目次へ戻る

プレミアムSUVがアツイ!2018年SUVに恩恵を受けたブランドたち!

プレミアムSUVがアツイ!2018年SUVに恩恵を受けたブランドたち!

2018年の総販売台数がそれぞれのメーカー、ブランドと続々と発表される中、嬉しい悲鳴をあげるメーカーも多くありました。その中でも注目したいのがプレミアムSUVへの熱い視線。SUVに恩恵を受けた各高級メーカー・ブランドをまとめてみました。


プレミアムSUVがアツイ!2018年SUVに恩恵を受けたブランドたち!

2018年の総販売台数がそれぞれのメーカー、ブランドと続々と発表される中、嬉しい悲鳴をあげるメーカーも多くありました。

その中でも注目したいのがプレミアムSUVの人気です。SUVに恩恵を受けた各高級メーカー・ブランドをまとめてみました。

ロールスロイス カリナン

ロールスロイスモーターカーズ(Rolls-Royce Motor Cars)は1月10日、2018年の世界新車販売の結果を公表しました。

それによると、総販売台数は同社の115年の歴史で過去最高の4107台で、前年比は22.2%増とプラスに転じたとのこと。

ロールスロイスの世界新車販売が、前年実績を上回ったのは、なんと2年ぶり。これは、ブランド初のSUV、『カリナン』を投入した効果もあると言います。

ロールスロイスによると、カリナンの受注は好調で、すでに2019年後半の生産分まで、オーダーで埋まっているそうです。

カリナン以外では、『ファントム』、『レイス』、『ドーン』の3車種の販売も伸びています。

ジャガー E-PACE

ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover)は1月10日、2018年の世界新車販売の結果を発表しました。

総販売台数は59万2708台で、前年比は4.6%減でした。

全販売台数59万2708台のブランド別の内訳は、ジャガーが過去最高の18万0833で、前年比は1.2%増とプラスを維持しました。

一方のランドローバーは41万1875台にとどまり、前年比は6.9%減とマイナスに転じてしまっています。

市場別では、中国が2018年、前年比21.6%減と後退。

欧州も前年比7.8%減と、前年実績を下回っています。また、地元の英国は前年比1.5%減とマイナスに。北米は前年比7.2%増とプラスを維持。

車種別では、ジャガーはSUVの『E-PACE』とEVの『I-PACE』が牽引役を果たしました。

ランドローバーでは、『レンジローバー スポーツ』と『レンジローバー』の販売が伸びています。

ランボルギーニ ウルス

ランボルギーニ(Lamborghini)は1月10日、2018年の世界新車販売の結果を発表しました。

総販売台数は新記録となる5750台で、前年比は51%増と大きく伸び、8年連続で前年実績を上回るという結果に。

全販売台数5750台のうち、『ウラカン』が最多の2780台を占めました。

前年比は5%増とプラスを維持。

『アヴェンタドール』は1209台を販売しました。前年実績に対して3%増と、堅調な数字。

また、新型SUVの『ウルス』は2018年7月の市場投入以来、およそ半年で1761台を販売しています。

市場別では、米国が前年比45.7%増の1595台で引き続き最量販に。

以下、英国が80%増の636台、日本が36%増の559台、ドイツが53%増の463台、中国が29%増の342台、カナダが50%増の316台と伸びています。

最後に

いかがでしたか。

数年前までは、高級スーパーカーメーカーや、高級ブランドはSUVを発売しないという印象がありましたが、今や人気車種として売上に貢献していることがわかりますね。

あのフェラーリもSUVを発売する?という噂もありますし、今後、より多種多様なプレミアムSUVが発売されるかもしれませんね。

関連する投稿


貴重!少なくなったFR車のメリット、デメリットや注意点などをご紹介

貴重!少なくなったFR車のメリット、デメリットや注意点などをご紹介

自動車の基本であり続けたフロントエンジン・リアドライブ(以降、FR)という形態のFR車ですが、現在では少数派になっています。その理由と、現在新車で購入できるFR車と中古で安く買うことができるFR車について、また、FR車のメリット・デメリットについてもお伝えします。


ジャガー XJ次期型 EV化決定!I-PACEのノウハウを導入!

