目次へ戻る

【ロサンゼルスモーターショー2018】トヨタ カローラ セダン新型にハイブリッド!

【ロサンゼルスモーターショー2018】トヨタ カローラ セダン新型にハイブリッド!

トヨタ自動車の米国部門は、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2018にて、新型『カローラ・セダン・ハイブリッド』の米国仕様車を初公開しました。いったいどのような仕様になっているのでしょう。


【ロサンゼルスモーターショー2018】トヨタ カローラ セダン新型にハイブリッド!

トヨタ自動車の米国部門は、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2018にて、新型『カローラ・セダン・ハイブリッド』の米国仕様車を初公開しました。

いったいどのような仕様になっているのでしょう。

米国向けとしては歴代初HV!新型カローラセダン

新型カローラ・セダンには、米国向けとしては歴代初のハイブリッドが設定される点が特徴。

2ZR-FXE型アトキンソンサイクル1.8リットル直列4気筒ガソリンエンジンに、2個のモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載する。このハイブリッドシステムは、システム全体で121hpのパワーを引き出します。

バッテリー(二次電池)はニッケル水素で、「ハイパープライムニッケル」と呼ばれる新技術を導入しています。

従来よりも小型軽量で、リアシートの下に搭載されていて、後席シートバックを60対40で折り畳みトランクスペースが拡大可能です。

トヨタセーフティセンス2.0を標準装備

また、安全面では「トヨタセーフティセンス2.0」を全車に標準装備しているところがポイントですね。

「PCS」(プリ・コリジョン・システム)は、ミリ波レーダーセンサーとカメラセンサーを使用して、前方の車両や歩行者、自転車などを高精度に検出。PCSが衝突の可能性が高いと判断した場合や、衝突が避けられないと判断した場合、システムが自動的にブレーキを作動させて衝突を回避するか、衝撃を緩和するように設計されています。

また、他にもDRCC(ダイナミック・レーダー・クルーズ・コントロール)は、ミリ波レーダーセンサーとカメラセンサーによって、高速道路で先行車と一定の車間距離を維持しながら追従走行できるもので、全速度域DRCCでは、ストップ&ゴーを含めた低速追従が可能です。

ステアリングアシスト付きLDA(車線逸脱警報)は、マルチインフォメーションディスプレイを通じて、ドライバーに車線の逸脱を警告する。LTA(レーン・トレース・アシスト)は、ドライバーが常に車線の中央を走行できるように、ステアリングをアシストする。

RSA(ロード・サイン・アシスト)は、制限速度、一時停止、進入禁止などの道路標識を読み取り、ダッシュボードのマルチインフォメーションディスプレイに表示して、ドライバーの安全運転を支援する。

4種類の走行モードを採用

新型カローラ・セダンの走行モードは、ノーマル、エコ、スポーツ、EVの4種類が設定されています。


ノーマルモードでは、ハイブリッドシステムが燃費と車両の加速性能を、最適にバランスさせる。アクセル開度は、ペダル操作に応じて直線的に変化する。エコモードでは、アクセルペダルからの入力を抑えることにより、ハイブリッドシステムの効率を向上させる。スポーツモードでは、エンジンをモーターがフルアシストし、加速性能を引き上げる。EVモードは、バッテリーの充電レベルなどの条件に応じて、短距離をゼロエミッション走行できる。

最後に

もっとロサンゼルスモーターショー2018について知りたい方はこちら

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。


【東京オートサロン2019】開催概要 コンパニオン 出展社情報ほか随時更新!

【東京オートサロン2019】開催概要 コンパニオン 出展社情報ほか随時更新!

カスタムトレンドをけん引している東京オートサロン。東京オートサロン2019が1月11日~13日、幕張メッセにて開催されます。2019年のオートサロンはどんな内容になるのでしょうか。東京オートサロン2019の最新情報をまとめています。随時更新いたします!【12月10日更新】


【骨格大事】TNGAが搭載されているトヨタの車まとめ

【骨格大事】TNGAが搭載されているトヨタの車まとめ

貴方はTNGAという言葉を聞いたことがありますか。TNGAとは、トヨタの新しい車つくりの思想で、この思想の元に開発されているのが、TNGAという新しいプラットフォームです。いわば、車の屋台骨というわけですね。このTNGAが採用されているトヨタの車種をまとめてみました。車選びの参考にしてみてくださいね。


最新の投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。