トップへ戻る

経済的且つ次世代!電気で走る夢のような車《日産リーフ》

経済的且つ次世代!電気で走る夢のような車《日産リーフ》

近年、EV(電気自動車)が発売され話題となっている。日本では日産や三菱などから発売され、各地に充電スポットも徐々に整備されている。そんな中、今回は現代社会で経済的な車種として話題になった日産リーフについて詳しくレビューする。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


そもそもリーフって車は何がすごいの?

リーフの主な特徴

日産では全国5,300基以上に設置されている急速充電器が使い放題となる「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2『使いホーダイプラン』」を月々2000円で提供しており、月に1000kmの走行でも、2000kmの走行でも急速充電器に関して2000円で済み、月の走行距離が延びれば伸びるほど経済性が増す車だ。

走りの面では、モーター独特の発進時からの最大トルクと優れたモータ制御によるなめらかな加速、重心を低く車体中心にまとめてあることから思った通りの走りを見せる。EVでは変速する必要がないため、変則時のショックはなく運転手だけでなく同乗者にとっても快適なドライブとなる。

洗練されたエクスエリアとインテリア

ボディカラーは12色と多彩な配色から選択できる。空気抵抗の減少から、風切り音の減少でEVの特徴の静粛性と低電費を実現した機能的なデザインをしている。丸いデザインのため車体の幅がわかりづらく少し狭い場所での運転には苦労する可能性がある。

EVらしいインテリアを目指すリーフはEVにとって自然にデザインされた直観的なツインデジタルメーターとなっている。

上段に位置するメーターはスピードメーターとエコドライブを樹木の生長の形で表示するもので、運転中の確認も目線の動きを最小限に抑えることができるためストレスを感じることがない。下段に位置するメーターは、バッテリ-残量、モーターの出力とエネルギー回生といった、EVにとって重要なエネルギー面の表示の役割を果たしている。

必要最低限の情報しか表示しておらず無駄がないため、とても見やすい印象だ。

どうやって充電するの?

充電方法は、急速充電と普通充電の二つがある。急速充電は各地の日産や高速道路、観光地などに設置されていて、30分ほどで80%まで充電することができる。普通充電は主に家庭で充電するときに使用しバッテリー容量により8時間から11時間かけて充電する。

充電設備は全国5,300基以上設置されていて、充電設備がなくていけない場所があるということはかなり少なくなってしまう。しかし、航続距離は大容量の30kwhバッテリーモデルでメーカー公称値が280kmとガソリン車と比べると短いため、充電のため停車する必要があるのだ。

充電時間もガソリン車の給油と比べると長くなってしまうため、それを踏まえたドライブ計画を練る必要があるようだ。

モニターではここまで丁寧に表示してくれる

居心地の良い車内空間!

好きな色を選べるシート

内部空間でまず目につくインテリアと言えば、入ってすぐに見えるシートではないだろうか。リーフのシートは、触り心地の良いスエード調トリコットのシートを採用していて他の日産車に比べ厚く貼ってある。シートカラーの種類はエアリーグレーとブラックの2色で、ブラックには肌触りの良い本革シートもある。

後部座席からの視点で運転席がどれだけ余裕があるかが分かる。

カラーバリエーションが増えつつある中、どれにしようか悩む煩わしさも少ないようだ。カジュアルな雰囲気をお好みの方はグレーを、高級感のある内装をお考えの方はブラックをおすすめしたい。

また、シートの形も疲労軽減を考えてあり座りやすく、長時間運転も気にならない作りになっていて、誰かに支えてもらっているような感覚を味わえるそうだ。

荷物などの積載量

キャビンスペース、室内の広さは後部座席に座っていても圧迫感なく快適に過ごせるそうだ。前席が支えてくれるデザインであれば、後部座席はゆったりとした、もたれかかれるような作りになっている。ラゲッジルームも容量があり、ベビーカーなども積むことが出来るのだ。丸みを帯びたデザインも可愛らしいところだ。

電気自動車であるため複雑な造りになっている中、後部座席の裏に収納スペースがしっかり確保されていることが分かる。

多種多様なメーカーオプション

リーフは標準装備の物だけでなく、メーカーオプションも豊富だ。冬場の運転が怖い寒冷地にはヒーターを付けられる仕様にし、不凍液濃度も50%アップし凍らせない工夫が考えてある。ドアミラーにもヒーターが付くので雪の日でも安心だ。

アラウンドビューモニターとBOSEスピーカーはセットでの取付だ。フロントエンブレム、サイドミラー、バックドアの4ヶ所に搭載されたカメラで周囲の情報を映像で映し出し、トップビューで確認しながら駐車ができる。

苦手な方が多い縦列駐車や、狭い路地での運転に役立ってくれることだろう。BOSEスピーカーは電気自動車の静かであるという魅力を生かし、小さいながらも車内で生の音楽を聴いているような味わいをもたらしてくれる。

リーフの装備と安全性

洗練された運転支援

電気自動車の運転支援は加速が不足するイメージがあるが、新設計モーターとそのレイアウトにより、初期加速に関してはガソリン車以上に速い立ち上がりをしてくれるため、ストレスなく街乗りを楽しめる。

独特且つシンプルな形で使いやすそうなデザインだ。

Bレンジに入れると瞬発的なトルクがかかることと、振動もしっかり押さえられているため、いい環境の中で運転支援してくれる。しかも、新設計モーターを薄く、低い位置に設置されているため重量バランスと低重心がベストな状態でコーナリングもスムースとなり車酔いなどを防止できる。

主な安全装備

電気自動車は、水や振動などの悪い環境では、漏電や感電のリスクを懸念するが、いろいろな技術を導入している。しかも、実際に水につけたり、極端な凹凸での振動を再現することでの様々な環境でテストしていることで確認が取れているため信頼性が高い。

バッテリー保護構造で、事故の衝撃は高強度材の車体フレームにより、衝突エネルギー吸収ボディ構造を実現している。これにより、電気部品にダメージを与えない構造にしている。また、ヒューズや漏電感知システムなどシステムでもサポートしている。

実際に試乗した感想

”近年は、電気自動車の環境整備が進んでおり、ディーラーや観光スポットなどに充電設備が設置されるようになっているので計画的に利用すれば、電源を喪失する心配は少ないと言われています。ルームミラーやサイドブレーキやメーター機器を見ると電気自動車らしい先進感があります。簡単に操作しやすく、人の手がなじみやすいことと、光のデザインがかっこいい点です。マイナーチェンジを重ねてきていますが、内外装のデザインの変更はほとんどされませんが部分的に豪華になってきている点が特徴的です。”

リーフの価格

リーフは、なかなか大衆車でないとはいえ、さまざまなグレードを設定している。グレード一覧の紹介として、リーズナブルな価格のSグレードからエアロスタイルまでさまざまだ。各グレードごとの価格は、300万円台からで免税はもちろん、国からの補助金を使えることが最大の特徴だ。

20万台の売り上げ台数を突破したことを機にサンクスエディションもある。豪華仕様で、本革シートやボーズのサウンドシステムやオートライトといったいろいろなオプションが設定されている。

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産のGT-Rは名車と名高い一台です。最新のGT-Rはスカイラインの名前が外れ日産GT-Rとなり、よりサーキットを意識した車へと進化し続けています。今回はこの日産 GT-Rについて見ていきましょう。


ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

1996年デビューのステージアには発売当初には、パワートレインにスカイラインGT-Rのエンジンを搭載したモデルも存在した高性能モデルもありました。まさにスポーツワゴンの最高峰として位置付けられたモデルであったことを振りかえって見てみましう。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


補助金でEVカー他が安く買える!?東京都「ZEV補助金」事業受付開始

補助金でEVカー他が安く買える!?東京都「ZEV補助金」事業受付開始

東京都は、電気自動車(EV)などを対象にした独自の「ゼロエミッションビークル(ZEV)補助金」事業の受付を開始したと発表しました。本記事では気になるZEV補助金についてご紹介しています。EVカーやFCVを購入しようと思っていた方はぜひ、本記事を読んでみてくださいね。


最新の投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

流麗なデザインで他のSUVとは一線を画す高級感のあるSUVといえば、「トヨタ ハリアー」ですよね。高級セダンのような押し出しと乗り心地の良さがありつつ、SUVのような使い勝手の良さも兼ね備えたハリアーは、人気のSUVの中でも定番モデルのひとつです。そんなハリアーの内装は、こちらも上質かつ妖艶な世界が広がっています。ハリアーの内装の注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

世界で最も売れている2シーターオープンスポーツカーが「マツダ ロードスター」です。歴代併せて生産累計台数が100万台を超えるなど、世界中で愛されるロードスターは、ドライブの楽しみやオープン時の開放感もさることながら、乗り込んだ瞬間から非日常を感じさせるような上質なインテリアも見どころです。この記事では、ロードスターの内装デザインや使い勝手などを詳しくご紹介していきます。