トップへ戻る

スバル・インプレッサ。気になる燃費は?快適性は?

スバル・インプレッサ。気になる燃費は?快適性は?

スバル インプレッサは国内のみならず、世界各国で高い評価を受けるスバルブランドの一つです。多くの人に愛される車種であるインプレッサですが、今回は、この車に取り入れられている最先端の技術と快適性、安全性についても解説していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スバル、インプレッサ 概要・特徴

スバル インプレッサは2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞、2016年度JNCAP予防安全性能評価最高ランクを獲得した、スバルの主力製品です。

機能美と安全性、快適な乗り心地を追求した人や自然にも優しい車となっています。環境に配慮された設計のため、エコカー減税も受けることができます。燃費性能は18.2km/ℓ、排気量に関しては1.6ℓと2.0ℓのものが用意されています。

どちらも5人乗り仕様で、メーカー希望小売価格は、税込192.24 万円からとなっています。

インプレッサ、デザインに込められた3つの意味

スバル インプレッサのデザイン設計には3つの意味が込められています。

1つ目は「機能」です。視認性の良さ、快適な走行性能に加え高い安全性と、暮らしに密着した使い勝手の良さが考慮されています。

2つ目は「DNA」。スバルの前身が航空機メーカーだったことから、高い安全性と性能を求めながらも、常にチャレンジ精神に溢れたデザインの設計が心掛けられています。

そして、3つ目は「カタチ」です。スバル インプレッサに求められたテーマは「ソリッドさ」と「ダイナミックさ」です。

それぞれが、安心であることと愉しくあることという意味合いを込められており、より価値あるデザインの設計を可能としているのです。

最新鋭の技術を採用したスバルグローバルプラットフォーム

インプレッサに採用されているスバルグローバルプラットフォーム。それは、スバルの最新鋭の技術力が集約された次世代のプラットフォームです。

これにより質の高いドライビングと安全性の両立を可能としています。スバルグローバルプラットフォームを採用することによって、ステアリング一つ取ってもより正確な操作ができ、修正舵による細かな切り返しが軽減されるので、乗っている人の負担を最小限に抑えることが期待できます。

内部の吸音材の作りの良さも特徴の一つです。振動を少なくすることによる走行中のストレスの軽減、静粛性が高いことによって同乗者との会話などに意識を楽に向けることができます。

骨組みにおける工夫とは?

スバルグローバルプラットフォームを採用することは、総合安全性能を飛躍的に高めることにも貢献しています。

最先端のフレームワーク、高強度のボディによって、従来比1.4倍の衝突エネルギーに対応することができます。キャビンを強固なフレームで囲むように設計することで、事故の際の乗員室の変形を抑制し、乗員に大きな危害が及ばないように設計されています。

また全方位からの衝突を考慮すると共に、シートベルトと連動して作動するデュアルSRSエアバッグシステムも導入することで、世界各国で認められる安全評価の獲得を実現しています。

スバル インプレッサ燃費・走行性能

日本のスポーツカーの代表格といえばスバルのインプレッサです。

そのインプレッサもスポーツカータイプだけでなく通常の乗用車としても販売されていますが、その燃費・走行性能共々最高水準の性能を誇っているのです。

燃費性能

エアロダイナミクスは車が走るときに縦横からくる風の影響を極力受けないようにする車体設計をすることによって、風で車体が浮き上がることを防ぐだけでなくタイヤに余計な力を加えさせないので余計なアクセルを踏む必要性がなくなります。

アイドリングストップは赤信号や路肩に停車するときにエンジンをつけたままにしておくと燃料を消費してしまうので、車が停車したときに自動でエンジンを止めることによって停車時の燃料の消費を抑えます。

アルミ製フロントフードは車は前に進む乗り物なので前が軽いほどいいのですが、そこで前方の軽量化のためにボンネット付近をアルミ製にすることで軽量化すると走行時の消費を抑えます。

走行性能

SI-DRIVEはドライブアシスト機能の一つで、スピードが必要ない場合の渋滞や市街地を走るときに出力を抑えて燃費消費を抑えるインテリジェントモードと従来の性能をそのまま引き出すスポーツモードそして山道など曲道が多い場所や高速道路で追い越しをする際に出力を上げて走るシャープモードに切り替えられます。

パドルシフトはハンドル部分にあるギアを変更するためのシフトボタンもしくはレバーであり、パドルシフトがあることで速度にあったギアチェンジやエンジンプレーキをかけられます。

リニアトロニックはギアチェンジをするためのトランスミッションを自動化したもので、運転手が出したい速度にあわせてギアを変えてくれます。

運転支援

キーレスアクセス&プッシュスタートは鍵がなくても車の施錠や開錠が出来たり、付属のキーに赤外線信号を取り入れることでキーが近くにあればボタンを押すだけでエンジンを始動できます。

電動パーキングブレーキは停車時にリスクとなるサイドブレーキのし忘れを防止するために、サイドブレーキをかけると運転席からブレーキがかけられたことを確認できるマークがつく機能です。

フルオートエアコン(抗アレルゲンフィルター付)は、夏や冬にエアコンを使う際に設定温度に早く近づけるために自動で温度や風量そして吹き出し口を変えるだけでなく日射センサーや左右別温度コントロールなども付与されたエアコンです。

スバルインプレッサ!実際に試乗した感想

元々スバルインプレッサは海外のラリーを走るための車として開発された経緯があり、スバルは日本の企業ですがインプレッサだけは日本車っぽくない部分があると評されています。

その日本車っぽくない部分として一番分かりやすいのがパワーです。

ラリーは悪路を走るレースなので、悪路の状況に負けないようにパワー重視で設計されているため一般車ではある程度アクセルを踏まないといけない坂道でもインプレッサなら軽くアクセルを踏むだけでも急な坂道を楽に登ることができます。

