目次へ戻る

BMWの3シリーズ新型登場!3月9日より発売開始で価格は452万円から

BMWの3シリーズ新型登場!3月9日より発売開始で価格は452万円から

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)によれば、新型『3シリーズ』のプレオーダーの受付を1月30日より開始し、3月9日より販売を開始するとのことです。いったいどのような進化を遂げたのか?3シリーズ新型についてまとめています。


BMWの3シリーズ新型登場!3月9日より発売開始で価格は452万円から

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)によれば、新型『3シリーズ』のプレオーダーの受付を1月30日より開始し、3月9日より販売を開始するとのことです。

いったいどのような進化を遂げたのか?3シリーズ新型についてまとめています。

BMWの3シリーズとは

3シリーズは、BMWが製造・販売している乗用車です。

かつて販売していたBMW2002の系譜を受け継ぐモデルに当たります。

BMWの中核を担う主力モデルで、アメリカ市場においてもスモールセダンのベストセラーモデルとして高い人気があります。

また、日本市場において3シリーズはDセグメントにおける輸入車最量販モデルです。

初代モデルは1975年に発売され、今回取り上げる新型3シリーズは7世代目になります。

BMWの3シリーズ新型登場!どこが変わった?

新世代のBMWデザインコンセプトを採用

BMWの新型3シリーズは、新世代のBMWデザインコンセプトを採用することで、より洗練されたスタイルに進化しました。

BMWのシンボルともいえるキドニーグリルは1つのフレームで縁取った立体的なデザインへ変更されています。

また、ヘッドライトは下辺部中央に切り欠きを入れることで印象的なフロントデザインとなりました。

キドニーグリルと並ぶBMWの象徴であるホフマイスターキンクは、Cピラーと一体化したデザインとなり、サイドウィンドウの流線形が強調され伸びやかなスタイリングに。

BMWオペレーティングシステム7.0を導入

気になるインテリアはと言うと、ドライバーに必要な情報を適切なタイミングで伝える「BMWオペレーティングシステム7.0」を新たに導入。

同システムは、10.25インチコントロールディスプレイと12.3インチフルデジタルメーターパネルを自分用にカスタマイズ可能。

ステアリングのボタンや、センターコンソール付近のiDriveコントローラー、タッチ操作対応のディスプレイ、さらに音声コントロールおよびジェスチャーコントロールを備えることで、状況に応じてドライバーが最も操作しやすい方法で、姿勢・視線を動かすことなく、必要な情報・設定にアクセスが可能です。

走行性能の大幅に向上

新型3シリーズは、走行性能も大幅に向上しました。

ホイールベースは従来モデルから40mm拡大し2850mmに、トレッドはフロントが43mm、リアが21mmと大幅に拡大し、絶妙なボディバランスを実現。

加えて高剛性ボディ、10mm重心が下がったシャシー構造、約55kgの軽量化が加わり、よりダイナミックかつ快適な走りの実現に成功しています。

全体のボディサイズも変化

全体のボディサイズも全長が70mm増えて4715mmに、全幅は25mm増えて1825mmとなり、新型3シリーズは伸びやかかつ力強いフォルムに仕上がっています。

安全面では

安全面では、日本初導入となる高性能3眼カメラを使用した最新の運転支援システムを量産グレード全車に標準装備。

また、高性能3眼カメラシステムでは、長距離、中距離、周辺監視と、個々のカメラに役割を特化。より正確なレーンキーピング性能と、より離れた場所の危険予測や、広い視野での危険予測を実現。

さらに毎秒2兆5000億回の演算能力を持つ画像処理プロセッサーを国内販売モデルとして初搭載したため、膨大な視覚情報に加え、レーダーによる正確な距離計測情報を統合して瞬時に処理し、より正確かつ素早い運転支援が可能となります。

新開発のBMWインテリジェントパーソナルアシスタントも随時導入

新型3シリーズは、BMW初となる新開発のBMWインテリジェントパーソナルアシスタントも随時導入します。

AIを活用した同機能は、より自然な会話に近い言葉でドライバーの指示や質問を理解し、車両の操作、情報へのアクセスが可能になります。

システムの名前を自由に付けることもでき、BMWインテリジェントパーソナルアシスタント起動時の呼びかけも「OK,BMW」だけでなく、「サンニーマル」など任意の言葉に設定できるのも便利ですね。

運転支援システム

運転支援システムでは、アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーンチェンジウォーニング(車線変更警告システム)およびレーンディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、サイドコリジョンプロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、ステアリング&レーンコントロールアシスト、クロストラフィックウォーニングを装備。

