目次へ戻る

ホンダの新型ハイブリッド インサイト12月14日より販売開始

ホンダの新型ハイブリッド インサイト12月14日より販売開始

ホンダは、新型ハイブリッド車、インサイトを12月14日より発売しています。このインサイトは3代目。パワートレインを強化し、より低燃費な車を目指しました。価格は約326万円からです。


ホンダの新型ハイブリッド インサイト12月14日より販売開始

ホンダは、新型ハイブリッド車、インサイトを12月14日より発売しています。このインサイトは3代目。パワートレインを強化し、より低燃費な車を目指しました。

本記事では、新型インサイトについて見ていきます。

ホンダの新型ハイブリッド インサイト そもそもインサイトとは

インサイトとは、ホンダが販売しているハイブリッド車です。

初代モデルは1999年に発売され、2006年に販売が終了。その3年後に2代目がコンセプトチェンジして復活するも、2014年には生産・販売が終了しています。

そして2018年12月約4年ぶりに日本で発売されます。

今回発売されるインサイト新型は3代目。環境車のあり方が多様化し普及が進む中、走り、デザインだけでなく、すべてにおいて「シンプルで時代に流されない、本質的な魅力を備えたクルマ」を目指し開発したミドルセダンです。

ホンダの新型ハイブリッド インサイト 品格を表すエクステリア

エクステリアは、ハイブリッド車であることを主張せず、流麗なシルエット、シンプルなキャラクターライン、作り込んだサーフェースの質の高さで「品格」を表現しています。

またインテリアについても同様に、インストルメントパネル全体をシンプルな面と線で構成し、高品位な見え方を実現。

ぜいたくに配したソフトパッド、徹底的な精度管理で実現したダブルステッチ、先進デバイスを使いやすく配置したセンターコンソールなど、上質なおもてなし空間を表現。

また、IPU(インテリジェントパワーユニット)を小型化し後席下に配置。

ハイブリッド車であることを感じさせない居住空間と容量519リットルのトランクルームを実現しています。

ホンダの新型ハイブリッド インサイト パワートレイン

新型インサイトのパワートレインは、2モーターハイブリッドシステム「スポーツハイブリッド i-MMD」と、コンパクトな1.5リットル DOHC i-VTECエンジンを組み合わせ、上質な走りと34.2km/リットルの低燃費を両立しました。

また、「EV」「ハイブリッド」「エンジン」と3つのドライブモードを備え、道路状況やドライバーの操作に応じて使い分けることで、爽快なドライビングを楽しむことが可能になっています。

ホンダ・インサイト新型と開発責任者の堀川克己主任研究員

採用したHVシステムは、ホンダが今後の主流と位置付けている2モーター方式の「i-MMD」タイプ。ガソリンエンジンは1.5リットルのアトキンソンサイクルとし、i-MMDでは従来の2.0リットルからダウンサイジングした。また、出力用モーターには同社の独自技術である「重希土類フリー磁石」を採用、走行性能を左右する最大トルクは267Nmと「同一セグメントではトップクラスの性能」(開発責任者の堀川克己・本田技術研究所主任研究員)を確保した。

ホンダの新型ハイブリッド インサイト ホンダセンシングを標準装備

新型インサイトは、安全運転支援システム「ホンダ センシング」を全タイプで標準装備。安心・快適な運転を支援してくれます。

ホンダの新型ハイブリッド インサイト 価格は

ラインナップは「LX」と「EX」の2タイプと、「EXブラックスタイル」の都合3グレード構成になってり、価格は順に326万1600円、349万9200円、362万8800円。

メーカーオプションのレザーシートは16万2000円のプラスになります。

最後に

約4年ぶりに日本市場に投入されることとなった、ホンダの新型インサイトの最新情報をお届けいたしました。

ホンダの最新情報について気になる方は、ぜひ下記記事も合わせてご覧ください。

関連する投稿


【販売台数ランキング】ホンダN-BOXが2018年ダントツで売れたクルマに!

【販売台数ランキング】ホンダN-BOXが2018年ダントツで売れたクルマに!

