目次へ戻る

【2019年版】スバルが発売している現行SUV一覧 XVにフォレスター

【2019年版】スバルが発売している現行SUV一覧 XVにフォレスター

日本には数多くのSUV車がありますね。どんなSUV車があるのかわからない!そんな方のために、本記事ではスバルのSUV車についてまとめています!貴方の気になる一台はありますか。


スバルが発売している現行SUV一覧

日本には数多くのSUV車がありますね。どんなSUV車があるのかわからない!そんな方のために、本記事ではスバルのSUV車についてまとめています!貴方の気になる一台はありますか。

スバル SUVの特徴って?

スバルの特徴と言えば、なんといっても水平対向エンジン。

現行SUVラインナップは、全車、スバル伝統の「水平対向エンジン(ボクサーエンジン)」を搭載しています。

このエンジン、軽量・コンパクトで低重心という、ボクサーエンジンならではの構造がもたらす軽快な運動性能がポイントです。

スバル XV

スバルのXVは、スバルのクロスオーバーSUVです。
もともとは、インプレッサの派生車種・インプレッサXVという名称で発売されていました。
2012年に発売された2代目からは、インプレッサの冠がとれ、「XV」として発売されています。

2017年5月に発売された3代目XVには、全グレードにアイサイトVer3が標準装備されています。

スバル XV 基本情報・スペック

 
スバル 新型XV 基本情報
全長×全幅×全高(mm)4465×1800×1550
室内長×室内幅×室内高(mm)2085×1520×1200
ホイールベース(mm)2670
車両重量(kg)1440
燃料消費率(km/ℓ)(JC08モード燃費)16.0
エンジン2.0ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS 直噴
最高出力[ネット][kW(PS)/rpm]113(154)/6000
最大トルク[ネット][N・m(kgf・m)/rpm]196(20.0)/4000
※2.0i-S EyeSight参照

スバルXV 評価

新しいグローバルプラットフォームの出来はすこぶる良いと思う。単純に剛性アップを果たしたというだけでなく、しなやかさも併せ持っている。おかげで旧型比で乗り心地はかなり大きく改善されていて、快適さを増している。

お借りしたのは「2.0i-Sアイサイト」。消費税込みで267万8400円。これに付け加えるとしたら、ナビゲーションと5万4000円のアドンバンスドセイフティーパッケージくらいなもの。まあ、本革シートが欲しいとか、シャークフィンアンテナも欲しいとか、物欲旺盛な人はメーカーオプション7という、全部込みパッケージをチョイスすれば21万6000円ですべて手に入る。だからナビを含め、全部込みでも車両本体価格は300万円を少し超える程度。これでアイサイトやシンメトリカルAWDなどはすべてついて来るのだから、個人的にはバーゲンプライスだと思う。

フォレスター

フォレスターは、スバルが1997年より手掛けているクロスオーバーSUVです。

6年ぶりのモデルチェンジを経て、2018年の7月に5世代目モデルが登場しています。

特に売れ行き好調なのが、9月に追加で発売された、モーターアシストによる加速により、日常シーンでも走りが愉しめる「e-BOXER」搭載モデル。

好調なスタートを切った新型フォレスターだが、グレード別ではe-BOXER搭載グレードの「アドバンス」が全体の4割を占める。アドバンスで人気のカラーはボディカラーがクリスタルホワイト・パール(38%)、内装色はブラウン(31%)。先進安全装備「アイサイトセイフティプラス(視界拡張)」の装着率も79%となっている。

フォレスター 基本情報・スペック

 
【新型フォレスター Premiumグレード】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,625×1,815×1,715mm(ホイールベース:2,670mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,530kg
燃費JC08モード:14.6km/L
エンジン種類2.5L DOHC 直噴
最高出力(kW(PS)/rpm)136kW(184PS)/5800rpm
最大トルク(N・m/rpm)1136N・m(184kgf・m)/5800rpm
タンク容量 63L
駆動方式AWD(常時全輪駆動)
トランスミッションリニアトロニック

フォレスター 評価

日産『ノートe-POWER』のように、エンジンが単純に発電機として使用されている場合、急加速をするとエンジンは一時的にうなりを上げる。まあ通常状態でも走行の加減速とは無関係にエンジンが回るので、内燃機関に乗っている人は初めのうち違和感を覚えると思う。スバルのリニアトロニックもやはりCVT独特の違和感がある。特にこのe-BOXERの場合はなおさらで、CVTの嫌な部分が強調されてしまっている印象が強かった。

それを除けば走りは快適でスムーズである。それに燃費の方もWLTCで14.0km/リットルを謳っているが、250km走ってはじき出した値は12.2km/リットルとなかなか優秀で、実燃費とのかい離は少ない方ではないかと思う。因みに7割:高速、3割:一般道という走りの割合である。