ジャガー XJ次期型 EV化決定!I-PACEのノウハウを導入!

ジャガーの最上級サルーン、XJですが、次期型がEV化されるとの最新情報が入ってきました。8世代/50年に及ぶXJの内燃機関車の歴史は現行型で終了ということになります。


あのロールスに!?初の電動パワートレインが登場!!!

あのロールスに!?初の電動パワートレインが登場!!!

BMWは、ドイツで開催した2019年第1四半期(1~3月)決算発表において、傘下の高級車ブランド、ロールスロイスに近い将来、ブランド初の電動パワートレイン搭載車を設定すると発表しています。


【高嶺の花】一度は憧れる、世界で一番高い車たちとその魅力

【高嶺の花】一度は憧れる、世界で一番高い車たちとその魅力

数ある車の中で生産数が極端に少なく本当に希少な車や、特別仕様車などがあります。この様な車のハンドルを一度は握ってみたいと思ったことはありませんか。しかし、値段だけでもこれらの車は高嶺の花と感じます。今回は世界で高額な金額で取引された車を複数台紹介します。


【世界に3台のみ?】ランボルギーニ ヴェネーノの価値や魅力を解説

【世界に3台のみ?】ランボルギーニ ヴェネーノの価値や魅力を解説

高級車として言わずと知れた「ランボルギーニ」。その中でも、世界に3台しかないのが「ヴェネーノ」です。今回は、「ランボルギーニ ヴェネーノ」の特徴やスペック、価格などを紹介していきます。


最新の投稿


京都府の道の駅一覧~北部・丹後編~

京都府の道の駅一覧~北部・丹後編~

丹後地区は北近畿エリアの観光資源が豊富で、京都や大阪、神戸方面から電車や車などを使って旅行される方々で賑わいを見せ、伊丹空港から豊岡空港まで航空便も就航しています。今回は京都北部の日本海側を中心に紹介します。


トヨタ セダンのハイブリッド車 SAI 中古車価格まとめ

トヨタ セダンのハイブリッド車 SAI 中古車価格まとめ

トヨタ SAIといえば、プリウスに次いで2車種目のハイブリッド専用の車です。現在は生産を終了していますが、高級車としての乗り心地や静寂性、ボディ剛性は高く今でも人気がある車といえます。今回は、トヨタ SAIの中古価格をまとめましたので一緒に見ていきましょう。


海の幸を堪能するなら石川県!ドライブにオススメの道の駅特集!

海の幸を堪能するなら石川県!ドライブにオススメの道の駅特集!

能登半島に位置する石川県では、新鮮な海の幸が数多く水揚げされています。そんな石川県にある道の駅では、雄大な能登半島や日本海を眺められたり、新鮮な海産物を楽しんだりすることができます。今回は石川県内でもおすすめの道の駅を10施設ご紹介します。旧鉄道駅を改装した道の駅や空港にある道の駅など、そのバリエーションは豊富です。


200万円以下で購入できる!マセラティの中古車 5選

200万円以下で購入できる!マセラティの中古車 5選

海外の車といえばドイツが有名かもしれませんが、イタリアは名門といわれています。今回はイタリア産のメーカーであるマセラティを紹介していきます。


三重県伊賀地区道の駅一覧

三重県伊賀地区道の駅一覧

三重県は紀伊半島の東側に位置しており、前回はその太平洋岸側の道の駅について紹介しました。今回紹介するのは、同じ三重でも西側の鈴鹿山脈側の道の駅について紹介します。太平洋岸側とは対照的に山に囲まれていることから、冬は寒く感じる場所です。