目次へ戻る

【ジュネーブモーターショー2019】メルセデスベンツ Vクラス改良新型登場

【ジュネーブモーターショー2019】メルセデスベンツ Vクラス改良新型登場

メルセデスベンツは、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2019において、改良新型『Vクラス』(Mercedes-Benz V-Class)を初公開すると発表しました。


【ジュネーブモーターショー2019】メルセデスベンツ Vクラス改良新型登場

メルセデスベンツは、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2019において、改良新型『Vクラス』(Mercedes-Benz V-Class)を初公開すると発表しました。

改良新型Vクラス エクステリア刷新

改良新型Vクラスのエクステリアは、フロントマスクを中心に変更されています。

開口部を大きく取った新デザインのフロントバンパーを装着したほか、ヘッドライトは、最新のLED仕様に。

「AMGライン」では、フロントグリルがダイヤモンドパターンとなり、テールランプにも最新のLEDテクノロジーを組み込んでいます。

4種類用意されるホイールのデザインも変更され、ボディカラーには、グラファイトグレーメタリックやセレナイトグレーメタリックなどの新色をラインナップ。

オプションで、スチールブルーが設定されています。

改良新型Vクラス インテリア

インテリアは、ダッシュボードの丸い空調ダクトを、他のメルセデスベンツ車と同じタービンデザインに変更。

スイッチ類も変更を受けています。

また、シートの素材も見直しており、ブラックやシルクベージュのルガーノレザー、ナッパレザーを使用した合計6種類のインテリアトリムが用意されます。

トリムパネルは仕様によって、ピアノラッカー、エボニーウッド、カーボンファイバー、ブラッシュドアルミに。

セグメント最大サイズのパノラマルーフも用意され、2列目シートでは、最上級サルーンの『Sクラス』同様、マッサージ機能や空調機能を選択することが可能に。

セパレートシートの間には、折りたたみ式テーブルを装備することも可能。ベンチシートは2シーターと3シーターが選べ、シートは脱着式で、荷物スペースを拡大できます。

改良新型Vクラス エンジンは

欧州仕様は、新開発の「OM654」型ディーゼルエンジンのみを搭載します。

直噴2.0リットル(排気量1951cc)直列4気筒ターボディーゼルエンジンは、改良新型Vクラスでは、2種類の出力特性が用意されています。

また、「V250d」グレードには、最大出力190hp、最大トルク44.9kgmを発生し、0~100km/h加速9.5秒、最高速205km/hの性能を備えるとのこと。

「V300d」グレードは、最大出力239hp、最大トルク51kgmを発生。

ECOブーストモードでは、最大トルクが54kgmに引き上げられます。

0~100km/h加速は7.9秒、最高速は220km/hの性能だ。全車のトランスミッションは、従来の7速から進化した9速AT「9G-トロニック」を組み合わせます。

2WD(後輪駆動)が標準で、4WDの「4MATIC」も用意されます。

環境性能は最も優れる仕様で、複合モード燃費が17km/リットル、CO2排出量が154g/km。排出ガス性能は、ユーロ6を満たす。メルセデスベンツはV250dグレードの場合、燃費は従来モデルに対して、およそ13%向上した、としています。

メルセデスベンツ Vクラスとは

初代Vクラスは、1998年に登場しました。

商用車の『ヴィトー』をベースに開発されたMPVで、広い室内空間を備えています。

2004年には、2世代目にモデルチェンジ。新たに『ビアノ』を名乗ることに。

2006年のマイナーチェンジを機に、日本国内での車名は、Vクラスに回帰。2014年1月に発表された現行型は3世代目モデルで、欧州でもビアノの名前を廃し、Vクラスとして登場しています。

現行Vクラスは日本市場にも、2016年1月に導入されており、その現行Vクラスが今回、デビューから5年が経過し、初の本格改良を実施することになりました。

メルセデスベンツ Vクラス 試乗評価

走りがトラック感覚というか、商用車的な感覚を与えるのは、ちょっとした段差を越えるときなどだ。フラットな直線路を走っているときには、どっしりした安定を感じさせるものの、段差のあるシーンなどでは乗用車とは違う振動が入ってくる。

走行状態に応じて減衰力を調整するセレクティブ・ダンピング・システムを採用しているので、従来のモデルに比べたら良くなっているが、まだまだ商用車的な走りである。(2016)

2列目、3列目の後席にはしっかりしたシートが用意されていて、2列目を後ろ向きにするなどのアレンジが可能だが、かなりしっかりしたシートであるために重量が重く、一人ではとても操作できない。まあ最も多い使い方に合わせるしかないだろう。(2016)

関連する投稿


【東京モーターショー2019】開催概要・出展車など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】開催概要・出展車など最新情報まとめ

東京モーターショー2019が東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。ほぼ毎日更新していきます!【10月16日更新】


【ロサンゼルスモーターショー2019】トヨタのRAV4新型にPHVモデル登場

【ロサンゼルスモーターショー2019】トヨタのRAV4新型にPHVモデル登場

トヨタ自動車の米国部門は、新型『RAV4』のプラグインハイブリッド(PHV)を11月、米国で開催されるロサンゼルスモーターショー2019(Los Angeles Motor Show)で初公開すると発表しました。人気の高いSUV・RAV4のPHVモデルとあって今から期待が高まりますね。本記事では最新情報をまとめています。


【2020年保存版】2020年世界の主要モーターショー スケジュールまとめ

【2020年保存版】2020年世界の主要モーターショー スケジュールまとめ

世界の名だたるモーターショー。本記事では2020年に開催決定&開催が予定されている世界のモーターショー情報をまとめています。ジュネーブモーターショー、フランクフルトモーターショー、デトロイトモーターショー、ロンドンモーターショー他。公式サイトへのリンクも貼っています。随時更新予定です。


【東京オートサロン2020】開催日程 出展社情報ほか随時更新!

【東京オートサロン2020】開催日程 出展社情報ほか随時更新!

カスタム車のビックイベントと言えば?そう東京オートサロンですね。東京オートサロン2020が1月10日~12日に、幕張メッセにて開催されます。本記事では期待が高まる東京オートサロン2020の最新情報をまとめています。情報が入り次第、随時更新いたします。


【東京モーターショー2019】スバルのコンセプトは「人生をより良くできるクルマはきっとある」

【東京モーターショー2019】スバルのコンセプトは「人生をより良くできるクルマはきっとある」

いよいよ第46回東京モーターショー2019が迫ってきました。相次ぐ海外メーカーの不参加というネガティブな事態という中でも、国産メーカーが元気な姿を見せてくれるはずです。まずは早々と展示概要を発表したスバルブースをご紹介します。


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)