目次へ戻る

【ロサンゼルスモーターショー2018】BMWの最上級SUV X7初公開

【ロサンゼルスモーターショー2018】BMWの最上級SUV X7初公開

ロサンゼルスモーターショー2018にて、BMWはSUVの最上級クラスとなる、X7を初公開しました。BMW7シリーズ並みの広さとラグジュアリー性を誇るX7についてご紹介します。


【ロサンゼルスモーターショー2018】BMWの最上級SUV X7初公開

ロサンゼルスモーターショー2018にて、BMWは、SUVの最上級クラスとなる、X7を初公開しました。

BMWの最上級SUV X7とは

『X7』は、新型フラッグシップSUVです。

X7は、BMWのSUV、Xファミリーにおいて、X5、X6の上に位置するフルサイズSUV。
ラグジュアリー性と広々とした室内空間は、7シリーズと同様とのこと。

BMWの最上級SUV X7 ボディサイズ

X7のボディサイズは、全長5151mm×全幅2000mm×全高1805mm。

ホイールベース3105mm。

ちなみに、新型X5(全長4922mm、全幅2004mm、全高1745mm、ホイールベース2975mm)に対して、X7は229mm長く、60mm背が高いです。

ホイールベースは130mm長くなっています。

BMWの最上級SUV X7 エクステリア

X7の外装は、ブランド最上級SUVらしい堂々のデザインだ。とくにフロントグリルは大型で、BMWによると、グリルの大きさはBMW史上、最大。

ヘッドライトには、最新のLED技術が組み込まれます。

「BMWレーザーライト」を装備した場合、照射距離は通常のLEDの2倍の600mになります。

BMWの最上級SUV X7 インテリア

X7のインテリアは大型ボディを生かして、3列シートを配置しました。

2列目は独立した座席も用意され、この場合、乗車定員は6名。

シートは細いベースで車両の床に固定する方式のため、後席の乗員は、シートの下に足を入れてくつろぐことが可能。

また、パノラマルーフも採用され、開放的な空間が。

荷室容量は326リットルで、後席を折り畳めば、最大2120リットルに拡大可能です。

BMWの最上級SUV X7 パワートレイン

X7のパワートレインは、国によって異なります。

欧州仕様のエンジンは導入当初、ガソリン1機種、ディーゼル2機種を用意。

ガソリンは「xDrive40i」グレードで、直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力340hp/5500~6500rpm、最大トルク45.9kgm/1500~5200rpmを発生。

また、トランスミッションは8速ATの「ステップトロニック」、駆動方式は4WDの「xDrive」。

xDrive40iグレードは車両重量が2320kgあるが、0~100km/h加速6.1秒、最高速245km/hのパフォーマンスを備えています。

一方、X7の米国仕様には、トップグレードとして、欧州仕様にはない「xDrive50i」を設定します。

直噴4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載し、最大出力は456hp/5250~6000rpm、最大トルクは66.2kgm/1500~4750rpmを獲得。

トランススミッションは8速ATの「ステップトロニック」、駆動方式は4WDの「xDrive」で、xDrive50iはおよそ2550kgの車両重量でありながら、0~96km/h加速5.2秒の性能を備えています。

日本で発売される際に、どんな仕様になるか、注目ですね。

BMWの最上級SUV X7 超有能なアシスタント??

X7の「BMWライブコックピットプロフェッショナル」には、表示系・操作系に「BMWオペレーティングシステム7.0」を搭載。

またX7には、「BMWインテリジェントパーソナルアシスタント」が設定されました。

ユーザーは運転中、「ハイ、BMW」と呼びかけることにより、世界23言語に対応する音声アシストが起動し、ユーザーが求めるさまざまな機能や情報に、安全にアクセス可能です!

「BMW、私は疲れている」なんて呼びかけると、ドライバーの眠気を覚ますために音楽や空調を最適にしてくれる、なんてことも!

