トップへ戻る

【発表は2020年?】トヨタのミニバン エスティマが燃料電池車に生まれ変わる!?

【発表は2020年?】トヨタのミニバン エスティマが燃料電池車に生まれ変わる!?

トヨタのミニバン『エスティマ』が、2019年内にも生産終了すると噂されています。一方で新たな情報が入ってきました。なんと、エスティマの後継モデルが燃料電池車として登場する可能性があるとのことです。最新情報と合わせて、エスティマについてまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【発表は2020年?】トヨタのミニバン エスティマが燃料電池車に生まれ変わる!?

エスティマ後継モデルの予想CG

トヨタのミニバン『エスティマ』が、2019年内にも生産終了すると噂されています。一方で新たな情報が入ってきました。なんと、エスティマの後継モデルが燃料電池車として登場する可能性があるとのことです。最新情報と合わせて、エスティマについてまとめています。

【振り返り】トヨタのエスティマとは

初代エスティマは、1989年の東京モーターショーでコンセプトモデルを初公開されました。

翌1990年に、ミニバンの概念を覆す未来的フォルムにより、「天才タマゴ」というキャッチコピーを引っさげ鮮烈にデビュー。

その後10年という長いサイクルで2000年に2代目がデビュー。現行型の3代目は2006年に発売されており、2016年にはマイナーチェンジを果たしたものの、モデルとしてはすでに12年が経過しています。

トヨタ エスティマ 試乗評価

走りだせば、重厚感が基本のハイブリッドに対して比較的軽量なガソリン車は圧倒的に軽やか。車重に対して動力性能的も十二分。出足からスッと軽やかに加速し、爽快感あるドライブフィールが心地良い。全体的なクルマの動きはハイブリッドより明らかに軽やかでキビキビしている。

乗り心地面で最上なのは1列目席。エスティマの場合、2列目席はシート取付部剛性の取りにくいロングスライド機構と重く重心の高いキャプテンシートによって、路面によっては細かい振動が気になることがある。また、シートがボディー左右でも支えられている3列目席はブルブルした振動が少ないかわりに、段差越えなどでのゴツゴツ感が気になる場面もありがち。床下格納前提のシートのホールド感はほぼないに等しいから、山道などでは体が左右にゆすられがちな点も忘れてはいけない。クルマ酔いしやすい乗員は、助手席か2列目席に限る。

トヨタ エスティマ 価格

エスティマの各パッケージとグレードの価格は、ガソリンエンジン車で340万円台~370万円台、ハイブリッド車で430万円台~490万円となっています。

【最新情報】トヨタのエスティマ 後継モデルはどうなる?

噂①『Fine-Comfort Ride』コンセプトが後継モデルに?

一部では、2017年の東京モーターショーで初公開された『Fine-Comfort Ride』コンセプトが後継モデルと噂されています。

しかしながら、ここまで奇抜なエクステリアは採用される可能性は低いのではないかと思われます。

噂②気になるパワートレインは

レクサスUX

気になるのはやはりパワートレインですね。

「Fine-Comfort Ride」同様のFCV(燃料電池)の搭載が噂されています。

水素を充填し発電する電気自動車で、航続距離は1000kmを走破。

このほかレクサス『UX』に搭載されている2.0「Dynamic Force Engine」と「THS II」を組み合わせたハイブリッドモデルなども予想されています。

現行モデルの燃費は18.0km/リットルですが、次期型では30km/リットル程度まで向上する可能性も。

噂③ワールドプレミアは2020年が有力?

気になるワールドプレミアですが、2020年が有力とされています。

トヨタでは、『プリウスα』の生産終了も噂されている他、エスティマ後継モデルとの統合も予想されており、また、車名がどうなるかも注目したいですね。2020年が待ち遠しいです。

関連する投稿


日産 セレナの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 セレナの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 セレナは、使い勝手の良さと高性能で、日産を代表するミニバンの一台です。初代登場から30年、多くのファミリーの思い出作りに貢献してきたセレナですが、現行型となる5代目モデルにはe-POWERやプロパイロットなど先進的な要素も満載。全車でハイブリッド仕様となるセレナの気になる燃費情報を、カタログ燃費や実燃費などをチェックしつつ、ライバルのミニバンとも比較することで、詳しくご紹介していきます。


トヨタ アルファードの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較

トヨタ アルファードの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較

トヨタのフラッグシップミニバンでありながら、2021年上半期ではなんとミニバンクラストップの売り上げ台数を記録しているなど、売れに売れまくっているのがアルファードです。ファミリーカーとして毎日運転している方もよく見かけるアルファードですが、そんな利用シーンで気になるのは燃費性能。カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較などで、アルファードの燃費性能をとことんご紹介していきます。


トヨタ ノアハイブリッドの燃費情報が丸わかり!ライバルとの比較も

トヨタ ノアハイブリッドの燃費情報が丸わかり!ライバルとの比較も

5ナンバークラスミニバンの定番であるノアは、すでに25年の歴史を誇る車名です。現行モデルではハイブリッド仕様が新設定され、新たに燃費性能も大幅に向上。利用頻度が高いミニバンだけに、ガソリン代が節約できるハイブリッド仕様の燃費性能は気になるところですよね。この記事では、カタログ燃費から実燃費、ライバルとの性能比較まで、ノア ハイブリッドの燃費情報をあますところなくご紹介していきます。


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


最新の投稿


自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険は、比較・検討することで、自分に合った補償内容に調整しつつ、保険料を安くできます。今回は、見積もりを取るのに比較サイトが便利な理由と、各種キャンペーンについてまとめました。


自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険の更新時期になると、保険料をもっと安くできないか、もっといい保険はないか、と検討される方は多いかもしれません。そこで今回は、自動車保険の基本的な部分と、おすすめ保険会社をまとめました。


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。