そのような車の設計をすることによって乗り心地もまるで外国車に乗っているような感覚になります。

スバル インプレッサ装備・安全性

クルマ好きにすれば、インプレッサはスバルを代表する人気車種です。かつては高出力のターボエンジンを搭載し、猛烈な加速が魅力でもありました。

そんなインプレッサがターボエンジンを捨て、どんなクルマになったのか気になるところでしょう。

予防安全性能

スバルがインプレッサに託した想いは予防安全性能に見ることができます。その象徴がアイサイトで、フロントガラスに設置された2つのカメラが監視しています。危険を察知すると、必要に応じて安全システムが作動します。

初期的な危険に対して、警報&お知らせ機能が作動します。例えば前方との距離が詰まってしまったような時や走行レーンからはみ出したりしたような状況時に警告音でドライバーに注意を促します。

さらに、衝突の可能性が高まった状況では、プリクラッシュブレーキシステムが作動し、最大限のブレーキ力を発揮させます。

0次安全

インプレッサにはそもそも事故を起こしにくいクルマ作りを取り入れた0次安全という考え方が根底に流れています。

運転している時、ドライバーは前方や両サイド、さらには後方と瞬時に判断を迫られます。だからこそ、視界性能の良さが安全性能を向上させ、またハンドルをはじめとした操作がスムーズに行えるインターフェースも重要になります。

さらに見落としがちですが、疲れにくいシートを採用することでドライバーの集中力を維持させ、瞬時の判断を的確に行えるためにサポートします。

走行安全

インプレッサに施された走行安全性能は多彩で、まずはシンメトリカルAWDで左右対称の形状にすることで重量配分も同じとなり、直進安定性が向上します。さらにハンドルを軽く切った時でも、左右の重量配分が同じであることで、癖のない旋回性能を発揮します。

またスバルグローバルプラットフォームにより、走行性と安全性の両立を高次元で達成したシャーシをインプレッサに採用しています。

特に濡れた路面などでクルマが横滑りを始めた時に、ビークルダイナミクスコントロールが頼りになります。4輪のブレーキ力を個々にシステム管理することで、不安定な挙動を軽減させます。

バリエーション・価格

インプレッサに用意されているグレードは3つで、スポーティな2.0i-Sを先頭に2.0i-Lと1.6i-Lのラインナップになります。

気になる本体車両価格は、もっともスポーティで高性能な2.0i-SのAWDが税込みで2,592,000円で、もっともリーズナブルな1.6i-Lの2WDが1,922,400円です。また人気が集まりそうな2.0i-LのAWDが、2,376,000円のプライスになっています。

つまりグレードで3つ、駆動方式で2つ、合計で6つの中から選ぶことになりますが、いずれをチョイスしてもインプレッサは安全で快適なドライビングを提供してくれます。

関連する投稿


スバル 新型レヴォーグ!おすすめグレードは?燃費は悪い?

スバル 新型レヴォーグ!おすすめグレードは?燃費は悪い?

自動車ニッポンイチを決めるカー・オブ・ザ・イヤーをゲットしたスバルの新型レヴォーグ。日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞出来た理由は何なのか、レヴォーグの何がスゴイのか、一緒に見ていきましょう!


スバル レガシィ アウトバックの魅力をご紹介!性能と価格、中古車相場も!

スバル レガシィ アウトバックの魅力をご紹介!性能と価格、中古車相場も!

ついに生産終了となったスバルが誇るクロスオーバーSUV「レガシィ アウトバック」。SUVブームの中で異彩を放った名車を改めて見直すとともに、新型情報と中古車相場もご紹介します。急げばまだ購入するチャンスがあるかもしれませんよ!


新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


日本カー・オブ・ザ・イヤーから選ぶ、2020年「買い」の車 5選!

日本カー・オブ・ザ・イヤーから選ぶ、2020年「買い」の車 5選!

今年も様々な車が発売されましたが、一体、どの車を買えばいいのでしょう? 先ごろ発表された、2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤーの結果を振り返りながら考えてみましょう。


【新車を買う前に必ず読んで!】2021年発売が予想される新車たち

【新車を買う前に必ず読んで!】2021年発売が予想される新車たち

クルマって、いつ買えばいいんでしょうね。次々に新しいモデルが出て、迷ってしまいますね。そんなに頻繁に買い換える事ができないのがクルマ。出来るだけ後悔しないクルマ選びをしたいですよね。2021年に発売されるかもしれないクルマの情報を片っ端から集めてみました!


最新の投稿


【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

近年人気上昇中のカーリースですが、メリットばかり宣伝で見るけど何か裏があるんじゃないの?と気になっている方も多いのでは。新車は手が届かないけど、カーリースならなんとかなるかも!とお思いの方でも、中古車もきっと一度は検討してみたはず。カーリースと中古車、どちらがどんなカーライフにぴったりなのか、メリットとデメリットを分析することでしっかり見極めていきましょう。


【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

近年急速に広がりを見せている車の持ち方が「カーリース」です。あらゆる分野で所有しない使用というスタイルが人気を得る中、車に対する出費を月々定額の支払いでまとめることのできるカーリースもお手軽感が人気の様子。そこで、人気のカーリース会社の特徴をまとめて比較してみました。ご自分に合ったカーリース会社はどれなのか、きっとぴったりのサービスが見つかるはずです。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

日本の入り組んだ道でも運転しやすく、人気の高いコンパクトカー。最近では、燃費性能の高い車種もたくさん販売されていて、メーカーがこぞって力を入れる車種となっています。今回はそんなコンパクトカーについて魅力を解説していきます。