目次へ戻る

【10年ぶりの刷新】ロールスロイスのゴースト次期型!クーペ風に?

【10年ぶりの刷新】ロールスロイスのゴースト次期型!クーペ風に?

ロールスロイスのゴーストに次期型の噂がささやかれています。ロールスロイスのゴーストは2009年に初代が発売されて以来、フルモデルチェンジは行われていません。実に10年ぶりのフルモデルチェンジとなります。ゴースト次期型の最新情報をまとめました。


【10年ぶりの刷新】ロールスロイスのゴースト次期型!クーペ風に?

ロールスロイスのゴーストに次期型の噂がささやかれています。ロールスロイスのゴーストは2009年に初代が発売されて以来、フルモデルチェンジは行われていません。実に10年ぶりのフルモデルチェンジとなります。ゴースト次期型の最新情報をまとめました。

ロールスロイスのゴーストって?

ゴーストは、フラッグシップであるロールスロイス『ファントム』の下に位置するモデル。

ライバルにはベントレー『フライングスパー』やメルセデス・マイバッハ『S600』が挙げられます。

2009年に初代がデビューして以来、実に10年ぶりのフルモデルチェンジを果たすことになります。

ゴースト試乗記

正直な話、こんな機会(日本自動車輸入組合の試乗会)でもなければ、我々ジャーナリストでも一生触れないだろうというクルマの1台が、ロールスロイスだ。その中でも『ゴースト シリーズII』は、同社のレンジの中では俗にお求めやすい価格となっているクルマなのだ。

お求めやすいと言っても、車両本体価格3123万円は、まあとてもじゃないが庶民的感覚からすれば自動車の値段じゃない。そのクルマに触れてしかも運転までできると思うと心躍るのは、クルマ好きなら当然である。

最新鋭のロールスロイスの恐ろしいところは、以前、即ちBMW傘下に入る前の独立した時代のモデルだと、素晴らしく静かで快適な乗り心地を持ってはいたが、パフォーマンスの点でどうかと言われると、正直飛ばすクルマではないな…と思っていた。それがBMW傘下となって以降は、エンジンや足回りを強化しつつも依然として無類の静粛性や快適性を保持するクルマに変わって、飛ばしても大丈夫…なクルマに変貌しているところである。ゴーストはそんな中で最も飛ばせるセダンでコンパクトである。

ロールスロイスのゴースト次期型 クーペ風にアレンジ?

ドイツ・ミュンヘンの公道でキャッチした開発車両は、フルカモフラージュされているものの、次世代型のヒントがいくつか見てとれる。フロントエンドには、薄型ヘッドライト、現行モデルより正方形に近づいた形状をしたグリルを装着。Aピラーは角度を持ち、ボンネットフードも刷新されており、ファントムからインスパイアされたデザインが予想される。

注目はリアエンドのデザインだ。現行モデルよりリアウィンドウは寝かされ、トランクルームへ滑らかに伸びていることがわかる。また完全に隠されたテールライトからは大幅な変更が予想され、リアビューはかなりスポーティなデザインが期待できそうだ。ファントムから継承するレイアウトのキャビン内には、アップデートされたインフォテインメントシステムを搭載するだろう。

プラットフォームには、ファントムやSUV『カリナン』と共有する軽量アルミ製「アーキテクチャ・オブ・ラグジュアリー」プラットフォームを採用する。

ロールスロイスのゴースト次期型 パワートレインは

パワートレインは、ファントムの6.75リットルV型12気筒ツインターボも噂されていますが、BMW『M760Li』に搭載される最高出力585psを発揮する6.6リットルV12型ツインターボのアップデート版を搭載する可能性が高いとみられています。

ロールスロイスのゴースト次期型 ワールドプレミアは

次期型に関する一部の開発や検証プログラミングは、ミュンヘンのBMW施設で行われるほか、英国ウェスト・サセックス州・グッドウッドにある本社で製造されます。

ワールドプレミアは2020年内が有力です。

関連する投稿


あのロールスに!?初の電動パワートレインが登場!!!

あのロールスに!?初の電動パワートレインが登場!!!

BMWは、ドイツで開催した2019年第1四半期(1~3月)決算発表において、傘下の高級車ブランド、ロールスロイスに近い将来、ブランド初の電動パワートレイン搭載車を設定すると発表しています。


【高嶺の花】一度は憧れる、世界で一番高い車たちとその魅力

【高嶺の花】一度は憧れる、世界で一番高い車たちとその魅力

数ある車の中で生産数が極端に少なく本当に希少な車や、特別仕様車などがあります。この様な車のハンドルを一度は握ってみたいと思ったことはありませんか。しかし、値段だけでもこれらの車は高嶺の花と感じます。今回は世界で高額な金額で取引された車を複数台紹介します。


ロールス・ロイス ゴースト 新型はいつ?価格・試乗評価・性能は

ロールス・ロイス ゴースト 新型はいつ?価格・試乗評価・性能は

ロールスロイスのゴースト。ゴーストは英国の高級車メーカーであるロールスロイスの4ドアセダンです。2014年にマイナーチェンジを行って以来、大きな変更がないゴーストですが、近々モデルチェンジがあるのではと噂されています。本記事ではそんなゴーストについて改めて見ていきます。


14年ぶりに刷新されたロールスロイス ファントム!新型の内装や価格は?

14年ぶりに刷新されたロールスロイス ファントム!新型の内装や価格は?

ロールスロイスファントムが14年ぶりに大きくモデルチェンジしました。新型ファントムの内装や価格はどのようなものでしょうか?ロールスロイスファントムの歴史や、新しくなったモデルの内装からパワーユニットまで、細かくチェックしていきましょう。最高級車にふさわしいだけのモデルチェンジがなされているロールスロイスの新型ファントムを徹底解剖します!


プレミアムSUVがアツイ!2018年SUVに恩恵を受けたブランドたち!

プレミアムSUVがアツイ!2018年SUVに恩恵を受けたブランドたち!

2018年の総販売台数がそれぞれのメーカー、ブランドと続々と発表される中、嬉しい悲鳴をあげるメーカーも多くありました。その中でも注目したいのがプレミアムSUVへの熱い視線。SUVに恩恵を受けた各高級メーカー・ブランドをまとめてみました。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。