目次へ戻る

【ジュネーブモーターショー2019】ルノークリオ新型 新HV搭載!

【ジュネーブモーターショー2019】ルノークリオ新型 新HV搭載!

ルノー(Renault)は、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2019において、新型『クリオ』(Clio。日本名:『ルーテシア』に相当)を初公開すると発表しています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【ジュネーブモーターショー2019】ルノークリオ新型 新HV搭載!

ルノー(Renault)は、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2019において、新型『クリオ』(Clio。日本名:『ルーテシア』に相当)を初公開すると発表しています。

クリオは1990年の初代発売以来、全世界で累計約1500万台を販売しており、ルノーグループの最量販モデル。

2013年以来、欧州Bセグメントの販売トップに立っており、ルノーは新型でも欧州Bセグの首位を維持することを目指します。

先代モデルは4世代目で、2012年秋にフランスで開催されたパリモーターショー2012でワールドプレミアされた。新型はおよそ6年半ぶりのモデルチェンジを受けて、5世代目モデルとしてデビュー予定です。

ルノー クリオ新型 スポーティーなエクステリアに

新型クリオのエクステリアは、先代モデルの官能的なフォルムを継承しながら、よりダイナミックなデザインに進化しました。

また、フロントグリルは大型化され、フロントバンパーはエンジン冷却性能により配慮し、大型のインテークを備えています。

ルノー クリオ新型 ボディサイズはコンパクトに

ボディサイズは、先代比で全長が14mmコンパクトになり、全高はエアロダイナミクスと運動性能を向上させるために、30mm低くなりました。

Cシェイプが特徴のヘッドライトやテールランプには、最新のLEDテクノロジーが組み込まれます。

ヘッドライトは、全車LEDが標準装備。

また、新型には、新色のバレンシアオレンジとセラドンブルーを含めて、全10色のボディカラーをラインナップ。エクステリアカスタマイズパックとして、赤、オレンジ、黒の3タイプを用意されています。

ルノー クリオ新型 インテリアの質感を向上

新型のインテリアは、質感の向上を目指して素材を見直し、ダッシュボードやドアトリム、センターコンソールなどにはソフトコーティング素材を使用しました。

パーキングブレーキは電動化され、運転席周辺のスペースが拡大。

やや高い位置にあるセンターコンソールには、ショートストロークのシフトレバーがレイアウトされました。

ステアリングホイールは、従来モデルよりも小型化したエアバッグにより、よりコンパクトなデザインになっています。

トランク容量は391リットルで、内部に26リットルのサブスペースを持つ。

ルノーによると、391リットルの容量は、セグメント最大になるとのこと。

新開発したハイブリッド技術、「E-Tech」を搭載

新型は、ルノー日産三菱アライアンスが開発した「CMF-B」プラットフォームを最初に採用するルノー車になります。

ルノーによれば、新型クリオがアライアンスのシナジーを強化することを目指す戦略の中心になるとのことです。

また新型は、ルノーグループが新開発したハイブリッド技術、「E-Tech」を搭載する最初のルノー車になります。

知ってる?ルノーのクリオとは

クリオ(Clio)は、フランスの自動車製造会社ルノー(Renault)の生産する小型乗用車です。1990年に発売され、日本でもルーテシアの名称で発売されています。現行モデルは4代目で2012年に発売されました。2017年にはマイナーチェンジが行われています。

ルーテシアは、ハッチバックとステーションワゴンタイプの2つのボディタイプがあり、装備内容の違いにより「ACTIF(アクティフ、注文生産)」「ZEN(ゼン、日本語の禅に由来)」「INTENS(インテンス)」の3グレードにわかれています。

