目次へ戻る

【東京オートサロン2019】大量!カスタマイズされたジムニーまとめ

【東京オートサロン2019】大量!カスタマイズされたジムニーまとめ

あそこもここもむこうもジムニー。東京オートサロン2019では、様々なブースにてカスタマイズされたジムニーが展示されていましたね。本記事ではそんな熱い視線を集めたジムニーをまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【東京オートサロン2019】大量!カスタマイズされたジムニーまとめ

あそこもここもむこうもジムニー。東京オートサロン2019では、様々なブースにてカスタマイズされたジムニーが展示されていましたね。本記事ではそんな熱い視線を集めたジムニーをまとめています。

スズキ ジムニーサバイブ&ジムニーシエラピックアップ

ジムニーサバイブ

ジムニーシエラピックアップ

メーカーのスズキも、ジムニーとシエラのカスタマイズモデルを各1台ずつ展示していました。

このうちシエラの方は、ピックアップに改造した「ピッアップスタイル」と名付けられたモデル。一方のジムニーは、「ジムニーサバイブ」と名付けられたもの。


ピックアップに改造されたシエラは、顧客からの潜在的ニーズがあるということで、リアエンドに同社の軽トラック、キャリーのトラックベッドを取り付け、リアルウッドをその側面に張り付けて、それらしさを演出したモデル。ドライバーズシート背後にも、ものを置けるスペースが用意されて、イメージとしては『スーパーキャリー』のようでもある。

一方のジムニーはサバイブと名付けられているものの、インテリアは完全にアウトドアアミューズメント満載の仕様で、そのままキャンプにでも行きたくなるような改造が施されていた

ダムド まさにミニGクラス?!カスタムモデル「Little G.」と「litte D.」

ダムド Little G.(東京オートサロン2019)

ダムド Little G. シエラ(東京オートサロン2019)

エアロパーツメーカー DAMD(ダムド)は、幕張メッセで開催された東京オートサロン2019にて、スズキ『ジムニー』とそれをベースにしたコンパクトカー『ジムニーシエラ』のカスタムモデル「Little G.」と「litte D.」を出展しました。

Little G.は、“ベイビーG”と呼びたくなる風体で、大きさは本物の2/3程度。

Gとはもちろん、ドイツの名門ブランドが手掛ける人気のクロスカントリーカーである。カスタマイズキットを装着することで、ジムニーのが“小さなG”になってしまうのだ。

このカスタマイズキットは、今年の春に発売を予定。オーバーフェンダーもセットされるが、保安基準に適合し構造変更なしに装着が許される範囲内のタイプを採用。ジムニー(軽自動車)は軽自動車登録の範囲内でさりげなく、ジムニーシエラ用は標準装着品よりもさらに幅を広げた、かなり張り出しの大きな力強いデザインを組み合わせる。

また隣には「litte D.」と呼ぶ別デザインのジムニーも展示されていた。こちらは、英国の名門であるあのクルマに似ている。

日本自動車大学校NATS ピックアップ+トレーラー仕様

日本自動車大学校NATSは、東京オートサロン2019にて、新型スズキ『ジムニー』のカスタマイズカーを出展しました。

『NATS JIMNY ADVENTURE』と名付けられたそのジムニーは、ピックアップ+トレーラー仕様にカスタマイズされ、存在感を放っていました。

後ろを見ると、トレーラーが牽引されており、このトレーラーもお手製です。

フレームはボート用トレーラーのものを流用していますが、“ハコ”の部分は学生たちが手がけたものなんだとか。

R31 HOUSE モンスタートラックに進化

東京オートサロン2019において、R31 HOUSEは、新型ジムニーシエラのモンスタートラックを展示しました。

同社のブースがある北ホールでひときわ存在感を放っているこの一台。

R31 HOUSEはその名の通り日産のR31型『スカイライン』を取り扱ういわば専門ショップ。その同社がどうしてジムニーのモンスタートラックを製作したのかと、柴田達寛代表取締役に伺うと「ラジコンカーのプロモーションです」との回答。

実はR31 HOUSEはラジコンカーの開発・販売も手がけている。新柄ジムニーが登場した時、柴田氏がそのスタイリングに惚れてラジコンカーの製作を決意。同時に実車も作ったらどうかと“ノリ”で製作したとのこと

ジムニー&ジムニーシエラが気になった方はこちらの記事もどうぞ

関連する投稿


スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

発売直後から継続的に大人気となっているジムニー。しかし、現行型を含む歴代ジムニーには、ボディはそのままにオーバーフェンダーで拡幅され、より大型のエンジンを搭載した普通車仕様が存在してきました。軽自動車で安いのがジムニーの売りじゃないの?!とお思いかもしれませんが、ジムニーが普通車サイズになると、いいこともたくさんあるのです。


スズキ ジムニー、カブりたくないならこのカスタムだ!最新カスタム例

スズキ ジムニー、カブりたくないならこのカスタムだ!最新カスタム例

大人気のジムニー、「つるし」の状態でも四駆らしいアクティブなデザインで十分に個性的なのですが、できれば他人のジムニーとは違う、自分だけのジムニーに仕上げてみたくはありませんか。また、現在でも1年以上かかるとされる納車待ち期間に、どんなカスタムをしようかなと想像を膨らませるのも楽しそうです。ジムニーの最新カスタムトレンドをまとめてみました。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


【保存版】2020年世界の主要モーターショー スケジュールまとめ

【保存版】2020年世界の主要モーターショー スケジュールまとめ

世界の名だたるモーターショー。本記事では2020年に開催決定&開催が予定されている世界のモーターショー情報、開催日時、開催場所、どういうモーターショーなのか?といった気になる点をまとめています。コロナの影響もあり、日程がかなり揺れたモーターショー。ジュネーブモーターショー、フランクフルトモーターショー、デトロイトモーターショー、パリモーターショー他。公式サイトへのリンクも貼っています。(※2020年9月更新しました)


【軽を超えた存在】「スズキ カプチーノ」が実現した奇跡を徹底解説!

【軽を超えた存在】「スズキ カプチーノ」が実現した奇跡を徹底解説!

スズキ カプチーノをご存知でしょうか? なんとなくおいしそうな車名は置いておくとして、軽自動車では異例のFRレイアウトとターボエンジンで、本格派スポーツカーとして現在まで高い人気を誇るスズキ珠玉の名車です。バブル景気にも後押しされた軽スポーツを、当時のライバルも含めてご紹介します。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。