目次へ戻る

BMWの3シリーズ新型登場!3月9日より発売開始で価格は452万円から

BMWの3シリーズ新型登場!3月9日より発売開始で価格は452万円から

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)によれば、新型『3シリーズ』のプレオーダーの受付を1月30日より開始し、3月9日より販売を開始するとのことです。いったいどのような進化を遂げたのか?3シリーズ新型についてまとめています。


BMWの3シリーズ新型登場!3月9日より発売開始で価格は452万円から

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)によれば、新型『3シリーズ』のプレオーダーの受付を1月30日より開始し、3月9日より販売を開始するとのことです。

いったいどのような進化を遂げたのか?3シリーズ新型についてまとめています。

BMWの3シリーズとは

3シリーズは、BMWが製造・販売している乗用車です。

かつて販売していたBMW2002の系譜を受け継ぐモデルに当たります。

BMWの中核を担う主力モデルで、アメリカ市場においてもスモールセダンのベストセラーモデルとして高い人気があります。

また、日本市場において3シリーズはDセグメントにおける輸入車最量販モデルです。

初代モデルは1975年に発売され、今回取り上げる新型3シリーズは7世代目になります。

BMWの3シリーズ新型登場!どこが変わった?

新世代のBMWデザインコンセプトを採用

BMWの新型3シリーズは、新世代のBMWデザインコンセプトを採用することで、より洗練されたスタイルに進化しました。

BMWのシンボルともいえるキドニーグリルは1つのフレームで縁取った立体的なデザインへ変更されています。

また、ヘッドライトは下辺部中央に切り欠きを入れることで印象的なフロントデザインとなりました。

キドニーグリルと並ぶBMWの象徴であるホフマイスターキンクは、Cピラーと一体化したデザインとなり、サイドウィンドウの流線形が強調され伸びやかなスタイリングに。

BMWオペレーティングシステム7.0を導入

気になるインテリアはと言うと、ドライバーに必要な情報を適切なタイミングで伝える「BMWオペレーティングシステム7.0」を新たに導入。

同システムは、10.25インチコントロールディスプレイと12.3インチフルデジタルメーターパネルを自分用にカスタマイズ可能。

ステアリングのボタンや、センターコンソール付近のiDriveコントローラー、タッチ操作対応のディスプレイ、さらに音声コントロールおよびジェスチャーコントロールを備えることで、状況に応じてドライバーが最も操作しやすい方法で、姿勢・視線を動かすことなく、必要な情報・設定にアクセスが可能です。

走行性能の大幅に向上

新型3シリーズは、走行性能も大幅に向上しました。

ホイールベースは従来モデルから40mm拡大し2850mmに、トレッドはフロントが43mm、リアが21mmと大幅に拡大し、絶妙なボディバランスを実現。

加えて高剛性ボディ、10mm重心が下がったシャシー構造、約55kgの軽量化が加わり、よりダイナミックかつ快適な走りの実現に成功しています。

全体のボディサイズも変化

全体のボディサイズも全長が70mm増えて4715mmに、全幅は25mm増えて1825mmとなり、新型3シリーズは伸びやかかつ力強いフォルムに仕上がっています。

安全面では

安全面では、日本初導入となる高性能3眼カメラを使用した最新の運転支援システムを量産グレード全車に標準装備。

また、高性能3眼カメラシステムでは、長距離、中距離、周辺監視と、個々のカメラに役割を特化。より正確なレーンキーピング性能と、より離れた場所の危険予測や、広い視野での危険予測を実現。

さらに毎秒2兆5000億回の演算能力を持つ画像処理プロセッサーを国内販売モデルとして初搭載したため、膨大な視覚情報に加え、レーダーによる正確な距離計測情報を統合して瞬時に処理し、より正確かつ素早い運転支援が可能となります。

新開発のBMWインテリジェントパーソナルアシスタントも随時導入

新型3シリーズは、BMW初となる新開発のBMWインテリジェントパーソナルアシスタントも随時導入します。

AIを活用した同機能は、より自然な会話に近い言葉でドライバーの指示や質問を理解し、車両の操作、情報へのアクセスが可能になります。

システムの名前を自由に付けることもでき、BMWインテリジェントパーソナルアシスタント起動時の呼びかけも「OK,BMW」だけでなく、「サンニーマル」など任意の言葉に設定できるのも便利ですね。

