目次へ戻る

世界でも日本でも大人気!BMW 新型3シリーズの 価格 試乗評価 発売日は?

世界でも日本でも大人気!BMW 新型3シリーズの 価格 試乗評価 発売日は?

2019年の3月9日より7世代目となるBMWの新型3シリーズが日本発売されます。3シリーズは世界でも日本でも人気の車種で、BMWの主力と言えます。本記事では新型3シリーズ情報について迫ります。


世界でも日本でも大人気!BMW 3シリーズ新型

2019年の3月9日より7世代目となるBMWの新型3シリーズが日本発売されます。3シリーズは世界でも日本でも人気の車種で、BMWの主力と言えます。

本記事では新型3シリーズ情報について迫ります。

よりプレミアムなセダンへ進化した BMW 新型3シリーズ

新型3シリーズは、従来のスポーティ性能だけではなく、先進的なデザイン、そして革新的な技術についても多く取り入れられています。

その中には当然日本からの意見も反映されています。

BMWブランド・マネジメント・ディビジョンプロダクト・マーケティングプロダクト・マネジャーの御舘康成氏によると、「先進的なデザインでは、高い品質感とプレミアム性を実現させた。日本ではセダンモデル市場が縮小しながらも、多くのお客様がプレミアムセダンに憧れを持ち、買い替えが生じている。そこでお客様が乗った時にプレミアムセダンに乗っているという満足感を高めるためにも、高い品質感とプレミアム性を実現させたかった」と述べていました。

BMW 新型3シリーズ Mスポーツグレードも充実!

Mスポーツグレードも充実させました。

これについては、3シリーズのMスポーツモデルは世界で3番目に高い比率(日本市場で約55%)であることから、「日本のお客様がいかに3シリーズのスポーティな性能を重視しているかが分かるので、商品強化した」と説明しています。

先進の安全技術をはじめとする新しいテクノロジーについても、「日本は世界でも最も運転支援技術に対して感度の高いマーケットであることを踏まえ、新型3シリーズはリーディングベンチマークとしてより積極的な提案をしている」とコメント。

BMW 新型3シリーズ インテリアも充実

新型3シリーズ、デザイン面ではインテリアにおいて大きな変化がみられます。

これは、フルディスプレイのBMWライブコクピットを全車標準装備したこと。

10.25インチのコントロールディスプレイと12.3インチのフルデジタルメーターパネルによって構成され、それぞれ自分用にカスタマイズが可能。

コントロールディスプレイはタッチ操作が可能となっています。

メーターパネルは、タコメーターを逆回転にすることで、中央に大きなスペースを設け、ここにナビゲーションの近距離マップを出すことによって、「ドライバーが常に視線を道路からそらすことなく、ドライビングに集中させている」と御舘氏。

「質感を高めると同時に、新しいIT機能の性能を高める、かつ、BMWらしい駆け抜ける喜びをそこなわない新しいディスプレイの提案だ」と述べていました。

BMW 新型3シリーズ 安全性能も向上

安全運転支援機能としては、3眼カメラシステムを国内販売モデルとしては初めての採用になります。

「1眼は中距離を見て、2眼はそれを人間の目のように左右の目で見る。3眼カメラは遠方、中距離、極めて近い距離をワイドに同時に捉える。これによってより遠方のカーブを含めたスムーズなドライビング、そして近距離からの不測の危険回避に大幅な性能が向上した」とのこと。

BMW 新型3シリーズ 試乗評価

ポルトガルで開催された国際試乗会に参加した。第一印象はやはり、“立派になったなぁ”だった。ついに全長は4.7mを超えてきた。41mmもホイールベースを伸ばしたのだから当然だ。さらに走りの水準を引き上げたかったのだろう、ワイドトラック化により全幅は堂々の1.83m。全高がほとんど旧型と同じだから、ワイドに大きく見えて当然だ。

インテリアも大幅にグレードアップし、全体的に8シリーズやZ4と同じデザインメソッドでまとめられた。ドイツブランドは世代ごとに統一されたデザインテーマのインテリアを与える場合が多い。BMWのインテリアはしばらく、この路線を貫くことになる。それにしても、見映え質感の高さといったら!もはや現行5シリーズのG30を超えてきた。

BMW 新型3シリーズ 日本発売日は?

新型『3シリーズ』のプレオーダーの受付を1月30日より開始しています。

3月9日より販売を開始するとのことです。

BMW 新型3シリーズ 価格は452万円から

価格は452万円から632万円です。

関連する投稿


【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


日産の高級セダン シーマの燃費、基本スペック一覧|中古価格の相場は?

日産の高級セダン シーマの燃費、基本スペック一覧|中古価格の相場は?

発売後30周年を迎えた日産の最高級セダン「シーマ」は発売時から「シーマ現象」という言葉が生まれるほどに愛された車で、現在まで最高級セダンとして不動の地位を築いています。シーマがこれほど愛される理由とは何なのでしょうか。今回は気になる高級車シーマについてご紹介していきます。購入を検討している方はぜひ参考にしてください。


トヨタのセダン クラウンロイヤルの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

トヨタのセダン クラウンロイヤルの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

トヨタのセダン クラウンロイヤルは、トヨタのプレミアムなセダンタイプの人気車種です。 いわゆるロイヤルシリーズを名乗るようになったのは1991年に登場した9代目の4ドアハードトップからですが、その時からクラウンセダンとしては独自の道を歩むことになりました。 高級セダンであるクラウンの中でも長年最高級車としての風格を保ち、最もトヨタの伝統を引き継いでいる車種と言えます。


次世代のBMW「M」は600馬力の電動スポーツカーに!?最高速は300km/h

次世代のBMW「M」は600馬力の電動スポーツカーに!?最高速は300km/h

BMWグループは6月25日、ドイツ・ミュンヘンで開幕した「#NEXT GEN」で、コンセプトカーのBMW『ヴィジョンMネクスト』(BMW Vision M NEXT)を初公開しました。ヴィジョンMネクストとはいったいどのような車になるのでしょうか。


BMWのM8新型日本上陸!価格は2230万円から 最新情報まとめ

BMWのM8新型日本上陸!価格は2230万円から 最新情報まとめ

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、高性能モデル「Mシリーズ」のフラッグシップ新型『M8』の受注を6月25日より開始しました。 12月以降に順次納車を行うとのことです。いったいどんなスペック・仕上がりになっているのでしょうか。


最新の投稿


【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

気になる情報が入ってきました。レクサスが2020年をめどに自律走行技術を搭載した新型スポーツ、もしくはラグジュアリーモデルを開発している可能性があるとのこと。最新情報をまとめています。


【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。


マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダのデミオ改良新型が9月に登場します。デミオは名前を世界統一名に変更し、デミオ改め「マツダ2」となります。新車価格は154万4400円から。気になる最新情報をまとめています。


スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキの「イグニス」はクロスオーバーSUV型のコンパクトカーです。本記事では性能スペックや中古価格や評判、燃費についてまとめていきます。SUV車の購入を検討している方は是非参考にしてください。