ルノー クリオ スペック

 
【ルノー ルーテシア ZENETC】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,095×1,750×1,445mm(ホイールベース:2,600mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,220kg
エンジン種類ターボチャージャー付筒内直接噴射直列4気筒DOHC16バルブ
最高出力 kW(ps)/rpm(EEC)87kW(118ps*1)/5,000rpm
最大トルク N・m(kgm)/rpm(EEC)205N・m(20.9kgm*1)/2,000rpm
タンク容量 45L
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション6速エフィシエント デュアル クラッチ
※1参考値です

ジュネーブモーターショー2019関連記事はこちら

関連する投稿


【コンパニオン】美しすぎる!美麗なコンパニオン画像集

【コンパニオン】美しすぎる!美麗なコンパニオン画像集

本記事では、【東京モーターショー2019】で会場を美しく彩ったコンパニオンの画像をまとめています。女性編集部員が全総力をあげてより美麗な画像を厳選してご紹介!煌めく笑顔が満載です!


トヨタのTjクルーザーとは?発売日・価格・特徴・最新情報

トヨタのTjクルーザーとは?発売日・価格・特徴・最新情報

トヨタの新たなSUVと言われているTj(ティージェイ)クルーザー。Tjクルーザー、特に注目したい点がスライドドア付きSUVという点。今回はこのTjクルーザーというトヨタの新たなコンセプトカーがどういう車なのか?そもそも発売はあるのか?価格・発売日・スペック他気になる最新情報をまとめて紹介します。


【保存版】2020年世界の主要モーターショー スケジュールまとめ

【保存版】2020年世界の主要モーターショー スケジュールまとめ

世界の名だたるモーターショー。本記事では2020年に開催決定&開催が予定されている世界のモーターショー情報、開催日時、開催場所、どういうモーターショーななのか?といった気になる点をまとめています。ジュネーブモーターショー、フランクフルトモーターショー、デトロイトモーターショー、ロンドンモーターショー他。公式サイトへのリンクも貼っています。(※2020年5月更新しました)


【東京モーターショー2019】 出展車・新型車・コンパニオン情報ほか

【東京モーターショー2019】 出展車・新型車・コンパニオン情報ほか

東京モーターショー2019を写真とともに振り返っていきましょう!10月24日に始まり、11月4日に閉幕した東京モーターショー。約130万人の来場者数を記録し、大成功をおさめました。本記事では東京モーターショー2019の模様、出展車、コンパニオン情報をまとめて紹介します。気になる東京モーターショー2021の最新情報もまとめています。


おしゃれ!センスの光るおすすめの車10選

おしゃれ!センスの光るおすすめの車10選

少し前までは“おしゃれ”な車というと海外の車両が多く、国産車は安全性や乗り心地を重視した車両が多く見受けられました。しかし、最近では国産車もオリジナリティを出したメーカーも出てきています。本記事では、そのような“おしゃれ”な車を300万円以内とそれ以上の価格の2つでカテゴライズしご紹介します。


最新の投稿


エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

エンジンルームの洗浄は、細かい部品がたくさんあり難しそうですよね。しかし、注意点さえ知っていればご自身で洗浄することが可能となります。また、大事な愛車を傷つけたくないという方はカーショップなどで依頼することも一つの方法としてあります。


【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。※いまだ新型コロナウィルスが蔓延している状況からも、どうしても帰省しなければならない、緊急な用事等以外はお盆もご自宅でゆっくりすることをおすすめいたします。


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報を随時更新しています。


【2020年上半期】発売されたSUV&これから注目の車は?

【2020年上半期】発売されたSUV&これから注目の車は?

2020年上半期も多くのSUVが登場しました。苦戦が続く新車販売の中でも、このSUVだけは絶好調でした。今回はそんな2020年上半期に新登場したSUVを国産車と外車からご紹介します。そして、これから発売予定の注目モデルも合わせてご紹介します!


【今さら聞けない】8ナンバーとは?

【今さら聞けない】8ナンバーとは?

車の話をしている時に8ナンバーって聞いたことありませんか?詳しくは知らない・初めて聞いたという方。本記事で一緒に8ナンバーについて見ていきましょう。