目次へ戻る

スズキのコンパクトカー バレーノ改良新型登場 バレーノってどんな車?

スズキのコンパクトカー バレーノ改良新型登場 バレーノってどんな車?

スズキのインド部門、マルチスズキは、改良新型『バレーノ』(Suzuki Baleno)のティザーイメージを公開し、同車の予約受注を開始すると発表しました。みなさんはこのバレーノ、ご存知でしょうか。本記事ではバレーノ改良新型の最新情報と改めてバレーノについてまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スズキのコンパクトカー バレーノ改良新型登場 バレーノってどんな車?

スズキのインド部門、マルチスズキは、1月22日、改良新型『バレーノ』(Suzuki Baleno)のティザーイメージを公開し、同車の予約受注を開始すると発表しました。

みなさんはこのバレーノ、ご存知でしょうか。本記事ではバレーノ改良新型の最新情報と改めてバレーノについてまとめています。

バレーノってどんな車?

バレーノは、スズキの新世代コンパクトカーです。

2015年9月、フランクフルトモーターショー2015で初公開されました。

インドでは、新たに立ち上げられた高級販売店、「NEXA」が取り扱っています。

また、インドでは、プレミアムハッチバック車に位置付けられています。

2016年3月、インドからの輸入車という形で、日本市場にも導入されました。

インド向けのバレーノは、1.2リットルガソリンエンジンと1.3リットルディーゼルエンジンを搭載します。

燃費性能の高さや広い室内空間、クラスをリードする充実した装備が特徴となっています。

バレーノ改良新型はどう進化する?

スズキのバレーノがデビューから3年が経過し、初の本格改良を受けて、改良新型が登場します。

マルチスズキによれば、アグレッシブなフロントデザイン、アップグレードされたインテリア、スピードアラートシステムやリアパーキングアシストセンサーなどの先進運転支援システム(ADAS)を採用するとのこと。

マルチスズキは、改良新型バレーノのティザーイメージを1点公開しました。これを見るに大型グリルや新デザインのバンパー、最新のLED技術が組み込まれたヘッドライトなどが見て取れます。

スズキのバレーノ 基本情報

スズキのバレーノ スペック

 
【スズキ バレーノ XT】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3995×1745×1470mm(ホイールベース:2520mm)
最大乗車定員5名
車両重量950kg
燃費JC08モード:19.6km/L
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒直噴ターボ
最高出力(kW(PS)/rpm)75<102PS>/5,500rpm
最大トルク(N・m/rpm)150<15.3kg・m>/1,700-4,500rpm
タンク容量 37L
駆動方式2WD
トランスミッション6速オートマチック

バレーノの評価・感想・試乗記

まずは評価すべきすごく良くできていると感じたのはエンジンだ。このエンジン、今回が初採用なのだが、小癪なまでにパワフルである。面白いのがウェイストゲートバルブノーマルオープン制御というもの。通常だとウェイストゲートは閉じていて、ブローを防ぐために過給圧が上がりすぎるとこのバルブを開く。ところが、このバレーノの3気筒ターボは普段はこのウェイストゲートを開いているのである。

理由はポンピングロスの低減で、本当にパワーが必要な時だけバルブを閉じて高い過給圧を得るようにできている。いつバルブが閉じるかなどは全く体感できないが、とにかく上述したようにアクセルの踏み方に対してリニアな加速感が得られている。

もう一つ立派だと思えたのは、このクルマには6速のステップATが組み合わされている点だ。CVTのトルク容量が足りないから、ステップATにしたのかと思いきや、実はそうではなくて、燃費を犠牲にしても軽快な運動性能やレスポンスを得るために敢えて採用しているのだという。クルマの性格に合わせたステップAT装備は大いに評価したい。

そもそも、141万4800円という値段、これで、まあしょぼい装備もあるけれど、一通り何でも揃っていて、正直軽自動車並みの値段、というかむしろ安いくらいの価格はかなりのアピール度を持っていると思う。例えばエアコンはマニュアルだが標準装備。シートヒーターだってドライバーズシートには標準装備。安全面のミリ波レーダーによるレーダーブレーキサポート2だって標準装備である。少なくともボディサイズが大きい分、軽自動車よりは確実に安全マージンが高いから、車庫の物理的余裕と税金などによる経済的問題がない場合は、チョイスの候補に上げても良いのではないかと思った。

スズキのバレーノ グレード別価格は

XT 172万8000円
XS 154万4400円
上記の価格になっています。

関連するキーワード


スズキ 車種情報

関連する投稿


スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

発売直後から継続的に大人気となっているジムニー。しかし、現行型を含む歴代ジムニーには、ボディはそのままにオーバーフェンダーで拡幅され、より大型のエンジンを搭載した普通車仕様が存在してきました。軽自動車で安いのがジムニーの売りじゃないの?!とお思いかもしれませんが、ジムニーが普通車サイズになると、いいこともたくさんあるのです。


スズキ ジムニー、カブりたくないならこのカスタムだ!最新カスタム例

スズキ ジムニー、カブりたくないならこのカスタムだ!最新カスタム例

大人気のジムニー、「つるし」の状態でも四駆らしいアクティブなデザインで十分に個性的なのですが、できれば他人のジムニーとは違う、自分だけのジムニーに仕上げてみたくはありませんか。また、現在でも1年以上かかるとされる納車待ち期間に、どんなカスタムをしようかなと想像を膨らませるのも楽しそうです。ジムニーの最新カスタムトレンドをまとめてみました。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


【軽を超えた存在】「スズキ カプチーノ」が実現した奇跡を徹底解説!

【軽を超えた存在】「スズキ カプチーノ」が実現した奇跡を徹底解説!

スズキ カプチーノをご存知でしょうか? なんとなくおいしそうな車名は置いておくとして、軽自動車では異例のFRレイアウトとターボエンジンで、本格派スポーツカーとして現在まで高い人気を誇るスズキ珠玉の名車です。バブル景気にも後押しされた軽スポーツを、当時のライバルも含めてご紹介します。


スズキ ソリオを買うならハイブリッド!他社のエコカーとも徹底比較

スズキ ソリオを買うならハイブリッド!他社のエコカーとも徹底比較

ハイブリッドで有名なメーカーは?と問われると、一番に出てくるのはトヨタか、ホンダか、日産あたりではないでしょうか。しかし、スズキの誇る人気トールコンパクト「ソリオ」には、ストロングハイブリッドとマイルドハイブリッドが設定されています。 強大なライバルにも負けない、ソリオの低燃費と高性能に関してご説明していきます。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。