レガシィアウトバック

そもそもレガシィは、スバルのセダン型の普通乗用車です。

スバルの看板車種であると共に、アルシオーネSVXの販売終了以降はスバルの旗艦車種となりました。

レガシィは、日本ではレガシィB4と名付けられており、本記事でご紹介するレガシィアウトバックは、レガシィの派生車種になります。

レガシィツーリングワゴンをベースに、最低地上高を200mmにしたステーションワゴンとSUVの中間の自動車(クロスオーバーSUV)です。

レガシィ アウトバック 基本情報・スペック

 
【新型レガシィ アウトバック】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,820×1,840×1,605mm(ホイールベース:2,745mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,570kg
燃費JC08モード:14.8km/L
エンジン種類水平対向4気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)129(175)/5800
最大トルク(N・m/rpm)235(24.0)/4000
タンク容量 60L
駆動方式AWD(常時全輪駆動)
トランスミッションリニアトロニック(マニュアルモード付)前進無段 後退1速

レガシィ アウトバック 評価

都会で乗る『アウトバック』。少し高めの着座位置は、幹線道路で中央分離帯の植え込み越しに対向車線も見渡せ、心の余裕、ゆとりができるような気がした。遠出だけでなく日常的にも、このクルマの持ち味が体感できる……という訳だ。

レギュラーガソリンで乗れる2.5リットル水平対向エンジンは、市街地では軽く性能を使って走る程度で余裕綽々(しゃくしゃく)だ。そして報告すべきは好燃費ぶりで、高速、市街地織り交ぜて12.6km/リットル(JC08モード=14.6km/リットル)と、なかなかの健闘ぶりだったのである。

最後に

本記事では、スバルの現行SUVについてまとめました。

貴方にとって気になる一台はありましたか。

スバルのSUV記事リンクはこちら

関連する投稿


ジープ チェロキー┃中古価格から評価・口コミ、スペック等 一覧

ジープ チェロキー┃中古価格から評価・口コミ、スペック等 一覧

ジープの中核をなすSUVのチェロキーのスペックや基本性能に関してご紹介していきます。 これから車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


トヨタのSUV FJクルーザー|中古価格から評価、スペック等 一覧

トヨタのSUV FJクルーザー|中古価格から評価、スペック等 一覧

オフロードをガンガン走りたい方にオススメの「トヨタ・FJクルーザー」の概要や歴史、それに燃費や中古価格などをまとめてみました。興味のある方は是非ご覧ください。


【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

熱い視線が注がれているトヨタの新型RAV4。買うかどうか迷っている…。家族になんと説明しようか…。いや、でもなあ…。なんて頭を抱えてお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな悩めるあなたに、本記事ではRAV4新型の試乗記をまとめました。生のRAV4新型の試乗記を読んで、検討の材料にしてみてくださいね!


スバル レヴォーグ 改良新型を発売!価格は約286万円から

スバル レヴォーグ 改良新型を発売!価格は約286万円から

SUBARU(スバル)は、『レヴォーグ』改良モデルを5月7日に発表、6月27日より発売するとしています。


スバルのWRX S4/STI 改良新型を発売!よりスポーティーに進化

スバルのWRX S4/STI 改良新型を発売!よりスポーティーに進化

スバルは、WRX S4/STI 改良新型を発売すると発表しました。 発売日は6月27日です。


最新の投稿


海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

地球上のあらゆる大地を舞台に戦いをみせてきた三菱パジェロのサイズ感をミドルクラスに制作されたパジェロイオ。ダカールラリーでも優勝経験を果たし、その雄姿も相まって1990年代、RVブームに乗り販売台数を大きく伸ばしました。今回は、パジェロイオが愛された理由をまとめご紹介します。


幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

スズキが2009年に発売したセダン『キザシ』。この『キザシ』という言葉には、物事の始まりの予兆という意味と、芽が出るという二つの意味合いがあります。今回の記事では、志高く誕生したものの短命に終わった『スズキ キザシ』についてまとめています。


【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

高圧洗浄機は洗車に使ったり外壁を洗浄したり、あらゆる場所の洗浄に便利なので、購入を考えている人もいるでしょう。そこで今回は、ケルヒャーなどの有名なメーカーを含め、家庭用と業務用のおすすめの高圧洗浄機を紹介します。気になる動作音を抑える静音タイプも紹介しています。


今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

ハイブリッドと一言で言っても実はいくつか種類があります。今回わかりやすく解説しながら、最も取り扱いが簡単なマイルドハイブリッドの仕組みについて迫りたいと思います。来る電気自動車の時代に向けて勉強してみましょう。


【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

行政処分である免許取り消しの制度の仕組みは、交通違反として最も重い処分です。点数による処分がどのように行われているのかしりたいところでしょう。免許取り消しの理由は、また、違反による点数によって講習を受ける必要性があります。取り消しの期間から最終的に再取得までの流れを改めて見ていきましょう。