さらにパーキングアシスタントには、リバースアシスト機能を採用。

直前に前進したルート最大50mまでを記憶して、同ルートをバックで正確に戻ることが可能です。

BMWの3シリーズ新型 価格は

価格は452万円から632万円です。

最後に

本記事では、BMWの3シリーズ新型についてご紹介しました。

もっとBMWについて知りたいという方は、下記記事も合わせてご覧ください。

関連するキーワード


BMW 車種情報 3シリーズ

関連する投稿


BMWのクーペ/カブリオレ M4とはどんな車?┃歴史や特徴、維持費や購入法を徹底解説

BMWのクーペ/カブリオレ M4とはどんな車?┃歴史や特徴、維持費や購入法を徹底解説

BMW M4を購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか?実は、BMW M4は2014年に発売が開始されたばかりの凄く新しい車なんです!この記事では、BMW M4がそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきBMW M4を購入する前に参考にしてください!


【歴代1シリーズ初FF駆動】5月27日発表!BMWの1シリーズ新型!

【歴代1シリーズ初FF駆動】5月27日発表!BMWの1シリーズ新型!

BMWは5月27日、新型『1シリーズ』(BMW 1 Series)を欧州で発表しました。新型は3世代目モデルで、8年ぶりにモデルチェンジ。ボディは5ドアハッチバックのみを設定しています。


進化し続ける BMW 5シリーズ(2014年式)  をご紹介

進化し続ける BMW 5シリーズ(2014年式) をご紹介

世界で最も売れているセダンと聞かれて名前の挙がる車の一つが、このBMW 5シリーズではないでしょうか。マイナーチェンジ・メジャーアップデートを重ねるたびに進化し続けている車です。72年に初代が登場してから十数年の時を経てもまだ進化をやめないのがこの5シリーズです。今回は、このBMW 5シリーズ(2014年式)についてご紹介いたします。


BMW 5シリーズ 2014年モデル|中古価格から評価に至るまで一挙掲載

BMW 5シリーズ 2014年モデル|中古価格から評価に至るまで一挙掲載

BMW 5seriesの2014年モデルについて、特徴や評価などの気になる情報をはじめ、中古車相場まで購入に向けての知りたい情報が満載です。


走りにこだわったBMW 523の魅力|価格や燃費を解説

走りにこだわったBMW 523の魅力|価格や燃費を解説

BMWのシリーズでも、世界的に人気のある5シリーズ。今回は、BMW 523のスペックや価格、燃費などについて解説していきます。


最新の投稿


2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

「タント」はダイハツの大人気軽トールワゴンです。そんなタントがフルモデルチェンジして2019年7月ごろ登場します。発売は?価格は?新旧で何が変わるの?他タント新型の最新情報をまとめています。また、新型タントの最新画像も多数掲載!購入検討している方、予約検討している方はぜひ本記事をどうぞ!【6月17日更新】


フェラーリ初のPHV SF90ストラダーレ 最新情報 スペック  最新画像ほか

フェラーリ初のPHV SF90ストラダーレ 最新情報 スペック 最新画像ほか

フェラーリ初のPHVカーが登場します。その名もずばり『SF90 ストラダーレ』です。本記事ではフェラーリ SF90 ストラダーレの、最新情報、明らかになっているスペック情報のほか、価格や最新のエクステリア画像、そして気になる車名の由来についてもまとめています。フェラーリがお好きな方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。


【2019年夏初公開】テスラ初!電動ピックアップトラックのデザインを初公開

【2019年夏初公開】テスラ初!電動ピックアップトラックのデザインを初公開

テスラといえば、イーロン・マスクCEO率いる自動車会社であり、電気自動車の製造・販売をしています。今までにもSUVやセダン、ロードスターと様々なEVカーを作ってきたテスラ。そんな中、ついにテスラが電動ピックアップトラックに着手します!デザインの初公開は2019年夏を予定しています。


【7年ぶりの復活か】三菱の軽クロカン!パジェロミニ新型 はSUVになる?

【7年ぶりの復活か】三菱の軽クロカン!パジェロミニ新型 はSUVになる?

気になるニュースが飛び込んできました。なんと三菱の軽クロカンパジェロミニが復活するかもしれないとのこと。三菱を代表する車のひとつ、パジェロの国内生産終了が決まって、悲しんでいる人も多い中、これは嬉しいニュースですね。本記事では三菱の軽クロカン・パジェロミニ復活の最新情報はもちろんのこと、パジェロミニとはどういう車であったのか、について触れています。


上野動物園周辺のおすすめ駐車場15選!安いところは?予約はできるの?

上野動物園周辺のおすすめ駐車場15選!安いところは?予約はできるの?

都内で有名な動物園である上野動物園は土日は家族や恋人同士で混雑することも多いです。そんな時困る一つが駐車場が満車の場合です。 今回はそんな上野動物園周辺の駐車場事情をご紹介していきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング