ)
4. ダニエル・リカルド(レッドブル)
5. バルテリ・ボッタス(メルセデス)
6. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
7. シャルル・ルクレール(ザウバー)
8. ロマン・グロージャン(ハース)
9. ケビン・マグヌッセン(ハース)
10. セルジオ・ペレス(フォースインディア)
11. ブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)
12. カルロス・サインツ(ルノー)
13. ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)
14. エステバン・オコン(フォースインディア)
15. ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
16. セルゲイ・シロトキン(ウイリアムズ)
17. フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
18. ランス・ストロール(ウイリアムズ)
以上完走

最後に

いかがでしたか。

第21戦、いよいよ今季ラストになります。

11月25日 アブダビGP(ヤス・マリーナ)をお楽しみに!

関連するキーワード


F1

関連する投稿


【稀代の英雄】ミハエル・シューマッハの偉業を過去から現在に渡り紹介

【稀代の英雄】ミハエル・シューマッハの偉業を過去から現在に渡り紹介

F1GPでのデビュー以来、数々の前人未到の記録を打ち立て、F1人気を牽引するも、2013年に不慮の事故で重傷を負い、現在は静養中のミハエル・シューマッハ。元気な姿が見られることを待望されている同氏のこれまでの偉業を振り返り掲載しています。


今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

生涯をレースに捧げ「音速の貴公子」と呼ばれた天才レーサー「アイルトン・セナ」。1994年 レース中の事故によって亡くなり、今でもファンからの悲しむ声が絶えません。そんなアイルトン・セナの幼少期からレーサー時代の経歴、そして、悲劇の事故について。また、彼の残した逸話や名言の数々を紹介いたします。


【F1】第21戦 アブダビGP 今季ラスト!王者ハミルトンが今季11勝目

【F1】第21戦 アブダビGP 今季ラスト!王者ハミルトンが今季11勝目

2018年シーズン最終戦アブダビGPの決勝レースが25日、ヤス・マリーナ・サーキットで行われ、ドライバーズチャンピオン、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が今季11勝目を記録し、シーズンの幕を下ろしました。


【F1】第19戦 メキシコGP フェルスタッペン今季2勝目!ハミルトンは5度目のチャンピオン

【F1】第19戦 メキシコGP フェルスタッペン今季2勝目!ハミルトンは5度目のチャンピオン

メキシコシティのアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスで28日、F1メキシコGPの決勝レースが行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がスタートでトップに立ちそのまま優勝。ルイス・ハミルトン(メルセデス)が4位で5度目のワールドチャンピオンを決めました。


【F1】第18戦 アメリカGP フェラーリのライコネンが5年ぶりの優勝!

【F1】第18戦 アメリカGP フェラーリのライコネンが5年ぶりの優勝!

F1アメリカGPの決勝レースが21日、テキサス州のサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われました。結果は、キミ・ライコネン(フェラーリ)が2013年の開幕戦以来5年ぶりの優勝を飾ることになりました。


最新の投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。