目次へ戻る

カーオブザイヤーにも選出された日産セレナ、人気のヒミツとは? 

カーオブザイヤーにも選出された日産セレナ、人気のヒミツとは? 

2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカーにも選出された新型『セレナ』。8月の発売以降、10月には登録台数でセグメント1位、銘柄で3位と出足も好調のようです。その人気に迫ります。


カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカーにも選ばれたセレナの実力とは

2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカーにも選出された新型『セレナ』。8月の発売以降、10月には登録台数でセグメント1位、銘柄で3位と出足も好調のようです。

まさにユーザーに待たれていたクルマの証拠といっていいでしょう。

セレナ、室内の空間は?

より、室内の質感の高さと実用性に磨きがかかった印象のセレナ、レスポンスでの試乗記を調べてみました。

インパネのレザー貼りが『スカイライン』クラスのような上質な見栄え、触感だそうです。室内全体も質感やセンスのバランスは取れており、デザイン、カラーを含め、ファミリーカーながらクールさが際立ちます。

室内空間の広さもいい。とくに3列目はシート座面と背もたれの高さこそ欲張っていないが、スペースは大人の体格でも余裕がある。サイドウインドが大きく視界が明るいのもせいせいとした雰囲気を作っています。

セカンドシートはフロントシート同等の着座感で、このシートならゲストを積極的に座らせてもいい…と思えます。

ところで実車に対面してまず感じたのは、室内の質感の高さと実用性に磨きがかかった、ということ。試乗車は「ハイウェイスターG」だったが、インパネのレザー貼りにまず目が行った。リアルステッチまで入れられ『スカイライン』クラスのような上質な見栄え、触感だったからだ。室内全体も質感やセンスのバランスは取れており、デザイン、カラーを含め、ファミリーカーながらクールさが際立つ。

室内空間の広さもいい。とくに3列目はシート座面と背もたれの高さこそ欲張っていないが、スペースは大人の体格でも余裕がある。サイドウインドが大きく視界が明るいのもせいせいとした雰囲気を作っている。セカンドシートはフロントシート同等の着座感で、このシートならゲストを積極的に座らせてもいい…と思える。

セレナは全列全席ともに快適そのもの。足がよく動き、路面を問わないフラットかつ軽やかでマイルドな乗り味に、乗員全員が満足できるはず。

実用性バツグン!デュアルバックドア

実用性では、とにかくデュアルバックドアが便利だそうです。

開けた際、後方へのドアの張り出しはドア全体を開く半分以下のスペースで済み、ドア自体が樹脂製のため、開閉操作が軽く“閉じ音”が静かなのもいいようです。

ただし閉じた際、ドア全体がワナワナッと揺れる(走行中、室内の空気が振動するのはそのため?)のは、少し気になるところ。

【日産 セレナ 試乗】質感、実用性高め、人気も上々…島崎七生人 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2016/12/18/287192.html

2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカーにも選出された新型『セレナ』。8月の発売以降、10月には登録台数でセグメント1位、銘柄で3位と出足も好調のよう。ユーザーに待たれていたクルマの証拠といっていい。

UDタクシーになったセレナ!

日産自動車は12月2日、東京都が環境性能に優れたユニバーサルデザイン(UD)タクシーとして初めて認定した『セレナ』タクシー仕様車を都内で報道陣に公開しました。

UDタクシーはもともと国土交通省が超高齢化社会に対応する公共交通として車椅子使用者やベビーカー利用者、足腰の弱い高齢者など誰もが利用しやすいタクシー車両を目指して2012年に規格を定められています。

UDタクシーの規格は車椅子用のスロープの角度を始め車椅子収容スペース、スライドドアの床の高さ、手すりの形状など多岐にわたっており、日産では『NV200バネット タクシー』が全国で初めてUDタクシーに認定、2016年9月にはセレナが2車種目として認定を取得しています!

今後、目にする機会が増えるかもしれませんね。

運転アシスト「プロパイロット」

プロパイロットイメージ

セレナには運転アシスト機能として、自動運転技術「プロパイロット」を搭載しています。この機能は高速道路単一車線での渋滞走行と長時間巡航走行の2つのシーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御し、ドライバーの負担を軽減する自動運転技術です。

単眼カメラによる高度な画像処理技術で、道路と交通状況を把握し、ステアリングを正確に制御して人間が運転している感覚に近い自然な走行を実現します。

すでにクルーズコントロールなどの技術は各社が取り組んでいますが、渋滞時のハンドル、アクセル、ブレーキすべての自動化は、日本の自動車メーカー初の技術となります。

高速道路で自動運転!日産「プロパイロット」は想像以上にすごかった

http://matome.response.jp/articles/243/

2016年発売のセレナに搭載された日産「プロパイロット」は、自動車専用道路の単一車線での自動運転アシストを実現しました。 これまでのクルーズコントロールや車線キープなどど何が違うのか、今後の展開、実際の使用感などについてまとめました。

プロパイロットイメージ

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【日本カーオブザイヤー2018-19】今年の車はボルボ XC40に決定!

【日本カーオブザイヤー2018-19】今年の車はボルボ XC40に決定!

日本を代表する「今年のクルマ」を決める「第39回2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」は7日、東京都内で最終選考会を実施しました。ノミネートされていた10ベストカーの中から、ボルボ『XC40』が栄冠に輝きました。


日産のスーパーカー!GT-Rに2019年モデル登場!ベース価格は約1130万円

日産のスーパーカー!GT-Rに2019年モデル登場!ベース価格は約1130万円

日産のGT-Rに2019年モデルが登場です。日産の米国部門はGT-Rの2019年モデルを発表しました。米国でのベース価格は9万9990ドル(約1130万円)とのことです。どういった部分が刷新されたのでしょうか。


【日本のタクシーが変わる?】「0円タクシー」、都内で走行開始!!

【日本のタクシーが変わる?】「0円タクシー」、都内で走行開始!!

タクシーがゼロ円!?という気になる情報が飛び込んできました。DeNAが提供する、次世代タクシー配車アプリ、その名も「MOV(モブ)」。12月5日からの東京都内でのサービス開始に伴い、新たな移動体験を様々な形で実現する取り組み「PROJECT MOV」を始動しています。第1弾として「0円タクシー」の走行を開始しました。


【ロサンゼルスモーターショー2018】日産 マキシマ&ムラーノ初公開!

【ロサンゼルスモーターショー2018】日産 マキシマ&ムラーノ初公開!

ロサンゼルスモーターショー2018が開幕しました。日産からは、マキシマとムラーノを初公開。最新情報をまとめています。


最新の投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。