全軽自協が2018年(1~12月)の車種別新車販売台数を発表しました。 ホンダ「N-BOX」が過去最高の241,870台で軽自動車では4年連続、登録車を含む新車販売台数においては2年連続となる第1位を獲得しました。 販売台数ランキングやN-BOXの販売台数推移、今後の展望などを見ていきましょう


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【1月9日更新】


4WD(四駆)とは?仕組みの説明とハイブリッド・軽などタイプ別おすすめも紹介

4WD(四駆)とは?仕組みの説明とハイブリッド・軽などタイプ別おすすめも紹介

雪道などでスリップしづらい4WDには様々な種類があり、その特徴や仕組みを知っておけば車を買い替えるときなどにも役立ちます。本記事では四駆のお勧めハイブリッド車・軽自動車・スポーツカーをそれぞれ2~3車種ずつ紹介しています。更にそれぞれの車種の特徴やセールスポイント、車種情報、スペック等についても記載しています。


プリウスとインサイト、新型になったかつてのライバルの今と昔

プリウスとインサイト、新型になったかつてのライバルの今と昔

12月13日にフルモデルチェンジされた新型インサイト、17日にマイナーチェンジされたプリウスが発売されました。インサイトとプリウスといえば、燃費と販売台数の壮絶な争いを想起される方も多いと思いますが、今回はどうやら異なる状況のようです。では、今回はどこが違ったのでしょうか?両車の特徴とともにご紹介しましょう。


【オートカラーアウォード2018】今年の受賞はホンダのN-VAN

【オートカラーアウォード2018】今年の受賞はホンダのN-VAN

日本流行色協会(JAFCA)が毎年、最も魅力的な車両のカラーデザインを選ぶ「オートカラーアウォード」。 2018年はホンダ『N-VAN』のカラーリングがグランプリに輝きました。またトヨタ『JPN TAXI』には特別賞が授与されています。


最新の投稿


USJ周辺のおすすめ駐車場13選!料金が安いのは?予約はできる?

USJ周辺のおすすめ駐車場13選!料金が安いのは?予約はできる?

大阪市此花区に位置するテーマパーク、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)。本記事ではUSJ周辺の駐車場を、予約可能か、料金はどれくらいか、年パスがあるとお得になる情報等、ユニバ周辺での駐車場探しに役立つ情報を掲載しています。


BMWの7シリーズ改良新型が登場!表情刷新でグリルも大型に!

BMWの7シリーズ改良新型が登場!表情刷新でグリルも大型に!

BMWは1月16日、改良新型『7シリーズ』(BMW 7 series)を本国で発表しました。現行7シリーズがデビューからおよそ3年半を経て、初の本格改良を受けています。最新情報をお届けいたします!


マツダのコンパクトSUV CX-3 スペック・価格・中古価格・評価はどう?

マツダのコンパクトSUV CX-3 スペック・価格・中古価格・評価はどう?

マツダから発売されているSUVは沢山ありますね。その中でも一番コンパクトサイズなのがCX-3(シーエックススリー)です。コンパクトサイズのため、街乗りはもちろん、SUVとしていろんな用途で楽しめる車ですね。そんなCX-3について改めてスペック・価格・中古価格・評価など様々な角度から調べてみました。


【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

マツダの大人気CXシリーズ。日本ではCX-3やCX-5が知られていますが、他にもたくさん販売されています。各車種の違いがわからない。そもそも何が違うの?という人向けに、今回はCXシリーズについてまとめています。これを読めばCXシリーズがより好きになるかも!?です。


ワイドトレッドスペーサーの選び方と取付け方|役割の説明やおすすめ紹介も

ワイドトレッドスペーサーの選び方と取付け方|役割の説明やおすすめ紹介も

ホイールを外側に出すための「ワイドトレッドスペーサー」。ドレスアップアイテムと思われがちですが、サスペンションのチューニングパーツです。ただし、しっかり知識を持たずに取り付けると思わぬ事故にも遭う可能性もあります。今回はワイドトレッドスペーサーの選び方から、取り付け方についてと、取り付けるメリット・デメリット、おすすめのワイトレ等をご紹介していきます。