目次へ戻る

日産リーフの航続距離を40%向上!ハイパフォーマンスモデル リーフe+とは

日産リーフの航続距離を40%向上!ハイパフォーマンスモデル リーフe+とは

日産は、CES 2019において、『リーフe+』を初公開しました。リーフe+は、新開発e-パワートレインを採用した他、パフォーマンスと航続距離の向上がされています。気になる最新情報をまとめてお届けいたします。


日産リーフ航続距離を40%向上!リーフe+とは

日産は、CES 2019において、『リーフe+』を初公開しました。

リーフe+は、新開発e-パワートレインを採用した他、パフォーマンスと航続距離の向上がされています。気になる最新情報をまとめてお届けいたします。

リーフe+とは

リーフe+は、日産リーフのハイパフォーマンスモデルになります。

新開発e-パワートレインを採用し、パフォーマンスと航続距離を向上させているのが特徴。

「e+」の名称は、エネルギー密度が増したバッテリーと、よりパワフルなパワートレインに由来しています。

また、日産によると、航続はおよそ40%延長しているとのこと。

日産 リーフe+ バッテリー容量の増加で航続距離の延長へ

バッテリー容量を既存モデルの40kWhより55%多い60kWhに増やしました。

これにより、1充電当たりの航続距離は458km(WLTCモード)と、既存モデル(322km)より42%も伸ばしています。

同時に走行性能に直結するモーターの最高出力も、110kWから160kWへと45%引き上げました。

横浜市の本社で開いた発表会でダニエレ・スキラッチ副社長は「リーフe+は、『モアリーフ』である。より大きなバッテリーでより長い航続距離、また、より高い加速性能とパワーをユーザーに提供する。住宅への電力供給によりドライブだけでなく、生活も変えるEVの新たなスタンダードとしたい」とアピールした。

日産 リーフe+ 内外装は専用デザインに

内外装は専用デザインに。

フロントバンパー下部にブルーのリップスポイラー状のパーツを追加し、充電ポートに「e+」ロゴを配しています。

また、インテリアはシートやドアトリム、ステアリングホイールなどにブルーのステッチを採用しました。

日産 リーフe+ e-ペダルを標準装備

リーフe+には既存のリーフ同様に、高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」や自動駐車システム「プロパイロットパーキング」、さらにアクセルペダルの操作だけで発進や加減速、停止まで制御できる「e-ペダル」をそれぞれ標準搭載しています。

このうちe-ペダルに関しては大容量バッテリーの搭載で従来モデルより車両重量が最大で180kg重くなったリーフe+向けに制御を最適化するとともに、後退時の制御も見直し駐車の際の操作をよりスムーズになっているんだとか。

日産 リーフe+ 気になる価格は

2グレードがあり、消費税込み価格は416万2320円と472万9320円です。

気になる!日本での発売日はいつ?

今のところ、日本での発売は1月23日ごろと言われています。

リーフが気になっていた方はぜひ、リーフe+を検討してみてはいかがでしょうか。

最後に

本記事では、ブラッシュアップされた日産リーフe+に関する最新情報をお届けしました。

リーフについてもっと知りたいという方は、下記記事も合わせてご覧ください。

関連するキーワード


日産 車種情報 リーフ

関連する投稿


日産 オッティ(OTTI)とはどんな車?┃維持費や購入法を徹底解説

日産 オッティ(OTTI)とはどんな車?┃維持費や購入法を徹底解説

オッティを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からず悩んでいるという人はいませんか?実は、日産のイメージが強いオッティですが、三菱自動車工業からのOEMで出来ていた車なんです。この記事では、オッティがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきオッティを購入する前に参考にしてください!


高級感あふれるセダン 日産 シルフィ(SYLPHY)┃維持費や購入法を徹底解説!

高級感あふれるセダン 日産 シルフィ(SYLPHY)┃維持費や購入法を徹底解説!

「高級なイメージのある日産シルフィを乗り回してみたい」「乗りたい気持ちはあるけど実際のところ維持費とかってどのくらいかかるの?」このようにシルフィを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか?実は、そのスタイリッシュさの割には案外お手頃に手が届く値段の車なんです!本記事では、シルフィがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただき、日産シルフィを購入する前の参考にしてください!


【超期待】日産 プロパイロット2.0!高速の車線変更だってお手の物

【超期待】日産 プロパイロット2.0!高速の車線変更だってお手の物

痛ましい交通事故のニュースが続く昨今。そんな中、日産が新たに開発してくれました!ついにプロパイロット2.0が登場します。 プロパイロット2.0ではなんと高速道路の車線変更だってできてしまう?とか…?プロパイロット2.0はスカイライン改良新型に搭載される予定とのこと。最新情報をまとめています。


新時代のコンパクトバン!日産欧州NV250を発表!

新時代のコンパクトバン!日産欧州NV250を発表!

日産の欧州部門は5月14日、日産『NV250』(Nissan NV250)を発表しましたた。NV250はビジネスユーザー向けの新しい汎用性の高いコンパクトバンで、日産の欧州戦略商用車になる模様です。最新情報をお届けいたします。


日産ムラーノ 間もなくフェイスリフトされる新型から歴代モデルまで徹底比較!

日産ムラーノ 間もなくフェイスリフトされる新型から歴代モデルまで徹底比較!

日産シティーSUVのフラッグシップモデルのムラーノ。国内では持て余すボディサイズですが海外では人気の高いモデルです。現在は国内販売はされていませんが、モデルチェンジに合わせてその詳細に迫ります。


最新の投稿


海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

地球上のあらゆる大地を舞台に戦いをみせてきた三菱パジェロのサイズ感をミドルクラスに制作されたパジェロイオ。ダカールラリーでも優勝経験を果たし、その雄姿も相まって1990年代、RVブームに乗り販売台数を大きく伸ばしました。今回は、パジェロイオが愛された理由をまとめご紹介します。


幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

スズキが2009年に発売したセダン『キザシ』。この『キザシ』という言葉には、物事の始まりの予兆という意味と、芽が出るという二つの意味合いがあります。今回の記事では、志高く誕生したものの短命に終わった『スズキ キザシ』についてまとめています。


【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

高圧洗浄機は洗車に使ったり外壁を洗浄したり、あらゆる場所の洗浄に便利なので、購入を考えている人もいるでしょう。そこで今回は、ケルヒャーなどの有名なメーカーを含め、家庭用と業務用のおすすめの高圧洗浄機を紹介します。気になる動作音を抑える静音タイプも紹介しています。


今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

ハイブリッドと一言で言っても実はいくつか種類があります。今回わかりやすく解説しながら、最も取り扱いが簡単なマイルドハイブリッドの仕組みについて迫りたいと思います。来る電気自動車の時代に向けて勉強してみましょう。


【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

行政処分である免許取り消しの制度の仕組みは、交通違反として最も重い処分です。点数による処分がどのように行われているのかしりたいところでしょう。免許取り消しの理由は、また、違反による点数によって講習を受ける必要性があります。取り消しの期間から最終的に再取得までの流れを改めて見ていきましょう。