目次へ戻る

【期待大】レクサスのコンパクトSUV UXにEV設定か?

【期待大】レクサスのコンパクトSUV UXにEV設定か?

気になる情報が飛び込んできました。レクサスの新型コンパクトSUV、UXにEV設定が追加される!?という話です。これは、EUIPO(欧州連合の知的財産庁)が開示しているデータから明らかになったもの。トヨタ自動車が欧州において、「UX300e」の名前を商標登録したことが記されています。


【期待大】レクサスのコンパクトSUV UXにEV設定か?

気になる情報が飛び込んできました。レクサスの新型コンパクトSUV、UXにEV設定が追加される!?という話です。

これは、EUIPO(欧州連合の知的財産庁)が開示しているデータから明らかになったもの。トヨタ自動車が欧州において、「UX300e」の名前を商標登録したことが記されています。

欧州ではますますEV化に力が入る!?

UXの欧州仕様車には、新開発のハイブリッドシステムを搭載する「UX250h」グレードを設定します。

UX250hには、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンにモーターを組み合わせた新開発のハイブリッドシステムを採用し、GA-Cプラットフォーム用の4WDシステム、「E-Four」を組み合わせています。

今回、欧州でUX 300eの名前が商標登録された事実から考えてみると、レクサスUXに将来、EVが追加設定される可能性があります。

EU(欧州連合)は2030年の乗用車に適用するCO2の排出量を、2021年に対して37.5%削減する規制案を発表。

この目標は、既存のエンジンの改良車やハイブリッド車の販売比率を引き上げることでは達成が困難と見られることから、各社はEVへのシフトを加速させるものと予想されます。

レクサスがUXにEVを設定する可能性は大いにあると言えるでしょう。

【おさらい】レクサスのコンパクトSUV UXとは

UXは「クリエイティブ・アーバン・エクスプローラー」をコンセプトに、新たなライフスタイルを探求するきっかけ「CUE」となることを目指した都会派コンパクトクロスオーバーです。

レクサス、UX新型のボディサイズは、全長4495mm、全幅1840mm、全高1520mmです。
ホイールベースは2640mm。

ちなみに、UXのベースはトヨタのC-HR。

C-HRのボディサイズは、
全長:4,350mm
全幅:1,795mm
全高:1,555~1565mm

ですので、大体C-HRくらいのサイズ感ですね。

レクサス UX 試乗感想は

総合的にみて、UXの完成度は上々だ。このところのレクサス(というかトヨタ全体)は、ESもそうだったけれど、FFパッケージのほうが走りの演出が上手い。コンセプトが明確で、そこに至るプロセスも商品によく現れており、納得感も大きい。このところ、ドイツのラグジュアリーブランドも小さなSUVがよく売れている。レクサスでもこのUXあたりが主力になってくるのかもしれない。

乗り込んで前を見たとき、視界がとても良いと思ったのがUXの第一印象だった。サイドミラーまわりがすっきりしていて巻き込みの不安がないことと、ボンネットの凹凸がクルマの“小ささ”をより分かり易くしてくれている。これなら慣れないストックホルムの街中でも臆せず走り回れそうな気がした。

新車価格は390万円から

価格は

2リットルガソリン車の「UX200」が390万~474万円。

2リットルハイブリッド車の「UX250h」が425万~535万円という価格設定になっています。

関連するキーワード


レクサス 車種情報 UX SUV

関連する投稿


レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

高級車レクサス。そのレクサスの中でもかなりラグジュアリーなSUV、それがLXです。本記事ではそんなLXの内装画像をまとめました。LXを購入検討している方、レクサス最高峰のSUVの内装がどうなっているのか気になるという方はぜひ本記事を読んでみてください。


レクサスのSUV NX 性能・価格・中古価格・試乗評価・燃費ほか完全網羅

レクサスのSUV NX 性能・価格・中古価格・試乗評価・燃費ほか完全網羅

レクサスNXは2014年のラインナップ以降、レクサスのグローバルな販売を牽引してきたプレミアムSUVの中核モデルと言えます。2017年にはマイナーチェンジを行いました。UXよりも大きく、RXよりも小さいサイズのNX。街乗りにも、アクティブにもオススメのNXについて改めてご紹介していきます。


レクサスのSUV UX NX RX LX 内装徹底比較!

レクサスのSUV UX NX RX LX 内装徹底比較!

あの高級車レクサス。その中でも今人気の高いレクサスSUV。その内装・インテリアはどうなっているのか?気になる方は多いのではないでしょうか。本記事ではそんな方のためにレクサスの現行SUVの内装画像をまとめました。比較検討の参考にしてみてくださいね。各車種の室内の広さやシートマテリアルについてもまとめています。


レクサスのSUV!RX 性能・価格・中古価格・試乗評価・燃費ほか完全網羅

レクサスのSUV!RX 性能・価格・中古価格・試乗評価・燃費ほか完全網羅

レクサスRXは、「高級セダンの乗り心地と快適性を兼ね備えたSUV」として開発されました。初代と2代目は国内に限り、トヨタのハリアーとして発売されていました。2017年には3列シート・7人乗りのロングバージョンである「RX350L」、ハイブリッドモデルの「RX450hL」が追加され、さらに選べるSUVになっています。本記事ではそんなRXの情報をお届けします。


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【3月18日更新】


最新の投稿


レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

トヨタのレジアスエースは、トヨタで生産、販売されているキャブオーバー型のバンです。ハイエースの姉妹車で、1999年に発売されました。2004年には現行モデルの2代目レジアスエースが発売されています。本記事ではレジアスエースについてご紹介します。


車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

テレビCMでもよく見かけるダイハツの軽トールワゴン「ウェイク」は高い性能で注目を集めている車です。ウェイクの数ある長所の中でも特に注目されている部分は「車中泊もできる」と言われている室内容積の広さでしょう。今回はウェイクの気になる特徴や燃費をご紹介します。ぜひ購入にあたっての参考にしてください。


アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

マツダとの技術協力によって、生み出されたアバルトの「124スパイダー」の性能から燃費、中古価格などをまとめてみました。


レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

高級車レクサス。そのレクサスの中でもかなりラグジュアリーなSUV、それがLXです。本記事ではそんなLXの内装画像をまとめました。LXを購入検討している方、レクサス最高峰のSUVの内装がどうなっているのか気になるという方はぜひ本記事を読んでみてください。


アルファロメオの4C/スパイダー 性能・価格・中古価格・試乗評価ほか

アルファロメオの4C/スパイダー 性能・価格・中古価格・試乗評価ほか

アルファロメオの4C(フォーシー)とは、イタリアの自動車メーカーであるアルファロメオが製造をしているミッドシップのスポーツカーです。アルファロメオ初のミッドシップの量産市販車でもあります。クーペタイプと、スパイダーのタイプがあります。本記事ではそんなアルファロメオの4C・スパイダーの性能・価格・中古価格・試乗評価についてまとめています。