目次へ戻る

【Yahoo!検索大賞2018 クルマ部門】ジムニーが大賞に!他 候補車も

【Yahoo!検索大賞2018 クルマ部門】ジムニーが大賞に!他 候補車も

2018年12月5日、Yahoo!検索大賞の総合結果が発表されました。当記事ではクルマ部門にて大賞に輝いた車種の紹介と、中間発表時発表された車種について紹介しています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


Yahoo!検索大賞とは?

2018年12月5日、2014年より創設され、毎年開催されているYahoo!検索大賞の総合結果が発表されました。

この「Yahoo!検索大賞」は、1年間を通じ、多くの人に支持され、前年と比べ検索数が最も急上昇した人物や、作品、製品等を部門毎に賞を授与するアワードです。

集計期間は2018年1月1日~2018年11月1日。
対象となる部門は下記となっています。

パーソンカテゴリー 大賞+10部門
俳優部門賞 / 女優部門賞 / お笑い芸人部門賞 / アスリート部門賞 / モデル部門賞 / ミュージシャン部門賞 / アイドル部門賞 / 声優部門賞 / 作家部門賞 / スペシャル部門賞

カルチャーカテゴリー 6部門
アニメ部門賞 / 映画部門賞 / ゲーム部門賞 / 小説部門賞 / ドラマ部門賞 / 流行語部門賞

プロダクトカテゴリー 7部門
飲料部門賞 / お取り寄せ部門賞 / 家電部門賞 / クルマ部門賞 / コスメ部門賞 / 食品部門賞 / スイーツ部門賞

ローカルカテゴリー 47部門
47都道府県別の部門で表彰

Yahoo!検索大賞 クルマ部門はスズキ ジムニーが大賞授与!

2018年1月1日~2018年11月1日の間、昨年と比較し、多くの人から支持を集め、検索回数が最も急上昇した車種はスズキの「ジムニー」となりました。

Yahoo!は、検索回数が急上昇した理由について「軽四輪駆動で本格的なオフロードを走れるモデルとして人気が高く、熱狂的なファンも多いスズキのジムニーが20年ぶり、4代目となるモデルチェンジを発表。ワイド版の『ジムニーシエラ』も同時に発表され注目を集めました」と記載。

一緒に検索されたワードとして「新型」「燃費」「シエラ」があげられています。

新型ジムニー、ジムニーシエラの詳細情報については、下記よりご覧下さい。

中間結果発表時は3分の2がスズキ車だった!

2018年8月2日には、中間結果が発表されておりクルマ部門の上位3車種も発表されました。

その車種が

トヨタ「クラウン」
スズキ「クロスビー」

と、今回対象授与の「ジムニー」でした。

スズキはクルマ部門2度目の受賞

ちなみに、Yahoo!検索大賞創立である2014年のクルマ部門の大賞もスズキ車「ハスラー」が大賞授与しています。

スズキ ハスラーについての詳細はこちらから

【最後に】余談

前回の中間発表時の記事にて

中間発表では、上位3つをスズキが2つ占める結果となっていますが、果たして12月に発表される大賞ではどうなるか?流行語部門では「大迫、ハンパないって」などが上位に来ていますが、このままスズキがハンパない結果を残せるか否か、販売台数と共に注目したいと思います。

と記載させていただきましたが、流行語部門でも無事(?)「大迫、ハンパないって」が大賞を授与し、スズキもハンパない結果を残すかたちとなりました。

販売台数の変動が激しかったようにも思える2018年。

別途、記事にしますが販売台数が大きく変わった車種や、年間を通じた販売台数トップ車種などが気になりますね。

関連するキーワード


スズキ 車種情報 ジムニー

関連する投稿


スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

発売直後から継続的に大人気となっているジムニー。しかし、現行型を含む歴代ジムニーには、ボディはそのままにオーバーフェンダーで拡幅され、より大型のエンジンを搭載した普通車仕様が存在してきました。軽自動車で安いのがジムニーの売りじゃないの?!とお思いかもしれませんが、ジムニーが普通車サイズになると、いいこともたくさんあるのです。


スズキ ジムニー、カブりたくないならこのカスタムだ!最新カスタム例

スズキ ジムニー、カブりたくないならこのカスタムだ!最新カスタム例

大人気のジムニー、「つるし」の状態でも四駆らしいアクティブなデザインで十分に個性的なのですが、できれば他人のジムニーとは違う、自分だけのジムニーに仕上げてみたくはありませんか。また、現在でも1年以上かかるとされる納車待ち期間に、どんなカスタムをしようかなと想像を膨らませるのも楽しそうです。ジムニーの最新カスタムトレンドをまとめてみました。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


【軽を超えた存在】「スズキ カプチーノ」が実現した奇跡を徹底解説!

【軽を超えた存在】「スズキ カプチーノ」が実現した奇跡を徹底解説!

スズキ カプチーノをご存知でしょうか? なんとなくおいしそうな車名は置いておくとして、軽自動車では異例のFRレイアウトとターボエンジンで、本格派スポーツカーとして現在まで高い人気を誇るスズキ珠玉の名車です。バブル景気にも後押しされた軽スポーツを、当時のライバルも含めてご紹介します。


スズキ ソリオを買うならハイブリッド!他社のエコカーとも徹底比較

スズキ ソリオを買うならハイブリッド!他社のエコカーとも徹底比較

ハイブリッドで有名なメーカーは?と問われると、一番に出てくるのはトヨタか、ホンダか、日産あたりではないでしょうか。しかし、スズキの誇る人気トールコンパクト「ソリオ」には、ストロングハイブリッドとマイルドハイブリッドが設定されています。 強大なライバルにも負けない、ソリオの低燃費と高性能に関してご説明していきます。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。