例えば運転中のドライバーに代わって、BMWインテリジェントパーソナルアシスタントが、音声認識によって車両のナビゲーションシステムや空調をコントロール。ドライバーが、「BMW、私は疲れている」と呼びかければ、ドライバーの眠気を覚ますために、音楽や空調を最適に調整してくれる。人工知能(AI)とオープンモビリティクラウドを活用することにより、BMWインテリジェントパーソナルアシスタントは性能を常に向上させる。ソフトウェアは定期的に、無線によるアップグレードが受けられる。

最後に

本記事では、BMWの最上級SUV、X7に関する最新情報をお届けいたしました。

もっとロサンゼルスモーターショーについて気になるという方は、下記記事も合わせてご覧ください。

関連する投稿


【公開はもうすぐ】BMW 1シリーズ新型!最新情報まとめ

【公開はもうすぐ】BMW 1シリーズ新型!最新情報まとめ

BMWのエントリーモデルに位置づけられる、1シリーズ。この1シリーズがモデルチェンジを経て登場予定です。ワールドプレミアは9月のフランクフルトモーターショーが有力視されています。本記事では、そんな1シリーズ新型の最新情報に加え、改めて1シリーズについてまとめています。


BMW4シリーズに伝説のCSL復活!CSLって知ってる?

BMW4シリーズに伝説のCSL復活!CSLって知ってる?

BMWの2ドアクーペ、『4シリーズ』次期型頂点に君臨すると噂されている『M4 CSL』の予想CGを入手しました。CSL、貴方はご存知ですか?


世界でも日本でも大人気!BMW 新型3シリーズの 価格 試乗評価 発売日は?

世界でも日本でも大人気!BMW 新型3シリーズの 価格 試乗評価 発売日は?

2019年の3月9日より7世代目となるBMWの新型3シリーズが日本発売されます。3シリーズは世界でも日本でも人気の車種で、BMWの主力と言えます。本記事では新型3シリーズ情報について迫ります。


【2019年保存版】初心者必見!BMWのSUV一覧 X1からX6まで!X7新型情報も!

【2019年保存版】初心者必見!BMWのSUV一覧 X1からX6まで!X7新型情報も!

いつか、俺もあの憧れのBMWに乗りたい。やっぱり購入するならSUVだな。そんなことを考えているそこの貴方。BMWのSUVと一言で言っても沢山ラインナップがあるんです!本記事ではそんなBMWのSUVについて改めてどんな車なのか?ボディサイズは?価格は?と言った気になる点についてまとめてみました。


BMW 7シリーズ 改良新型発表!  EVモードの航続も約1.5倍に!

BMW 7シリーズ 改良新型発表! EVモードの航続も約1.5倍に!

BMWは2月1日、改良新型『7シリーズ』(BMW 7 series)にプラグインハイブリッド車(PHV)の「745e」、同ロングボディの「745Le」、同ロングボディ4WDの「745Le xDrive」を欧州で設定すると発表しました。


最新の投稿


【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

カーオーディオの音質改善のために行うデッドニング。具体的にどのような効果があるのか、デッドニングに掛かる費用、方法や、おすすめのデッドニングキットの紹介などを合わせて紹介しています。


【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

日本を代表するライトウェイトスポーツカー、マツダ『ロードスター』次期型に関する情報が入ってきました。ロードスター次期型は2022年発売のようです!気になる最新情報をお届けいたします!


ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

動いている車を止めるためになくてはならない部品がブレーキです。ブレーキにもいろいろ種類があり、ディスクブレーキタイプに必要な部品の1つがブレーキキャリパーになります。今回はブレーキキャリパーについて、その役割と構造を紹介します。


ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ターボ車には必要不可欠な部品の1つであるのがブローオフバルブです。今回はブローオフバルブの役割と効果について、仕組みも合わせて紹介します。現在ついている純正品から社外品ブローオフバルブへの取り付けを検討する際の注意点も合わせて紹介します。


【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

ジュネーブ・モーターショーとは、スイスのジュネーヴで毎年春に開催される大規模なモーターショーです。世界5大モーターショーの1つでもあり、多くのヨーロッパメーカーの新型車がワールドプレミアされる傾向にあります。2019年もジュネーブモーターショーで多くの新型車が発表される予感!本記事ではジュネーブモーターショー2019についてまとめています。