運転支援システム

運転支援システムでは、アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーンチェンジウォーニング(車線変更警告システム)およびレーンディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、サイドコリジョンプロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、ステアリング&レーンコントロールアシスト、クロストラフィックウォーニングを装備。

さらにパーキングアシスタントには、リバースアシスト機能を採用。

直前に前進したルート最大50mまでを記憶して、同ルートをバックで正確に戻ることが可能です。

BMWの3シリーズ新型 価格は

価格は452万円から632万円です。

最後に

本記事では、BMWの3シリーズ新型についてご紹介しました。

もっとBMWについて知りたいという方は、下記記事も合わせてご覧ください。

関連するキーワード


BMW 3シリーズ

関連する投稿


世界でも日本でも大人気!BMW 新型3シリーズの 価格 試乗評価 発売日は?

世界でも日本でも大人気!BMW 新型3シリーズの 価格 試乗評価 発売日は?

2019年の3月9日より7世代目となるBMWの新型3シリーズが日本発売されます。3シリーズは世界でも日本でも人気の車種で、BMWの主力と言えます。本記事では新型3シリーズ情報について迫ります。


【2019年保存版】初心者必見!BMWのSUV一覧 X1からX6まで!X7新型情報も!

【2019年保存版】初心者必見!BMWのSUV一覧 X1からX6まで!X7新型情報も!

いつか、俺もあの憧れのBMWに乗りたい。やっぱり購入するならSUVだな。そんなことを考えているそこの貴方。BMWのSUVと一言で言っても沢山ラインナップがあるんです!本記事ではそんなBMWのSUVについて改めてどんな車なのか?ボディサイズは?価格は?と言った気になる点についてまとめてみました。


BMW 7シリーズ 改良新型発表!  EVモードの航続も約1.5倍に!

BMW 7シリーズ 改良新型発表! EVモードの航続も約1.5倍に!

BMWは2月1日、改良新型『7シリーズ』(BMW 7 series)にプラグインハイブリッド車(PHV)の「745e」、同ロングボディの「745Le」、同ロングボディ4WDの「745Le xDrive」を欧州で設定すると発表しました。


BMW 3シリーズのハードコアモデルM3新型!2020年登場か

BMW 3シリーズのハードコアモデルM3新型!2020年登場か

BMW『3シリーズ』新型に設定されるハードコアモデル、『M3』新型に関する最新情報、及び予想CGをデザイナーのTobian Buttner氏から入手しましです。気になるデビューは2020年が有力です。


BMWの7シリーズ改良新型が登場!表情刷新でグリルも大型に!

BMWの7シリーズ改良新型が登場!表情刷新でグリルも大型に!

BMWは1月16日、改良新型『7シリーズ』(BMW 7 series)を本国で発表しました。現行7シリーズがデビューからおよそ3年半を経て、初の本格改良を受けています。最新情報をお届けいたします!


最新の投稿


クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

世の中には、インジェクション攻撃、インジェクション成形、インジェクションステーキなど、インジェクションと名の付くものはたくさんありますが、ここで取り上げるインジェクションとはフューエルインジェクション(Fuel Injection System)。ガソリンエンジンの燃料噴射装置です。その仕組みと役割、歴史について説明しています。


【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

2月15日、ついに三菱のオールラウンドミニバン・デリカD:5が発売されました。新型デリカD:5は、フロントデザインコンセプトのダイナミックシールドを取り入れ、装いも新たに生まれ変わりました。いったいどのような姿に進化したのか?最新情報をお届けします。


車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

ターボ車に取り付けるターボタイマー。ターボ車に長く乗ってある人であれば役割や必要性について理解していると思いますが、これから初めてターボ車に乗る方やNA車(非ターボ車)に乗っている方にとっては、どのような役割なのかご存知でない方も多いもではないでしょうか?今回はターボタイマーの必要性から取り付け方や費用、使い方について紹介していきます。


ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレー初のSUV、それが『ベンテイガ』です。ベンテイガは2016年から発売されています。2000万円以上もする高級SUVのため、なかなか見る機会は少ないかもしれないこの一台。本記事ではベンテイガについてまとめています。


トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは2月13日に、新型『カローラ』(Toyota Corolla)シリーズの詳細を発表しました。日本で発売されたハッチバック(日本名:『カローラスポーツ』)だけでなく、ワゴン、4ドアセダンと、3種類のボディタイプが欧州では設定されるとのことです。