トップへ戻る

エクストレイル関連グッズサイト、商品は「自宅で滝行を体験するための水」他

エクストレイル関連グッズサイト、商品は「自宅で滝行を体験するための水」他

日産自動車は期間限定でSUVの『エクストレイル』のタフなイメージを活用した販売サイト、「NISSAN XTREME(エクストリーム) COLLECTION」を開設していました。ここで取り扱われている商品は、まさにタフ。の一言です!!!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


エクストレイル、関連グッズサイトを開設…「地の果てから取り寄せ」

日産自動車は1月17日、SUVの『エクストレイル』のタフなイメージを活用した販売サイト、「NISSAN XTREME(エクストリーム) COLLECTION」を2月28日までの期間限定で開設しました。

このサイトは、「タフギア」というエクストレイルのキャッチフレーズから、「地の果てからお取り寄せ」することをコンセプトに掲げました。

「自宅でロッククライミングを楽しむための岩」、「自宅で滝行を体験するための水」など、走破性の高いエクストレイルならではの過酷な場所で採取したユニークな商品5種類を、Eコマース(電子商取引)を活用して販売しました。

これらの商品は、総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、Amazon)の特設サイトから実際に購入することができました。

ちなみに値段はこれくらいだ

これはどういう時に使うべきなのか

NISSAN XTREME COLLECTIONでは、「タフギア」というエクストレイルのキャッチフレーズから、「地の果てからお取り寄せ」することをコンセプトに掲げ、これまで「自宅でロッククライミングを楽しむための岩」(200万円)、「自宅で滝行を体験するための水」(40万円)、「クライマー専用 落石バーベル&ダンベルセット」(15万円)、「POWDER SNOW SET(日本三大雪山 利き雪セット)」(25万円)といった、過酷な場所で採取したユニークな商品4品目を販売している。

激流産 アルプスの流木木材
確かに流木木材です…!!!

まさかの在庫切れ

エクストレイル ハイブリッド

初期取扱商品の選定は、トレッキングなどアウトドアをイメージしたものを選定。

商品はプロスポーツ選手により収集され、運搬は『エクストレイル ハイブリッド』を使用していました!!

流木を買ったが、持て余しているあなたに!

買ったはいいが、何に使えばいいか悩んでいる貴方に!

4つの使い道を提案します。これ以外にも流木の使い道はさまざま!
貴方にとっての一番を探してみてください。

まずは、香りを堪能。雄大なアルプスが目の前に浮かぶ

次は手ざわりを楽しんで。激流に揉まれた年月を感じましょう

部屋に飾ればほら、ここは大自然!

トレッキング用ストックをワイルドに新調するのもオススメ

日産 人気車種 燃費情報 まとめ(ノート、セレナ、エクストレイル)

http://matome.response.jp/articles/6

日産が販売する売上上位3車種、ノート、セレナ、エクストレイルのおすすめポイントと燃費情報についての詳細をまとめました。

関連する投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ RAV4の内装を徹底チェック!人気のラブフォーの室内は魅力満載

トヨタ RAV4の内装を徹底チェック!人気のラブフォーの室内は魅力満載

「トヨタ RAV4」は、若々しいデザインや充実の装備内容、お買い得な価格設定など、ツボを押さえた完全無敵な商品性が人気です。2021年12月には改良モデルも登場し、愛車候補として検討中の方も多いのではないでしょうか。そんなRAV4は、車内に乗り込んでも魅力が満載。この記事では、実用性も先進性も兼ね備えたRAV4のインテリアを詳しくご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。


スズキ ハスラーの内装を徹底チェック!使い勝手やカラバリを徹底解説

スズキ ハスラーの内装を徹底チェック!使い勝手やカラバリを徹底解説

軽クロスオーバーSUVブームを牽引し続けている「スズキ ハスラー」。丸目でキュートな表情をはじめ、ポップなデザインのエクステリアに注目が集まりがちですが、ハスラーは室内もぜひ注目しておきたいところです。SUVらしく使い勝手に優れたハスラーの室内は、先進機能満載で収納スペースも豊富な上、遊び心も感じられるハスラーの内装を、注目ポイントや魅力ポイントをしっかり押さえつつご紹介します。


マツダ CX-5の燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

マツダ CX-5の燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

現在の充実したマツダのSUVラインナップの嚆矢となった車が「マツダ CX-5」。クリーンディーゼルエンジンをはじめとしたスカイアクティブテクノロジーが高い支持を受けるCX-5ですが、愛車として検討中の方ならその燃費性能が気になりますよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバル車種との比較なども通して、CX-5の燃費情報を詳しくご紹介していきます。


トヨタ RAV4の燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ RAV4の燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

力強い印象のデザインに効率の良いパワートレイン、お買い得な価格と、全方位的な魅力で人気のSUVが「トヨタ RAV4」です。グレード間でキャラクターが大きく異なっていることもポイントで、選びやすさが光ります。そんなRAV4、普段使いで気になるのは燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、RAV4の燃費情報を詳しくご紹介していきます。


最新の投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

流麗なデザインで他のSUVとは一線を画す高級感のあるSUVといえば、「トヨタ ハリアー」ですよね。高級セダンのような押し出しと乗り心地の良さがありつつ、SUVのような使い勝手の良さも兼ね備えたハリアーは、人気のSUVの中でも定番モデルのひとつです。そんなハリアーの内装は、こちらも上質かつ妖艶な世界が広がっています。ハリアーの内装の注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

世界で最も売れている2シーターオープンスポーツカーが「マツダ ロードスター」です。歴代併せて生産累計台数が100万台を超えるなど、世界中で愛されるロードスターは、ドライブの楽しみやオープン時の開放感もさることながら、乗り込んだ瞬間から非日常を感じさせるような上質なインテリアも見どころです。この記事では、ロードスターの内装デザインや使い勝手などを詳しくご紹介していきます。